FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数



42歳と41歳の姉妹です。
二人とも結婚をしていて、子供もいるパート主婦です。時々、主人たちに許可をもらって居酒屋でストレス解消しています。
2ヶ月ほど前のことです。妹が《面白そうな飲み会あるから行かない?》一人で行くのが心細いと言うので私も一緒に参加することになりました。
当日、会場に行くと個室のある居酒屋で30代から40代の男女5人ずつの会でした。最初は、男性と女性が向かい合わせで座っていましたが、30分もすると男性と女性が隣り合わせで座るようになり、会話もはずんでいきました。
あっという間に2時間が過ぎて会が終了しました。
お店から出て、少し酔っていた私たちでしたが、主人に遅くなることの許しをもらっていて、カラオケにでも行こうかと話をしていたところ《カラオケで二次会でもしませんか?》振り向くと、会に参加していた二人の30代半ばくらいの男性からお誘いを受けました。私たちは顔を見合わせて、少し迷ったふりをしてから男性たちに連れられてカラオケに行きました。
部屋に入ると歌うよりも、お酒を勧められて妹も私も足がふらつくぐらい酔ってしまいました。
《静かなところで、少し酔いを醒ましましょうか?》男性に言われ私たちは抱えられるように出てホテルへ連れて行かれました。大きな部屋で別々のベッドに横にされました。
しばらく横になっていると、男性が私の横に来て、いきなりキスをされました。そして、服の上から胸を触り始めたのです。妹を見ると同じようにキスをされていました。初めのうちは私も妹も顔や身体を動かし抵抗していました。でも酔っていたのでそれほど激しくは抵抗できないでいると。妹が感じている声を上げたのです。そして、舌を絡めてキスをしているのを見た私は、スーッと力が抜けてしまい男性に口の中に舌を入れられてしまいました。
その後は、服を脱がされ、下着も取られてシャワーを浴びていない身体にキスをされ、胸も吸われ、大事なところまで舐められてしまい、私も妹も大きな声を上げてしまいました。
男性たちがパンツを脱ぎ、《俺たち実はデカマラ。ブラザーズです》もう大きくなっていた男性自信を見ると自慢するだけのことがあって、主人の倍近い大きさでした。大きく開けた口の中には先の方だけしか入らず、あごが痛くなりました。
《俺たち用のコンドームを持参しているから。安心して》一人の男性が、バッグから取り出して、一つをもう一人に渡しました。妹が男性を受け入れて苦しそうな声を上げたのを聞いて、私も怖く感じていると男性の大きなモノが少しずつ私の中を広げながら入ってくるのがわかりました。
妹の先ほどより大きな声を上げたので、見ると大きな男性自身が全て妹の中に入っていました。
私も男性自身を全て受け入れると、苦しくなるくらい私の中がイッパイになり、こんなことは初めてでした。
しばらくして私の上で男性の動きが早くなり、私は男性の肩を力いっぱいつかんで声を上げると男性が身体を震わせると動きが止まりました。そして、ため息をつきながら私から離れました。横の妹を見ると、男性の首に両手をしっかり巻きつけていて、そして、男性がうなり声を上げて動きが止まりました。
私と妹はベッドで横になっていると、男性たちはバイアグラを飲んでいるので、まだまだイケルとニヤッとしながら男性の一人が妹へ、そして妹の相手をした男性が私に近づいてきました。
ピルを飲んでいると言いながら、妹が私を見てウインクをしました。私は余計なこと言ってと思いながら頷きました。すると、私に《中に出しても良いですね》言って抱きつきキスをしました。
私は上に乗せられて下から突き上げられると、本当に奥まで入ってズンズンと頭に響きました。四つん這いにされてバックからお尻をパンパンと打ち突けられ、大きな声を上げさせられ私がイクと男性の動きが早くなり私の中で満足しました。横で妹がイク時の声を上げると男性は今までよりも激しく腰を動かし妹の中で満足したのがわかりました。
男性たちがシャワーを浴びてベッドに座りビールを飲み始めました。私は妹の手を引きシャワーへ。身体はもちろんのこと、中に出されたものをきれいに洗い、ソファーにある下着を着けようとすると、一人の男性がグラスを置いて私の手を握りました。妹がその手を振り払おうとすると、もう一人の男性にベッドに押し倒されました。男性の股間を見ると大きく硬くなっていました。そして、またベッドへ。
妹も私も気持ちが良いというより、苦しくて痛さまで感じているのに腰を激しく動かし、大きな男性自身を私たちの奥深くまで入れられました。
やっと満足してくれて、疲れてベッドに横になる男性たち。私たちも疲れきっていましたが、シャワーも浴びずに服を着て部屋を出ました。

