FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

夫38才妻28才の夫婦です。妻は158cm45kgのスリムでエキゾチックな顔立ち、久美と言う名でエッチは好きな方です。

以前から寝取られ願望のあった私はようやく妻を口説き、ネットで知り会った50代の男性とラブホでプレイをしました。
妻が私と一緒の方が安心できるとの事で3Pです。

妻はファザコン的な所があり、うんと年の離れた人がいいとの事で、好色な高田さんと言う50代の男性になったのですが、かなりのエロ親父で3Pながらも途中からは妻を独占して
「若いなぁ、可愛い奥さんやねぇ」
と言いながら妻の全身を舐めまわし「ホレホレ旦那さんの見てる前でイキなさい」とクリで妻をイカせ黒く太いチ〇ポをしゃぶらせ、69、…
唾液で妻の身体をベトベトにしながら
「奥さんもう濡れ濡れや、わしみたいな親父にヤラれて興奮してるんやろ~」
「あぁぁ!恥ずかしい!」
「もうクリで2回もイッたんや、観念しぃ、わしのチ〇ポ欲しいか?」
「あん!ダメ、もう…入れて…」
高田さんはチラと私を見たのち妻の両足を拡げ正常位の姿勢を取り、なんの躊躇もなくズブリと生で挿入しました。

事前にゴム着用としていたのですがおかまいなしです

「あひぃー!太いぃ!」
「おほぉ、奥さんええマ〇コや~生やしな」
「え!スキンは!?」
「なんや、着けた方がええんか…」
「あっ!あっ!いいの、このまま…」

ついに妻が他人男性に挿入される姿に超興奮!それも生挿入に心臓はバクバクです。

ズンズンと突きまくる高田さんの太マラについに妻が絶頂を向かえます、
「あぁぁ!イク、イクゥ!!あなた!中でイカされるぅ」
「ええ顔や、派手にイキ~」

絶頂の後もハメ倒されヒィヒィと喘ぐ妻、
二回目の絶頂を向かえそうになった頃高田さんが
「おぅ、わしももう出そうや…奥さん中で出すで!」 「え、えぇ!中はダメ!」
と言う妻の言葉も聞かず
「うぅっ!もう遅いわ、出る!」
「あぁぁ…中で出されるぅ…んはぁぁぁ~」
と妻の膣奥深くにたっぷりと射精したのです。
禿げあがり、でっぷりと腹の出た好色な親父と愛しい妻のSEXを見ていた私は凄まじい興奮でした。

高田さんはそんな私の心中を見透かしたように射精後も妻から離れず私を見てニヤリと笑いながら妻とディープキス、そして
「ごめんねぇ旦那さん中出しして、さぁ旦那さんもどうぞ、奥さんのマ〇コはわしの精子でヌルヌルや、気持ちええで~ハハハ」
と笑いながら萎えかけたチ〇ポを抜き「ホラ、お掃除お掃除」と妻の口元へ、
あろう事か妻はマン汁と精子にまみれた高田さんのチ〇ポをピチャピチャと舐めまわしました。

耐えきれず一気に妻に挿入した私はアッと言う間に射精してしまいました。

「ハハハ、旦那さん興奮してたんやねぇ、どれ奥さんもう一回や」
「あぁん、少し休ませて」
「さすがにすぐには入れれんわ、舐めまわしたるから」とダウンぎみの妻の身体をネチネチとなぶりはじめ、膣から精子を掻き出し妻に舐めさせています。
「どうや?美味いか?」
「あぶっ!ヂュルルッ」
「次も中出しするで、ええか?」
「えぇっ!また…」
「中で欲しいやろ?」
「うふん…」

その後、見ている私を圧倒するかのようなSEXでバックから再び中出し、妻も射精に合わせ狂ったように絶頂を向かえていました…。
帰路、妻は疲れていたけど上機嫌で安心、
「どうだった?」
「うん…感じちゃった…ごめんなさい」
「すごく興奮したよ」
「私も…でもスキンとか…約束もなにもなかったわ」 「嫌だったのか?」
「…ううん…」
「ホントは生中出しされたかったんだろ?」
「いやね、意地悪!」
「病み付きになりそうか?」「…たぶん…ねぇ、どうなっても知らないよ」
妻の言葉にドキリとしました。

