FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

さくら企画さんで少し珍しいものを見つけました。
今回は不倫中カップル撮影の持ち込み映像です。
不倫中の彼とハワイやグアムっぽい外国に旅行に来ている奥さんのようですが、とにかくいろんなところで極小水着で露出しています。
極小水着だけどリゾート地とあって水着でいても違和感がなく、とにかく明るい性格の奥さんで水着の女性と一緒に写真を撮ったりと南の島を楽しんでいます。
一見普通の水着なのですが、よく見ると乳首も下の毛もうっすらと見えるので、みんなあとから少し驚いた表情をします。
そのギャップがドキドキです。
外人さんに胸にオイルを塗ってもらったり、やはり極小水着なだけあっていろんなどんなところに行っても注目されています。(笑)
すぐに現地の人と仲良くなり、写真撮影して・・・と陽気に楽しんでいる様子です。
002.jpg
032.jpg

次第に全裸になったり・・・で、ここからが珍しい映像なのですがアジア系の修学旅行生の団体みたいな人たちとも仲良くなり、海辺の砂浜で写真を撮ったり話ながら歩いたりしているんです。
でも極小水着で、しかもうっすら透けているという。。。
これはいいのかな?とドキドキしてみていました。
最終的には現地で仲良くなった男性達との行為を楽しむ奥さん。
さんざんかわいい笑顔を見せてじらしておいて、最後に外国人3人と楽しむ奥さんの色気は半端なかったです^^;
松田○由紀と板野○美を足して2で割ったような美人です。
本当に自由奔放で笑顔が絶えず、なんでも楽しそうにする奥さんなので映像を見終わった後には奥さんを好きになっていること間違いなしです。

他の画像も見てみてください。
こちらから↓
     さくら企画




スポンサーサイト
FC2動画 - http://video.fc2.com/
いつでも、どこでも、好きなだけ。お好みのエロ動画で。
【秋葉原にオープン!!】過激なエステ / 秋葉原ボディクリニック A.B.C
素人美女のおっぱいヌルヌル過激マッサージで身も心も昇天↑↑↑
【40歳以上でもペニス増大】最短3日で実感!5cmは当たり前?
「妻がチンコ入れられて失神するのをはじめてみました(笑)」
さくら企画さんの新しい映像を紹介します。


子供のいる人妻さんです。
誰かの妻であり、母親でもある人がすることではないことをしていて少し心が痛むほどですが、ドSの人には合うかもしれません。
軽めにお尻の見える短パンを履かされ、自動販売機で買い物をしている様を仕事の土方風の職人さんたちにジロジロみられます。
この辺はまだいいのですが、そのあとに山の中の秘湯風の露天風呂に行きます。
男湯なのか、男女共同湯なのかわかりませんが、男しかいない温泉にタオル一枚で入っていきます。
恥ずかしくてたまらないという表情で、ただ男に言われたことに従わなければならないという感じで入っていきます。
撮影のギャラをもらっているから逆らえないという感じです。
初めはよそよそしい男たちも次第に彼女の作る淫靡な雰囲気に飲まれるように彼女に近づき始めます。
男に乳首を吸われ、自分のされていることが理解できず困惑している表情を浮かべる彼女。
このときはまだ、働いている旦那さんや子供のことを思う妻と母親の一面が強く出ているように見えます。
012.jpg

しかし、男たちの欲望は治まるわけがなく、奥さんは男たちの性欲のはけ口にされていきます。
数人に囲まれ、今まで経験したことのないであろう土地で、普通に生活していれば一切かかわることのないような男たちに、想像もしていないようなことをされている自分に戸惑いながらも女としても一面が滲み出てくるような流れです。
015.jpg

その後身体に落書きをされ、露出を強要される奥さんには何か吹っ切れるものを感じます。
023_2014070910430578e.jpg


別の日には天気のわるいなか、完全に透明な河童を着せられ、海岸沿いを歩かされる奥さん。

030.jpg

透け透けの白い水着を着せられ、サウナや温泉に入ったり、ビデオでは定番の公衆便所デビューをしたりと、とにかく露出がテーマの映像とあって裸をさらしまくりでした。
男達は撮影側が用意しているのかわかりませんが、なんだか下手で素人っぽいので一般の方を募集しているのか本当にその場にいる男性が集まってきているのか。。。
少なくとも数名は本当にその場にい合わせた男性が参加している感じもします。
平凡な奥さんがこんな出会い系でこの男性と知り合ってしまったばかりに、短時間で見知らぬ男性何人とも交わると思うとぐっとくるものがありました。
映像は鮮明ではなくホームビデオで撮った感じの映像なので余計にただのエロい素人という感じです。
全体的に色が古い感じビデオで紹介コメントが作りものっぽいのが少し萎えますが^^;
露出もの好きな方にお勧めかもです。



