FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

友人を呼んでコタツで鍋をつつき弱い酒たらふく飲んでダウン熟睡。
ふと気がついたら横で妻が目を閉じあえいでる、正面の友人が体を横にしてるんで
そっとコタツの布団を上げて見たら妻のスカートがたくし上げられて友人の手がパンストとパンティの中に入って
妻の女の部分を触ってた。

一瞬カッと来たけどすぐに好奇心が勝って観戦モードに。
あえいでた妻はすぐに友人の側に移動。
向こうで何かもそもそしてるなと思ったら
友人の足がいちどコタツの中から抜け出てまた戻ってきた。
ズボンが下がってたし微妙に動いてるからしてるなとは思ったけど
足しか見えないから良くわからない。
そーっと体を起こして向こうを覗き込むと
やっぱり友人が股を開いた妻の上で腰振ってた。

数分ともたずに友人はハアハア言ってイッてしまった。
あわてて抜いたモノを妻が口で受け止めてた。
早いぞって心の中で突っこみ入れ寝たふりに戻ると
ふたりが向こうでコソコソしゃべってる。
そのうち電気を消して一緒にキッチンの方へ行ってしまった。
しばらくしてからゆっくり音を立てないように近づいて覗いてみたら
下半身はだかのふたりが凄いイキオイでまたSEXしてた。

薄暗いキッチンの床に座った友人と抱き合って
さっきよりも大きな声であえいでる妻。もちろん入れられてたし乳首も吸われてた。
カウンターの陰に隠れ床に這うようにして斜め横から見てると
鷲掴みにされた妻の大きなお尻に友人のが出入りするとこが良く見えた。
妻は色白だから肉の上下するのが分かりやすい。
動きが激しくなって盛り上がってきたなと思ったら
急に妻が腰を上げ友人の男の部分を口にした。
友人はうめき声を上げてまたすぐにイッてしまった。

ちょっとがっかりしながら撤退準備を始めてたら
精液を全部飲み終わった妻が床に横になり脚を大きく開いた。
友人の堅いまんますぐズブリ。でも動きは凄いせわしなくてスグにイッてしまいそう。
案の定また3分くらいでギブ。
でも抜き出して妻の胸を尻に敷き飲ませるのは堂に入った感じだ。
友人も慣れてるけど妻も慣れてる。必死で頭を上げて飲み込んでる。
そんなのヤッたりヤられた覚えないけどなぁとか思ってたらまた始まった。
寒いのにふたりともハアハア言いながら服脱いで全裸になってた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,



