FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日、友人の妻等総勢5人が我が家に来た。
うちの妻が招待したそうだ。
たまには、女性だけで気晴らしだという事で、私は遠慮してパチンコに出掛けた。
2時間程うって、トータル1万円程度の儲けを得た。
帰り道、ケーキ屋さんがあったので、その金でお土産を買って帰った。

自宅に帰るとまだ友人妻たちは楽しそうにおしゃべりを続けていた。
もともと私の友人の妻として接する事も多く、私は気兼ねなく部屋に入っていった。
すると、うちの妻がいないので
「あれ、うちのは?」と聞くとさっき、実家から電話があって少し出てくるという事で出て行ったらしい。
「実家?何の用かな?」と私が言うと、友人妻Aが
「まぁ、もうすぐ帰ってくるだろうしいいじゃない。ここでおしゃべりしましょ!」
と言うので買ってきたケーキを振舞っておしゃべりに参加した。

さすがに、女性ばかりなせいか会話の中心は子供の事や夫との夫婦生活などの暴露話だった。
「うちのは、小さすぎて感じない!」だとか「この前、子供に見られた」など
まぁ、奥さん会の会話と言った感じだった。
と、流れからか友人妻たちは私達の夫婦生活などにも興味を持ち出した。
私も興奮してか私の性癖やプレーの内容などを話してしまった。
その中で、相互鑑賞オナニーについて話したとき、奥さん連中は興奮し出して詳しく聞き出そうとしてきた。
すると、奥さん連中の一人が見てみたいと言い出した。
わたしは、露出の癖が少しあるが、さすがにオナニーを見せるのには抵抗があった。

しばらく拒んでいると、私達も見せたらしてくれるか?と聞かれたので、
「それならいいよ」と答えた。
すると、何人かがアイコンタクトで合図し合い本当にオナニーし始めた。
奥さん同士でキスしたりしながら、こちらにイヤらしい視線で「早くぅ」と促してきた。

ここまでされては、引くにも引けなくなり私もオナニーを始めた。
まぁ、そんな空気では当然ながら何人かがチンポコを舐め出した。
初めてのそんな光景に興奮した私は奥さん連中に向かって発射してしまった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

私は44歳、妻も同じ年です。結婚して20年が過ぎようとしていますが、
妻は私の一物でしっかり行ったことがありません。私は早漏で妻はセックスに
淡白なのです。一度でよいから、男の物で行く妻を見たくて、
いろんな妙薬などを買って試しましたが、だめでした。
そんな時に(10年くらい前)昔の私の友人が泊まりに来ました。
(仮にAとしましょう)
Aは昔、私と妻を取り合った仲で、その時もまだ妻に未練があるようでした。
家で食事をし、酒を飲みながら話しておりました。
そのうち、酔いが回ってきて、妻に
「ひょっとすると俺じゃ無くて、Aと結婚していたかもな!」
「Aのあそこはでかいんだぞ!」
などと言う感じのエッチ話しになり妻もまんざらではない様子になっていきました。
しかし、酒に弱い妻は、「もうだめ!寝る!」と言って、寝てしまい、
その後、話が裏ビデオの事になり、私の持っているビデオの鑑賞会になりました。
[昔妻を狙ったライバル]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

