FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

妻が職場の飲み会から帰ってきたと思ったら、ふらふらとベッドに倒れこんで寝てしまいました。
よっぽど楽しかったのか、、ちょっと悔しくてふざけてスカートをめくってみると、、
あれれれ、、
パンティの股間を濡らすこれは???
頭来てお尻からむりくり脱がせ、ガバッと広げてみると、まちがいありません、、、
股間がべっとりと乾いた白い糊状の液とこの臭いは、、、

頭に来て揺り起こすと、、寝ぼけた頭でそれでも誤魔化そうとします、、、、
ひっぱたくようにして尋問すると、、漸く告白を始めました、、、

ついつい同僚にうまく進められて飲み過ぎてしまったこと、、、
気が着くとホテルの部屋で裸に剥かれていて、既に挿入されてしまっていたこと、、、
それもやたらにあれのデカイ奴で、テクニックも物凄く、、、
散々飲んで酔っ払っていたにも関わらず、、悶え狂わされてしまったこと、、、

仕込まれた快感についつい二度目は自分からフェラして求め、
後ろからまたまたデカイので打ち込まれ失神しそうなほど喘ぎ狂ったこと、、、
余りの快感に知らず知らずに自ら中出しを求め、、、
「中で、、中で、、」とばかりに一番奥深いところでたっぷりと子種を受け入れてきたこと、、

「だってあんまり気持ちよかったの、、、、」
悪びれもせずに、それでも恥ずかしそうに男の逸物を思い出しているようです、、、
またヒトのチンポにポーっとなる妻が、、これまた憎たらしいほど可愛いのです、、

チラッと僕を見る妻の目が、チンポが小さいのが行けないとでも言い出しそうです、、、
ここで怒れば妻が出ていってしまいそうで、、、ついつい可愛らしい風情の妻の、、
ガピガピにされてしまったあそこにぶち込んでしまったのが間違いの始まりになりました、、、
スポンサーサイト
人生一度、不倫をしましょう・・・欲求不満妻が大集合
「数ある出会い系サイトを実際に使ってみた結果……」
[PR]

人生一度、不倫をしましょう・・・欲求不満妻が大集合
「数ある出会い系サイトを実際に使ってみた結果……」
私、39歳主婦です。
パート仲間の四人で、居酒屋で女子会をした時のことです。
隣の席の30代の会社員風の三人の男性に声をかけられて、何となく話が合って、早めに帰らなければならないパート仲間二人と別れて五人でカラオケに行くことになりました。
1時間が過ぎるころから、みんな結構酔ってきて、その場のノリで軽く抱き合ったり、頬にキスをしたり。久しぶりに楽しい時間を過ごすことができました。