こちらからどうぞ↓
        さくら企画さん





そのビデオは居酒屋から始まる。
周りにどれくら人がいるのか、
ビデオに映されてる限りでは、多いような雰囲気はある。
男達の自己紹介から始まる。
ここだけ見ると学生のノリ
3番目に妻が映し出される。
すでにだいぶ酔ってる雰囲気だ。
「俺達の女で~す」
若いノリで妻の乳房を服の上からだが両脇からギュッと掴む
明るい雰囲気だが割と興奮できるのが不思議だ
その後はスイッチを切り忘れたのかわざとなのか
床に置かれたカメラは撮影を続けていた。
楽しそうな会話が聞こえる。
妻の隣に座る男が妻のスカートの中に手を入れていき、
動かしているのがわかる。
(この時の妻の顔が凄くみたい。)
手で最初は払おうとしているが、結局されるがままになる。
すると男は、そこで妻のストッキングとパンティを
下ろしてしまった。
(妻の顔がものすごくみたい)
しばらく、足首まで下ろされていた下着類は
男が男がポットにしまいこんだ。
さらにしばらく、会話は続いたが、
妻が隣の男に寄りかかっているようで、
たぶん泥酔状態になっていたんでしょう。
しばらくしてビデオは切れた。
次に映し出された映像には、男達の車から、
上半身は下着だけ(この時は黒)になった妻を
誰かの部屋へ連れて行くシーンから始まっている。
ベッドに横倒すと、すぐにプレイは始まった。
一人の男はバイブを挿入していた。
一人は咥えさせようとしていた。
だが、まだ硬くはなっていないようで、
だらんと下がったものを妻の口に苦労して入れようとしていた
それも生々しくて意外と良い。

その後はニヤニヤ笑いながら会話しながらの輪姦状態だった。
半立ち状態のペニスを同時に咥えるのも愛嬌と言えるかも
時おり見える、妻のバッグや衣類、下着類が
学生らしくパイプベッドのような部屋で厭らしさを演出している

泥酔状態の妻は男達の言葉に乗せられている。
ビデオ撮影には多少嫌がってるのか顔を背けるシーンもあり、
それも自然でいい。

男達は挿入シーンを撮りたいらしく、アップで撮ってある。
私としては、挿入シーンに拘る事はないが、
このビデオではバックでの挿入シーンが録画されているので、
妻のアナルがばっちりと映されており、
普段は絶対にやらせない妻のアナルに男の指が
入っていくシーンが映っており、
短いビデオではあるが、お気に入りの一つである。
それは、つい数年前のこと。

妻の美紗子は月一回、土曜日の午前中に来る生徒のピアノレッスンをしている。
その生徒とは、私と同じくらいの年齢、30歳中頃の男性で妻の友人の夫、石橋氏である。
石橋夫妻とは私達夫婦と交互に行き来があり仲良くしております。一緒に外食したり、カラオケに行ったりなどしている仲です。

その石橋さんですが、以前から私の妻、美紗子の事をとても気に入ってると言うことに私は気づいていました。
妻も石橋氏が面白い人なので会話を楽しみ、彼に対してはまんざらでもない様子でした。
以前、カラオケに行ったときも酔った勢いで口が滑ったのか、私にこっそり耳打ちしてきたのです。
「いやぁ○○さん・・・(私の事)、美紗子さんかわいいですねぇ~うちのと入れ替えられたらなぁ~」
と冗談混じりに言ったのでした。正直、妻が褒められるのは悪い気はしませんが、石橋さんの言い方と言えば妻を性対象としての眼差しでした。
「そぉーですねぇ・・・私は構わないですけどねぇ?」
と、冗談めかし笑いながら受け答えした事もありますが、石橋さんは
「ほんとですかっ!!お願いしますよぉ~」
と、目を輝かして哀願してきたりもしました。
「うちの嫁さんともっと仲良くなりたいなら、うちにピアノを習いに来るといいんじゃない?」と誘導じみた事を言った事もあります。

そして、しばらく日が進んだ頃、
石橋さんがピアノを覚えたいと言うことで、私の自宅に習いに来ることになったのです。
本気で習いに来るとは思わなかったのですが、まぁ生徒として習いに来るのは仕方ありませんし、
私が経営しているわけでも無いので「石橋は止めろ」と妻に言うのもおかしいですし・・・
大人も何人か習いに来ているので殊更取り上げて問題にする事でもないのです。
ただ、妻が石橋が来ることにえらく喜んでいたのが、少々気になったくらいでしょうか。

ある日の事、仕事で徹夜明けの私は2階の自室で寝ていました。
ピアノの音、妻と石橋の笑い声が時折聞こえ目を覚ましたのです。
完全な防音室を設けているわけでは無いのですが、自宅の教室にしている部分はある程度の防音施工はされているので、
ピアノの音や室内の会話はくぐもった感じでしか聞こえません。
ふと気が付くとピアノの音も、声も全く聞こえなくなって居た事に気づきました。

