FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

私はルミ 51歳の専業主婦です。
身長158Cm B85(D)W57 H86 普通体型だと思っております。

顔は元タカラジェンヌの一路真輝に似ていると言われております。

同い年の主人と、29歳の時に見合い結婚して22年間の結婚生活で、大学2回生の1人息子と北大阪で3人暮らしをしております。

主人は私の事を貞淑な妻で、息子の良き母だと思っております。

でも・・・それはぜんぜん違ってるんです。

私はスケベで淫乱な変態女なんです。

私の初体験は17歳 高校生のとき、3歳年上の大学生でした。
2人目の男性は18歳のとき、まだ初体験の彼氏とお付き合いしているときに、
憧れていた男性と経験してしまったのです。
つまり・・・浮気です。
彼氏との関係も1年が経ち、マンネリしてきてたというのもあったんですが、彼氏の身勝手なSEXにも疑問を持ち出してたのも事実です。

前から知っていて、私が密かに憧れを抱いていた7歳年上(当時25歳)のTさんでした。
Tさんに、本当のSEXを教えられてしまったんです。
そして、Tさんに調教され、現在まで33年間SEXだけのお付き合いをしてるんです。
主人との結婚生活より長いんです。

主人は仕事人間で、お酒は付き合い程度、休日にたまにパチンコに行くくらいで
風俗など行く事はありません。

主人のペニスは仮性包茎で、早漏で、大きさも小さい方です。
SEXもキスをして、オッパイを触って、吸って、アソコを触って挿入。
そして2~3分で終了という味気ないものです。
SEXは新婚当時から、週1~2回で年を取るにつれ、週1回になっていきました。

1度だけ、主人は、私の過去の男性経験を聞いてきた事があり「お付き合いした
男性は貴方で3人目」だと答えたので、主人はそう信じています。

実は現在までの体験数は316人なんです。

Tさんに複数プレイや貸し出しプレイなど、見ず知らずの男性とのSEXを教え込まれたのです。
その結果が、これだけの体験数になってしまったのです。
そして、これも現在進行形なのです。

専業主婦だと言いましたが、たまに、パートに出たりはしてるんです。
お金を稼ぐのが目的ではなく、男性探しが目的なんです。
最初はTさんの命令で男漁りのためにパートに行ってたんですが、今では私の方から積極的になってしまって、体験数がこんなに増えてしまったんです。

私がTさんに魅せられたのは、SEXテクニックだけではなく、そのペニスにも夢中になってしまったのでした。
Tさんのペニスは長さ22Cm 太さも5~6Cmはあり、エラが張ったカリ太で、色も赤紫というか、黒いというか、体験数が1人の女子高生でも、そのペニスの長さ、太さ、色はすごいと解りました。

Tさんのペニス欲しさに、言われるままに、カップル喫茶やハプニングバーなどに出かけたり、野外プレイや露出プレイで、見られる事に快感を覚えてしまったり、ハメ撮り・顔射・アナル・放尿・フィスト・・・etc、いろいろしてきました。

あとは言葉のプレイでも興奮します。
淫語を言ったり、言わされたりするのが感じるとは思ってもいませんでした。
特に大阪弁での言葉プレイは異常に興奮しました。
関西出身なので、関東の4文字 オマンコより、関西の3文字 オメコが特にいやらしく聞こえ、感じてしまいました。
男性と違って、女性は特に淫語を発する機会がないのも、余計に興奮を引き立てました。

それはTさんとの最初のSEXでのことでした。
時間をかけ、たっぷりフェラチオをさせられて、いざ挿入という時でした。
それをワレメに擦りつけられ、焦らされて挿入してくれなかった時でした。

