FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

ごく普通の浮気話です。

来年のPTA役員の選考委員に選ばれた家内は、今夜8時から委員会が
あると言って出かけました。
なぜか下着を履き替えて、、、。

前回の委員会は先週の木曜日でした。
そのときは夜7時からで帰宅したのは11時前でした。
なんでも、委員会がもめにもめて遅くなったとの事。
家内は疲れたと言って風呂にも入らずベッドに潜り込んで眠ってしまいました。

翌日私が起きだすと、家内は既にシャワーを浴びに浴室に入っていました。
浴室から出てきた時にチラッと見えた家内の肉のたっぷり詰まったヒップ。
そのヒップの盛り上がった部分に見えるいくつかの薄赤い斑点、、、、、。
あれは?、、、、キスマーク???
まさか???

で、今日。
朝からなんとなく上機嫌の家内。
朝見た家内の下着姿。
ごく普通のこげ茶のパンティ。
そのパンティが、家内が出かけた後の脱衣籠に入っていた。
一日の汗やシミがついた汚れたパンティが。
なにか汚れたパンティではいけない理由でもあるのか?

やはり例の話は本当なのか?
例の話、、、、、。
前々回の委員会の後、みんなで食事に行った場所から家内と、同じ選考委員のK
(たしか家内より2歳年下で30歳)が二人ほぼ同時に居なくなったという
近所の奥さん方の話。

もうすぐ、、、11時、、、今回も話がもめて長引いているのだろうか、、、?
それとも、、、、、、、。

家内は昔からベッド以外の場所でセックスするのを好んだ。
カーセックスは茶飯事。
公衆便所、夜の公園、人気のないデパートの屋上、カラオケボックス、、、、等など。
とにかくその気になって人の目が無ければ、どこででもパンティを下ろしてお尻を突き出した。
先週の木曜日、遅く帰宅した家内からは他所でお風呂に入った様子はうかがえなかった。
ホテルでセックスするとは限らないのである。

今頃どこかの暗闇で、パンと張った家内のお尻の肉をKの手が這い回っているのだろうか、、、?
そのKの手がやがて家内の熱いマンコを弄りだすのだろうか、、、?
ツンと上を向いた乳首をKの舌が転がしているのだろうか、、、?
履き替えたきれいな、しかし既に愛液で汚れたパンティを脱がされ、洗ってない臭うマンコとアヌスを舐められているのだろうか、、、?
我慢できずに突き出した家内のお尻の方から、怒張したKの若くて硬いペニスが深々と埋め込まれているのだろうか、、、?
楚々とした素顔を崩さずに快感に耐え、だがしかし下半身は激しく前後しているのだろうか、、、?
まさかコンドームを使わずにそのままKの濃い精を膣の奥で受け止めているなどと
いう事はあるまいが、、、、、、、、。
いや、そういえばあと2~3日で生理のはず、、、とりあえずは安全日、、、、。

一人待っていると妄想は膨らむばかり、、、、、、、。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 近所の男, 自分の知らない妻,