42歳と41歳の姉妹です。
二人とも結婚をしていて、子供もいるパート主婦です。時々、主人たちに許可をもらって居酒屋でストレス解消しています。
2ヶ月ほど前のことです。妹が《面白そうな飲み会あるから行かない?》一人で行くのが心細いと言うので私も一緒に参加することになりました。
当日、会場に行くと個室のある居酒屋で30代から40代の男女5人ずつの会でした。最初は、男性と女性が向かい合わせで座っていましたが、30分もすると男性と女性が隣り合わせで座るようになり、会話もはずんでいきました。
あっという間に2時間が過ぎて会が終了しました。
お店から出て、少し酔っていた私たちでしたが、主人に遅くなることの許しをもらっていて、カラオケにでも行こうかと話をしていたところ《カラオケで二次会でもしませんか?》振り向くと、会に参加していた二人の30代半ばくらいの男性からお誘いを受けました。私たちは顔を見合わせて、少し迷ったふりをしてから男性たちに連れられてカラオケに行きました。
部屋に入ると歌うよりも、お酒を勧められて妹も私も足がふらつくぐらい酔ってしまいました。
《静かなところで、少し酔いを醒ましましょうか?》男性に言われ私たちは抱えられるように出てホテルへ連れて行かれました。大きな部屋で別々のベッドに横にされました。
しばらく横になっていると、男性が私の横に来て、いきなりキスをされました。そして、服の上から胸を触り始めたのです。妹を見ると同じようにキスをされていました。初めのうちは私も妹も顔や身体を動かし抵抗していました。でも酔っていたのでそれほど激しくは抵抗できないでいると。妹が感じている声を上げたのです。そして、舌を絡めてキスをしているのを見た私は、スーッと力が抜けてしまい男性に口の中に舌を入れられてしまいました。
その後は、服を脱がされ、下着も取られてシャワーを浴びていない身体にキスをされ、胸も吸われ、大事なところまで舐められてしまい、私も妹も大きな声を上げてしまいました。
男性たちがパンツを脱ぎ、《俺たち実はデカマラ。ブラザーズです》もう大きくなっていた男性自信を見ると自慢するだけのことがあって、主人の倍近い大きさでした。大きく開けた口の中には先の方だけしか入らず、あごが痛くなりました。
《俺たち用のコンドームを持参しているから。安心して》一人の男性が、バッグから取り出して、一つをもう一人に渡しました。妹が男性を受け入れて苦しそうな声を上げたのを聞いて、私も怖く感じていると男性の大きなモノが少しずつ私の中を広げながら入ってくるのがわかりました。
妹の先ほどより大きな声を上げたので、見ると大きな男性自身が全て妹の中に入っていました。
私も男性自身を全て受け入れると、苦しくなるくらい私の中がイッパイになり、こんなことは初めてでした。
しばらくして私の上で男性の動きが早くなり、私は男性の肩を力いっぱいつかんで声を上げると男性が身体を震わせると動きが止まりました。そして、ため息をつきながら私から離れました。横の妹を見ると、男性の首に両手をしっかり巻きつけていて、そして、男性がうなり声を上げて動きが止まりました。
私と妹はベッドで横になっていると、男性たちはバイアグラを飲んでいるので、まだまだイケルとニヤッとしながら男性の一人が妹へ、そして妹の相手をした男性が私に近づいてきました。
ピルを飲んでいると言いながら、妹が私を見てウインクをしました。私は余計なこと言ってと思いながら頷きました。すると、私に《中に出しても良いですね》言って抱きつきキスをしました。
私は上に乗せられて下から突き上げられると、本当に奥まで入ってズンズンと頭に響きました。四つん這いにされてバックからお尻をパンパンと打ち突けられ、大きな声を上げさせられ私がイクと男性の動きが早くなり私の中で満足しました。横で妹がイク時の声を上げると男性は今までよりも激しく腰を動かし妹の中で満足したのがわかりました。
男性たちがシャワーを浴びてベッドに座りビールを飲み始めました。私は妹の手を引きシャワーへ。身体はもちろんのこと、中に出されたものをきれいに洗い、ソファーにある下着を着けようとすると、一人の男性がグラスを置いて私の手を握りました。妹がその手を振り払おうとすると、もう一人の男性にベッドに押し倒されました。男性の股間を見ると大きく硬くなっていました。そして、またベッドへ。
妹も私も気持ちが良いというより、苦しくて痛さまで感じているのに腰を激しく動かし、大きな男性自身を私たちの奥深くまで入れられました。
やっと満足してくれて、疲れてベッドに横になる男性たち。私たちも疲れきっていましたが、シャワーも浴びずに服を着て部屋を出ました。

1ヶ月くらいたった時、その男性たちからまたお誘いがありました。

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 妻のHな願望, 近所の男,

ある日、友人の妻等総勢5人が我が家に来た。
うちの妻が招待したそうだ。
たまには、女性だけで気晴らしだという事で、私は遠慮してパチンコに出掛けた。
2時間程うって、トータル1万円程度の儲けを得た。
帰り道、ケーキ屋さんがあったので、その金でお土産を買って帰った。

自宅に帰るとまだ友人妻たちは楽しそうにおしゃべりを続けていた。
もともと私の友人の妻として接する事も多く、私は気兼ねなく部屋に入っていった。
すると、うちの妻がいないので
「あれ、うちのは?」と聞くとさっき、実家から電話があって少し出てくるという事で出て行ったらしい。
「実家?何の用かな?」と私が言うと、友人妻Aが
「まぁ、もうすぐ帰ってくるだろうしいいじゃない。ここでおしゃべりしましょ!」
と言うので買ってきたケーキを振舞っておしゃべりに参加した。

さすがに、女性ばかりなせいか会話の中心は子供の事や夫との夫婦生活などの暴露話だった。
「うちのは、小さすぎて感じない!」だとか「この前、子供に見られた」など
まぁ、奥さん会の会話と言った感じだった。
と、流れからか友人妻たちは私達の夫婦生活などにも興味を持ち出した。
私も興奮してか私の性癖やプレーの内容などを話してしまった。
その中で、相互鑑賞オナニーについて話したとき、奥さん連中は興奮し出して詳しく聞き出そうとしてきた。
すると、奥さん連中の一人が見てみたいと言い出した。
わたしは、露出の癖が少しあるが、さすがにオナニーを見せるのには抵抗があった。

