FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

新任の上司が九州から越してくるので、連休に引越しの手伝いに嫁(34歳)と行った。

他には男の同僚6人で、女手は嫁一人だ。
上司には子供がなく奥さんと二人暮しで、相応の家財道具で結構大忙しだ。
また暑い日で、汗タラタラだ。嫁も汗グッショリで、Tシャツも汗でベットリして、紫のブラジャーも透ける始末。
ちなみに嫁はDカップの爆乳で、なにげに男供の視線が嫁に集中していく・・・・
おまけに下半身は、エナメル質のテカテカ素材のスポーツスパッツ着てたので、
巨尻の肉が食い込んで、パンティラインもクッキリと浮き出ている。
亭主の俺でも目のやり場に困るくらいだ・・・
上司の嫁は50台の婆だが、事実上紅一点の嫁に、自然と男供の視線が釘付けになるのは、時間の問題。
嫁も張り切って、脚立に乗って蛍光灯を取り替える時などは、両手を大きく掲げて万歳しているので、
いやでも紫のブラに包まれた爆乳に男供の全視線が集中する・・
階段の雑巾がけのときなどは、巨尻を大きく突き出すので、階下から見ると、もうたまらなくセクシーだ・・・
2~3人が庭の隅でタバコ吸いながら、サボってる。ふと耳にすると、『○○の嫁さん、もうたまんねえナ』と話している・・
もう引越しの仕事どころでなくなり、男供の視線は全て嫁へと注がれる。
上司も刺すような視線を嫁に向けている・・・
嫁は学生時代バレーボールの選手だったので、170cmと大柄で、ムッチリとしている。
男供の視線にお構いなしに相変わらず嫁は悩殺ポーズで作業に没頭している・・・
水がタップリ入ったバケツを上半身力を入れて両手で持つと、巨乳が寄って前に大きく突き出す。
しかも下半身に力を入れて踏み込むので、股が開き加減となり巨尻がことさら目立つ。

実に無防備だ・・・まるで女体鑑賞会のようになってきた・・・

そして、やがて昼休みに・・・
皆で車座になって、出前の寿司をつまむ。暑い日なのでビールもということで、
自然に嫁がお酌係りに・・・
Tシャッの汗は乾かず、相変わらず汗まみれのTシャッ越しに紫のブラはくっきり透けて見える。
おまけにスパッツで肉がムチムチに張り裂けそうな下半身。
もうランパブみたいなもんだ・・・かなりの過剰サービス。
男供は、皆鼻の下を伸ばして、酌を受けてビールを飲んでいる。次第に宴会モードに・・・
花見みたいになって、一人の男が歌いだすと、釣られてまた一人と、
やがて周囲から『○○さんの奥さんも』というので、嫁は立ち上がって歌いだす。
酔いも手伝って、ご丁寧に振り付けもして、まさに歌って踊っての世界だ。
しかし男供は皆誰も歌など聞いちゃいない。皆視線は嫁のグラマーな悩殺女体に注がれている。
皆が囃すので、嫁も得意になって、腰を振り、ベリーダンスっぽくなる。
暑いので、なんとTシャツを巻く仕上げ始める。ここで一斉に拍手と掛け声で、
なんとTシャツを脱ぎ始めた。そして、『奥さん最高!ナイスバディ!』の声に気を良くしたのか、
なんとスパッツも脱ぎだそうとする。『奥さん!ブラは紫だけど、下も紫?』と相次いで掛け声がかかると、
なんと、『当ててみて?』といいながら、ボルテージも上がって、スパッツツも脱ぎ始めた。。
もはや嫁は、紫のブラに紫のパンティのあられもない姿に・・・
腰を振り振り、全身をウエーブさせて、悦に入っている・・・
俺はさすがに、これ以上正視できずに嫁に止めさせようとすると、
嫁は、『皆さん喜んでんだからいいじゃない』と意に介せず、そのまま続ける。
さすが南国育ちの女は違う・・・嫁の育った南国の漁村では、酒宴の席で、女が全裸で踊るのは珍しくないと
後で言っていたが・・・・