1ヶ月くらいたった時、その男性たちからまたお誘いがありました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 妻のHな願望, 近所の男,

今、私の家は、外壁の張替え工事で、職人が入っています。妻は、9:00から3:00までのパート…つまり、午後3時以降は、職人と顔を合わすわけです。
その日、私は、仕事が早く終わったので、職人に壁の張替えで注文しようと、早めに帰ってきました。16:00頃だったでしょうか。
トラックがいつものように2台置いてあるのに、職人が外壁工事をしていません。変だな…と思いながら、家のドアを開けて中に入ろうとしたところ…
「やめてください!」「困ります!」「私には主人がいるんです」と妻の声が聞こえてきた。胸騒ぎがしてそうっとドアを開けて、玄関に入りました。居間の方から、確かに妻の抵抗する声が聞こえてきます。もしや!!と思い、廊下からそうっと覗いてみると…
なんということでしょうか。妻が、二人の職人に取り押さえられていて、パンテイ1枚だけにされているのです。妻は、34歳。まだ、子どもがいないので、84・59・87のその体の線は崩れていません。その妻の熟し始めた体を、獣のような職人が筋肉を盛り上げさせながらいたぶっていました。私は、へなへなとそこに座りこんでしまいました。すると…、一人の職人が妻の張りのある胸に分厚い唇を押し付けて、乳首を吸い始めました。ああ…妻が…犯される…。もう一人の職人は、パンテイの上から妻の敏感な部分に指を這わせています。妻は恐怖に顔をゆがめながら抵抗しているのですが…、二人の男にかなうわけもありません。涙で顔をぐしゃぐしゃにして、必死に手で男を押しのけようとしています。
しかし男達は、確実に妻の敏感な部分を捉えていきます。乳首を舌で転がし…、パンテイを脱がせて、秘所の花びらを押し広げ…。
「おいおい、奥さんよー…、もうこんなに濡れてるぜー」
一人の男が言いました。妻は、その言葉を聞くと両手で顔を覆い、抵抗する事をあきらめ始めました。男達は、執拗に乳首と秘書を攻めたてます。すると…、
「あ・・・、う・・・、いや・・・んん!」
と、明らかに妻の声の様子が変わってきました。ああ・・・つまが・・・あの獣のような男たちにむりやり犯されてるのに…、感じ始めてきている…。そう思ったとき…私の愚息は、はちきれんばかりに硬く大きくなっていました。そして、固唾を飲んで見続けていたのです。妻の秘書には、男の指が出たり入ったり…、じゅぶじゅぶ,というような音まで立てています。乳首もちゅぶちゅぶと音を立てながら吸われつづけています。
「ああー・・・だめー・・・!」
妻は、耐えられないといった様子で声を上げました。
「ふふ、おくさん!・・・お○んこ、びちょびちょだぜー」
「ああ・・・・いや・・・こんなときに・・・」
「奥さんよー、素直になりな…旦那より、いい思いをさせてやるぜ」
そういうと、男達は、さらに激しくねちねちと妻の体をもてあそび始めた。そして・・・いつのまにか、男たちは下半身を剥き出しにして、妻の太ももや胸に押し付けている。
「あ、あ、あ・・・・だめ・・・いいー」
ついに妻は、歓喜の声を上げ始めた。そして…自分から、剥き出しになった男の逸物を探り当て…握り締めたのだった。そう言えば、このところ私たちのセックスは淡白でこんな激しいエッチはしていない。