私は、胸騒ぎを覚え何かいつも違う違和感を感じました。布団から這い出し、ソロソロと階段を降りて玄関ホールを確認。
すると男性ものの靴があるので、石橋はまだ教室にいる事を確信しました。
教室として使用している部屋の扉の手前で、じっと耳を澄ましましたがボソボソと何か話している事が分かる程度で、ほとんど聞き取れない。
妻と彼は小声で話しているのでしょう。防音扉は小さなガラスがはめ込んであるので、おそるおそる覗いてみました。

すると二人の背中しか見えないのですが、石橋がピアノの真中に座り左を向き、美紗子はその視線の先に並ぶように座って会話していただけでした。
正直、私の心情は、ほっとしたのと「なんだ、つまらんなぁ・・・」と言う複雑な思いでした。

私もまだ眠かったので「あほらしぃ・・・寝よう・・・」と、思って立ち去る前に再度チラと覗いたのです。
すると目に見慣れない光景が飛び込んできました。石橋と美紗子が抱き合いキスをしているのでした。

その瞬間、私の背中に冷たい氷を差し込んだような衝撃、見てしまったものに対する明確な答えが出せない混乱に陥りました。
防音扉なので音は聞こえませんが、キスしながらあごをお互いに上下に動かしているのが見て取れたので、舌を絡ませているであろう事がわかりました。
私はその行為を止めさせようとする事よりも、なぜか次の展開に期待する感情が心の奥底から沸き起こってしまったのです。
しかし、次の展開は期待を裏切るもので、キスを止めしばらくすると二人は立ち上がりました。
私は、ここにいてはまずいと思い、なるべく音を立てないよう慌てて自室に戻りました。
布団に潜り込むと、石橋と美紗子の会話が玄関ホールから聞こえてきたので、彼が帰った事がわかりました。

私はその夜、美紗子のレッスン手帳を確認たのです。
石橋の次のレッスン日を調べました。来月の○日土曜19時と書いてあるのを確認しました。
私はある考えを実行することにしたのです。石橋のレッスン日は残業で遅い帰宅になると言うことにして、
こっそり帰宅して様子を確認しようと思いました。
何も無く済んで無駄になるのではないか?
と思いながらも、妻が他人とセックスする現場を見る事になるかもしれない、何とも言えない期待感を抱ていました。

石橋のレッスン日当日の夕方、いちおう出勤する際、遅くなるかもしれないと布石を打っておきましたが、再度電話連絡を入れたのです。
「すまん、やっぱり今日は遅くなるよ・・・0時前後には帰れると思う。」
その電話を入れた後、19時過ぎには自宅に着くように帰宅。
防音室でレッスンをしている間に帰宅しておけば二人に気づかれず家に戻れるからです。
そーっと玄関を開けると、石橋のと思われる男性用の靴がありました。
私は自分の靴を抱え自室に向かいました。
まだレッスンはきちんとやっている様で、ピアノの音がまだ聞こえます。

19時50分頃でしょうか、ピアノの音が止んだので階段の踊り場まで降りて聞き耳を立ててみました。
何やら楽しそうに会話してたのですが、その声も聞こえなくなったのです。
私の心臓は異様な興奮でバクバク鳴り二人に聞こえてしまうのではないか?と思ったほどです。
その興奮を抑えつつ、防音室の小窓を覗くと・・・想像したとおり、二人は抱き合ってキスしていました。
それも、なんというか・・・濃厚って言うんでしょうか、舌を出して舐めあったり・・・
唇を密着させて舌を入れあっているのが分かるのです。

以前に確認したときは、ここで終わっていたのですけれど、なにしろ今日は私は0時前後まで帰宅しない事になっています。
二人の雰囲気からしても、もうこのままで済まないだろう様子が見て取れました。
一旦二人は離れると、防音室から出ようとしていました。私は慌てて階段まで戻り、様子を伺うことにしました。
このまま外出されたらまずいなぁとか考えており、既に妻の浮気がどうとか言う考えは、今思えばほとんどありませんでした。
思ったとおりの展開になりつつある何ともいえない悔しさと、それと同じくらいの期待感と興奮が私の頭をぐるぐる回りました。

幸か不幸か、二人は居間に入るとソファーに座ってTVを付け会話しているようでした。
流石に、ドアを開けて中を覗くわけにも行きませんので、何かいい方法は無いか?
色々考えたのですがどれもうまくない。
しかし何とかして見たいと言う思いで、少々危険ですが居間に隣接している和室の客間から襖越しになら見えるかも知れないと思い、
ソロソロと移動しました。
直ぐ、移動出来るように階段に続く廊下の所は扉を少し開けておいたのです。

間もなく防音室で見ていたそれと違い、すごくリアルな音でチュッチュッと言う淫靡な音が聞こえてきたのです。
襖をほんの少し開けてみると、二人は先ほどと同じように立ったまま貪り合う様なキスをしていました。
石橋は私の妻、美紗子のお尻や胸を撫で回し、
美紗子はなすがままになって恍惚でうつろな目をしていました。

