FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

妻は現在35歳、とある医療施設でリハビリの仕事をしています。もともと、別の仕事をしていたのですが、私と結婚後、大学に入学、資格をとっての転職でした。
 大学時代は私の仕事の都合で遠距離別居の状態で、会えるのも時々。そのためか、どうやら彼氏がいるようでした。確たる証拠を掴んでいたわけではないのですが、盗み見た携帯には彼からの、「旦那今日は居ないでしょ…」とか「今日はアパートでヌクヌクしよ…」なんていうメールが残ってました(消し忘れんなよw)。またパソコンの履歴を覗くと、有料アダルトビデオサイトへのアクセスが多数…。狭いアパートで妻と彼氏が私に秘密でどんなことをしているのか、想像するだけで、もういてもたってもいられないくらい興奮していました。思えばその頃から寝取られ願望があったんですね。因みにこの彼氏は妻と同じ学科で10才は年下の男です。名前を仮にりょう君としておきます。
 さて、大学を卒業して、いよいよ就職した妻ですが、今度は職場に気になる男(れい君としておきます)ができたらしく、夕食の時など頻繁にそいつの話をしてきます。私に話すくらいですから、本人に自覚は無いんでしょう。ただ聞く方としては、前例もあることなので(前の浮気がばれてることに妻は気付いてない)、密かに胸をときめかせてました。
 そんなある日、妻が家で焼き肉パーティーをしたいと言い出しました。どうやら、妻職場にりょう君が研修に来たらしく、驚くことに、りょう君とれい君は高校時代の同級性だったらしいんです。妻としては、恐らく家に元彼と今彼(不確定)を呼ぶなんて想像もつかなかったと思うんですが、3人で話が盛り上がり、断れなくなったようです。
「ごめん…同級生を食事に読んでいい?」って感じで切り出してきました。
事情を聞いた私は、妻の態度に何か甘い空気を感じとり、非常に興味もあってokしました。
 4人で始まった焼き肉パーティは、それはそれで楽しく、お酒も入って打ち解けてきました。それぞれの胸のなかにはいろんな(すけべなw)思いが渦巻いていたと思います。初めは、妻のことを苗字で呼んでいた二人も、話すうちに「Sちゃん、Sちゃん」と名前で呼びだし、また座る位置も妻を挟んだ両側、亭主が対面にいるにも拘らず、「Sちゃん、あ~んして」などと云ってふざけていました。
 お酒もだいぶ回ってきて、そろそろお開きにするかと考えてたとき、3人の間では、リハビリ関係のお堅い話になっていました。なんの話か理解出来ずに黙って聞いているうちに、どうやら眠ってしまったようです。目が覚めると、3人は見当たらず、横を向くと、隣の部屋の襖が空いていて、そこで何やらごそごそしています。瞬時にピンクな雰囲気を感じた私は、薄目を空けて覗き観を始めました。
 
りょう君「Sちゃん、それは、こんなふうにしないと、効果がないよ」
  
りょう君は、四つんばいになった妻の背後にまわって、胸のあたりに手をまわして、バックから攻めるような恰好です。短めのスカートはまくりあげられて、パンティもお尻も丸見えです

れい君「違う違う、Sちゃん、首のリハははこうでしょ…」

れい君は、妻の顔の前に座って、今にも、咥えさせそうな雰囲気です。

妻「ダメだってば。起きるでしょ。面倒なことになるよォ…」

口ではそう言ってますが、甘えたようね口調から、妻も発情してるみたいです。

れい君「大丈夫だってば…少し混ぜといたから絶対おきない。俺たち呼んだのは
    SちゃんもエチOKってことだよね」

妻「もォう…」「あぁん、りょう君、あ、あっ・・・あん・・・んっ」

 実際には、何を飲まされたのわかりませんが、私のほうは、はっきり覚醒していましたW。3人とも、もう、息使いがハァハァ云ってて、行為もどんどんエスカレートしていきました。結局、妻は全裸にされて、確実に中田氏までされてました。また驚いたことに、1時間近くの行為が終わった後に、妻をフリフリ系の服に着替えさせ、また3Pが始ったことです。しかし3Pっていうのは、私には経験が無いんですが、ほんとうに色んな体位ができるもんですね(畜生!うらやましい)。あんあん云いながら悶えまくる妻の姿が今でも脳裡から離れません。
 その後、この3人が逢ったような気配はありませんが、監視してるわけでは、ありませんので、本当のところはわかりません。私と云えば、この夜の出来事は最高のオ〇ネタです。
 今は、これらのことを妻の前で暴露するタイミングを計っています。どんな展開になるかとても楽しみです。 
 