帰りは同じ電車の男性と二人。
「綺麗な方ですね」言われて気分が良くなり、差し出された手に応じて手をつないで歩いていると、急に引っ張られてホテルの方へ。
「困ります。そんなつもりありませんから!」断って手を放そうとしましたが、腕までつかまれてしまい引きずられるように歩いていると。
「マジ、タイプです!・・お願いします」手を強く握られました。
学生の時にラグビーをしていて、ガッチリした体格でイイ感じの人だったので、少し迷いましたが一緒に部屋に入りました。
シャワーから出ると、ベッドで男性が何も身につけず大の字で寝ていてアソコを見てビックリ!大きくなっていないのに主人の倍以上!
言われた通りにお口に入れたのですが先の方しか咥えられず、それで両手で触っていると見る見る大きく堅くなって。
「大きいでしょう。20センチくらいありますよ!」ドヤ顔で言いながら私の脚を広げて、舌と指を使って感じさせてくれました。
それから身体を起こして、大きなモノを入れられそうになった時、二人の子供を産んでいる私ですが恐くて。
「優しくしてください」これを聞くと頷いて、先の方に唾をつけました。
先が入って、すぐに大きな塊が中にきた時。圧迫感から奇妙な声を上げてしまいました。それからは、男性の首に両腕でしがみつき、できるだけ脚を大きく広げて、自分でもどうして良いか分からず変な深呼吸をして、中を目一杯広げて奥へと入ってくるのを受けとめました。
男性の動きが速くなって、ドンドンと私の一番奥にぶつかると、さっきまで飲んでいたお酒をもどしそうなくらい胃が突き上げられました。
四つん這いにされて、大きな手でお尻をつかまれ、パンパンと音がするくらい腰を強く打ち当てられると、息が苦しくなって。
「もうダメーっ!・・お願い・・ヤメて下さい!」やっとの思いで言いました。
「そうか!・・丁度、俺も出したくなったところだよ」そう言うと、さらに動きを激しくしました。私はもう手で身体を支えられなくなって、頭と胸をベッドに押し付けて、ただ、男性に腰をしっかりとつかまれていたので、お尻を突き出す格好にされて受け入れました。そのころには声を出すこともできなくなっていて。
「ウッ。ウッ・・ウォー!」叫び声が聞こえて男性の動きが止まり私の中の奥の方が熱くなるのを感じました。抵抗することもできなくされた私に男性の体液を出したのです。許してもいないのに。
男性が離れた後、ベッドにうつ伏せで脚を大きく開き、グッタリとして動けなくなった私。そして、少しずつ普通に息ができるようになると、男性の体液が、私から出てくるのが分かりました。
「久しぶりの中出しだった。気持ち良くて物凄い量が出たよ」笑いながら男性が言いました。これを聞いてふと主人のことが頭をよぎり身体から血の気が引いていきました。
「どうして中に出したのよ。子供できちゃうかも!」泣きそうな声で言うと。
「ダメなら、そう言えよ!・・・何も言わないからOKだと思うだろ!」不機嫌そうに言われました。
しばらく沈黙が続きました。
すると急に男性が。
「そろそろ帰らないと、旦那。心配するよ」そう言いながら身支度を始めました。そして、急かすように私の腕をつかみベッドから起き上がらせました。
私も服を着てホテルを出ました。

帰る途中、私の中に残っていた男性の体液が出てきて、パンティにシミが付いていくのがわかりました。そして、お酒を飲んで、その場の雰囲気から浮ついた気持ちで見も知らぬ男性の誘いに乗って関係してしまい、その上、男性の体液までも受け入れたことを悔み涙が溢れそうになりました。

家に帰ると、主人も子供たちも寝ていて何故か安心しました。そっと出来るだけ音を立てずにシャワーを浴びてベッドに入りました。

翌朝、昨夜のことで、主人と子供たちの顔を見ることができずにいると。
「どうした。何かあったのか?」主人が不思議そうに聞きました。
「昨日、お友達と羽を伸ばしすぎて身体がだるくて」そう言って、その場を離れて台所へ。
「おい。若くないんだから。程々にしとけよ!」笑いながら主人が言いました。


心配していた妊娠は幸い避けられました。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

パートの妻が休日出勤だと言うので、車で送ってきました。
ところが、妻を下ろしたあと、昨夜飲みすぎたせいかちょっと腹具合が変になり、、
ちょっと、失敬とばかり、妻の会社のトイレをちょっと借りました。
ところが、済まして出ようとしたところ、同じく休日出勤らしい社員が入ってきて。
何となく会社の人間ではない引け目も在り、「大」の方に隠れてしまいました。
社員らしい声が何やら話し合っているのが聞こえます。

「パートの山田さんも来てたなあ、、なんか、何時も色っぽいよなあ。。」
どうやらちょうど、妻の話をしているらしいのです。
思わず耳を欹ててしまいます。

「ああ、、むちっとして色白だし、締りも好いし最高だぜ!!」
「ええっ、、締りって、、おめ、もうやったんかあ??」
?????

「ああ、ちょっと帰りに一杯飲みに出たら、もう、即オッケーさ、、
 ありゃ、人妻の癖に、結構遊んでるね?」
「相変わらず手が早いな?、、で、どうだった?」

「ああ、フェラは抜群だし、今日もちょっとしゃぶらせたろって呼び出したんだがな?」
「アナルも行けるし、、もうヤリヤリさあ、、、」
!!!???、、
一人トイレの個室で勃起させてしまいました。
しかし、アナルだって??、、あの妻が??

「相変わらずうまくやってんなあ、、」
「おお、おめえもどうだい?、あの奥さんなら、3Pなんて、おおよろこびさあ、、」
「え、、いいんか??」
「ああ、、広めのラブホを探してみっか?」

二人は出て行きました。

個室で愕然と座っている私の耳に、静まり返った会社の中で、
やがて、廊下の足音が聞こえてきました。

「やっだあ~~、、」
妻の声ではないですか?