T「欲しいの?」

私「うん!」

T「なにが欲しいの?」

私「オチンチン・・・」

T「オチンチン???俺のはそんな可愛いモノか~?」

私「ええ~っ!オチンチンと違うのぉ?」

T「俺のはオチンチンと違う!・・・チンポやっ!」

私はその言葉を聞いて熱くなりました。

私「チ・ン・ポ!」

T「そうやっ!・・・チンポやっ!・・・俺のはどんなチンポやっ?」

私「お・・大きい・・・チンポ!」

T「大きいチンポ???・・・太さは?」

私「太いチンポ!」

T「太いだけか?」

私「長い!」

T「太くて・・・長くて・・・硬い・・・でっかいチンポやろう?」

私「ああぁぁん!・・・そう・・・」

T「じゃあ・・・言うてっ!」

私「太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポ!」

T「それをどうして欲しいの?」

私「入れて欲しいっ!」

T「最初からちゃんと言うてっ?」

私「太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポを入れてください!」

T「どこに?」

私「えっ?・・・アソコ!」

T「アソコってどこやっ?」

私「ええ~っ!アソコやん!」

T「アソコじゃ・・・判らんっ!」

私「ええ~~っ!・・・オ・・オマンコ!・・・オマンコ!」

T「オマンコ???・・・そんな言い方やったら・・・興奮せん!・・・大阪弁
  で言うてっ!」

私「ええ~~っ!・・・恥ずかしいやん!・・・」

T「恥ずかしくても言うてぇ~!・・・言うたら興奮するからぁ!・・・知って
  るやろう???」

私「イヤ~~ん!・・・知ってるけどぉ・・・」

T「じゃあ・・言うてぇ~?」

私「オ・・オ・メ・コ???」

T「ちゃんと続けて言うてぇ~?」

私「オメコ!」

顔から火が出るほど恥ずかしかったんです。
それでも・・・その3文字を口にして・・・異常に昂ぶりを覚えたのでした。

T「そうやっ!・・・言えるやんかぁ~!」

私「ああん!・・・でもぉ・・恥ずかしい!」

T「最初からぁ・・・ちゃんと言うてぇ?・・・どこになにが欲しいのかぁ?」

私「はぁぁ~~ん!・・・太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポを
  オメコに入れてください!」

私がそう言ったとたん、グゥ~ンと押し入ってきました。

ギャア~!・・・グオ~ゥ!・・・

私は獣のような声を発してしまいました。

エラが膣壁を擦って入ってきます。
子宮の奥まで進入しています。
奥の感じるところに当たるんです。
内臓が口から出ちゃうような感じです。
腰を引くとカリが膣壁を擦ります。

{すご~い!・・・こんなの初めてっ!・・・}
{これが大人のSEXなんやっ!}
{彼氏のなんかぁ・・・問題にならへんわぁ~!}

そんなことを思って悶えてたんです。
Tさんはゆっくり腰を振っています。

T「気持ちいいかぁ?」

私「ああん!ああん!あん!あん!あん!・・・いい~~!気持ちいい~~!」

T「どこが気持ちいいの???」

私「ああぁぁん!・・・オメコが・・・オメコが気持ちいいのぉ~!」

T「オメコに何が入ってるのぉ???」

私「はぁぁん!・・・オメコにチンポが入ってるのぉ!」

T「そうやぁ!・・・それでいい!・・・もっとスケベになれっ!」

私「ああぁぁ~~!・・・オメコが気持ちいいのぉ~!・・・でっかいチンポが
  入って気持ちいい~~!・・・あああぁぁぁ~~~!」

T「今・・・なにシテるのぉ???」

私「うう~~ん!・・・あああ~~~!・・・セ・・セックス!」

T「違うっ!・・・それも大阪弁で言うんやっ???」

私「ええ~~っ!・・・解らへん!・・・」

T「大阪弁ではセックスしてることを・・・オメコするっ!って言うねん??」

私「ああぁぁ~~!・・・オメコしてるのぉ~!」

T「そうやっ!・・・オメコしてるんやなぁ???」

私「そう!そう!・・・オメコしてるのぉ~!」

{うわぁ~・・・いやらし~い!・・・はしたない言葉言うてるわぁ!}
{でもぉ・・・感じるわぁ~!}
{子宮の奥から・・どんどん溢れてきてるわぁ!}

Tさんは嵌めながら体位を変えて腰を振っています。
正上位・横・騎上位・バック・・・そしてまた正上位。
私は何度も逝ってしまいました。

T「気持ちいいかぁ~???」

私「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~ん!・・・気持ちいい~~~~!」

T「俺も逝くぞっ!」

Tさんの腰の動きがいっそう早くなりました。

T「ああ~~!逝くぅ~!・・・出るぅ~!」

そう言った瞬間!