スポンサーサイト
FC2ライブ - http://live.fc2.com/adult/
エッチなライブチャットを楽しむならここ!♪
【秋葉原にオープン!!】過激なエステ / 秋葉原ボディクリニック A.B.C
素人美女のおっぱいヌルヌル過激マッサージで身も心も昇天↑↑↑
平均増大値+8.5センチ!100種類以上の成分を3種のサプリに濃縮配合!
メディカルの結晶が作り出した増大サプリだから「大丈夫。増大できます!」

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

私30歳、妻28歳の子持ち夫婦です。
少し前の夏のことです。

子供を実家に預け妻と二人で午後から海水浴場へ出かけました。
平日ということもあり夕方になると人気もまばらになり、
私たち夫婦も荷物を預けている海の家へ戻りシャワーを浴びに更衣室に入りました。
トタン板で囲まれた粗末なつくりのシャワールームには5つのシャワーが横並びに
設置されており、同じくトタン板で間仕切りがされています。
左から2つ目と3つ目のシャワーは2人の先客が使用中のようでカーテンがかかっており
私は右端のシャワーを使用することにしました。
先客たちは私の存在に気づいていないかもしれません。
しばらくすると
「あっ、来た!!」と先客たちのささやく声が聞こえてきました。
「人妻風やな!!」ともう一人の先客が小声で答えました。
もしや女性用のシャワールームが覗けているのか?人妻風ってうちの嫁さんの事か?
気になって観察すると女性用のシャワールームとの間仕切りのトタン板に釘で開けたような
小さな穴が開いているのに気が付きました。
覗いて見るとそこにいたのは真ん中のシャワーを浴び始めたうちの嫁さんでした。
ほかの女性客は誰もいません。
しかも他の客が誰もいないのでカーテンもかけずにシャワーを浴びています。
自分の妻が覗かれているのですが、水着の上からシャワーを浴びており、まさか水着は
脱がないだろうと思い、別に見られてもいいかと思い様子をうかがっていました。
先客も声をひそめて妻を観察しているようです。
妻は身長160cm、ややぽっちゃり系ですが、バストはBカップと少し小ぶりです。
ヒップは大きくて肉付きもよく丸みをおびており、しかし日々のウォーキングの成果もあり
引き締まっており、尻フェチにはたまらないナイスなヒップだと思います。
尻が大きい分、ウエストもそれなりにくびれて見えます。
贔屓目かもしれませんが男達を勃起させるには充分な魅力があり
水着姿だけでも見ごたえはあると思います。
私も一緒に覗きながら妙な興奮状態に陥りました。
もちろん妻は旦那も含めた3人の男に見られていようとは夢にも思っていないでしょう。
「水着脱がへんかな?」
先客がのつぶやきが聞こえて来ました。私は心の中で
「脱ぐなよ!」という思いと
「全部脱いですべてを男たちに視姦されてしまえ!!」
という複雑な願望に駆られていました。
次の瞬間、妻はワンピースの水着の肩ヒモをずらし上半身を露にしました。
「ラッキー!!」
押し殺したような歓声があがりました。
しかしこちらから見えているのは妻の背中だけです。
「頼む、全部脱いでくれ、自慢の尻を見せてくれ!!」いつしか私も願い始めていました。
いつのまにか先客の覗き魔達と同化し悶々とした気持ちで覗き続けています。
妻を視姦されていると言う興奮から私のペニスは勃起しており、それをシゴキ始めていました。
他の2人も当然そうしているでしょう。
妻は背中を向けたまま首筋や胸を手でさするように洗い流しております。
やがてその手は腰まで下ろした水着の中をさすり始め、ついに両手で水着を下ろしはじめました。
私の自慢の妻の豊満な尻がついに男たちの注目に晒されてしまいました。
「やった!!めっちゃええケツしてるやん」
もはや妻のストリップショーの観客と化した先客が静かに歓声をあげました。
ダンサーはやや足を大きめに広げ少し前かがみになりセミロングの髪を流しはじめました。
私の位置からはよく見えませんがほぼ正面から見ている先客たちには性器が丸見えに
なっているかもしれません。私は悦びと興奮でもう発射寸前です。
そしてダンサーは流した髪をかきあげると同時にこちらに振り返り、満を持して
小ぶりなバストと薄めの陰毛に覆われた股間を披露しました。
ショーは最高潮に達しています。
もはや観客たちは黙ってダンサーを凝視し、勃起した股間をシゴキ続けています。
妻はこちらを向いたままシャワーで背中を流しながら指で股間の際どい部分をやさしく洗っています。
「ここからオナニーショーを披露してくれないかな?」
私は妻の淫らな姿を期待しましたが、さすがにそれはありませんでした。
それから何度か前を向いたり後ろを向いたりし観客たちにその艶めかしい熟れた裸身を惜しみなく
曝け出し、10分と少々のストリップショーはダンサーが脱衣所へ退場し終了しました。