今、私の家は、外壁の張替え工事で、職人が入っています。妻は、9:00から3:00までのパート…つまり、午後3時以降は、職人と顔を合わすわけです。
その日、私は、仕事が早く終わったので、職人に壁の張替えで注文しようと、早めに帰ってきました。16:00頃だったでしょうか。
トラックがいつものように2台置いてあるのに、職人が外壁工事をしていません。変だな…と思いながら、家のドアを開けて中に入ろうとしたところ…
「やめてください!」「困ります!」「私には主人がいるんです」と妻の声が聞こえてきた。胸騒ぎがしてそうっとドアを開けて、玄関に入りました。居間の方から、確かに妻の抵抗する声が聞こえてきます。もしや!!と思い、廊下からそうっと覗いてみると…
なんということでしょうか。妻が、二人の職人に取り押さえられていて、パンテイ1枚だけにされているのです。妻は、34歳。まだ、子どもがいないので、84・59・87のその体の線は崩れていません。その妻の熟し始めた体を、獣のような職人が筋肉を盛り上げさせながらいたぶっていました。私は、へなへなとそこに座りこんでしまいました。すると…、一人の職人が妻の張りのある胸に分厚い唇を押し付けて、乳首を吸い始めました。ああ…妻が…犯される…。もう一人の職人は、パンテイの上から妻の敏感な部分に指を這わせています。妻は恐怖に顔をゆがめながら抵抗しているのですが…、二人の男にかなうわけもありません。涙で顔をぐしゃぐしゃにして、必死に手で男を押しのけようとしています。
しかし男達は、確実に妻の敏感な部分を捉えていきます。乳首を舌で転がし…、パンテイを脱がせて、秘所の花びらを押し広げ…。
「おいおい、奥さんよー…、もうこんなに濡れてるぜー」
一人の男が言いました。妻は、その言葉を聞くと両手で顔を覆い、抵抗する事をあきらめ始めました。男達は、執拗に乳首と秘書を攻めたてます。すると…、
「あ・・・、う・・・、いや・・・んん!」
と、明らかに妻の声の様子が変わってきました。ああ・・・つまが・・・あの獣のような男たちにむりやり犯されてるのに…、感じ始めてきている…。そう思ったとき…私の愚息は、はちきれんばかりに硬く大きくなっていました。そして、固唾を飲んで見続けていたのです。妻の秘書には、男の指が出たり入ったり…、じゅぶじゅぶ,というような音まで立てています。乳首もちゅぶちゅぶと音を立てながら吸われつづけています。
「ああー・・・だめー・・・!」
妻は、耐えられないといった様子で声を上げました。
「ふふ、おくさん!・・・お○んこ、びちょびちょだぜー」
「ああ・・・・いや・・・こんなときに・・・」
「奥さんよー、素直になりな…旦那より、いい思いをさせてやるぜ」
そういうと、男達は、さらに激しくねちねちと妻の体をもてあそび始めた。そして・・・いつのまにか、男たちは下半身を剥き出しにして、妻の太ももや胸に押し付けている。
「あ、あ、あ・・・・だめ・・・いいー」
ついに妻は、歓喜の声を上げ始めた。そして…自分から、剥き出しになった男の逸物を探り当て…握り締めたのだった。そう言えば、このところ私たちのセックスは淡白でこんな激しいエッチはしていない。
妻ももしかしたら欲求不満で官能の火をつけられたのかも知れない。
「あああー・・・すごい・・・こんなに硬い…」
「ふふ…奥さん…ほらほら、もっと強く握っていいんだぜー」
男達は、妻の飢えた気持ちを察したようで、妻に両手に1本ずつその獣のペニスを押し付けた。妻は、もう押さえがきかない。なすがままに男達の逸物を握り締め…しこしことしごき始めた。
「うう…いいぜ、奥さんよー」
一人の男はそう言うと、妻の秘書に舌を這わせた。ぺろぺろ、ちろちろと小刻みに男の舌が妻の秘所を陵辱する…。
「ああっ!!・・・い・・・いいー!!」
せきを切ったように、妻の口から歓喜の声が漏れた。
「あ、あ、あ…、すごい!・・・ああああーー!」
「ふふ…奥さんよー、自分からこんなに足を広げて…、俺の硬い物がほしいんだなー」
「へへ…、ようし…」
そう言うと一人の男が…妻の太ももの間に割って入り…逸物を妻の秘書にあてがった。ああ・・妻が、犯される…
そして…ぐうううっと腰をしずめて…ついに妻は男に貫かれてしまった。
「ああああー・・・・、くる・…んん!!」
「おお!…入ってくぜー!!」
もうびちょびちょの妻の秘所はしっかりと男の物を奥まで咥えこんでしまった。もう一人の男は…妻の口の中に…汚い物をさしこんだ。
ああ…、ついに私の妻が…他の男に…。しかも二人に…。そう思ったとき、私は自分で自分の物を激しくしごいていた。
男のピストンは、激しかった。妻の秘書がこわれんばかりに突きたてた。妻は、もう一人の逸物を握りながら、舌で舐めまわしている。
ああ…こんなになって…、清楚な妻の姿はどこにもなかった。
1ぴきのメスと化した妻が、二人の男を二つの口でくわえ込んでいる。そして…口に入っていた男の逸物を吐き出すと、妻は
「あ!あ!・・いい・・・いいの!!・・・もっと・・・ああ・・もっとーー!」と言って、自分から腰を使い始めた。
「おお…奥さん、すげえ…すげえ腰使いだ…」
そして、さらに激しく突きたてると…
「あっ!あっ!…ダメ…イク…いっちゃう」
妻は絶頂を迎えた。
「うう…俺も…いくぜー…」
妻を突きたてていた男はさらに激しくつきまくり…、
「ああ・…出る!…出る!…うおおおーーー!!」
と、汚いザーメンを妻の奥ふかくに吐き出した。と、同時に…妻も
「あ、…イク…イクイクイク…いっくうううううう」
妻は男にしがみつき…いかされてしまった。
しばらく重なったまま動かなかったが、男が妻の体から離れると…男のザーメンが、どろーっと妻の秘所から流れ出た。
もう一人の男は、妻がいってしまうのを見届けると…妻の口を激しく犯し始めた。口の中でピストンし…、しごきぬくと…
「うっ!…・うっ!…イクッ!!」
とうめくと…妻の口の中に大量のザーメンを注ぎこんだ。
「はあ、はあ、はあ…奥さんよー!飲むんだ!!」
男はそういうと妻の口をしっかりと閉じさせた。するとやがて妻は、ごく、ごくと喉を鳴らして、男のザーメンを飲みこんでしまった。
そして…のみ残したザーメンを唇の端からつううーっとたらすのだった。
私は・・・、その様子を見て・・・、自分で爆発させていた。ザーメンがズボンの中でべとべとになるのを感じていた。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 近所の男,