ここまで書いて、俺は急に情けなさと興奮の混じった複雑な気分だ。
俺は嫁にもう止めてくれと言ったが、まるで無視された。
とうとうブラも脱いで、ポロンとおっぱいがこぼれ出る始末・・・
巨乳がゆさゆさ揺れている。ここまでやるか・・
嫁はHでもかなり積極的だが、まさかここまでやるとは・・・
パンティだけのあられもない姿の嫁が得意になって、踊っている。
そうだ、確か10年以上前になるが、初めて嫁の故郷に行った時、
村の女が数名俺の歓迎宴会でも、全裸で踊っていたのを思い出した。
それも陽気に楽しそうに。妖艶というより、あけすけで他の女たちも手拍子
していたっけ・・・

エーッママヨと成り行きに任せると、次に嫁は後ろを向くと、なんとパンティまで脱ぎ始め、
大きく尻を振り始めた。すると周囲からは、ため息と感嘆の入り混じった声が。
まるで場末のストリップ劇場だ。まさかここでM字開脚とフト思って、頭がクラクラしてきた。
南国育ちのおおらかさにも限度がある。

いつの間にかラジカセには軽快なポールモーリアのポップスが流れ、嫁も興に乗って、

腰を振り振りふと振り返り、なんと一糸まとわぬあられもないスッポンポンの嫁の姿が・・・
豊満な腰まわりとムチムチの太ももとボインボインのたわわなおっぱい・・・・
全身日焼けしてるが、ビキニに隠された部分は、真っ白だ・・このコントラストが結構エロイ
そしてその下の白い部分の縦に薄く生えそろった陰毛・・南国の女は陰毛は薄い・・・

なにもここまで晒さなくても・・・過剰サービスだろうがよ
俺は怒りと羞恥で、もう頭の中は真っ白だ・・・

曲はマドンナのライクアバージンに。嫁は得意に振付けてなおも踊っている・・・
男供は拍手喝さいだ・・嫁はますます興に乗って止めるそぶりを全く見せない・・・
そして腰を下ろして、両手を後ろに着いて、両足を前に突き出し、やがて大きく股を開いて、
とうとうご開帳、男供は皆かぶりつきで、嫁の股間に注がれる・・・
皆押すな押すなで、股間の正面の好位置を死守しようと必死だ・・・
まるで田舎の温泉のストリップ劇場で見た光景さながらだ。
いやダンサーが、婆でないだけ、こっちのがましだろう・・・
中には嫁のおそそに触れようとする不行き届き者が現れる始末だ。
俺は必死に男供の手を振り払う・・・そしてマン開の股間を閉じようと両手でふさぐ。


この攻防がしばらく続いて、やっとお開きに持ち込ませた。
男供は興奮冷めやらぬ感じで、午後からはまるで仕事が捗らず、
結局これでは、嫁はまるで作業の妨害に来たようなもんだな・・・
嫁に悪気は全くない。性的な羞恥心はまるで無く、むしろ性的には大らかで無防備だ。

晩酌の時も、ノースリーブのおっぱいの透けて見えるエロイ服で、ピンサロ並みのサービスしてくれるし、
俺が入浴中には、パンティ一丁で、背中流しに来るし、
夜も積極的で、毎夜求めてくる。そして最低2時間はタップリ奉仕させられるが、駆け出しのソープ嬢顔負けの
サービスはしてくれるし、H的にはピッタシ相性のいい嫁だと気に入っている。
サービス精神旺盛で、たまに脱線するのが、悩みの種だな・・・
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

学生の時に仲間内で秋祭りに遊びに出掛け、隠れて飲酒。祭りが終わって彼女と帰ろうとしたら
彼女の同級の後輩が飲んでるから家に帰れないと言いだし、仕方なく僕の家に泊まらすことにした。

僕的には嫌だったんだよね。家に帰ったら彼女と楽しむつもりだったし。
彼女も可哀相だから泊めてあげたらなんて言うし
この時に少し彼女と喧嘩?

