FC2ブログ

未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

妻と老人たち の続きです

2月の連休前の土曜日、妻は三たびKさん達に輪姦陵辱されに行きました

今回は高田氏の同行ではなく、K氏から直接お誘いがあったのですが妻は二つ返事でお誘いが来るのを待っていた様子でした。私が同行すると言うと「あなたがいると、気持ちが遠慮しちゃう、1人で行くわ」との事で、午後から出掛け一泊して明日のお昼に帰る予定で妻は出掛けて行きました

しばらくして妻からメールが入りました、
「今新幹線、私の下着入れにビデオがあるからそれ見て待っててね!」
との文です。

早速ビデオを見て見ると寝室で自撮りした妻のオナニー画像でした。
カメラは整理ダンスの位置あたりに置いて固定にし、身体全体が写るように撮っています。
私の為に撮ってくれたのでしょう。
『はじめま~す』
とピースをした妻はカメラに股関を広げ、指~ローター~電マ~バイブとオモチャを使い何度も果てます、私も画面の妻と一緒にオナニーです。
そしてあの超巨大ディルドウにローションを塗りズブリと挿入しました
「ンハァァァーー!」と艶めかしい声を上げ、出し入れをはじめた時でした、固定のはずのカメラが動いたのです!!
「えっ!?」
思わず声が出ました、カメラは誰かの手で手持ちになり妻に近づきます。「スケベだねぇ若奥さんは」
と話しかけた声は老人のようです、おそらく大家さんでしょう。
妻が淫靡な目つきでカメラを見ます、
「ンッフゥ~すっっごい大きいの~~」
カメラがオマ○コを撮ります、亀頭部はこぶし大の40cmはあるディルドウが突き刺さり妻の手でゆっくりと出し入れされています。
「う~ん、こりゃ凄い」
「ンフゥ~ッ!、久美のオマ○コ凄い~?」
「子も生んでないのに大したもんじゃ、黒人でも相手できるぞぇ」
カメラが妻の顔にもどります。
「若いし綺麗な顔しとるのにのぅ、マ○コは太平洋じゃ」
「ンハァ~いいわぁ~!」「ホレ!奥さん」
大家さんのチ○ポが写り妻の口元へ近づき妻がくわえる。
「ハムッ!クチュッ!ジュブッジュブッ!」
「おぉ気持ちええ~」
大家さんのチ○ポは長さは普通ですが亀頭が異様に膨らんでいます。
ムチュムチュ!ンゴッ!ケチョッ!ケチョッ!
妻は自ら飲み込みイラマのようなフェラが続きます、「ンブッ、ンブッ、イグ!イグッゥー!!」妻の手が早く動いているのでしょう、カメラがブレ、妻が眉間にシワを刻みチ○ポをくわえたまま顔を歪めてイキます。
「おほぉええ顔じゃ」
「ンフッンフッ!」
小刻みに震える妻の口からチ○ポが離れ、カメラがオマ○コを写します。大家さんの手がディルドゥの端を釘を打つようにパンパンと叩きます、
「アッ!だめっ!」
「ホレ!ホレ!まだ入るぞぃ!」
今度は掴んでこねくり回し、グイグイ押し込みはじめます、
「キャー!だめよー!アッ!ヒッ!ヒィッ!」
と、突然画面が消えテープはそこで終わっていました。

途中からはシゴくのも忘れ見入っていた私は我に帰った感じでした。
大家さんが出てくるあたりまでもう一度巻き直し妻のイキ顔で抜き、そのままリビングで寝てしまい目を覚ました時は18時を回っていました。

携帯に着信はなく、妻はもう輪姦されているだろうな、と色々想像しながら作り置きの夕食と風呂を済ませ、もう一度ビデオを見ようとした時に携帯のメール音が鳴りました。着信は妻からです。メールには『今10人、一回り、大丈夫』とだけ打たれていました。
私も簡素な文を返し、なんとも言えない興奮と胸の締め付け感に再びビデオを見ながらシゴキ二度目の射精で気持ちを落ち着かせ、早々にベッドに入ります。