妻ももしかしたら欲求不満で官能の火をつけられたのかも知れない。
「あああー・・・すごい・・・こんなに硬い…」
「ふふ…奥さん…ほらほら、もっと強く握っていいんだぜー」
男達は、妻の飢えた気持ちを察したようで、妻に両手に1本ずつその獣のペニスを押し付けた。妻は、もう押さえがきかない。なすがままに男達の逸物を握り締め…しこしことしごき始めた。
「うう…いいぜ、奥さんよー」
一人の男はそう言うと、妻の秘書に舌を這わせた。ぺろぺろ、ちろちろと小刻みに男の舌が妻の秘所を陵辱する…。
「ああっ!!・・・い・・・いいー!!」
せきを切ったように、妻の口から歓喜の声が漏れた。
「あ、あ、あ…、すごい!・・・ああああーー!」
「ふふ…奥さんよー、自分からこんなに足を広げて…、俺の硬い物がほしいんだなー」
「へへ…、ようし…」
そう言うと一人の男が…妻の太ももの間に割って入り…逸物を妻の秘書にあてがった。ああ・・妻が、犯される…
そして…ぐうううっと腰をしずめて…ついに妻は男に貫かれてしまった。
「ああああー・・・・、くる・…んん!!」
「おお!…入ってくぜー!!」
もうびちょびちょの妻の秘所はしっかりと男の物を奥まで咥えこんでしまった。もう一人の男は…妻の口の中に…汚い物をさしこんだ。
ああ…、ついに私の妻が…他の男に…。しかも二人に…。そう思ったとき、私は自分で自分の物を激しくしごいていた。
男のピストンは、激しかった。妻の秘書がこわれんばかりに突きたてた。妻は、もう一人の逸物を握りながら、舌で舐めまわしている。
ああ…こんなになって…、清楚な妻の姿はどこにもなかった。
1ぴきのメスと化した妻が、二人の男を二つの口でくわえ込んでいる。そして…口に入っていた男の逸物を吐き出すと、妻は
「あ!あ!・・いい・・・いいの!!・・・もっと・・・ああ・・もっとーー!」と言って、自分から腰を使い始めた。
「おお…奥さん、すげえ…すげえ腰使いだ…」
そして、さらに激しく突きたてると…
「あっ!あっ!…ダメ…イク…いっちゃう」
妻は絶頂を迎えた。
「うう…俺も…いくぜー…」
妻を突きたてていた男はさらに激しくつきまくり…、
「ああ・…出る!…出る!…うおおおーーー!!」
と、汚いザーメンを妻の奥ふかくに吐き出した。と、同時に…妻も
「あ、…イク…イクイクイク…いっくうううううう」
妻は男にしがみつき…いかされてしまった。
しばらく重なったまま動かなかったが、男が妻の体から離れると…男のザーメンが、どろーっと妻の秘所から流れ出た。
もう一人の男は、妻がいってしまうのを見届けると…妻の口を激しく犯し始めた。口の中でピストンし…、しごきぬくと…
「うっ!…・うっ!…イクッ!!」
とうめくと…妻の口の中に大量のザーメンを注ぎこんだ。
「はあ、はあ、はあ…奥さんよー!飲むんだ!!」
男はそういうと妻の口をしっかりと閉じさせた。するとやがて妻は、ごく、ごくと喉を鳴らして、男のザーメンを飲みこんでしまった。
そして…のみ残したザーメンを唇の端からつううーっとたらすのだった。
私は・・・、その様子を見て・・・、自分で爆発させていた。ザーメンがズボンの中でべとべとになるのを感じていた。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 近所の男,