しばらく拒んでいると、私達も見せたらしてくれるか?と聞かれたので、
「それならいいよ」と答えた。
すると、何人かがアイコンタクトで合図し合い本当にオナニーし始めた。
奥さん同士でキスしたりしながら、こちらにイヤらしい視線で「早くぅ」と促してきた。

ここまでされては、引くにも引けなくなり私もオナニーを始めた。
まぁ、そんな空気では当然ながら何人かがチンポコを舐め出した。
初めてのそんな光景に興奮した私は奥さん連中に向かって発射してしまった。
私は44歳、妻も同じ年です。結婚して20年が過ぎようとしていますが、
妻は私の一物でしっかり行ったことがありません。私は早漏で妻はセックスに
淡白なのです。一度でよいから、男の物で行く妻を見たくて、
いろんな妙薬などを買って試しましたが、だめでした。
そんな時に(10年くらい前)昔の私の友人が泊まりに来ました。
(仮にAとしましょう)
Aは昔、私と妻を取り合った仲で、その時もまだ妻に未練があるようでした。
家で食事をし、酒を飲みながら話しておりました。
そのうち、酔いが回ってきて、妻に
「ひょっとすると俺じゃ無くて、Aと結婚していたかもな!」
「Aのあそこはでかいんだぞ!」
などと言う感じのエッチ話しになり妻もまんざらではない様子になっていきました。
しかし、酒に弱い妻は、「もうだめ!寝る!」と言って、寝てしまい、
その後、話が裏ビデオの事になり、私の持っているビデオの鑑賞会になりました。
[昔妻を狙ったライバル]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