石橋は美紗子をソファに横にすると、美紗子の上にのしかかるように覆い被さりました。
ブラウスのボタンを外し、ブラジャーも外したようでした。
あらわになった美紗子の胸を見つめている様子で「美紗子さん・・・綺麗です・・」など言いながら胸に吸い付いて行ったようでした。

美紗子は胸を石橋の手と舌で責められると「あぁぁぁっ・・・感じちゃうよぉっ!いやぁぁっ!」といやらしい声を上げました。
石橋は、美紗子のスカートの中に手をいれ美紗子のパンティ下ろしたようでした。そしてそのままオマ○コに指を入れているのか・・・
腕が小刻みに動いていたので、オマ○コを責めているようでした。
美紗子はクリトリスを責められると弱いので、その責めで軽くイッたようでした。

この美紗子の反応の良さに気を良くした石橋は、どうやら自らの勃起したモノをだし、シックスナインの体勢になった様子でした。
フェラチオさせながら、美紗子のクリトリスを舐めているようでピチャピチャ音が聞こえました。

「美紗子さん・・・もう入れてもいい?もう我慢出来なくて・・・」
と石橋が言うと、美紗子は「いいですよ・・・石橋さんのほしい・・・」と言っているのが微かに聞こえました。

美紗子を起こし、ソファーにうつ伏せに手をつかせると、スカートをたくし上げ石橋はバックから抱きつき、ゆっくりと挿入したのです。
「あはぁぁぁあっん!入ってきたよぉぉ・・・奥までぇぇ!!いっぱいきてぇ!」美紗子は歓喜の声を上げたのです。
石橋も「ああ・・・すごい・・きもちぃぃです・・美紗子さんのオマ○コ気持ちいいっ!」
と言いながら挿入したばかりなのに狂ったようにパンパンと音を立てながら勢い良く腰を振り出しました。

バックで挿入してから5分ほど経ったでしょうか・・・
石橋は「美紗子さんっ・・オマ○コ締まるっ!!もうっ・・すいませんっ!出そうですっ!」と言い出しました。
石橋は射精を我慢し、苦悶の表情を浮かべている様子でした。
美紗子も石橋の腰の振りに合わせるように体をくねらせながら
「あっあっ!あぁ・・石橋さん!・・外にぃ!お願いっ」と、言うや否や石橋が
「ダメだ・・すいませんっ!出るっ!!」と唸った瞬間、美紗子の突き出た尻に精子をぶっ掛けたようでした。

石橋は肩で息をしながら、ペ○スを片手で支えて腰をビクッビクッとさせながら美紗子の尻に残りの精子を掛けているようでした。
「美紗子さん・・・すいません・・・最近ご無沙汰だったもんで、もうイッちゃいました・・・」
と少しもう仕分けなさそうに言うと、美紗子はティッシュで拭いた石橋のザーメンを見ながら
「すごいです・・・こんなに出たんですか?私、嬉しいです」と話していました。

覗いていた私は、不覚にもギンギンに勃起していました。
幸い、二人には全く気づかれていないようで、私は異様な背徳感と自らの欲求を満たす興奮とで次の展開を心の中で急かしていました。
そうこうするうちに、妻の美紗子は大胆にもつい先ほど果ててしまったばかりの石橋のペ○スをしゃぶり始めたようでした。

「美紗子さんっ!あぁ・・チョッ・・・精子まだ少し出てますっから・・・あぁっ!気持ちいい・・・」
美紗子はその石橋の声を聞くと
「いいんです・・・もう一回したいの・・・残ってる精子は私が綺麗にしてあげますから・・・」
と言っているのが聞こえました。
妻は私の精子も膣外射精の時は飲んでいるので、さほど抵抗感は無かったのかも知れません。

「石橋さん・・・すごい・・・もう大きくなりましたよ・・・」
美紗子は何ともいえないエッチな音を立てて、石橋のペ○スを舐め上げているようだった。
石橋も自身の妻では味わった事の無いフェラチオだったのか「あぁっ・・すごいっ・・うぉっ・・・」と唸っていた。
「美紗子さん・・・上になってもらえますか?」と言う声が聞こえた。
ソファの陰でよく見えないのだが、美紗子が石橋の上に乗って腰を動かし始めたようだった。
美紗子のなまめかしい上半身が弓なりになって前後、上下とまるで乗馬しているかのように動き、胸が卑猥に揺れているのが見えたのです。

「あぁぁっ!いやぁっ!いくっ!・・・いきますっ!」
美紗子があられもない大きな声でアクメを迎えたようだった。
石橋の腕が揺れていた美紗子の胸を鷲づかみにして絶頂の膣の締め付けを堪えて堪能しているようでした。
石橋はこうなることを予期して用意してきていたのか、コンドームを自身の大きく勃起したペ○スに付けたのが仕草で分かった。
そして居間の長椅子のソファの上に美紗子を寝かせると、上から覆いかぶさり、激しく美紗子を貫いた。