家に帰り、彼女は泊まる用意してたから風呂に入りたいって言い風呂
僕は後輩に毛布を出してやり、風呂どうする?と聞いたら寝ますだって。彼女が風呂から出て、僕は後輩と2人にしたくないが風呂に入り、部屋に行くと笑い声
ちょっとイラっとした。後輩は普段は大人しい奴だけど飲んでから気がデカくなってた感じ

3人で深夜番組を見ながら雑談やY談を少し
後輩はウトウトしだし、ちょっと安心し寝ることにした。彼女はまだ眠くないからテレビ見ると言い僕は彼女と一緒にベッドに
僕的には彼女とエッチしたい気持ちもあり、彼女とちょっとだけ楽しんだ

後輩が寝てるっぽいし僕は彼女の側で腰に手を回した状態で触りながら寝ました。
それか2時間程度して僕は話声で目が覚めたんです。彼女は変わらず背中を僕の方に向けてるけど側にいる。
テレビを見ながら後輩とエッチな話をしてる!?

うつらうつらで僕は2人の話を聞いてた。後輩が彼女にもうエッチしてるよね?とか痛かった?みたいなことを聞き彼女は素で答えたりさ。
後輩が彼女に胸わりとあるよな?と言うと彼女は○○子はDだよーと友達の話をした!寝たふりの僕も興味深く耳をすました

彼女が友達の○○子の胸の話をして、後輩が○本は(彼女)もう黒いでしょ?、彼女は黒くないよ~と…
空気が変わりました!2人の会話がヤバい…
後輩は○本、見たい…
彼女は黙ったまま、後輩は駄目? 彼女は黙ったまま、首を振ったみたい

後輩はじゃあ触らしてと言い、彼女はちょっとだけなら… 僕は本気か?ドキドキした。彼女と僕は同じベッドで横になってるし彼女の背中には僕がピッタリ僕がいて、腰に手を回してるのに?
後輩が近くに来た気配、彼女は毛布をめくったみたい… 僕は薄目を開けて様子を伺う、彼女の頭しか見えないけど。
後輩があっK本… 大きなぁ、何カップ? 彼女はBだよと答えた

2人の会話がヤバくなってきた。後輩がパジャマの中に手を入れたみたいで彼女はびっくとした。2人の会話が無くなった?数分?数秒?彼女から(あっ‥んっ)僕は焦りました!ピチャピチャ?彼女は(んっんっあっ)彼女は胸を吸わせた、ピチャピチャ…

数分、愛撫され彼女が駄目… もう駄目…って言い後輩に終わりを告げた

彼女がもう駄目と後輩に言い、後輩は離れたみたい。後輩も場所が場所だし僕が側にいるし諦めたみたいだった。彼女は横向きから体制を変えて上向きに
後輩がトイレに行くと言い部屋を出た。彼女は僕の手をどけベッドに座り捲れたブラを直してる、僕は今起きたふりをしながら起き上がる

彼女はびっくりして固まる?僕はわざとらしく彼女の胸元を見て、怪訝な顔をしてみた。
祭りでちょっと喧嘩したのと先程のこと… なんかムカついたし?!ちょっとキツく何した?と彼女に言った
彼女は黙ったままです、僕は彼女のパジャマに手を掛け、吸わしたんだろう?彼女は観念したのか?首を下げた。後輩が戻り険悪化?後輩はすぐに何があったか分かったみたいで、土下座して平謝り…

なぜだか?分かんないですけど、平謝りされたら強気になった言うか… どうでもよくなってきた?
彼女に向かってヤリたいならヤレば? 後輩にもヤレばいいじゃんって思ってないことを言った。
場が凍りた感じがしました、もう一度ヤレば?この言葉に彼女キレました…

キレた彼女は、胸くらいいいじゃん… とボソっと言うから僕はムカッとして
もっと吸わしやれよ!思ってもないことを言ってしまう。彼女はパジャマのボタンを外しブラを胸の上にズラした、薄暗い部屋だけど、テレビの明かりでも充分に…
後輩は凍りついたまま、でも彼女の胸を見てる感じです。彼女は後輩にいいよ触って、なんかショックでした

