FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は44歳、妻も同じ年です。結婚して20年が過ぎようとしていますが、
妻は私の一物でしっかり行ったことがありません。私は早漏で妻はセックスに
淡白なのです。一度でよいから、男の物で行く妻を見たくて、
いろんな妙薬などを買って試しましたが、だめでした。
そんな時に(10年くらい前)昔の私の友人が泊まりに来ました。
(仮にAとしましょう)
Aは昔、私と妻を取り合った仲で、その時もまだ妻に未練があるようでした。
家で食事をし、酒を飲みながら話しておりました。
そのうち、酔いが回ってきて、妻に
「ひょっとすると俺じゃ無くて、Aと結婚していたかもな!」
「Aのあそこはでかいんだぞ!」
などと言う感じのエッチ話しになり妻もまんざらではない様子になっていきました。
しかし、酒に弱い妻は、「もうだめ!寝る!」と言って、寝てしまい、
その後、話が裏ビデオの事になり、私の持っているビデオの鑑賞会になりました。
[昔妻を狙ったライバル]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

4月下旬のある日、会社の仕事がキャンセルになった俺は、そのまま有給休暇の手続きを取ると、自宅に向かった。バイクでプチツーリングでも行こうと思ったのだ。
自宅に着くと、玄関に見慣れない靴が。2階からは物音がする。
強盗か、不倫か・・・・俺は、デジカメとバールを持ち出し、デジカメの電源を入れた。
階段を上ると、寝室から妻・真帆の嬌声がドア越しに聞こえる。
「あん、あん、いやんっ、いいわっ、そこ、」
 
ドアを開けると・・・・・
[帰宅するとPTA会長の靴が・・・]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 子供, 職場の男, 調教された妻,

結婚生活20年になる夫婦です
妻とセックスレスになって6-7年にはなると思います
私の前では下着姿も見せない妻に、たまには「頼むよ」と頼んでみるももの一切拒否されてきました、そのころから身に着ける服や下着は派手になったのも間違い有りませんでした 当然妻に男が出来た事は紛れも無い事でした でも私からそれを問い詰める事はできませんでした それというのも結婚して数年普通にセックスはできるのですが 自分の肉棒で妻を満足させたことが一度もありません そんな時私が知人にお願いをして 妻を満足させてほしいと頼みました知人はあっさりと引き受けてくれ自称「俺は絶倫だから奥さんがあとあと使い物にならなくなってしまうぞ」と半立ちになった肉棒を見せ付けられました その大きさにはぐっと息を呑むほどで私の倍近くはありました 週末に自宅で妻に知人を紹介しながら酒を入れて雰囲気を和らげて知人に後を任せ私はたばこを買ってくるといって家を出ました 0時ごろそっと家に戻り雰囲気を確認しましたが静かで居間には誰も居ませんでした ただ2階の寝室できしむ音がする様でそっと近ずいて聞き耳を立ていると妻の喘ぎ声がしてきました 私の胸は張り裂けそうなくらい興奮をおぼえしばらくして居間に戻り悶々として終わるのを待ちましたが 二人が降りてきたのは朝方4時過ぎでしたそれまで延々としていたのです 私には想像のつかない時間でした その時の妻は知人の腕につかまり寄り添うように居間に現れガウンを羽織っただけで満足げにもたれかかって入ってきました 3人でコーヒーを飲んでいるときに妻から「はじめて女になったような気がする 忘れられなくなってしまったわ」と 続けて知人が「旦那さんさえよければ又来ます」と 私は興奮のあまり「妻を満足させてやってください」とついお願いをしてしまいました そうして二人は私の目の前で抱き合い長・・・・いディープキスをしながら知人は妻の胸を揉み解し 妻はトランクスの上から肉棒をなぞって別れを惜しむかのように抱き合っていました
知人はそれから月に2-3度来るようになり 朝まで続きます途中にビールの差し入れをした時妻のフェラしているところを初めて見ましたが心臓が張り裂けそうでした妻の恍惚の顔を見たのもはじめてでした 知人は「しばらく見ていったら奥さんいい顔して喘ぐよ」って言ってましたが自分のが爆発しそうで居られませんでした
そんなのが何ヶ月も続きそのうち外でデートするようになり服も派手になり一見お水風で下着はこれでも下着かただの紐だけというくらいの変わったものばかりを着けるようになりました
それから二年ほどした頃でしょうか 夕食をしながら妻が「私 あの人とするようになってあの人にいろいろ教え込まれ 今は誰とでも寝る淫乱な女にされちゃったからね 文句言わないでよ元々は貴方のセイなんだから 最近なんかあの人の友達がいつも二人来て三人がかりで責められちゃってるのよ」とぽつりと言いました
普段は普通の夫婦なんですがセックスだけがすこし変かなと思うぐらいでした
最近の妻は益々女に磨きがかかり私から見ても色気のあるいい女になったと思いますが 私とはまったくセックスする気が無いようです相変わらず派手なのがエスカレートして超ミニにブラ丸見えのブラウス網網ストッキングと男好きする格好で週末になると電話で呼び出されて嬉しそうに出かけていきます
つい半年ほど前に私が電話に出た時の事ですが若そうな声でした「貴方の奥さんは今私の所有物ですから勝手に触らないでください今奥さんはボディーピアス凝っておられるので楽しみにしていてください 奥さんと代わって」といきなりでした 妻にかわると妻は「・・・・はい 分かりましたすぐに行きす・・・・・・・・・・はい どうぞ思う存分に可愛がって下さい・・・・はい分かりました」と電話をきり何も言わずに二階で身支度をして降りてきました
「遅くなるから」と一言いって出て行きました 帰ったのは翌日の夜でした その時ですがたぶん男に言われたのでしょう神妙な顔で私の前に立ち着ていった短めのコートを脱いで体を見せてくれました 久しぶりの妻の体にすごく興奮をしたのでがもっと興奮をしたのは鈴のついたピアスが4個ぶら下がっていた事です 乳首2個
股下に2個それには唖然としましたが心臓が爆発しそうでした
「す 凄い女になったな」とつい口にしていたのです 妻は「これが今の私 嫌い」「ううん 益々お前の事が好きに成ったよ 自由に遊んでいいからいつも帰ってきてくれれば」と その夜その姿をネタにして久しぶりに自分で抜きました 