今、私の家は、外壁の張替え工事で、職人が入っています。妻は、9:00から3:00までのパート…つまり、午後3時以降は、職人と顔を合わすわけです。
その日、私は、仕事が早く終わったので、職人に壁の張替えで注文しようと、早めに帰ってきました。16:00頃だったでしょうか。
トラックがいつものように2台置いてあるのに、職人が外壁工事をしていません。変だな…と思いながら、家のドアを開けて中に入ろうとしたところ…
「やめてください!」「困ります!」「私には主人がいるんです」と妻の声が聞こえてきた。胸騒ぎがしてそうっとドアを開けて、玄関に入りました。居間の方から、確かに妻の抵抗する声が聞こえてきます。もしや!!と思い、廊下からそうっと覗いてみると…
なんということでしょうか。妻が、二人の職人に取り押さえられていて、パンテイ1枚だけにされているのです。妻は、34歳。まだ、子どもがいないので、84・59・87のその体の線は崩れていません。その妻の熟し始めた体を、獣のような職人が筋肉を盛り上げさせながらいたぶっていました。私は、へなへなとそこに座りこんでしまいました。すると…、一人の職人が妻の張りのある胸に分厚い唇を押し付けて、乳首を吸い始めました。ああ…妻が…犯される…。もう一人の職人は、パンテイの上から妻の敏感な部分に指を這わせています。妻は恐怖に顔をゆがめながら抵抗しているのですが…、二人の男にかなうわけもありません。涙で顔をぐしゃぐしゃにして、必死に手で男を押しのけようとしています。
しかし男達は、確実に妻の敏感な部分を捉えていきます。乳首を舌で転がし…、パンテイを脱がせて、秘所の花びらを押し広げ…。
「おいおい、奥さんよー…、もうこんなに濡れてるぜー」
一人の男が言いました。妻は、その言葉を聞くと両手で顔を覆い、抵抗する事をあきらめ始めました。男達は、執拗に乳首と秘書を攻めたてます。すると…、
「あ・・・、う・・・、いや・・・んん!」
と、明らかに妻の声の様子が変わってきました。ああ・・・つまが・・・あの獣のような男たちにむりやり犯されてるのに…、感じ始めてきている…。そう思ったとき…私の愚息は、はちきれんばかりに硬く大きくなっていました。そして、固唾を飲んで見続けていたのです。妻の秘書には、男の指が出たり入ったり…、じゅぶじゅぶ,というような音まで立てています。乳首もちゅぶちゅぶと音を立てながら吸われつづけています。
「ああー・・・だめー・・・!」
妻は、耐えられないといった様子で声を上げました。
「ふふ、おくさん!・・・お○んこ、びちょびちょだぜー」
「ああ・・・・いや・・・こんなときに・・・」
「奥さんよー、素直になりな…旦那より、いい思いをさせてやるぜ」
そういうと、男達は、さらに激しくねちねちと妻の体をもてあそび始めた。そして・・・いつのまにか、男たちは下半身を剥き出しにして、妻の太ももや胸に押し付けている。
「あ、あ、あ・・・・だめ・・・いいー」
ついに妻は、歓喜の声を上げ始めた。そして…自分から、剥き出しになった男の逸物を探り当て…握り締めたのだった。そう言えば、このところ私たちのセックスは淡白でこんな激しいエッチはしていない。
妻ももしかしたら欲求不満で官能の火をつけられたのかも知れない。
「あああー・・・すごい・・・こんなに硬い…」
「ふふ…奥さん…ほらほら、もっと強く握っていいんだぜー」
男達は、妻の飢えた気持ちを察したようで、妻に両手に1本ずつその獣のペニスを押し付けた。妻は、もう押さえがきかない。なすがままに男達の逸物を握り締め…しこしことしごき始めた。
「うう…いいぜ、奥さんよー」
一人の男はそう言うと、妻の秘書に舌を這わせた。ぺろぺろ、ちろちろと小刻みに男の舌が妻の秘所を陵辱する…。
「ああっ!!・・・い・・・いいー!!」
せきを切ったように、妻の口から歓喜の声が漏れた。
「あ、あ、あ…、すごい!・・・ああああーー!」
「ふふ…奥さんよー、自分からこんなに足を広げて…、俺の硬い物がほしいんだなー」
「へへ…、ようし…」
そう言うと一人の男が…妻の太ももの間に割って入り…逸物を妻の秘書にあてがった。ああ・・妻が、犯される…
そして…ぐうううっと腰をしずめて…ついに妻は男に貫かれてしまった。
「ああああー・・・・、くる・…んん!!」
「おお!…入ってくぜー!!」
もうびちょびちょの妻の秘所はしっかりと男の物を奥まで咥えこんでしまった。もう一人の男は…妻の口の中に…汚い物をさしこんだ。
ああ…、ついに私の妻が…他の男に…。しかも二人に…。そう思ったとき、私は自分で自分の物を激しくしごいていた。
男のピストンは、激しかった。妻の秘書がこわれんばかりに突きたてた。妻は、もう一人の逸物を握りながら、舌で舐めまわしている。
ああ…こんなになって…、清楚な妻の姿はどこにもなかった。
1ぴきのメスと化した妻が、二人の男を二つの口でくわえ込んでいる。そして…口に入っていた男の逸物を吐き出すと、妻は
「あ!あ!・・いい・・・いいの!!・・・もっと・・・ああ・・もっとーー!」と言って、自分から腰を使い始めた。
「おお…奥さん、すげえ…すげえ腰使いだ…」
そして、さらに激しく突きたてると…
「あっ!あっ!…ダメ…イク…いっちゃう」
妻は絶頂を迎えた。
「うう…俺も…いくぜー…」
妻を突きたてていた男はさらに激しくつきまくり…、
「ああ・…出る!…出る!…うおおおーーー!!」
と、汚いザーメンを妻の奥ふかくに吐き出した。と、同時に…妻も
「あ、…イク…イクイクイク…いっくうううううう」
妻は男にしがみつき…いかされてしまった。
しばらく重なったまま動かなかったが、男が妻の体から離れると…男のザーメンが、どろーっと妻の秘所から流れ出た。
もう一人の男は、妻がいってしまうのを見届けると…妻の口を激しく犯し始めた。口の中でピストンし…、しごきぬくと…
「うっ!…・うっ!…イクッ!!」
とうめくと…妻の口の中に大量のザーメンを注ぎこんだ。
「はあ、はあ、はあ…奥さんよー!飲むんだ!!」
男はそういうと妻の口をしっかりと閉じさせた。するとやがて妻は、ごく、ごくと喉を鳴らして、男のザーメンを飲みこんでしまった。
そして…のみ残したザーメンを唇の端からつううーっとたらすのだった。
私は・・・、その様子を見て・・・、自分で爆発させていた。ザーメンがズボンの中でべとべとになるのを感じていた。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 近所の男,