引き抜いて・・・私の顔の前に持ってきました。

T「口開けてぇ~!」

ビュッ!ビュッ!・・・ドピュ!ドピュ!

私の口や顔に精液がかかっています。
放出が終わって・・・そのまま、咥えさせられました。
口の中に発射された精液を飲み込みながらのフェラで、初めて男性の精液もごっくんしてしまいました。

{ああ~~!飲んじゃったぁ~!・・・}
{でもぉ・・・美味しいっ!}

この顔面シャワーと口内射精も大好きになってしまいました。

私は仰向けに寝転んで、息を整えてるTさんに抱きつきにいってしまいました。

T「どうやっ???・・・よかったかぁ???」

私「うん!・・・メッチャ良かったぁ~!・・・気持ち良かったわぁ~!」

T「ルミちゃんも良かったでぇ~!・・・メッチャいやらしかったしぃ~!
  スケベやったわぁ~!・・・」

私「イヤん!スケベって言わんとってぇ~!でもぉ・・Tさん凄かったわぁ!」

T「そうかぁ???」

私は我慢出来なくなり言ってしまいました。

私「またぁ・・来てもいい???」

T「いいけどぉ・・また襲うでぇ~!」

私「うん!いいよぉ~!・・・付き合って欲しいっ!」

T「ええ~~っ!・・・なに言ってるのぉ???彼氏いるんやろう???俺も
  婚約者がいるしなぁ~!・・・」

私「判ってるよぉ~!・・・だからぁ・・スルだけでいいからぁ!」

T「ええ~~っ!ホンマにそんなんでええのぉ???」

Tさんは私の提案にびっくりしたみたいでした。

T「俺は大歓迎やけどぉ・・・」

私「じゃあ・・・決まりっ!」

こうしてセックス・フレンドになってしまいました。
まさか、この関係が33年間も続くとは思ってもいませんでした。


スポンサーサイト
[PR]

人生一度、不倫をしましょう・・・欲求不満妻が大集合
「数ある出会い系サイトを実際に使ってみた結果……」
人生一度、不倫をしましょう・・・欲求不満妻が大集合
「数ある出会い系サイトを実際に使ってみた結果……」

関連タグ : 近所の男, 妻のHな願望,

マキコ~42才 166cm 85-56-86 職業:役員秘書
得意技:バキュームフェラ、騎乗位での激しいグラインドの腰使い
至福の時:口でいかせた時、騎乗位でいかせた時
~最近のくわえた他人棒~
①私の会社の同僚(数人)
②息子の学校の保護者会で仲の良い旦那
③勉強会で通っている学校で講習会の時に出会った若い男の子