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 調教された妻, 他人とやる妻を目撃,

妻は、他人のセックスを見るのが好きな性癖があり、私は他人に妻を犯されるのがたまらなくしびれる性癖を持っています。
先日ついにハプニングバーに妻を連れて行きました。
最初妻は嫌がっていましたが、「いやならすぐに出るから少しだけ」という条件で出かけました。
行く前に焼き鳥屋でシャンパンやワインを飲ませると、これから行くところを考えているのでしょうか、目が淫乱な輝きをしだし、焼き鳥屋のお兄ちゃんにまで触りだしましたのですぐに出てその店に向かいました。
その店は会員制で結構広くてとても綺麗でした。
一歩中に入るとバーがありホテルのようなカウンターにカップルと単独男性が3名飲んでいましたが、カップルの女性はコスプレでレースクイーンの服を着ており他の男性は全員バスタオルでした。
さらにおくに行くとそこはカップルのみの部屋で外から覗けるようになっていました。
中は薄暗くよく見えませんでしたが4組ほどが濃厚な絡みをしていました。妻は立ったまま中を覗いて私によりかかってきました。
妻は私のあそこをズボンの上からなぜまくりだしました。
なぜか息が荒いのを感じ妻の横を見ると一人の男性が妻の横にくっつくようにして立っています。
良く見ると妻のお尻をスリットスカートの割れ目の中に彼の手が入って撫ぜ回しています。彼と目が合いもっと触ってやってくれと目配せをすると、彼もうなずき今度は胸のブラウスの上から撫ぜ、妻が嫌がらないことを確認しさらにブラウスのボタンをはずしじかに触り始めました。
妻は私を見て何か嘆願しているようでしたが、その目は潤みあそこを握った手は振るえていました。
片方の手はどうやら彼のものを握らされているようでした。しばらくすると妻の真後ろにもう一人の若い男性がたち、彼と協力して妻のスカートをお尻が丸見えになるくらいまでたくし上げました。
妻はがくがくして立っているのが精一杯のようで後ろの若い彼が壁に押し付けるように後ろからあそこを押し付けて支えていました。やがて妻のあみタイツのストッキングは半分破かれるようにひき下ろされじかに二人の男が妻のあそこや後ろを触っていたようです。
妻もその時点で中でプレイしているカップル以上の声を上げ「イヤー」と叫んだり「もっと入れてー」とわけのわからないことをいい始めました。あそこからでるピチャピチャという音が全体に響き始めました。これはまだハプニングについてたった20分くらいの序曲でした。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

妻は私より2つ年上の36歳である。
ここ1年間、妻とはなんとなく折り合いが悪い。
原因は去年の私の転勤である。
約1年前に現在のところへ家族全員で引っ越してきた。
転勤の辞令がでたとき、引越しには反対していた妻を説得した経緯がある。
現在のところに引っ越して以来、妻は平日ほとんど外にでることはなく、事ある度に「早く引っ越したい」と愚痴をこぼす毎日であった。

1ヶ月ほど前のことである。
久しぶりに仕事を早く片付け、私は同僚と軽く一杯飲むつもりで家に連絡を入れずに居酒屋に寄った。
しかし、家に帰ったのは夜中の2時。
そんな時間まで妻は起きてはいるまいと、静かに家に入った。
だが、妻は起きていた。
妻は今までの鬱憤が一気に爆発したように激怒し、私を罵り頬を叩いた。
私はやり返すこともせず、妻を無視するように無言のままソファーに横になり寝てしまった。
翌朝も妻とは言葉を交わすことなく会社へ行き、何事も無かったように夜の9時半頃に家路についた。
家に戻ると、子供は既に寝ていたが、妻の姿がなかった。
ダイニングテーブルに「一人の時間を下さい。12時までには戻ります。」と書置きが残されていた。
すぐに駐車場を見たが車がない。
引っ越してきて殆ど外出しない妻がどこに行ったのか心配になり、妻の行きそうなところを考えたがすぐには見当がつかなかった。
しかし、唯一考えられる場所があった。
[喧嘩した妻の行った先は]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。