私、54歳。妻、51歳。私の精子の数が足りないらしく子供には恵まれませんでした。
子供を産んでいない妻は線がくずれておらず、30代半ばくらいの身体つきです。
これまでに隠れて何度か浮気をしているのが分かりましたが、目をつぶっていました。
その妻が半年前に生理が上がりました。
この時を私は待っていました。
欲望であった目の前で複数の男に妻を抱かせることを実行することにしました。
勿論「生」「中だし」妻に了解を得て。
5年ほど前からハプニングバーに通っている私。
そこで、複数好きの3人の男に声をかけました。ある約束の元、実行してもらうことに。
A、25歳。B、31歳。C、35歳の3人。
土曜日の午後3時に私のマンションに来てもらいました。
期待と不安の妻には黒のキャミソール、ガーター、Tバック姿で出迎えさせました。
1時間ほど、酒を飲みリラックスをしてもらった後、妻を3人の輪の中に。
直ぐに着ているものの上から、身体全体にキスをされる妻。
身体を仰け反り、感じ始めました。全裸にされ、男達の唇、舌、指で身体中を。
そして女性自身を集中的に愛撫されるころには、喜びの声を絶え間なく出していました。
男達も着ているものを脱ぎ捨て、各々のイチモツを妻の前にさらけ出しました。
口、両手を使わせ大きく硬くし準備が整いました。
ついに妻の中へ1人のイチモツが入って行きました。
喘ぎながらも妻は他の2人のイチモツは口と手から離すことはありませんでした。
その内に妊娠の心配がない妻へ尻をひきつかせて射精。
抜いたイチモツを口できれいにしてもらうと。
続いて2人目が。そして3人目。
一巡したところで、獣化した男達にローションを差し出しました。
1人がイチモツにたっぷり塗り付け、バックから妻の十分開発済みの浣腸できれいにしておいたアナルへ。
もう1人が妻の下に入りイチモツを女性自身へ。
上下に男達にはさまれた格好で、口にはもう1人のイチモツを。
妻の喘ぎ声が、悲鳴に変わった時、身体が小刻みに震えたかと思うと失神。
ほっぺたを叩き意識を取り戻させ続行。今度は悲鳴が唸り声に。
同時にアナルへ挿入の男が射精。続いて女性自身の男が。最後は口の奥深く入れた男が射精。
妻のアナルから、女性自身から、口からはヨダレ交じりの精液があふれてきました。
2時間ほどの行為で汗だくの男達にシャワーを進め入ってもらいました。男達が出てきた後、妻にもシャワーに入るよう言いました。
身体をふらつかせながら向かいました。
その間、男達と「あなた達の欲望に応えたのだから、約束通り、あなた達の女を抱かせてもらうよ。今日は金玉の精子が空になるまで出していってよ!」皆、大きくうなずきました。
シャワーからタオルを巻いて戻ってきた妻。
「まだまだこれからだよ」言うと「もう、私は十分なので」断る妻に「ダメだ!皆さんはまだ満足していない」その言葉を合図に獣達にタオルを取られました。
餌食になった妻は、それから3時間、2つの穴と口を使い欲望に応えました。
失神する度に顔を叩かれ。休むことを許されず、思い思いの体位で、好きな場所に射精され。
その度に悲鳴が唸り声になりました。
男達が帰ったのは午前1時を過ぎていました。
「約束は守りますから、日時は連絡しますよ」言葉を残して。
居間は、汗と独特の精液の匂いが漂っていました。そこには意識が飛び、身動きしない妻。口からは精液交じりのヨダレ。アナル、女性自身からも。
私には男達の女達一人一人を抱ける楽しみが待っています。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ, 近所の男,