私は33歳、妻は27歳で、結婚5年目の共働きの夫婦です。
子供はまだいません。
私達は社内結婚で今も同じ課で働いています。
先月の慰安旅行も夫婦揃って参加しました。
その時のことです。
宴会が終り、その後の2次会も終りお互い結構酔っていた為かその気になりましたが、
男女が別室の為部屋でするわけにもいかず、人気の無いロビーの
男子トイレでやり始めました。
最初に、妻を立たせたまま浴衣の帯を取り、胸を舐めそこから順に下へ舌を這わせて丹念にクンニをしました。
次に妻がたっぷりとフェラをしてギンギンになったところで、
バックから嵌めました。
しかし、そのシチュエーションに興奮してしまった為か、不覚にも
私が先にイってしまい、妻に「えぇー、もうちょっとやったのにぃー!」と言われてしまいました。
そして、トイレを出てお互い風呂に行こうと思って仕度をして風呂場へ向かいました。
風呂場の手前にマッサージ機の置いてあるコーナーがあり、そこではT部長が1人でマッサージをしていました。私はそのまま妻とわかれて男風呂へ行きましたが、
その時部長が女風呂の方へ走っていくのが見えました。
私は「あれっ?」と思って見に行こうとすると、「Nさん、ちょっと」と妻を呼ぶ部長の声がしました。
私は脱衣場の中からそっと聞いていると、「大事な話があるからちょっとこっち来て!」と言いながら妻を連れていきました。
私は、そっとついて行く事にしました。
部長は、不安そうにしている妻をさっきHをしたロビーのトイレの前へと連れていきました。
そこで部長は、「さっきここで何してたんや?」とニヤニヤしながらいいました。
妻は、「えっ、別に…何も…」とうつむきながら答えていました。
どうやら、さっきの私達のHを部長に聞かれていたようです。
「何が何もや!ええ声出してたやないか!」と言いながら妻の胸を触り出しました。
妻は「部長!やめてください」と抵抗しましたが、「もうちょっとやってほしかったんやろ!」
「わしがいかしたる!」と言い辞める気配がありません。
妻がそれでも抵抗すると、「N君(私の事)がどうなってもええんか?地方へ飛ばしたろか?」と言いました。
「わしの一言でどうにでもなんねんで!」妻は「そんなん…それだけは…」と言葉にならないようです。
「同期のKくんがなんで企画課長になったかしってるか?K君の奥さんはよう尽くしてくれたで」
「営業課長のH君の奥さんもそうや!ええ体しとるで!」
「わかるやろ、ダンナが出世するも飛ばされるも女房次第や!さ、こっちおいで」といってトイレの中へ連れていきました。
妻も観念したのか、うつむいたまま無言でついていきました。
トイレの個室でブチュブチュという音がしました。おそらく妻の体にキスをしているのでしょう。
「あっ!」「やっぱり濡れとる」「あぁ、いやっ」「さっきやった後やからすぐに指入ったな」
「あっ、あぁ、んんっ…」「ほらほら、中はぐちゅぐちゅや」
「ほんなら、そろそろいくで!」
その後、妻の喘ぎ声とパンパンという尻を突く音が鳴り響きました。
「イッ、イク!イク!」と言う妻の声がしました。
「よし!わしもイクぞ!」と言い尻をつく音がより速くなりました。
「あぁ!」という妻の叫び声がしたと思うと、尻を突く音も止みました。
「そのままじっとして!」「おお!出てきた出てきた、あんたのオメコからわしのザーメンが…」どうやら、中出しされたようです。
「これから、わしの部屋へ行くで」と言って妻を連れていきました。
翌朝、目にクマを作った妻が何事もなかったかのように、それでいて何か満たされたような顔をしておはようと挨拶をしてきました。
私にとっては何か複雑な気持ちでした。