「美紗子さん・・すごいっ!・・いいっ!すごいですっ!」
ぎしぎしと音を立てながら、美紗子の腰のあたりを支えるように掴み、勢い良く腰を叩き込む。
美紗子も腰を前後にグイグイと動かしながら、私はあまり聞いた事の無い叫びとも絶叫ともつかない
「あぁぁっ~!あぁぁっ!いきそうっ!いきそうですっ!!」と声を上げたのです。

石橋の腰を振る速さが早まりました。
「あぁぁっ!!美紗子さんっ!いきますよっ!いくっ!出るッ!!!」と叫ぶと、
美紗子は「きてぇ!いっちゃう!もうだめっ!オマ○コいっちゃうぅっ!!いくのぉっ!いっくぅぅっ!」
と驚くような激しく大きな声を上げたのです。
石橋はイった瞬間、ぐっと腰を突き上げ、美紗子の胸を両手でぎゅうと掴み、腰をビクビクさせていました。
ゴム越しとはいえ、妻美紗子の胸と膣奥の感触を楽しみつつ、大量の精子を放出しているようでした。
美紗子も全身を弓なりにし、その精子の放出する鼓動に合わせて体をガクガクと震わせ絶頂を迎えたようでした。

その後も、妻の美紗子と石橋は23時頃まで合計、5回はセックスしていました。
さすがに彼も妻がいる身なのだからでしょうか、中出しは確認する限りなかったようです。
が、しかし精飲や膣外射精、そしてゴム付き中出し数回と妻、美紗子とのセックスを思う存分堪能したようでした。

私は、23時を回る前に一時帰宅してきた時と同じように、こっそりと家から出て近場を一周する感じで家から離れました。
そして、23時40分過ぎに携帯を使い家に電話を入れたのです。
「もう寝てたかい?起こしてしまったかな・・・間もなく家に着くよ」
と伝えると少しか悔悟の念があったのか、一瞬間があり
「ううん・・・起きて待ってたから・・・」
と答えが返ってきたのでした。
その当事は、このまま放置して様子を見るか?
それとも見てしまった事を打ち明けて、浮気を止めさせるか等、その時はまだ考えられない状況だったのです。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

彼女と元カレHが別れてから2ヶ月くらいして、
俺と彼女は付き合うようになりました。
俺の変態クソ野郎性欲の発現のきっかけはこれまた飲み会での出来事です。
彼女の元彼Hと俺と彼女は元々知り合いだったので、3人プラス
その他2・3人で飲む機会がありました。
飲み会の場所は大学の部室で、最初は彼女と元カレHは
離れて座っていて、彼女は俺の隣で飲んでいました。

しばらく飲んでると、彼女がトイレに行くために部室を出て行きました。
その後、俺は気がつきませんでしたがHが彼女を追いかけていったようです。
彼女の帰りが遅いので、酔っ払って倒れてるのでは?と心配になり
トイレのある場所まで探しに行きました。
すると、部室棟をでた木の陰の辺りで彼女とHを発見!
この頃から俺は変態だったのでしょうか?
すぐに彼女とHの間に割って入ることもなく、しばらく様子を伺うことにしました。

俺は影からコソコソと2人の会話を盗み聞きをしました。
その会話の内容はHが彼女に復縁を迫っているものでした。
彼女は俺と付き合っている事を理由に、Hとの復縁を断っていると
Hは信じられない様子で、「もう男を作ったのかよ?」とか
「やっぱり淫乱なんだな?!」などの内容だった気がします。
俺は「淫乱」という言葉と盗み聞きという行為からか、ティムポが半立ち状態でした
既に彼女と肉体関係にあった俺は彼女が淫乱だとは思っていましたが
他の男に言われるとショックでした、しかし同時に彼女を犯しているような
錯覚に陥ったのかひどく興奮した覚えがあります。

彼女はお怒りの様子で「淫乱って何?私は一回も浮気した事ないでしょ?!」の様な事を言っていましたが
Hはそんな事も気にせず、彼女にサッとキスをすると吸い付いて離れませんでしたw
俺は他人の生キスを見たことがなかったのでティムポは半立ちから全開になってたと思います。
すると、Hは彼女をガッチリと抱えるようにすると胸を揉んだりスカートの上からお尻を
触ったりしていました。
流石にこのときは怒りがこみ上げてHをぶっ叩こうと思いましたが
ティムポが全開にボッキしているので深呼吸してから出直す事にしました。
その間にHは彼女のスカートを捲り上げて、彼女のマムコを触っているようでした。