俺26歳、プラスチック製のIT部品を製作している従業員20名程の会社に勤め、パートの女性4人と組んで製品検査を担当している。
社長の訓示は一つ、心を合わせて目標に向かって進め、仕事は楽しくやれ!!
これが安全作業の極意らしい。そんなことで3か月に一度、作業奨励金名目で担当ごとに居酒屋チェーンで飲める程度のお金が支給され、親睦飲み会を開いている。
俺の組は、開催日は休日の前夜、幹事は俺も入れた5人が持ち回りでする、店や料理は幹事の一存で決めることに話し合いの結果決めた。
今回は仁美さんが幹事で開催した、俺の組のパートの女性は平均34歳位、全員子持ち、仁美さんも小5の子持ちで俺と同じ町の2DKのマンションに住んで居てローンの返済金をパートで稼ぐんだって、子供は学校が終わると近くに住む、仁美さんの両親の家で過ごすことになっているから安心だって言っていた。
仁美さんの音頭で乾杯して始まった飲み会、おばちゃん? いや、お姉さん4人が飲むと賑やかだ、安売りの情報、子供の話、亭主への不満、お互いにお化粧が上手だとか、着ている洋服のセンスが良いとか、どんどんテンションが上がり、俺一人落ち込んで行く、何時もの事で誰も気にしない。
二次会のカラオケは割り勘が決まりだけど今回は3人の都合悪いとかで、一次会が終わると仁美さんを残して他の3人は急いで帰って行った。
会計を済ませた仁美さんから「何時も男性一人で寂しそうで可哀想、だけど主任さんだからしょうがないわね」と慰められた。
俺もお返しに「今日はご苦労さん、幹事じゃあまり飲めなかっただろ。もう一軒俺が奢るから行こうか」と誘ってみた「良いけど、もうお料理は要らないし、酔うと電車も億劫だし、主任さんの家なら近いしお金も掛らないからコンビニで飲み物とつまみを買って飲まない」大胆なことを提案して来た。
「俺は構わないけど、男だから酔うと怖いぞ、仁美さんのこと、食べちゃうぞ」冗談っぽく言ったけど本心でもある。
仁美さん、にやにやしなから「あら平気よ、真面目な主任さんが、する分けないでしょ」怪しい眼つきにも見えるけど生憎、俺には良く解らない。
駅を降りて近くのコンビニで必要な品を揃え仁美さんと俺のアパートへ帰った、
6畳に風呂と小さな台所だけのアパートが俺の城だ。
「あら、きれいね 万年床かと思ってどきどきしていたけど、やっぱり主任さん真面目なんだ」人妻らしい度胸のあること言っている「布団の敷いてある部屋に招待する分けがないだろ、布団は必要になったら敷くの」俺も気安く言ってみたら仁美さん意識したのか大人しくなっちゃった。
缶ビールに簡単なつまみで飲みはしめ、話は自然にパートさんの仲間の噂話になり俺の知らないことばかりで驚いた。
結構みなさん浮気したり、機会があればしようと思っているらしい。
と言うことは、仁美さんもそうなのか、エチケットとして誘ってみるか。
歯の浮くような言葉は苦手だし、思い切って「俺、仁美さんと一度寝てみたい 無理な話だな」無理は余計な言葉だけど、明日からの仕事に影響が出たらやばいから気を付けた。
仁美さん、缶ビールをぐいっと飲んで「こんなおばちゃん誘ってどうするの、もっと若くて綺麗な人が大勢いるのに」断られたような納得されたような返事が返ってきた。
「そうかな、俺は仁美さん魅力のある人だと思うけどな」これ本音。
「そうお、うちの主人何か、まったく認めて居ないようよ、私もだけど、夫婦も10年も過ぎると新鮮味が無いかしら、惰性なのね、魅力とか、興味じゃなく、体が求めるからお互いに応じるって関係なのね、だから魅力がある何て言葉を聞くと、どきどきしちゃう」中年女性の赤裸々な告白に結婚の経験の無い俺としては返事の仕様が無いし、しんみりだ。
缶ビールをぐいぐい飲んで
「それでもその都度二人とも満足できれば良いじゃない」と言ったら「そりゃそうよ、それも駄目ならセックスレスよ、そんな夫婦が多いのよ」そう言えばマンネリから不倫、浮気になった人の話、雑誌や投稿記事によく出ているなと思った。
仁美さんとビール飲みながら下ネタの話をして、抱くきっかけを作ろうとして居るのに、口説ける雰囲気じゃなく夫婦の悩みを相談されているみたいな気になってきた。
そんな俺のやばい気持ちをストレートに伝えたら仁美さん「うふっふ」って笑って頭を俺の方へ寄せて来た。
年上だけど可愛い人だと思い体に手を回し優しく抱き寄せて、ほっぺをくっ付けて「いいの」って聞いたら「馬鹿ね、そんなこと確認しないで」だって。
俺も、間が抜けたこと言ったなと思い後は強引に攻めた。
キッスをしながら胸に手を入れ乳房から乳首の辺りを執拗に撫ぜたり握ったりした
。仁美さん敏感に反応し声を荒げ胸が大きく上下してる、首筋から耳の辺りを舐め息を吹きかけるように「感度が良いね、お○んこびしょびしょじゃないの」って囁いたら「あっはぁ いっやー へんなこと言わないで」喘ぎが大きくなり両足を捩り、しがみ付いて来た。
ブラウスの釦を外しブラも取り、乳首を舐めたり噛んだり、片手は忙しく下の方を撫ぜようとしたら「ねぇ お布団敷いて」仁美さんに言われ用意をした。
裸になって二人で横になりキッスをして乳房を撫ぜて「俺、嬉しいよ」って言ったら「赤ちゃんが出来たら困るから、スキン付けるか、必ず外で出して」って約束させられた。
乳首を甘噛みしながら、お○んこに掌を這わせたら予想通り大洪水、お尻の方までびしょびしょ。
お核を摘まみすりすりしたら、俺のぽこちんを握り「あっあーぁっあっあ そこだっめー よっわいのっ」両足を広げたり閉じたり忙しい
。俺は、体を仁美さんの両足の間に入れ、仁美さんの両足を高々と折り曲げでんぐり返しの格好にして、お○んこからお尻の穴までべろべろ舐めた「いっやーあっああー やめてー はぁーあっあっうっー」腰を持ち上げたり、突き出したりして盛大に喘いで居たが、声が止みぐったりした。
俺、焦って仁美さんの隣に添い寝して腕枕をした。少しして眼を開け第一声が
「うん 意地悪ぅ」だった。
「何だよ あんなに善がったくせに、意地悪はないだろ」 
「恥ずかしい お尻なんか舐めさせたこと無いのよ」
「んで、どうだった」
「知りません」
「仁美さんのお○んこきれいだね、お尻もきれいだよ」
、仁美さん俺の胸に顔を寄せ、ぽこちんを握って「そう言うことは報告しないの」恥じらいが可愛い。
お乳を揉んで、お核を擦って「それじゃあ入れるぞ」仁美さんの上に重なり声を掛けたら
「あのねぇ、仕事じゃないんだから、黙って行動してぇ」
「いいじゃないか、指差呼称のように、仁美さんのお○んこ 準備よし」
 「ばかばか」 広げた両足ばたばたさせて腕を抓られた。開いた陰唇を、ぽこチンで上下に擦り擦りする。
「あん それきもちいい あんあん」「入れるぞ」「きてきて」入口がひくひくしてる ゆっくり挿入する。
「うっうーきもっもちいっいー ねっねぇ そのまま動かないでぇ」ぽこちんの先っぽに何かが当たってる。
動くなって言ったって、動きたい。
でも待てよ 仁美さん自分で小刻みに腰を動かし、喘いでいる 「あっぁーきもちいっいー あっはー
うっうー いっひー 逝く逝く逝く」果てたようだ。ぽこちんが締め付けられる。「私だけ、お先に逝ってごめん」お腹がびくびく痙攣している。
落ち着いたようなので、大きく動く、ぎりぎりまで抜いて、ずうんと突く
「あっうー あっうあっあっあ またよ またよ もうもう来て来て 一緒によ、一緒に来て」
泣いてるような声で言われると こっちも マグマが上昇してきた ラストスパートを掛けて 仁美さんのお腹にたっぷり ぶちまけた。
10時もとっくに過ぎているので仁美さん急いで帰りの支度をして
「今日は有難う、こんなおばちゃんで良かったの」
「何、言ってんの、仁美さん最高だよ」
またね、って言いたかったけど家庭のある人だから、無理なことは言わずに自然まかせることにした。
お互い近所に住んでる以上、子供のお母さんに見られたら、仁美さんも困るだろうと思い我慢して送らないことにした。