そんな初3Pから半月後、高田さんからデートプレイの申し込みがありました。妻は照れ笑いを浮かべながら承諾しました。

その話しはまた投稿させて頂きます。



妻のデート
8月24日更新予定
スポンサーサイト
[PR]

半月ででかくなったワイのペニスでセフレがイキまくりンゴwww
一晩で10回イカせて脚ガクガクにしたったったwwww

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

夫と小学生一年む息子と3人で暮らしています。 
夫とはもうセックスは全然無い状態なんです。
私自身、男性経験が少なく結婚する前に一人と関係があっただけでした。

あまりイッタって経験が無いのです。
セックスで「イク」ってどういうことなのか、ピンときません。
とはいえ、それほど興味があるわけでもありませんでした。

けれども、先日、すごい経験をしちゃったのです。

1週間前に、偶然私の高校時代の先輩にばったり会ったのです。 
実は高校時代にその先輩に「付き合って欲しい」って言われたのです。
当時は男性に対して勇気が無く断っていました。

すこし気まずかったのですが、お互い子持ちというのもあり、
なぜか呑みに行く約束までしてしまったのです。  
当日夫には友達と久し振りだからと出かけさせてもらいました。
何も疑っても無かったようです。

先輩とは本当に久し振りで、話に花が咲き、
長い時間楽しい時間を過ごさせてもらいました。 
そしてお店から帰り道、突然キスをされてしまったのです。

私は拒んだのです。
でも、恥ずかしいのですが体の自由がきかなくなったんです。
本当なんですよ。
全身の力が抜けたようになってしまいました。

そのあと抱きかかえられるようされました。

「君のことが今でも好きなんだ」

そう耳元で囁かれたのです。
胸がキュンとなりました。

「この気持ちを受け止めて欲しいんだ」

本当にどうしたら良いのかわからなくなりました。
そして、つい頷いてしまったのです。
そのままホテルへ連れて行かれました。

「一緒にお風呂に入ろうよ」

拒み切れずに服を優しく脱がされ一緒に入ってました。
どうしてそんなことになったのか解らないのです。 
すごく自分が積極的になってるのに気づきました。

お風呂に入って、彼のおちんちんを見ると大きくなっていました。

「舐めて欲しいな。いいだろ?」

顔の前におちんちんを出され、言われるがままに咥えました。
実は私、フェラチオも初めてだったのです。
どうすれば良いのか解らずにいると、彼が優しく教えてくれました。
その通りすると彼が喜んでくれたことが凄く嬉しかったです。
フェラチオって、相手が気持よくなってくれることで、快感を得る行為なのですね。

そのあと私のおまんこを彼が舐めてくれました。
膣がキュンと収縮する感覚が起きました。
そしてとめどもなく、エッチなお汁が噴き出るのです。
そのお汁を、彼はちゅーちゅーと飲んじゃってました。

頭がクラクラするほど、快感に酔いしれました。
そして、電気が走るような刺激に襲われました。
そのあと、なんだか、高いところから落とされたような感じになり、
そして、ふわふわと宙を浮かんでいるような感覚が訪れました。

これが「イク」っていうことなのですね。

夫とのエッチのときは、指で触ってくれるだけでした。
少し濡れるとすぐに挿入し、痛いだけだったので本当に嫌でしかなかったのです。
でも彼とのエッチは違いました。
じっくりと攻められ、快感が高まり、恥ずかしいくらいに声を出しちゃったのです。
 
挿入するまでの間ずっと体中をキスしたり舐めたり触ったりしました。
全てが初めての経験で、本当に感じていました。 

今までなら挿入されても痛いだけだったのに、
彼のおちんちんが私に入ってきたときは、思わず彼に抱きついていました。 
そして彼が動き出すととっても気持ちよくなるんです。
そのときも何度か気を失うような感覚になりました。
時間にして1時間くらい抱き合っていました。
そして、何度も「イク」ことができたのです。

エッチが終わった後、再び二人でお風呂に入ったときに、
またその場所で立ったまま挿入されました。
私自身が壊れるんじゃないかと思ったくらいです。

結局その日は彼が3回もしてくれて、私のセックス感が変わったように思います。  
夫ともこんなセックスができればいいのになぁ~。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 妻のHな願望,