急いで個室を出て、そっと廊下を覗いて見る私の目に、
休日で人気がないのを良い事に、
二人の体格の良い若い社員にしなだれかかるように歩いていく妻が目に止まりました。

さっき送ってきたばかりなのに、もう仕事を済ませたのか?
否、さっきの話の通り、しゃぶらせられる為だけに呼び出されたものでしょうか?
親しげに談笑しつつ玄関を出て行く三つの影を見送ってしまったのでした。
現在私35歳、妻 香澄32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。

息子は現在中学2年生。
中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。
この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。

中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校
の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施
していました。

息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果で
は合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが
やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験
して第二、第三志望校は息子の偏差値範囲内の学校を受験する事としました。

塾講師は親切に「では、塾にて保護者向けに実施している学校説明会の関係で
その第一志望校の先生と知り合いなので紹介しますよ」と言ってくださいました。
[息子の受験の為に妻のしたこと]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

町内会③

町内会の忘年会の企画を私が担当することになりました。毎年、ほとんど参加メンバーが同じで困っていることを聞いていたので、一次会は男性と女性を分けて行い、二次会は合同ですることにしました。男性は5名、いつもメンバープラス私で居酒屋、女性にはイタリアンとしたことが良かったようで、若い女性を含めて10人の参加になりました。
当日の二次会、男性は町内会長、副会長、私。他の男性2名は不参加。女性は、この中では若めの奥さん2名(28歳、32歳)、向かいの奥さん、妻と同年輩の奥さんと妻の5名。合計8名、カラオケボックスで行いました。
一番若い奥さんが半分近くマイクを握っていました。私の横に座っていたので、《たくさん歌を知っていらっしゃいますね》感心すると。《結婚2年。旦那さんは10歳上でIT会社の管理職をしていて、仕事で家にいることが少なく、同居している旦那さんの両親との関係のことでストレスが溜まっていて、今日はたくさん歌うことができて、大分、解消できたので参加して良かった》こんな話を聞くことができました。
この奥さん。160cm、Dカップ。身体にフィットしたブラウスに、タイトのミニスカートという服装から腰のクビレが見事なのがわかりました。ディユエットした時に、軽く腰に手を回して確認しました。

お店との約束の2時間が経ち出ることになりました。
「もし良ければ、私の家で三次会でもどうです?」みんなを誘いました。妻もほろ酔い気分でみんなを誘います。結局、町内会長、副会長、もう少しお酒が飲みたいと言う歌好き奥さんが。両親は旅行で不在、ご主人には私の家にいると説明するので大丈夫だということで来ることに。向かいの奥さんには、望み通り、私の家で楽しむことができると言うと、二つ返事で来ることになりました。

午後10時半が過ぎ、町内会長、かなり酔いが回ったと言って。ただし、振りだということがはっきりわかります。妻の胸をセーターの上から触り始めました。妻は酔っていて、口ではヤメテと言いますが、手を払い除けるようなことはしません。これを見た副会長も同様に酔った振りをして、向かいの奥さんの後ろに回り、脇の下から手を入れ両方のGカップをわしづかみに。キャアと叫びましたが、そのまま揉まれています。
「ご主人。大丈夫ですか?」歌好き奥さんが心配そうに。
「楽しんでいるから、良いでしょう。心配いらないよ」笑顔で答えると不思議に思ったのか《ヘェ~?!》感心した顔で私を見てビールを一気に飲みグラスを空にしました。グラスにビールを注いでから、寝た振りをすることにして腕を組み、目を閉じました。
15分経った時。
「ご主人。ご主人。・・大変ですよ。起きて!」歌好き奥さんが私を揺すりながら、慌てた声で。目を開けると、向かいのソファーで妻は下半身、穿いていたスカートとストッキングを脱がされて、町内会長に太股を舐められ、パンティの隙間から指を入れられて女の部分を触られています。その横のソファーでは向かいの奥さんが、ワンピースを脱がされ、ブラジャーを首のところまで上げられてGカップが剥きだしにされ、片方を副会長の両手で揉まれ、先の部分を吸われていました。私は妻に向かって。
「オイ!その続きは奥で」そう言って追い払うように奥の客間に四人を。
「イイんですか?・・・ダメですよ。・・・もっとエッチなことしますよ。きっと」歌好き奥さんが私の袖をつかんで言いました。
《人生一度しかない。楽しまなくては。妻が俺しか男を知らないのは可哀想。みんな大人だから限度をわきまえているよ》訳のわからない説明をすると。
「そうですね」何故か納得。
「奥さん。覗いてみませんか」誘いましたが、モジモジしてはっきりしないので、私一人で客間に向かいました。戸を開けて中を覗くと、妻は町内会長の股間に頭を埋めています。副会長が向かいの奥さんは脚を広げると。
「奥さんも毛が無いよ。オマンコ、丸見えでエロいな!」そう言うと、奥さんの股間にキスを。
背中をトントンと叩かれ、振り向くと、歌好き奥さんが。
「やっぱり、私も覗いてみたいです」身体を入れ替えて私が後方になり、中を見やすくしてあげました。片方の手を口にあてて、食い入るように見ています。時々、もう片方の手で胸や股間を押さえつけたりします。そして、大きな溜息も。
副会長が向かいの奥さんの中で果てて、布団の上で大の字に。《うぅ~!》唸り声をあげて町内会長が妻の中に射精。これを見届けて、居間に戻りました。