「ええケツやったな、オレ2回ぬいたで!!」
「乳はそこそこやけど腹も出てへんし、毛は薄くて好みやった!!」
興奮さめやらぬ様子でショーの感想を語りながら先客たちもシャワールームを出て行きました。
妻は観客達に気に入られたようです。
チラッと見た感じでは2人は高校生ぐらいでした。
私は自分の最愛の妻が高校生の慰みのもにされた不思議な悦びと興奮の余韻を楽しんで
もう一度シャワーを浴び直し、少し遅れて脱衣所に向かいました。

着替え終わり外にでるとしばらくして妻も出てきました。
何事もなかったように海の家をでるとさっきの高校生風の2人組が妻をニヤニヤしながら
見ていました。
「お前はさっきあいつ等のおかずにされ2回も抜かれたんだよ。オレも抜いたけど・・・」
心の中で妻に語りかけました。そして自分の中に妻を見られたい、妻を犯されたいという
不思議な願望があることに気がついたのです。

今日の出来事を妻に教えるかどうか悩みましたが妻の反応が見たかったので
事の一部始終を話しました。
「ウソや~信じられへん、なんですぐ教えてくれへんの~!!ちょっと大きい声だしたら聞こえたやろ、
あんたも変態やろ!!」
真っ赤になって半泣きになって恥ずかしがりながら怒っていましたが、相手が高校生で自分に若い男を
逝かせる魅力があった事や、彼らの感想を聞いてまんざらでもなかったらしく嬉しそうにも見えました。
やがて落ち着きを取り戻し
「それであの子等私の事ニヤニヤして見てたんか・・・変やなって思ってん。」
「わかってたらもっと思い切り見せてあげたのに・・・」

妻の魅力と自分の願望を発見した貴重な体験でした。
最近複数もSWも経験したが、イマイチ興奮できない、
それは嫉妬がないからなんだろうか・・・

そこで、ちょっと変わった事をしてみた・・・
それは夫婦で、居酒屋にでも飲みに行く、
ただし、妻を交換して・・・

店に入る時から緊張感がある。
知合いがいたらどうしよう・・・

他人から見れば、仲の良い夫婦かカップルが飲みに来ているとしか思わないだろう。
お互い、ちょっと隣ではなく、少し離れて座る。


話をしながら、軽く彼女の体に手を廻してみる。
やはり人が多いせいか、少し恥ずかしさがあるようだった。

私の妻はどうだろうか・・・
妻達を見ると結構楽しそうに話しているが、手はしっかり乳房を触っていた。
"私も、もっと積極的にしなきゃ・・・"
奥さんと思わず、メル友に会ってる感じで話題を盛上げていく。

奥さんがトイレに立ったので、私も一緒に席を立った。
そして、耳元で囁いた。
"下着外してきて"
一瞬驚いたが、すぐに怪しい女の顔になった。

奥さんが戻ってくると、乳首の形がはっきりとブラウスから突起していた。
"もう少し胸元を開けてよ"
そう頼むと、ボタンを外した。
かなり胸元が見えるようになった。
隣の席の男やウエイターの男の視線がわかる。