夫は単身赴任中です。
いつも家にいることが多く外にはあまり出歩かないほうです。
家の中にずっといると、むらむらすることがあります。
たまに訪れるセールスや宅急便の男性を見て、
いやらしい想像をいつもしてました。
もし、この男性に抱きつかれたらどうしよう・・・
もし、この男に抱きついたらどうなるかしら・・・

妄想はついに行動となりました。
一ヶ月くらい前から来るようになった改装業者の男性でした。
何度も訪れて来て、一度、床下を点検させてくれないかというものでした。
なかなかハンサムな人で、何度か訪れるうちに、
とても彼のことが好きになってしまったのです。
彼のことを思い出しながらオナニーをしてました。
彼に強引に押し倒されて、犯される妄想です。

決意して4度目の時に点検をしてもらうことにしました。
その日、私はノーブラに薄手のシャツで出迎えました。
恥ずかしかったです。
部屋のテレビの上にもわざとバイブも置いておきました。

彼は玄関を入る時、私を見て少しはっとしたみたいでした。
居間へ上がって、まず説明を始めました。
サンプルの写真を見せたいのでテレビを貸してほしい言いました。
テレビの前に来た時、はっきりテレビの上のものを見たのです。
何か少し動揺した様子で説明を始めました。

彼が説明をしてる間、私は、胸元を開けて、彼の股間をじっと見つめました。
彼はそれにすぐにきずいた感じでした。
説明を続けてましたが、股間は明らかに大きく膨らんでいるのです。

その後床下へ入ることになりました。
床下収納がある台所へ行きました。
私に謝って作業着に着替え始めたのです。
なにか彼もこうなること予感していたようですね。

私が彼の下半身を見つめているのに、
覚悟を決めたようにスラックスをいきよいよく下ろしました。
下着はセクシーな黒ビキニでした。
その黒さが目にまぶしかったです。
私のほうを堂々と振り向きました。
すでに彼のものがビキニの上から飛び出ていました。

ああぁ・・・。
なんて立派なおちんちんなのでしょう。
充血した感じで赤黒くなり、
エラが張って、勇ましいおちんちんです。
目を閉じて私に向かって腰を突き出していました。
もう言葉は要りまさえん。
私はその巨大なものを咥えました。

おっきい!
口の中いっぱいになりました。
仕事中で汗をかいているせいか、
ちょっと臭かったけれど、
それが私を興奮させました。
口の中に唾液をいっぱい含ませ、
舌で絡めるようなフェラチオをしてあげました。

「ああぁぁ・・・奥さん・・・」

彼ったら、目を閉じてうっとりしているの。
かわいくて、もっといじめたくなっちゃった。
ちょぱちゅぱ舐めていたら、

「奥さん・・・イっちゃう・・・」

そう言って、私の口の中に、たっぷりのザーメンを放出したのです。
今度は私が奉仕してもらう番です。
テーブルの上に座り、足をM時に広げました。
股間に彼の顔が近づきます。
そして、いっぱいクンニしてもらったのです。

あまり上手ではなかったけれど、一生懸命が伝わるクンニングスでした。
だから、途中から、すごく感じちゃったのです。
おまんこに、いっぱい汁をこぼし、アクメを迎えたのです。

そのあと、立ったまま、バックで挿入されました。
ガツガツしたセックスでいたけれど、
それがかえって新鮮でした。
すごく気持ちよくて、昼間なのに、声を出して喘いじゃったのです。

彼はおまんこのなかに、中だししてしまいました。
私が崩れおちたすきに、帰って行ってしまいました。

その後、床下喚起扇をつけることにしましたが、
その工事には彼は来ませんでした。
それから彼は訪れません。
一度きりのお遊びでした。

関連タグ : 近所の男,

このまえのことです。
妙な展開で3Pセックスというのを初めて体験しちゃいました。
私と夫、そして夫の友人の三人でセックスしちゃったのです。


夫とその友人は30歳です。
夫の友人は、独身で彼女もいないそうです。
ですから、私たちの家に、よく遊びに来ます。
いっしょに夕食と食べたり、お酒を飲んだりするのです。