~過去の出来事の1つ~
私35歳、妻42歳です。妻は年齢に見えないくらいルックスもスタイルも若くて。胸は程よくありツンと上を向いていて、ウエストのくびれと美脚は素晴らしいと思います。
息子のサッカークラブのコーチの大学生達には『一度でいいからデートして欲しい!』とか誘われています。
妻の仕事は秘書で、普段は凛としていますが、SEXの時は熟女テク満載で… 騎乗位での腰使いもすごいのですが、下になっての腰グラインドもスゴくて… フェラも最高のバキュームと舌使いがすごい。毎回堪らなくさせてくれます。
色っぽいので会社の飲み会や接待があると、何かと口説かれているらしい。
いままではうまくかわして来た妻だが、この前帰りが遅かった時に様子が何かおかしかったので問い質したら遂に白状しました。
勉強会の帰りに一緒に参加していた男性となりゆきでSEXをして来た事を。
妻は勉強会で意気投合した25歳の男性に、帰りにちょっと飲みに行こうと誘われ、気持ちタイプだったのもあり軽くならいいかなっと思い一緒に行ったらしい。
個室の居酒屋で飲んで話が盛り上がって体をタッチされてるうちに、何となくエッチな空気になってしまったようで、キスされながら胸を揉まれ、敏感で弱い乳首をいじられてエッチモードになってしまったそうで、個室の居酒屋というのもありかなり感じてしまったらしい。
そして彼がアレを出したので、妻はバキュームフェラをしてあげた。彼は我慢出来ず妻の口に射精したらしい。妻もそれを飲んであげたようです。
その後、妻があまり遅くなれないからと言いホテルに直行して、ベッドで彼にまたバキュームフェラをして、あの腰使いを彼にしたらしい。
彼はびっくりしたのと、最高の快感で妻に腰グラインドを何度もねだったようで、妻もそんな彼が可愛いく思え、騎乗位でも正常位で下になっても思いっきり腰グラインドをして感じさせてあげたようだ。
彼は『こんなに淫乱な人だんて想像してなかった』とか言って、またSEXしようと求めて頻繁に誘いのメールが来ているらしい。
妻は反省していて、もう二度と彼とは逢わないと言っていますが…
つきなみですが、パートをはじめた妻がそこの社員と不倫しています。
探偵を雇い、妻の素行調査を始めて数ヶ月目に不倫相手とホテルに入る現場写真を
撮影、その他様々な探偵からの調査報告で、妻の不倫はほぼ確実となりました。
離婚の訴訟を起こす証拠固めまで一応しておき、あとはその機会を待つのみの日々ですが、
私としては離婚する気も無いので、しばらくはこのまま「楽しもう」という気持ちでいっぱいです。
探偵の撮影したホテルに入る妻の写真を見ながら、けっして私とのセックスでは着けたことの無い
セクシーなパンティが衣装ケースの奥に隠されていたので、それを持ち出し、自ら身に付け、パート
先の社員と淫らな会話をしながらセックスしているであろう妻を思いながらのオナニーは格別です。
性感帯の首筋や脚部をなめられ、さわられすると身悶えて愛液を流す妻に不倫相手の男はどう対応
したのでしょう?
不倫相手とのセックスを終え、帰宅した後何食わぬ顔で家事にいそしむ妻のスカート姿をみて、
ポケットに手を入れながらオナニーする快感・・・。
このスカートをめくり上げ、パンストとパンティをずりさげると不倫相手に汚された妻のアソコが
あるのかと思うと興奮が収まりません。
セックスを求めても「疲れたから・・・」と言われ、拒否されます。
ああっ、たまらない・・・。
数時間前まで、不倫相手のペニスを咥えていた妻の口からその言葉を聞くとそれだけでも「イキそう」だ。
このお盆時期も2度はホテルにしけこんだようだ。
男と会うときの妻は平静を装ってはいるが、そのスカートの中かバックの中には、セクシーな下着を忍ば
せていることはもうわかっている。
一人残された私は、妻の衣装ケースを探る。
「今日はあのパンティで歓ばせるのか・・・」と勃起した自分のペニスをしごきながらオナニーを始める。
「今頃妻は!」「ああっ!いいっ!」、大量の精液を出してもまだ興奮が収まらない。
妻と相手の密会写真のコピーが、また精液で一枚だめになった。
今日か明日には、妻と相手にその写真が届くだろう。
その時の妻の狼狽振りが楽しみだ・・・。

今年29歳になる妻は、20歳の時にバスガイドとして就職したことが
あるそうです。結構、大手だったみたい・・・といっても親戚のコネで
年度途中に欠員補充のようなかんじでもぐり込んだみたいですが。

バスガイドは、かなり離職率が高いようで3,4年で大部分辞めてしまうようです。
不規則な時間とか友達と遊べないとか言う理由もあるようですが、職場環境が悪くて
と言う理由が一番多いみたいですね。
よく聞く話ですが、ドライバー(しかもベテラン)に、関係を迫られることが多いみ
たいです。特に可愛い子は狙われて、拒めば嫌がらせを受けるので、みんな受け入れて
いるそうです。