夫に内緒で出会い系とかしてるんです。
不倫や援交が目的じゃありません。
普通のセックスじゃイケないのです。
私の変な趣味に付き合ってくれる人を探してるんです。

すっごく変態っぽいセックスじゃないとイケないのです。
どんな風に変態っぽいかというと、
「痛み」がないとイケない変態マゾ女なんです。

いつの頃からかわからないけど、
付き合っていた人の何人かの人が、すごく暴力を振るう人で、
セックスの時もすごく乱暴だったんです。

お尻を平手打ちしながらの後背位はすごく刺激的でした。
お尻が真っ赤になるほど叩かれたのです。
その度に、あぁん、あぁんと、喘いでいました。

フェラチオは髪を掴まれて、無理やりに首を振らされました。
そして腰を思いきり振るので、口の中で勃起したチンコが、
暴れまわり、嗚咽を吐くほどでした。
けれども、その苦しさが快感なのです。
[夫とできないことをする相手を出会い系で求める妻]の続きを読む

関連タグ : 近所の男, 妻のHな願望,

午後8時、家に帰ると今のテーブルの上に1枚のDVDが置いてありました。
何時も台所で私の夕食の準備をする妻の姿がありません。
何か嫌な予感がしたので、タバコに火を点け、心を落ち着かせてDVDを再生させることにしました。

嫌な予感とは。
先日、背広のポケットに女性の下着が入っていたのを妻に発見されました。妻は無言でテーブルの上にそれを置き寝室へ入ってしまい、下着を見ると浮気相手の28歳の仕業で、マジックでホテル名と自分の名前が書いてあり言い逃れがきかない状況でした。その日以来、ほとんど口を聞く事もなく1週間が過ぎた時のことです。
多分、妻が怒りで離婚する内容をビデオレターとして置いて行ったものだと感じたのです。

映像が始まるとすぐに予感が的外れだったことに気付きました。

ホテルの看板が映し出され始まりました。そこは下着に書かれた私と浮気相手が使っているところです。次に部屋のベッドに座り、少し緊張して笑みを浮かべた妻が。
「ラブホ、来たの何年振りだろう。緊張しちゃうわ」
「本当にいいんですか?」聞き覚えがある男の声が。
「ウン。主人が悪いのよ!」開き直った声で妻がきっぱりと返事をしました。
映像が妻のバスローブを着たものに変わりました。ベッドに正座してゆっくり紐を解いてバスローブを脱ぐと32歳・163cmで形の崩れていないEカップが現れ、それをさっと手と腕で隠し、もう片方の手で恥丘を隠しながら仰向けに寝ました。カメラが妻の顔に近づきキスをする時に映像が乱れて中断。
再び現れると乳首を摘ままれた後、Eカップを揉まれて悦びの表情をする妻。カメラが下半身に移動し黒の薄い茂みが映し出され、男の片手で脚を拡げられ膣がアップになっていきました。膣口を指でいじられると。
「あぁ~!」小さな喘ぎ声を出した妻。男の太い指が簡単に膣の中へ入り掻き混ぜるように動くと。
「気持ちいい~!」喘ぎ声が大きくなる妻。指が二本になると。
「あんッ、ヤバ~イ!」いつもとはどこか違う妻の感じ方。ここでまた中断。
映像が戻ると上から男根を映しだしました。そして、妻の顔がそれに近付いてきて両手で根元を握り、先を口の中に含みました。しばらく妻の顔が上下に動きていましたが、いきなり、ネットリとした唾液とともに吐きだしました。
「おっきい!アゴが痛いわ」顔を真っ赤にした妻の顔の長さと同じくらいで唾液まみれになった男根がアップになりました。

ここで確信しました。男根の主は大学からの友人。学生時代、一緒に風呂に入った時に勃起はしていないが間違いなく巨根と確認しました。
「お前、そんなデカイの女に入れたら裂けるんじゃないか!」冷やかすと。
「大丈夫だよ。女のアソコは収縮自在だから。今付き合ってる娘はヒィーヒィー、言って悦んでるぜ!」良く自慢されました。卒業して、その娘と結婚をして子供も二人、幸せな家庭を作っています。家にも良く遊びに来てくれて家族付き合いも良好な関係をしています。高校、大学とラグビーをしていて185cm、90kgの筋肉質の身体は今も健在です。