そんなある晩のことでした。
いつものように、お酒を飲みながら楽しくおしゃべりしてたのです。
会話はざっくばらんで、風俗に時々行く話も彼はするんです。
夫の友人が、

「最近、やってないな~。ひさしぶりに、ソープでもいきたいなぁ」

なんて言い出したの。
そうしたら、夫までこう言いだしたんです。

「そういえば、うちも、最近やってないよな?」

って。
そういえば、一か月くらいエッチしてないなと思いました。
みんな酔っていたんです。
だからエッチな会話が盛り上がったのだと思います。

「おまえ、こいつとやってみるか?」

夫が私にそう言いました。
悪ノリした私は、

「やりたい~。ねえ、いい? ねえ、いい? 私とでもいい?」

って夫の友人に迫っちゃったの。
すると夫の友人は、ちょっとためらいながらも、

「奥さんみたいな人となら、ぜひこちらからお願いしたいな」

なんて、うれしいこと言うんですよ。
それからの記憶は、実はかなりあいまいなんです。
だいぶ酔っていたから……。

気がつくと、座っている私の後ろから、夫が抱きしめてきていました。
そして、私のおっぱいを揉むんです。
大きめのDカップの乳房をわしづかみに揉むのです。
その激しさに、すごく感じちゃっている私……。

そのとき、夫の友人はというと、私のふとももを撫でているのです。
その触り方が、すごくエッチで気持ちがいいんです。
そのうち、舌を這わせてくるんです。
アソコがジュンと濡れていくのがわかりました。

「三人でやるぞ。いいな」

と耳元で夫が囁きました。
私は黙ってうなづきました。
すると、私は、二人がかりで脱がされました。
あっと言う間に、丸裸です。

そして男二人も脱ぎました。
おちんちんがそびえたっていました。
夫の友人のおちんちんのほうが、大きくて立派でした。
ですから、そちらから、パックンしちゃったのです。

「ああぁぁ、奥さん……たまりません……」

うっとりと眼を閉じて、ヨガる夫の友人。
そして、夫が私のおまんこに、おちんちんを入れてきたのです。
私の口の中には、夫の友人のおちんちん、
おまんこには夫のおちんちん。
上と下のお口に、おちんちんがはまったのです。

ああぁぁ、すごいわぁ!
すごく刺激的なんです。
上から下から、ズンズンズンって……。
先に射精したのは、夫の友人でした。
私のお口の中に、どぴゅっといっぱいだしたのです。
そして夫も、私のおまんこのなかに、どっぷりと出しました。

そのあと、夫の友人が、正常位で入れてきました。
大きいおちんちんに突かれて、

「ああぁん、すごい、すごぉ~い!!」

って喘ぎながら、シーツをぎゅっと掴むほど、感じちゃったのです。
その様子を夫は楽しそうに、見つめていました。
それがちょっと恥ずかしかったです。
でも、見られているという不思議感じが、余計に性感を高めました。

それからというもの、私たち3人は3Pばかりしています。
もし夫の友人が結婚したら、4Pしようねと、
いまからそんな約束をしています。

関連タグ : 近所の男, 妻のHな願望,

結婚して2年です。
しばらく専業主婦をしてたのですが、友達の紹介でどうしてもと言われて、
喫茶店でバイトを始めました。
厨房担当の店長の他に、バイトが2人~3人いるお店です。
よく考えるとお店の男性は店長だけでした。
夫より長い時間を店長と過ごすこととなったのです。

店長は40歳、見た目はたくましい感じです。
やさしいし、ちょっと顔もいい感じで、好感を持っていました。

朝、開店前に店長と2人で掃除をします。
いつの頃か私をエッチな目で見ている店長に気がついてしまったのです。
お店の制服は濃紺で、膝が半分くらい出てしまうくらいの長さのスカートです。
上は白のシンプルなブラウスです。
ブラウスにブラが透けるのはわかっていました。
けれども、そんなに気にしてなかったのです。
ちょっと色つきのブラとかするとよく透けてるみたいでした。
店長が私の後ろにまわって見ているようなのです。