関連タグ : 近所の男,

夫に内緒で出会い系とかしてるんです。
不倫や援交が目的じゃありません。
普通のセックスじゃイケないのです。
私の変な趣味に付き合ってくれる人を探してるんです。

すっごく変態っぽいセックスじゃないとイケないのです。
どんな風に変態っぽいかというと、
「痛み」がないとイケない変態マゾ女なんです。

いつの頃からかわからないけど、
付き合っていた人の何人かの人が、すごく暴力を振るう人で、
セックスの時もすごく乱暴だったんです。

お尻を平手打ちしながらの後背位はすごく刺激的でした。
お尻が真っ赤になるほど叩かれたのです。
その度に、あぁん、あぁんと、喘いでいました。

フェラチオは髪を掴まれて、無理やりに首を振らされました。
そして腰を思いきり振るので、口の中で勃起したチンコが、
暴れまわり、嗚咽を吐くほどでした。
けれども、その苦しさが快感なのです。
[夫とできないことをする相手を出会い系で求める妻]の続きを読む

関連タグ : 近所の男, 妻のHな願望,

私はルミ 51歳の専業主婦です。
身長158Cm B85(D)W57 H86 普通体型だと思っております。

顔は元タカラジェンヌの一路真輝に似ていると言われております。

同い年の主人と、29歳の時に見合い結婚して22年間の結婚生活で、大学2回生の1人息子と北大阪で3人暮らしをしております。

主人は私の事を貞淑な妻で、息子の良き母だと思っております。

でも・・・それはぜんぜん違ってるんです。

私はスケベで淫乱な変態女なんです。

私の初体験は17歳 高校生のとき、3歳年上の大学生でした。
2人目の男性は18歳のとき、まだ初体験の彼氏とお付き合いしているときに、
憧れていた男性と経験してしまったのです。
つまり・・・浮気です。
彼氏との関係も1年が経ち、マンネリしてきてたというのもあったんですが、彼氏の身勝手なSEXにも疑問を持ち出してたのも事実です。

前から知っていて、私が密かに憧れを抱いていた7歳年上(当時25歳)のTさんでした。
Tさんに、本当のSEXを教えられてしまったんです。
そして、Tさんに調教され、現在まで33年間SEXだけのお付き合いをしてるんです。
主人との結婚生活より長いんです。