妻は、どうなってるだろうか
かんがえる事は同じようだった。
妻も、しっかりと胸元が見えるようになっていた。
すると、何か隣の男と旦那が話しをしていた。
隣の男がニヤニヤしながら妻の顔を横目で見ていた。

その男が妻の乳房をいきなり掴んだ
妻はニコニコしている。
何を言ったのだろうか・・・
後で聞くと、彼女は風俗嬢だからという事にし、
乳房を触って、サイズを当てたらと賭けをしていたようだった。
想像力のある旦那だ・・・・
私には、そんな事、思いつかなかった。

またも敗北感と挫折を味わった・・・
店を出ると、旦那が言った。
さっきの男に自分の部屋に出張で来てくれと言われたと・・・
いきなり商売かと思ったが、興味もあったので行かせてみる事にした。
ただ、1人では不安だし、商売しようとは思わないので、
妻達2人を一緒に行かせる事にした。
その男には、本日はサービスですという事にして・・・・

部屋に入って、1時間ほど過ぎたところで・・・
妻達の表情を見ると、激しかったことが想像できた。
彼の携帯に電話がかかってきた。
その男からだった。
また、次回、利用したいと・・・
とりあえず返事はしておいた。

妻達に話を聞く事にした。
まず交互に咥えさせた後、発射したザーメンをお互いに舐めさせたという。
それも2人の髪の毛を掴んで無理矢理に・・・
その後は、1人椅子に座らせて、後ろ手にバスローブのひもで縛り、
目の前で、1人を抱く、しかもゴムなし中だししたという、
1人が終わると、次も同じように妻を変えて・・・

その男にとって1時間は短かっただろうし、
次回もお願いしたい気持ちも、よくわかった。
だが、妻達が少しかわいそうな気持ちにもなった。
男の私達にとっては、ちょっとしたシャレのつもりだったが、
女達にとっては、恐怖だったのかもしれない・・・

少し後味の悪いものになってしまったが、
妻を交換して、デートするというのは、意外によかったと感じた一日だった。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

私の妻も私とつきあいだしてからも前彼と何度かセックスしていました。
結婚後だいぶ経ってから妻が告白しました。
妻は私との恋を邪魔されるのが怖くて・・とか言っていまいたが・・

前彼は嫉妬のかたまりにになっていて、妻のおまんこをかちかちになった極太で突きまくった
そうです。
もうこれが最期だからと言いながら、何回も呼び出されてやられたそうです。
妻もたぶん凄い声をあげてしまったかも、と聞いたときは興奮しました。
この男とつきあっていたときの妻は24才で3人目の男でした。
結婚したての頃だったら嫉妬に狂って離婚したかもしれませんが、今では冷静?にというか、
複雑な心境をかくして妻の話を聞けるようになりました。
妻も男の複雑な胸の内を知らずに安心して色々喋ってくれます。

最初の頃は何を聞いてもすぐはぐらかされてしまってましたが、
何年か経って、そろそろマンネリというころ、妻にポルノビデオを見せてから浮気ごっこに
ハマッテいきました。

妻も刺激を求めていたのかもしれませんが、私以外の男に抱かれてしまうというシチュエー
ションにすごく興奮しました。

ホントは私に抱かれているのに、目を瞑った妻は別の男を想像して、下から腰を突き上げて
きて、私の背中に爪をたて、今まで聞いたことないようなヨガリ声をあげて乱れました。

私も妻がホントに浮気してるところを見てしまったような気がして最高に勃起してしまいました。

終わってから妻は「あなたがヘンなこというから・・・・ハズカシ」と私の胸に顔を埋めてきたので
すごく愛しくなってやさしく抱きしめてあげました。
そして夫婦のセックスに浮気ごっこは欠かせなくなり、とうとうバイブを買ってきて、妻がよその
男とセックスしてるつもりでオナニーするときに浮気相手のちんぽのつもりでバイブを挿入して
あげるようになりました。