しかし、映像はここで終わってしまいました。
それから私の妄想が始まりました。
友人は周囲が認める、その風貌とは違い心優しい人間だが、実は巨根を武器に次々に周りの女たちを翻弄し、自分用にメス豚化している獣だ。

感じやすい妻は、男根・14cmの私とのセックスの時でさえ大きな喘ぎ声で悦び2度はイキます。終わると腰をヒクヒクと痙攣させ私の首に腕を回して満足の笑顔を見せてくれます。

そんな妻ですから。
「早く、早く入れてぇっ!」私の存在を忘れ、そして、男の自信たっぷりの巨根で膣を貫かれ、その大きさに魅了され我を忘れるほどの快感から。
「ダメもう!・・気持ち良過ぎる!・・ひぁあぅ・・!?」部屋中に響き渡る大きな喘ぎ声を発し、男の腰の動きに合わせて自らも腰を振り続け、さらに色々な体位で男の責めで。
「イヤヤぁ!イクーーっ、イクっ!」「イッちゃうよー!あぁぁっ」何度もイカされ半狂乱。
「うおぉぉっ~!」雄叫びを聞きながら、膣の中へ大量の背徳のザーメンを受けて失神。
そして、しばらく意識を失い身体全体を痙攣させている。
男は膣から流れ出てくる自分のザーメンを見て、勝ち誇った気分で汗を落としにシャワーへと。そして湯を身体に受けながら次なる企てを思い浮かべる。
意識が戻った妻はさらなる快感を求めて、シャワーから出てきた男の巨根にむしゃぶりつく。このことは男も予定通りで鞄に潜めていたローションを男根と妻のアナルへたっぷりと塗り付ける。妻の腰を持ち上げて両手で大きく拡げたアナルへ巨根の先を。
「それだけはダメぇ~っ。ヤメて下さい・・」そんな言葉は受け入れてもらえる訳もなく。
「これで、俺のチンポを忘れられなくなる。おまえは俺のメス豚だ」自分の排出物より太いモノが直腸に入れられ、初めての感触に悲鳴を上げる。
「ぎゃぁぁ!・・もうヤメて~!お尻、壊れちゃう・・・」激痛から大粒の涙を流しながら懇願するも男の不敵な笑みを浮かべた顔を見て無理だと悟る。それで、巨根から逃れようと腰と尻を振るが、深く貫かれていてできない。
「お願い・・イッてください」獣がメス豚を完全に手に入れた瞬間。ケタ外れの体力で欲望が果てることを知らない獣はアナルから巨根を抜き、排泄物が付いたまま、全てを従うことしかできなくなったメス豚の口の中へ。そしてオスの証しである、たっぷりのザーメンを飲み干させる。
妻はうつ伏せ状態で全身を痙攣させ肩で大きく呼吸し、仁王立ちのオスの男根を見つめて、新たな本物の主人を確認させられる。

私は大量の酒を飲み、妄想を取り払おうとしました。しかし、意に反して男根が勃起していました。争いに敗れた獣のオスの気分になり、自らを慰める行為をするしかありませんでした。そして、射精でのザーメンは、いつもとは違い飛び散る勢いが無く、ダラダラと少量が流れ出てくるだけでした。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 調教された妻,

こんにちは。さとると名乗らせて下さい。34歳男です。妻とはおよそ7年前に結婚しました。

当時妻は全日空のスチュワーデスで、とても美しく、乳も大きくて、32歳となった現在も、藤原紀香をもう少し優しい顔立ちにした様な、いい女です。色白で、大きな尻が魅力的である為、セックスの時はいつも僕のチンボを咥えさせたまま尻をこちらに向けさせて最後は口内発射で決めるまで奉仕させていました。しかし、そんな美しい妻は、一方ですごく勝気な性格で、わがままです。仕事が忙しい僕が、3歳になる1人息子の世話をしない、といつも喧嘩となり、性交渉も一ヶ月に一回と勝手に決められてしまっています。