掃除で座り込む姿勢をすると必ず正面に来て、
スカートの中を覗こうとするのです。
いつもスカートなら膝より下の長さですから、
つい座り込む時にお尻を下げて座ってしまいます。
それが制服はいつもより短いので、そんな座り方をすると中が見えそうになるんです。
仕事中でも、店長はほとんど厨房の中なので正面から見られる事はそんなにないけど、
後ろから店長の視線を感じる事が多くなってました。

昨日は、閉店までの勤務でした。
もう1人いた女性が先に帰って店長と2人で後片付けをしてました。
厨房の片づけを早々と終えた店長は、お店のテーブルに座って何か書き物をしてました。私はその周りで片付けてました。
いつものように店長が私をチラチラ見てるのを知ってました。
私は店長に向かって座り込んで、ゴミを処理してました。
たぶんスカートの中が見えてたと思います。
店長の方を見なくてもこっちを見てるのを知ってました。

上下とも下着は黒で刺繍柄の部分的に透けてる大人っぽい感じでした。
私は自ら見せてる行動に変になってたと思います。
体がフワフワしてる感じになってきて、興奮してきてました。
そして突然に、後ろから抱き締められたのです。

「きゃっ!」
「驚かせてごめん、でも、ずっとまえから、こうしたかったんだ」
「ダメですよ、店長」
「ほら、僕のココがこんなになっちゃった・・・」

それはカチカチに硬くなったおちんちんでした。
ズボンの上からでも形がわかるくらいなのです。

「やめてください・・・奥さんに悪いです」

店長の奥さんは友達で、仕事を紹介されたのも奥さんです。

「大丈夫、それより我慢できなんだよ」
「ああぁぁ・・・そんなことされたら・・・」
「感じてくれたんだね。うれしいよ」

両方の乳首を指で挟んでコリコリされてました。
それだけで体がガクガクなってしまって、恥ずかしいくらい感じてました。

ブラを押し上げられてオッパイが丸見えになりました。
そして乳首に軽いキスをしてきました。
それだけでイキそうになるくらいでした。

立ったままの店長の前にひざまずいて、下半身のすべてを脱いで、
上を向いたおちんちんを目の前に見せられました。

「大きい」
「ほら、早くしなさい、我慢できないよ」

まだ閉じていた私の口に押し付けてきました。
ねじり込むように口に押し込まれ、熱く硬くなったおちんちんを含みました。
あんなに熱くて大きいのは初めてでした。

「今度は後ろを向いて」

ブニュブニュと音が鳴って、一気に奥まで入れられてしまいました。
体の真ん中に電気が走ったような感じになって、足の力が抜けてしまいました。
店長が私のお尻を持ち上げて、ズンズンと奥まで突いてきました。
おまんこの入口から中の周りを圧迫するような擦れがすごかったし、
子宮まで当たってるような感じがして、声も出ないくらいよかったんです。

いつも働いてるお店で、立ったままバックでされてるというシチュエーションが、
私の興奮度を盛り上げてくれてました。
最後はテクニシャンな店長が、私の敏感な乳首とクリトリスを両手で刺激してくれながら、後ろからズンズンと奥まで突いてくれてました。
私は声が大きくなってるのがわかって、自分で口を押さえながら感じてました。
店長は「まだまだ」と言いながら、私を3回もイカしたのです。

「もうイクぞ、口に」

40歳とは思えないくらいの大量の精液を私の口の中で放出してくれました。
その興奮で私はもう片方の手で私の乳首をつまんでいました。
熱い精液を口の中で感じて私もまたイキました。
そんな昨日の事をまだ体が忘れられません。

関連タグ : 近所の男,