僕は止めろって言う前に彼女はふてぶてしく、していいだよね?先に言われ、僕は勝手にすれば?売り言葉に買い言葉…
後輩は黙ったままです、彼女は後輩にいいよ?来てと伝えた、後輩はチラチラと僕を見る。仕方なく僕は後輩にヤリなよ…
ベッドに座ったままの彼女の前に後輩が来て、後輩は彼女を抱きしめる感じで胸を吸い始めた。

僕の側で、胸を吸わせてる彼女の顔は口が半開きで、喘ぎが漏れてる。
2人の行為がヤバく感じて僕はここで止めさしたんです

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 寝取らせ,

6~7年前の話になるのですが、妻と結婚して半年ほど経った時の事です。
妻は当時27歳でした、私達は当時小さなアパートに住んでいました。
そのアパートは住宅街と倉庫、工場街との境に建っていて2階建てで4世帯の小さな所でした。
私達は2階に住んでいました、下の階の2世帯は同じように子供のいない若い夫婦で、隣の部屋は近くの飲食店の寮になっていて30代半ばの男性二人が住んでいました。
結婚してから直ぐにそのアパートに住んでいたのですが、半年ほどした頃には、私の変な欲望が出てきました。
それは妻を隣の部屋の男達に妻を視姦させたいと言う感じのものです。
とは言っても隣の部屋の男性達がどのような人かも分りません。
ただ、二人ともかなり太っていて半年間観察した範囲では部屋に女性が出入りする事は有りませんでした。
[工場内で妻が2人の男に・・・]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

昔つきあってた彼女なんだが、当時20歳。黒髪のストレートで、ルックスは超カワイイわけではないが、誰もが準高得点をつけるタイプ。
でもよー、すっごい気弱で、人にまともに対応できないんだよ。やさしいのはいいんだけど。それでいて胸は大きくてウエストはきゅっとくびれてるし、わりと無防備な格好の服ばっか着るからよく痴漢されてた。道じゃ抱きつかれておっぱい揉まれたり、電車ではお尻をなでられるのはあたりまえで、指入れまでされたことがあった。状況を聞いたら、尻なでは後ろから電車に乗るときにスカートをまくられてその後は触りまくられるらしい。

ある最悪な日は、電車で隣の駅に到着した時、ドア越しに獲物を狙うような目をしたコ汚いおやじ(通勤ラッシュ時なのにスーツでもなければ手ぶら。確信犯だよな)と目があって、あ、逃げなきゃと思ったが、おやじの突撃であっという間に車両のはじに追いやられたらしい。さらに相手は二人いたらしく、おまけに近くにいた若めの男までどさくさで参加しやがって、合計3人から攻撃された。スカートはまくられ、パンティはずり下げられ、ブラウスの胸のあたりのボタンをはずされそこから手を入れられて揉まれるわ乳首をいじられるわ。あげくに指を前と後ろ両方に入れられた。若めの男はキスまでしてこようとしたらしい。

こっちはつきあってから、指どころかキスもしてなかったからすげえ怒り狂った。そこまでやられるとは不思議だが、3人に攻撃されると、手が6本もあるわけだから、こっちの手を押さえたらほかが伸びてくるので防ぎきれないし、太ももに力を入れて閉じて抵抗してたが、電車が揺れてバランスが崩れたときに股の間に足を入れられあそこをたっぷりいじられたようだ。
おまけに彼女は気が弱いから声は出せないしショックで気分が悪くなりふらふらだったようだ。涙を浮かべて話す彼女になにも言えなくなった。そしてそのあと、決定的なできごとが大学のサークルで起こった。

電車内でのあそことお尻に指を入れられた事件から、俺も朝早くに彼女の最寄駅によって一緒に行ったりし始めたさなか。
俺も彼女も幾つかのサークルを掛け持っていて、そのうちの2つがたまたま一緒で知り合ってつきあいだしたんだが、そのうち一つはいまどき珍しく、上下関係が厳しくて先輩には逆らえない雰囲気のところで、サークル内では2人の仲は秘密だった。