現在では彼女の豊満な肉体の虜の自分がセックスしてほしさに、何かと奉仕しているような現状です。情けないのですが、僕は仮性包茎でチンボが小さいのです。妻は「くさいのよ、ちっこい包茎が!」と罵ります。しかし、いつもは生真面目で、貞淑な妻である為、そう罵られ、虐げられても我慢してきました。

 ところが、つい先日(4月29日)、僕は妻のもう古い、かばんの奥に、不自然にビデオがあるのを発見しました。

それは去年の夏撮った妻の中学生の時の同窓会のビデオでした。そこには黒のぴっちりとしたノースリーブと、ぴっちりとしておへそのみえそうなジーンズを着ている妻が、みんなとワイワイとお酒を飲んでいる様子が写っていました。

撮影しているのは「リョウくん」と呼ばれる男で、僕の記憶が確かなら、中学の時付き合っていた(もちろん清い仲だったそうです)
男です。僕に変な胸騒ぎが起きました。その夜は、確か午前一時過ぎに帰ってきて、ママ、と泣く息子を寝かせるのに大変だったのを覚えています。ビデオはボーリング場へ移っていきました。撮影しているのはその男ではなく、妻ですが、そこには妻の他に独身の女友達がひとり写っているだけで、残りはインテリとはかけ離れた、茶髪の頭悪そうな男たちが4人写っているだけです。しかも、女友達は、現在不倫中、といった男好きそうな看護婦(あやこ、といいます)です。

僕は、妻は当然この段階で、僕や息子の待つ家へ戻るべきだと思いました。しかし、本当にショッキングなのはこの後でした。

 突然ビデオは明らかに誰か男の部屋、と判る所となり、先ほどのメンバーが、酒、タバコを楽しんでいました。妻も僕もタバコはしません。僕にとってはこの上ない不快な映像です。

そのうち、あやこが、な、なんと他の男とキスしているではないですか!!僕は驚きました。

あやこも妻には劣りますが、いい女の部類でしょう。それが、多分何かの罰ゲームなのでしょうが、
デープなキスをタバコ臭そうな豚としています。僕は猛烈な不安が生じ、しかし、一方でチンボは硬くなっていきました。

次のシーンは、や、やはり妻でした。妻が臭そうなカスに、肉厚のぽってりとした唇を吸われていました。激しい絶望感が僕を襲い、頭が真っ白となり、ただただ画面の前から微動足りできない自分がいました。

 次に突然シーンは暗くなり、だがしかし、みにくい男の二つの体が、白く波打つ物をサンドイッチに挟む様子となりました。

それは、まぎれもなく妻の体でした。二つの男の体は一つは妻の豊満な乳房を貪り、もう一つは大きくて白い尻の肉丘に吸い付いていました。向こうではぼんやりとあやこが二本指しになって、尻を激しく動かしていました。突然妻の可愛い顔のアップとなり、口には立派な男根をほおばっている様子でした。男(多分りょう)が聞きました。「だんなよりでかい?」妻はうん、つうなずきつつ男根を激しくバキュームしていました。

その後はまさに僕にとって地獄でした。ただ一つ言えるのは、もっとも淫乱で、狂ったようにひいひい声を上げ、悶えまくっていたのは僕の妻です。男たちは結局あやこをほって置いて、妻を4人で責め、一人が始終ビデオを回し続け、わかる範囲で口の中で一回ずつ、まんこのなかでも一回ずつ出していました。妻はもっと!もっとと!泣き続け、太いちんぼがほしいー!とか、尻に中出ししてください!などと、聞いたことの無い様な卑猥な言葉を叫び続けていました。

 さて、僕の失意がどれほどかは計り知れないでしょう?しかし、僕は今までに無い興奮を得て、
妻がでかい白い尻を大きく掲げてバックから突き刺しされ、一方でイマラチオされているシーンで三回も抜いてしまいました。

あれから一年もたっているのです。妻がこいつらと何回関係したかは、判りませんが、ビデオから推し量れば、かなり回数を重ねたでしょう。子供を保育園に預けた後などは絶好のチャンスだったでしょう。

実は明日また妻は中学生の時の同窓会へ行く、といっています。僕はどうすればいいのか判りません。

しかし、これを機に、妻をネットで公開し、スワッピング、輪姦などさせるのもいいかと思っています。