確か、彼女がフレアスカートを履いていたのと、俺の立ち位置が悪くて
パンツの中まで手が入っているのかパンツの上から触っているのかは確認出来ませんでした。
すると、彼女が「あ、あふ、、あん、、あっふん、っ」などと喘ぎ始めたんです。
俺は何故か自分が悪いことをしている様な気がしてしまい、
2人の間に割ってはいることが出来ませんでした。
それどころか、何故かティムポがギンギンになって収まらなくなっていたと思います。
変態な俺がそうこうしている間にも、Hと彼女はディープキスをしながらくっついています。
Hが彼女の唇から口を離すと、彼女は「はぁはぁ」と荒い呼吸をしていた気がします。

Hが彼女に「いいから、早く」とか「早く触れよ」などと言っていた事から
彼女にHのティムポを触らせようと、彼女の手をズボンに導いていたと思います。
彼女は「ヤダ、やめて、、あ、、ああん、ほんとにダメだってば、、」と言いながらも
エッチな声を出していました。
俺は流石にやばいと思いわざとらしく、女子便所に向かって
「Aちゃーん(彼女の名前)?大丈夫?」などと声を出して彼女を呼んでみました。
するとHは彼女からサッと離れたのがわかったので、俺はさり気なく2人のいる方へ歩き出しました。
Hは俺のほうに向かってくると「Aさんが気分悪そうなので介抱してました」と言って来ました。
Hは俺の後輩なので、見つかるとヤバイと思ったのでしょう。
Hはすぐに部室に戻って行きました。

俺はHが部室への階段を上がっていくのを確認すると、彼女の元へ駆け寄りました。
「どうしたの?今キスしてただろ?」「Hとは別れたはずだろ?!」など矢継ぎ早に
質問を繰り返したのは覚えていますが、何を言っていたのかはハッキリと覚えていません。
彼女は「キスされちゃった、、、」と真っ赤な顔をして答えました。
その時の彼女の顔はエッチをして感じ始めたときのものだったので、すぐに
(この女、、濡れてるな!?)と気がつきました。
俺はそのことを彼女に問いたださずにはいられず「お前、濡れてるだろ?」と聞くと、
彼女は「そんなこと無いもん!」と強く反論してきました。

俺は彼女の見え透いたウソが許せず、その場で彼女のスカートを捲り上げ
パンツの中に手を入れて確認しました。
すると、彼女のマムコはグチョグチョに濡れていてクリもボッキしているのがハッキリと分かりました
その頃の俺は彼女の体の反応が許せず、「お前とは別れる!」と言い放つと部室に戻ろうとしました。
しかし、彼女は「待って!、お願い、、好きなのはE(俺のこと)だけなの!」とか
「信じて!お願い!」と泣きながら訴えてくるので、俺は「じゃぁ何で濡れた?」みたいな事を聞いた気がします。
すると彼女は「だって、、Hとは2ヶ月前まで付き合ってたし、、、だから体が反応しちゃって、、」
「ごめんなさい、、」と、これまた泣きながら訴えてきて、俺にくっついてきました。

間抜けな俺&彼女の事を好きだった俺は何故だか激しくボッキしてしまいましたw
するとそれに気づいた彼女は「あ、、何、、これ、、」と少し安心したような表情をして俺にキスしてきました。
彼女は俺にキスをしながら「本当にごめんなさい、、いきなりキスされて拒めなかったの、、」
「E(俺のこと)の事、本当に好きだから、別れるなんて言わないで」と泣きながらのキス。。。
普通なら、こんな女のウソに騙されないとは思いますが、俺は敢えて騙される事にしました。
しかし、俺の腹虫は治まらず「俺の言うことを何でも聞くか?」と彼女に尋ねました。
普段からMっ気の多い彼女にはそんな事を言って、変態プレイをしていましたが
このときの俺の頭には(Hとやってる所を見て、もう一度あの興奮を味わいたい!)という考えが
ありました。
もうこのときからと言うか、初めから俺はこの手の変態クソ野郎だったんですねww

とりあえず、彼女を茂みの奥まで連れて行くとフェラで抜いてもらいました。
その後彼女に「Hとセックスしてるところを見せろ!」と強要しました。
しかし彼女は「??なんでそうなるの?」とか「Hの事はもう好きじゃないのに出来ない」とか
「E(俺)以外とはしたくない」と凄くマトモナお返事を頂きましたw
俺はどうしてもHと彼女のセックスを見てみたいと思っていたので
「だからさ!俺だけが好きならその事を証明してよ!」「Hとセックスしても感じなかったら信じてあげる」
「俺とお前のプレイだよ!Hはただのバイブみたいなもんだ!」
などと今考えれば頭がイカレタ屁理屈をこねてた気がします。
状況が状況なだけに、彼女は渋々ながら俺の提案を認めました。