妻も研修後、初めての宿泊業務の時にもう、45歳のドライバーに迫られたそうです。
お客と別の旅館に泊まっていたので、ドライバーと食事をして、その後ゆっくりと温泉に
浸かり部屋に戻っていたら部屋に電話が掛かってきて「反省会と明日の打ち合わせ」を
するからこっちの部屋に来てくれと言われたそうです。

「風呂に入ったんだったら浴衣でいいから」
そう言われてそのままドライバーの部屋へ。

「どうだい、疲れたろう、真澄ちゃん」
そんな感じで5分ほど話して

「今日は誘導危なかったけど、会社にはよく報告しておくから」
と言われいい人だと思った瞬間肩を抱いてきて

「俺、会社じゃ結構顔だから仲良くしないと損しちゃうよ」と
布団に押し倒してきたそうです。


無理矢理だったけど、昔ラグビーをやってたとかで、別れたばかりの彼氏よりチンポも
スタミナも凄くて、初めて逝って、さらに逝かされまくったそうです。
スキンを3つ使った後、「真澄ちゃん、おまんこ綺麗だけど今までかなり遊んでたろう。
感度よくてシーツがビチャビチャだよ。」
実際、そのオヤジが4人目であまり経験はなかったようですがそれくらい感じてしまった
とか・・・
家に帰った後、思い出してオナニーしたとも・・・。

その2週間後にも宿泊業務があって、今度は違うドライバーだったようですが
やっぱり部屋に呼ばれて
「00さんに聞いたよ。可愛いのにH大好きなんだって? 俺にも綺麗なあそこを
見せてよ」とやられてしまったそうです。

その翌週には、また違うドライバーにやられ・・・・・・

最初のドライバーがドライバー仲間に
「新入社員の真澄は、可愛いけどヤリヤリマンコ。すぐやらせてくれてチンポまでしゃぶって
くれる。感度も締まりもかなりいい。」
とふれ回って社内で評判になり、好き者はみんな真澄と一緒に配車してもらうよう会社
にお願いしていたそうです。

入社半年で8人のオヤジドライバー達に何度もやられた上に
旅館のベテラン従業員達を交えての複数プレイ
果ては、お客達の集団夜這い(生だったことも)まで・・・
2年間半で辞めるまでに、かなりのチンポをぶち込まれたことは確かです。
今でも聞き出すたびに大興奮します。
妻が職場の飲み会から帰ってきたと思ったら、ふらふらとベッドに倒れこんで寝てしまいました。
よっぽど楽しかったのか、、ちょっと悔しくてふざけてスカートをめくってみると、、
あれれれ、、
パンティの股間を濡らすこれは???
頭来てお尻からむりくり脱がせ、ガバッと広げてみると、まちがいありません、、、
股間がべっとりと乾いた白い糊状の液とこの臭いは、、、

頭に来て揺り起こすと、、寝ぼけた頭でそれでも誤魔化そうとします、、、、
ひっぱたくようにして尋問すると、、漸く告白を始めました、、、

ついつい同僚にうまく進められて飲み過ぎてしまったこと、、、
気が着くとホテルの部屋で裸に剥かれていて、既に挿入されてしまっていたこと、、、
それもやたらにあれのデカイ奴で、テクニックも物凄く、、、
散々飲んで酔っ払っていたにも関わらず、、悶え狂わされてしまったこと、、、

仕込まれた快感についつい二度目は自分からフェラして求め、
後ろからまたまたデカイので打ち込まれ失神しそうなほど喘ぎ狂ったこと、、、
余りの快感に知らず知らずに自ら中出しを求め、、、
「中で、、中で、、」とばかりに一番奥深いところでたっぷりと子種を受け入れてきたこと、、

「だってあんまり気持ちよかったの、、、、」
悪びれもせずに、それでも恥ずかしそうに男の逸物を思い出しているようです、、、
またヒトのチンポにポーっとなる妻が、、これまた憎たらしいほど可愛いのです、、

チラッと僕を見る妻の目が、チンポが小さいのが行けないとでも言い出しそうです、、、
ここで怒れば妻が出ていってしまいそうで、、、ついつい可愛らしい風情の妻の、、
ガピガピにされてしまったあそこにぶち込んでしまったのが間違いの始まりになりました、、、