主人は仕事人間で、お酒は付き合い程度、休日にたまにパチンコに行くくらいで
風俗など行く事はありません。

主人のペニスは仮性包茎で、早漏で、大きさも小さい方です。
SEXもキスをして、オッパイを触って、吸って、アソコを触って挿入。
そして2~3分で終了という味気ないものです。
SEXは新婚当時から、週1~2回で年を取るにつれ、週1回になっていきました。

1度だけ、主人は、私の過去の男性経験を聞いてきた事があり「お付き合いした
男性は貴方で3人目」だと答えたので、主人はそう信じています。

実は現在までの体験数は316人なんです。

Tさんに複数プレイや貸し出しプレイなど、見ず知らずの男性とのSEXを教え込まれたのです。
その結果が、これだけの体験数になってしまったのです。
そして、これも現在進行形なのです。

専業主婦だと言いましたが、たまに、パートに出たりはしてるんです。
お金を稼ぐのが目的ではなく、男性探しが目的なんです。
最初はTさんの命令で男漁りのためにパートに行ってたんですが、今では私の方から積極的になってしまって、体験数がこんなに増えてしまったんです。

私がTさんに魅せられたのは、SEXテクニックだけではなく、そのペニスにも夢中になってしまったのでした。
Tさんのペニスは長さ22Cm 太さも5~6Cmはあり、エラが張ったカリ太で、色も赤紫というか、黒いというか、体験数が1人の女子高生でも、そのペニスの長さ、太さ、色はすごいと解りました。

Tさんのペニス欲しさに、言われるままに、カップル喫茶やハプニングバーなどに出かけたり、野外プレイや露出プレイで、見られる事に快感を覚えてしまったり、ハメ撮り・顔射・アナル・放尿・フィスト・・・etc、いろいろしてきました。

あとは言葉のプレイでも興奮します。
淫語を言ったり、言わされたりするのが感じるとは思ってもいませんでした。
特に大阪弁での言葉プレイは異常に興奮しました。
関西出身なので、関東の4文字 オマンコより、関西の3文字 オメコが特にいやらしく聞こえ、感じてしまいました。
男性と違って、女性は特に淫語を発する機会がないのも、余計に興奮を引き立てました。

それはTさんとの最初のSEXでのことでした。
時間をかけ、たっぷりフェラチオをさせられて、いざ挿入という時でした。
それをワレメに擦りつけられ、焦らされて挿入してくれなかった時でした。

T「欲しいの?」

私「うん!」

T「なにが欲しいの?」

私「オチンチン・・・」

T「オチンチン???俺のはそんな可愛いモノか~?」

私「ええ~っ!オチンチンと違うのぉ?」

T「俺のはオチンチンと違う!・・・チンポやっ!」

私はその言葉を聞いて熱くなりました。

私「チ・ン・ポ!」

T「そうやっ!・・・チンポやっ!・・・俺のはどんなチンポやっ?」

私「お・・大きい・・・チンポ!」

T「大きいチンポ???・・・太さは?」

私「太いチンポ!」

T「太いだけか?」

私「長い!」

T「太くて・・・長くて・・・硬い・・・でっかいチンポやろう?」

私「ああぁぁん!・・・そう・・・」

T「じゃあ・・・言うてっ!」

私「太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポ!」

T「それをどうして欲しいの?」

私「入れて欲しいっ!」

T「最初からちゃんと言うてっ?」

私「太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポを入れてください!」

T「どこに?」

私「えっ?・・・アソコ!」

T「アソコってどこやっ?」

私「ええ~っ!アソコやん!」

T「アソコじゃ・・・判らんっ!」

私「ええ~~っ!・・・オ・・オマンコ!・・・オマンコ!」

T「オマンコ???・・・そんな言い方やったら・・・興奮せん!・・・大阪弁
  で言うてっ!」

私「ええ~~っ!・・・恥ずかしいやん!・・・」

T「恥ずかしくても言うてぇ~!・・・言うたら興奮するからぁ!・・・知って
  るやろう???」

私「イヤ~~ん!・・・知ってるけどぉ・・・」

T「じゃあ・・言うてぇ~?」

私「オ・・オ・メ・コ???」

T「ちゃんと続けて言うてぇ~?」

私「オメコ!」

顔から火が出るほど恥ずかしかったんです。
それでも・・・その3文字を口にして・・・異常に昂ぶりを覚えたのでした。

T「そうやっ!・・・言えるやんかぁ~!」

私「ああん!・・・でもぉ・・恥ずかしい!」

T「最初からぁ・・・ちゃんと言うてぇ?・・・どこになにが欲しいのかぁ?」

私「はぁぁ~~ん!・・・太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポを
  オメコに入れてください!」