決行の場所は部室にしました。
飲み会のメンバーの2・3人は自宅通いばかりで、終電には帰ってしまいますが
俺と彼女とHは下宿なので部室にお泊りコースにするようにしました。
普段Hは下宿に帰るのですが、彼女からHに、部室に泊まるようにもち掛けさせました。
部室に戻ると、皆の終電までは何事もなく飲み会が開かれました。
終電の時間が近づき、皆は帰っていきます。
すると、打合せどおりに部室には俺と彼女とHの3人だけが残りました。
3人だけの飲み会になると、俺は「今A(彼女)と付合ってるんだ」とHに言うと
Hは「さっき知りました。ちょっとビックリです」と本当に俺と彼女が付合っているのを
知らない様子でした。

俺はHをエロモードに突入させるべく「Aとはどんなセックスをしていたの?」とか
「Aとはどんなプレイしてたの?」とか先輩の権限をフル活用して聞き出しました。
このときはHを詰問する形ではなく、あくまでもエロエロな先輩として楽しい雰囲気でした(俺だけかも)
最初は警戒していたHも俺が怒っている様子が無いと知ると
Hは「Aさんはイク時に白目を剥いたり、潮を吹いたりしますよねーw」と酒を飲みながらの談笑。
既に彼女と肉体関係がある俺は「うん、こいつ顔に似合わず物凄いイキ方するよなーw」
などと当人の彼女を目の前にしてエロトーク炸裂。
彼女は顔を真っ赤にしながらも「恥ずかしいこと言わないでよ~、、、だって気持ちいいと
そうなっちゃうんだもん、、」と少しばかりエロ顔になってきていました。

彼女と初めてセックスしたときは流石にお漏らしはしませんでしたが、
ティムポでマムコの奥を突くと「あああ、、うあああん、、イク、イク!、、おおあああ、いっちゃう!」
と普段の顔からは想像も付かないような、凄い喘ぎ声を出しました。
この時、彼女のイキ顔を見てビックリ!なんと白目を剥いているではありませんか!
何故だか俺はこのイキ顔が気に入ってしまってますw
また、彼女がイク時に「イク」というのは元カレHの仕業だとわかったので、激しく嫉妬したのも覚えています。
ただ、嫉妬と同時に物凄い興奮もしていました。
俺はHにそろそろ本題を切り出しました「Hさ、久しぶりにAのおっぱい見たくない?」と。

Hは少しビックリした様な顔をしていましたが、「そうですね~、久しぶりに見たいですね」
とすぐに興奮している表情に変わりました。
俺は彼女に「どうする?俺もお前のおっぱい見たいんだけど?」
すると彼女は恥ずかしそうに「えぇ、、だって、、どうしよ、、恥ずかしい。。」と言って
なかなか脱ぎだす様子がありませんでした。
そこで俺は「いいじゃん、Hとは2ヶ月前に別れたばっかりなんだしさ」と言うと彼女は
「・・・うん、、わかった、、E(俺)がみたいなら見せるよ」と顔を真っ赤にしているは
すでにエロ顔でした。
彼女は上に着ていた服を脱ぐと、キャミソールとスカートだけの格好となり
キャミソールの中に手を入れてブラを外しました。

彼女のおっぱいはBカップで大きくはないですが、それでもキャミソールの上からでも
彼女の乳首はピンと勃っているのがわかり、すでに興奮している状態でした。
彼女はキャミソールの裾を両手でたくし上げようとしていましたが、彼女の手は
胸のあたりで止まってしまいました。
俺とHは「どうしたの?早く見せてよ」「もう乳首たってるよ?本とは見られたいクセにw」
とか、当時は大学生にも関わらずまるでエロ親父のような事を言った記憶があります。
彼女の興奮もピークに達したらしく「あ、、ああ、見て、、」と言いながら一気にキャミソールを
首の辺りまで捲り上げました。
すると俺は「おおお~」と自然に声が出てしまいましたが、Hはエロエロな目つきで彼女を見ている
だけでした。

俺は彼女の真後ろに座ると彼女を羽交い絞めするような形で、彼女のおっぱいを揉みしだきました。
彼女は「あ、、見られてるよ、ダメ、、恥ずかしすぎる、、」と言っていましたが
乳首をコリコリしてやるとスグに「あ、、ん、ん、ああん、、はぁん、あはん、、」とエッチな声を
出し始めました。
俺は我慢が出来ずに「H、Aのマムコ触ってやれよ」と言うとHはすぐに側に来て彼女のスカートを
捲り上げました。
彼女は「いや、、H君ダメ、、見ちゃやだ、、」と言っていましたがHがパンツを脱がしに掛かると
彼女は腰を浮かせて、パンツが脱がせやすいようにHに協力していました。
Hはパンツを脱がせ終わると「うおwやっぱりすっごい濡れてる」とか「相変わらずでかいクリだねー」
などと言いながら、彼女の愛液をまぶして小指の先程のクリをしごき始めました。
すると彼女は「ああああ!ああん、あはあああん、、!H君ダメ、、ダメだよ、、」と
言いながらも思いっきり感じている様子でした。