その日は、俺はバイトに行っていた。ブサイクで嫌われている先輩が、同輩の一人に携帯をかけてきて、結構重要な練習をたまたま休んだ彼女に説明するから、同輩と彼女でとある飲み屋に来てくれと言ってきたので、二人で向かったらしかった。
説明がおわり、あとはくつろいで世間話を始めてそれなりに飲んで、彼女が帰ろうとしたら、2次会をやるから、その時にその先輩の知り合いが偉いひとだけど来てくれて、為になるから来いと言われたらしい。ここでも彼女の気の弱さが出て、強く言われたので時間も遅いが行くことにしたようだった。
同輩は興味本位で誘われるままに行くことにした。

来たのは単なるマッチョなおやじで、全然為にならなかったが、またもや先輩に強く言われて酒をめちゃくちゃ飲まされたようだった。
彼女はベロベロに酔って眠ってしまい、同輩は調子に乗って飲んで泥酔状態になり、とりあえず家が近い同輩のアパートにおやじも含めた4人で休もう、と先輩が言い出し、4人で転がりこんだ。

同輩がしばらくうとうとしながら薄く目を覚ますと部屋の簡単な仕切りの向こう側で寝かされていたらしい。先輩とおやじが全員の荷物をまとめたり彼女を介抱していて、のんきな同輩はいいひとだな、と考えながらしばらく見ているとだんだんエスカレートしてきたようだった。
気分を悪くしている彼女を楽にしなければとかやさしく言いながら、服のボタンをはずし、ベルトを取り、背中をさすってあげるとか言いながらだんだんおっぱいやあそこを触りだし、服をどんどん脱がし、ブラジャーをはずして「すげえいやらしい体をしてやがる」とか二人で超興奮していて鼻息がすごかったらしい。

全裸にされた彼女はおもちゃにされた。一人当たり3発はやられたらしい。彼女はもうろうの意識の中で「やめて、やめて」とずっと同じ言葉をうなされるように言っていた。
同輩は言葉だけで抵抗はしてないから感じてんだとかいっていた(ヴァカ!そこまで飲まされていて力が入るか!)。あとはおやじが彼女のあそこを大きくひん剥いてしつこく、すげー長い間なめてた、とか「口に突っ込んでも歯があたるだけで舌が動いてねえ、痛いな」という先輩の声を聞いたとか、バックと正上位と一人が抱きかかえての騎乗位の3パターンでこれでもかとやられていて、力なくゆれる彼女の足が印象に残った、とか、抱きかかえられて服を脱がされていたが、ブラをはずした瞬間の張りが良くて乳輪の大きい巨乳が見えたときも興奮した、とか死ぬほどむかつく内容だった。
後日、同輩からこの話を聞いて仰天した。彼女にも問いただしたら「良く覚えていない」と初めは言っていたが、泣きながらそうだ、と告白した。
結局、訴えるとわめくおれに彼女は「それで皆にばれるなら死ぬ」と言ってきて、断念し、目の前が赤くなるような怒りは先輩を病院送りにして冷ました。

そのとききたおやじは風俗店での顔見知りで素性は知らないとかわけのわかんないこと何度も痛めつけても言うので、不明のまま。先輩は日ごろから気の弱く断れない性格の彼女ならうまく使えると目をつけていたらしい。同輩には決して口外しないように口止めした。
先輩が長期入院するほどやられたのを知っていたので、同輩は必死で約束して謝っていた。サークルは先輩が俺のバイト仲間にキスを強要してけんかになったということで口を合わせ、俺も先輩も除名。
彼女とはしばらく続いたが、結局ギクシャクして終わり。カウンセラーの所に通っていると人づてに聞いた。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。
 厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、
おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。

 私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地
よく感じています。
 昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので
あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて
気楽でいいのですが。
 私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。
[妻への視線]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ, 職場の男,