9年前の5月も半ばの晴れた日のことだった。
『うわぁ~大きな船!見て、あれ豪華客船、なんていったっけ?』
『クイーンエリザベス号?』
『ああ、そうそう!すご~い』
展望台に備え付けの双眼鏡を覗きながら子供のようにはしゃぐ彼女は陽気で、少女のようなあどけなさを残して、その横顔がとっても愛くるしくて、かわいいとその時は思った。
1月も半ばの平日の晴れ渡る午前。綾子さんと生駒信貴山スカイラインまでドライブに来ていた日のこと、大阪湾から港神戸を見渡す眺めは最高だった。
『寒くない?』
『ううん、平気!』
そっと彼女の手を握ったけれど、嫌がるそぶりも見せない。
『車に戻ろうか』
『う、うん』
彼女は3ヶ月前にネットのメールサイトで知り合った42歳の主婦。音響部品メーカーを経営する夫との間に大学生と高校生の2人の娘がいる。上品で、教養を感じる彼女は小柄で色白、ショートヘアーを少し茶色に染め、薄化粧で、くりっとした目がチャーミング。一見したら30代前半に見えるくらい。
『きれいだよ』
『えっ、何が?』
『綾子さんのことだよ』
『うふっ、ありがとう。お上手ね。だれにでもそんなことおっしゃるの?』
『う・・まさか』
『あははは』

他愛もない会話が楽しかった。
「あたし..少し疲れたわ」
「じゃあ、何処かで休んで行きましょうか?」
「えっ・・・」
スカイラインの下り口のモーテルに車を入れ、そっと綾子さんの髪に触れ、首筋に指をまわし、うっとり目を閉じる彼女と唇を重ねた。 彼女の手を取って
「おいで」
黙ってうなずく彼女と、その中の一室へ。
シャワー室から全裸で出てきた綾子さんを抱きしめ、
「きれいだ」
「も~う。。。いきなり、ばか!」
2人はベッドの上で上になり、下になり、お互いを確かめ合うように、指と舌が相手の肌を這っていく。
綾子さんは僕の胸を丹念に舌で愛撫・・くすぐったい・・お腹から太ももへ・・アァ~感じる・・僕の顔をチラッと覗いたかと思うとペニスの根元を指先で支えながら口に含み上下させ始めた。
ハァハァ・・ウッ、ウゥ・・気持ちいい・・・アァ・・射精・・僕のペニスから溢れる男の白い粘液を口に含みながらその舌と唇で丹念に吸い取ってくれる彼女。その口元には僕の放出した精液があふれ出て・・怪しげな微笑を浮かべながら僕のほうをそっと見やり、ごくりと飲み込んでみせた。

今度は反転して綾子さんの耳朶からうなじ~胸の膨らみから太腿へと舌を這わせ、足を開かせて、股間に顔を埋め、茂みを掻き分けながら花びらをやさしく舌で愛撫し、クリトリスを刺激すると、
「あ・あぁ~~ん・・・もうだめ! いや・・アンッ!」
ビクンと下半身を痙攣させた彼女はベッドに深く身体を沈め、僕をうっとり見つめていた。舌で彼女をイカせた後、正状位で彼女に重なり、ドッキング! 綾子さんの声が枯れるまで僕のペニスを彼女の股間に突き上げる。。。
「アン・アン・アン・・・アァ~~ン! もうだめ・・いや!」
さらに彼女を2回イカせた後、僕も堪えきれず、 「うぅ・・あぁ・・・(射精)」
人妻を抱きしめたまま2回目のオルガに達し、イッちゃった僕。
ちょっぴり罪の意識とともに彼女とのヒミツを持ったことにキケンな幸福感を感じていた。
「コンドームは?」と彼女。
「まだ着けたまま」
「見せて」
おもむろに僕の股間を覗きこみ、ちゃんとゴムの中で射精したか、精液が漏れていないか念入りに確かめる彼女。
「さすが百戦錬磨のつわものやね、アハハ」とよけいなことを言ってしまって、「しまった・・」と後悔する僕。
にわかに綾子さんの顔が曇りだし、案の定
「私他にはこんなこと・・したことないから・・」と怖い顔つきになって僕をにらみつける彼女。
「ご、ごめん・・そんなつもりじゃ・・(汗)」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。