居間のソファーに座っている歌好き奥さんの横に座るとすぐに。
「アノ~。ゴム着けていませんでしたけど大丈夫ですか?」妻と向かいの奥さんが、精液をそのまま体内に出された時、《エッ?!》声を出し驚いて見ていたのです。《二人とも、ピルを服用しているから大丈夫。男性たちはバイアグラを服用しているので、これだけじゃ終わらないよ》これを聞くと。
「そうなんですね」納得しました。そして、《奥さん!興奮しませんでしたか?》尋ねると。
「他の人がエッチしているの初めて見ました。まだ心臓がドキドキしています」そんな話をしていると奥の部屋から妻の声が。
「イヤ~ダ。副会長。オチンチン、もう立ってる!」10分もすると妻の喘ぎ声が聞こえてきました。また、覗きに行くか尋ねると、私の方に頭を乗せトロ~ンとした眼で私を見つめて。
「イエッ。もうイイです」《シメタ!》心の中でそう思いながら、ブラウスのボタンを外すとブラジャー付きのキャミソールを着ていたのがわかりました。着ているものを脱がして下着だけに。キャミソールの胸の部分を下げて、揉み、小さめの先を吸いました。
「アッ!」小さな声を出しました。見事なクビレの辺りにキスをしながら、パンティの上から女性の部分を触ると湿っているのがわかりました。

奥の部屋から隣の奥さんの大きな声が。
「イヤッ~。・・イイッ!」続いて妻が。
「もっと、もっと。副会長。突いてっ!」パンパンと女性と男性の身体がぶつかり合う音。歌好き奥さんにも聞こえたようで。
「みなさん。スゴイですね」パンティに手をかけると。
「これ以上は無理です!ごめんなさい」何度か試みましたが、私の手をつかみ、頑として許してくれません。それで、パンツを脱ぎ男根を歌好き奥さんの前に出すと、手で握りながら上下に動かしてくれました。口でするようにお願いすると躊躇して、なかなかしてくれましたが、やっと口の中に含んでくれたのですが動作がぎこちなかったので、そのことを遠まわしに言うと。《ビデオでは見たことがあるのですが、実際にするのは初めてです》それでも一生懸命さに負けて射精すると、驚いたのか精液を飲み込んでしまいました。
「エッ~!飲んじゃった・・初めて!」時計を見ると午前0時を過ぎていたました。
「奥さん。こんな時間だ。大丈夫?」心配になり聞くと。
「11時ころ、主人に遅くなりそうってメールしたので大丈夫ですけど、そろそろ帰ります」身支度を整え終わるころ、奥の客間から妻と向かいの奥さんの喘ぎ声が聞こえ始め。
「ご主人。また、誘ってくださいね」笑顔で話し帰りました。

少しすると4人が疲れた様子で居間に戻ってきました。歌好き奥さんが帰ったことを告げると、町内会長と副会長がそろそろ帰らなければと言って身支度を。すると副会長が。
「ご主人。次もまた面白い企画をお願いします」二人が帰り、向かいの奥さんも帰って行きました。
翌朝、歌好き奥さんからメールが入りました。《主人。寝ていたので大丈夫でした。ありがとうございます。お誘い待っていますから!》