妻は「こんなことしてるといつかホントに浮気しちゃうかも・・・」と言うので、

私は「どうせ浮気するんなら、太いちんちんですごくスケベな男じゃないとダメ」と言いました。

その時です妻は「私ねえ、ホントは浮気したことあるの・・」としゃべりだしたのです。

「前の彼ね・・・すごくHだったの・・・私のことあきらめきれなくて・・・怒らないでね・・・」

私は複雑な気持ちでしたが、妻が私と知り合う前のセックスでも知りあった後のセックスでも
同じように思えました。

それから妻は少しずつ3人の男と寝たときの話をしだしたのです。

それによると、妻の過去の男たちはみんな若いときだったので、会えばすぐセックスしたがった
そうです。妻がセックスの良さを知ったのは2人目の男で、妻が一番いい体をしていた21才の
時、その男は33才で、妻を裸にすると足を開かせおまんこを見ながら麦酒を飲むのが好きだっ
たそうです。3人目の男は大きくて最初のとき痛かったそうです。

話を聞きながら妻のことをけっこうスケベだなと思いました。
妻は今でもまだうぶなふりをしたりしますがけっこう可愛くもあります。
そして妻のヘンなところは、実家に帰ったとき昔のアルバムをもってきて見せてくれたのでした。
よその奥さまは結婚するとき昔の写真なんかどうするのでしょうか?

そのアルバムには何人かの男と2ショットで写ってる写真がありました。
なかでも水着姿で仲良く肩を抱かれて笑顔で写ってる写真を見せて、「私この日Hしちゃったの
フフフ」とあっけらかんと言いました。

妻は今年33才になりますが、とうとうホントの浮気をしてしまいました。

妻とこれだけ浮気ごっこをしてきても、電話で聞いた妻の「私浮気したのよ」という声はショックで
我慢しきれず一人でオナニーしてしまいました。
十代の時に一度だけスワップ?経験しました。バイト先の30代の男性に誘われたんです。
僕の彼女も同じバイト先で、男性は店長です。僕の彼女をえらく気にいってね

直に他の男性と経験したいと…
僕は凄く嫉妬しました。彼女が抱かれると思ったら、でも彼女が抱かれてるのみたいし人妻としたい…

店長のマンションですることになって… ドキドキしながら彼女と行きました。
僕と彼女は緊張し過ぎて椅子に座ったまま、店長の奥さんの手料理も喉に入らない。
数時間たち、店長が奥さんに彼女と風呂に行けって…
店長は僕に別つ別に楽しもうか?と言ったけど僕は彼女が抱かれるのがまだ嫌だったから同じとこでしますと伝えた。

風呂から出た彼女と奥さんはタオルを巻いただけの姿でドキドキした。
彼女が店長に抱かれいく姿が凄くいやらしくて興奮してしまう

店長にタオルを取られた彼女…
店長は彼女をギュッと後ろから抱きしめながら布団に寝かせ、彼女を触り始めた、彼女が小さい、あっあっん…って喘ぎ、店長に気持ちいいとか言わされてる…
彼女が店長のアレをくわえる姿に泣きそうになったけど、店長にハメられた彼女は淫らに綺麗で興奮してしまう
彼女は布団に寝たまま足を開かれ、店長のアレが少し挿入された姿で、店長にほしいなら、自分で入れろって言われ… 彼女は自分で腰を動かした

店長が激しく彼女を突き上げると彼女は…
あっーあっあんと大きな喘ぎを出し始め… 彼女の胸が遠心力?で揺れてる。
彼女がイキそうになると店長は焦らし、彼女に自分の上で四つん這いさせ、彼女にアレを入れさせ腰を振らした…
時々、僕と彼女の視線が絡むと店長は○○よりいいだろう?と彼女に言わしたり…

彼女は店長の上でイキ、呼吸が乱れて店長に抱きついた状態…
店長はゆっくりと腰を動かして、まるで彼女のアソコを楽しんでるみたいだ。
店長は彼女の横に寝て、横から彼女の足を上げ挿入し彼女を突き上げる…
彼女はまた喘ぎだし、イカされ… 店長はコンドーム越しに彼女の中でイッた…

彼女と店長の絡みが終わり、彼女はトロンとしてた… 店長はシャワーに行き、奥さんは気をきかせたのか店長と部屋を出た。
僕は彼女に気持ち良かったと聞いたら、うん…って… かなりショック。でも彼女の抱かれてる姿は淫らで最高… 微妙なきもち。
少し彼女と話してたら店長が戻り… 僕と彼女は風呂場に行った。その日は店長のマンションに止まり、朝、店長は彼女のフェラで一発抜き仕事へ行った。

関連タグ : 他人とやる妻を目撃,