私がそう言ったとたん、グゥ~ンと押し入ってきました。

ギャア~!・・・グオ~ゥ!・・・

私は獣のような声を発してしまいました。

エラが膣壁を擦って入ってきます。
子宮の奥まで進入しています。
奥の感じるところに当たるんです。
内臓が口から出ちゃうような感じです。
腰を引くとカリが膣壁を擦ります。

{すご~い!・・・こんなの初めてっ!・・・}
{これが大人のSEXなんやっ!}
{彼氏のなんかぁ・・・問題にならへんわぁ~!}

そんなことを思って悶えてたんです。
Tさんはゆっくり腰を振っています。

T「気持ちいいかぁ?」

私「ああん!ああん!あん!あん!あん!・・・いい~~!気持ちいい~~!」

T「どこが気持ちいいの???」

私「ああぁぁん!・・・オメコが・・・オメコが気持ちいいのぉ~!」

T「オメコに何が入ってるのぉ???」

私「はぁぁん!・・・オメコにチンポが入ってるのぉ!」

T「そうやぁ!・・・それでいい!・・・もっとスケベになれっ!」

私「ああぁぁ~~!・・・オメコが気持ちいいのぉ~!・・・でっかいチンポが
  入って気持ちいい~~!・・・あああぁぁぁ~~~!」

T「今・・・なにシテるのぉ???」

私「うう~~ん!・・・あああ~~~!・・・セ・・セックス!」

T「違うっ!・・・それも大阪弁で言うんやっ???」

私「ええ~~っ!・・・解らへん!・・・」

T「大阪弁ではセックスしてることを・・・オメコするっ!って言うねん??」

私「ああぁぁ~~!・・・オメコしてるのぉ~!」

T「そうやっ!・・・オメコしてるんやなぁ???」

私「そう!そう!・・・オメコしてるのぉ~!」

{うわぁ~・・・いやらし~い!・・・はしたない言葉言うてるわぁ!}
{でもぉ・・・感じるわぁ~!}
{子宮の奥から・・どんどん溢れてきてるわぁ!}

Tさんは嵌めながら体位を変えて腰を振っています。
正上位・横・騎上位・バック・・・そしてまた正上位。
私は何度も逝ってしまいました。

T「気持ちいいかぁ~???」

私「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~ん!・・・気持ちいい~~~~!」

T「俺も逝くぞっ!」

Tさんの腰の動きがいっそう早くなりました。

T「ああ~~!逝くぅ~!・・・出るぅ~!」

そう言った瞬間!

引き抜いて・・・私の顔の前に持ってきました。

T「口開けてぇ~!」

ビュッ!ビュッ!・・・ドピュ!ドピュ!

私の口や顔に精液がかかっています。
放出が終わって・・・そのまま、咥えさせられました。
口の中に発射された精液を飲み込みながらのフェラで、初めて男性の精液もごっくんしてしまいました。

{ああ~~!飲んじゃったぁ~!・・・}
{でもぉ・・・美味しいっ!}

この顔面シャワーと口内射精も大好きになってしまいました。

私は仰向けに寝転んで、息を整えてるTさんに抱きつきにいってしまいました。

T「どうやっ???・・・よかったかぁ???」

私「うん!・・・メッチャ良かったぁ~!・・・気持ち良かったわぁ~!」

T「ルミちゃんも良かったでぇ~!・・・メッチャいやらしかったしぃ~!
  スケベやったわぁ~!・・・」

私「イヤん!スケベって言わんとってぇ~!でもぉ・・Tさん凄かったわぁ!」

T「そうかぁ???」

私は我慢出来なくなり言ってしまいました。

私「またぁ・・来てもいい???」

T「いいけどぉ・・また襲うでぇ~!」

私「うん!いいよぉ~!・・・付き合って欲しいっ!」

T「ええ~~っ!・・・なに言ってるのぉ???彼氏いるんやろう???俺も
  婚約者がいるしなぁ~!・・・」

私「判ってるよぉ~!・・・だからぁ・・スルだけでいいからぁ!」

T「ええ~~っ!ホンマにそんなんでええのぉ???」

Tさんは私の提案にびっくりしたみたいでした。

T「俺は大歓迎やけどぉ・・・」

私「じゃあ・・・決まりっ!」

こうしてセックス・フレンドになってしまいました。
まさか、この関係が33年間も続くとは思ってもいませんでした。


私の秘密2へ

関連タグ : 近所の男, 妻のHな願望,