俺は彼女の乳首をコリコリしながらHの指マンを見ていました。
Hは片手でクリをしごきながら、もう片方の手の指2本をマムコに入れてグリグリしていました。
彼女は「ああ!ああああ、ひぃいいん、ダメ!ダメ!、、いっちゃう!」とすぐにイッてしまい
ガクガクと痙攣しながら例の白目を剥いていました。
俺は「すっげーな!お前!相変わらずの白目だな」と喜んでいましたがHはあまり彼女の白目剥きは
好きではないようでした(当たり前かw)。
彼女がイッた後はHはどうして良いのか分からない様子だったので
「Aにティムポしゃぶってもらったら?」と言うと、Hは「え?!良いんですか?!」と嬉しそうに
ズボンを脱ぎ始めました。

Hは彼女にティムポを咥えさせると満足げでした。
俺は彼女のマムコに指を3本入れようと、彼女の愛液を指にまぶしていました。
彼女のマムコはガバガバなので指3本くらいなら楽に入ってしまいます。
ちなみにガバガバにしたのは彼女自身らしく、小さいときからオナヌーし過ぎたせいだと言っていました。
俺は彼女のマムコに入れた3本の指を曲げながら激しく動かすと彼女は
「ああ、、イヤ、、ダメ!出ちゃう、、ああん、出ちゃうからダメ」と必死に我慢していました。
Hは「え?何?Aはティムポだけじゃなくて指でも潮吹くの?」とビックリした感じでした。
俺はHに「え?潮って普通指で吹かせるんじゃない?」と聞くと
「いあ、俺はマムコはあんまりいじらなかったですから、、」と言っていた。

その間も俺は彼女のマムコをいじり続け、彼女はついに「あああん、ダメダメ!、、部室が汚れちゃう~」
「おおおお!はああおおおお、イク、、イク、、いくう」と叫びながらイッてしまいました。

俺はこのシュチュエーションと彼女の白目剥きでトランクスに射精してしまいました。
夢精をしたことのない俺にとってはティムポを触らずに射精する事は物凄い快感と感激でした。
いよいよ俺はHに「Aのマムコに入れてみろよ」と促すと、彼女もそれに協力するかの様に
部室に置いてある毛布の上に寝転がりました。
Hのティムポは俺のティムポよりも鋭く上を向いていて、少しばかり嫉妬した気がします。
Hは反り返ったティムポを彼女のマムコにあてがうと、一気に挿入して腰を振り始めました。
彼女が協力的だったのでHのティムポにも感じるはずだと確信していましたが、彼女は
「やっぱりダメだよ、、抜いて、、H君、、お願い、、Eごめんなさい、、」と言うではありませんか。俺は(あれ?おかしいな)と思っていましたが、Hの腰が止まるはずもありません。
Hは腰を叩きつけるように彼女の奥を突いていました。

すると俺の予想どおり、彼女は「あ、、あ、、あああん、、あん、、」と喘ぎ始めました。
必死に声を抑えようとする彼女に、興奮しきっている俺は「大丈夫だよ、感じてもいいんだよ」と
彼女の乳首をこねながら言ってやりました。
すると彼女は「本と?嫌いにならない?、、気持ちよくなってもいいの?、、ああ、ん、」と
何度も尋ねるので、俺は「大丈夫、嫌いにならないよ」とディープキスをすると
彼女は抑えきれずに「あああ、、いいいい、、気持ちいいぃぃ、、ああん、はぁああん」と
喘ぎ声を出し始めました。
しかし、マムコの奥をガンガン突かれるとすぐにイッてしまう彼女がなかなか行きません。
俺はこの時、彼女の精一杯約束を守る気持ちが見れた気がしました。

Hは限界を迎えたのかティムポを抜くと彼女の太ももに射精していました。
俺も我慢できずに、ティムポを彼女に入れて腰を振りました。
彼女は「あああ、、気持ちいいぃ、、ああん、おおおお!あおおお!、、イクイクいく」
と絶叫していました。
しかし、彼女のマムコは、彼女がイク時でも少しまるだけで、一度射精している俺を
逝かせることは出来ませんでした。
しかし、彼女のガクガクと痙攣しながらの白目剥きを見たとたんに、彼女の中に出してしまいました。
(白目好きですみません。。。いつもこのタイミングで逝ってるのはこの時からかも知れませんw)
俺はかなりあせって「ごめん!中に出しちゃった。。」と言うと彼女は息を整えながら
「ううん、いいよ、私もEに中に出して貰いたかったし、、」と言われました。

少しして、3人とも冷静になると気まずくなり、Hは自分のアパートへ、
俺と彼女は彼女のアパートへ帰ることにしました。
帰り道に彼女はしきりに「嫌いにならない?」と聞いて来たので
俺は「大丈夫だよ」と慰めてやり、「今日のは俺とAとのプレイだから気にすることないよ」
と言うと、「ありがとう、、私はEの事ずっと好きだからね」みないな事を言われました。
しばらくは、セックスの度にこの出来事を言いながら興奮&調教してました。

関連タグ : 近所の男,