知らぬ間に寝てしまい、トイレに起きると深夜2時です。
携帯にメール着信が二度入っていました。一時間程前に続けて入っていて『15人、もうわからない』の後に『出入りしてる、新しい人また3人、トイレ状態』と打たれていました。
心配になり電話しようかと考えていると、察したかのようにK氏からメールが入りました。
『…奥さん頑張ってますよ、今回はスワップ仲間の方にも声を掛けて最高人数です…』
お礼と妻を宜しくお願いしますと返事を送り一安心しました。

翌日になり昼過ぎには帰るだろうと思っていましたが帰って来ません、夕方になり携帯が鳴りました、妻からです
「連絡が遅くなってごめんね、お昼過ぎまで寝てしまったのよ」
「そうなんだ、体は大丈夫?帰りは何時頃?」
「それがね…」
妻の話しでは、K氏のスワップ仲間のS氏に○県のサークルにメンバーを集めるから今夜来て欲しいと、誘われているとの事だった。
○県ならば二時間程であるし移動に無理はないでしょう。
「せっかくだから行こうと思うの、二泊になるけどごめんね」
「久美の体が大丈夫なら俺は大丈夫だから」
不安はありましたが、S氏と言う方も同行する上、妻なら大丈夫と言う変な思いができはじめていました。

夜には一度メールを入れるようにと伝え、深夜3時頃にメールが入りました。浅い眠りだったのか着信音で目覚め携帯を開くと「9人、もうグチャグチャ、6人は帰った」とありました。

昨夜からの人数を足すと27人にもなります、1人が二回したとしても54回、妻はもの凄い量の精子を受けた事でしょう…

妻は翌日の夕方帰宅しました。
荒淫で頬がコケ痩せた感じですが、
「ただいま、やってきたわよ30人と、もうへとへとのボロボロ、」
「お疲れ様」
「ありがとうあなた」
私は妻を抱きしめました。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

私の母の一番下の妹の叔母に頼まれて新しい女の子決まるまでの間、アルバイトをすることにしました。
小さなクラブ。週に3回。時間は7時~0時まで。ドレスもお店にあるのを使える。
近くに住む母からも、主人が夜勤の時は子供たちの面倒を見てくれるので手伝ってあげてと頼まれました。主人に相談すると。
「アルバイト代は自分の小遣いにしていいぞ!」《自分の小遣い》というのに惹かれました。1ヶ月アルバイトすると結構な金額になるのです。
でも結婚してからは外でお仕事をしたことがないし、まして夜のお仕事はしたことがなくて、お酒も弱いし不安と言うと《笑って男性のお話を聞いてあげて、お酒を注いであげればいいのよ》叔母から言われて決めました。

 2週間がたって大分慣れてきた時に、叔母のママの誕生日で常連の50歳の部長さんと呼ばれているお客さんのオゴリでシャンパンをご馳走になりました。口あたりが良くて少し飲み過ぎ。そして、アフターで部長さんがママと私にお寿司をご馳走してくれることになって、主人は夜勤でいないこともあって行くことにしました。
そこで調子に乗って日本酒を飲み意識が飛んでしまいました。
胸が苦しくて目が覚めビックリ。部長さんが私の上にいました。そして、私の中にはオチンチンが入れられていて汗を流しながら腰を動かしていました。
「何しているですか!ヤメテください!」身体をひねって離れようとしました。
「もう少しだから!」私の腰を押さえて、そのまま私の中に出したのです。押しのけて、お風呂ですぐにシャワーで流しました。
「ヒドイことをするのですね!」そう言ってお部屋を出て家に帰りました。午前5時。子供たちは寝ていていました。私はベッドで泣きました。

 その日は日曜日で10時ころに主人が家に帰ってきました。昨夜のことを知られないように、いつもと同じ振る舞いをしました。子供たちにもです。
主人が仮眠し、子供たちが遊びに出掛けたので、お店をヤメルことにして叔母に電話をしました。でも、もう少しだけ働いてと何度も頼まれて、アルバイト代も上げてくれると言うのです。それでも断っていると。
「あれから部長さんと何かあったの?」返事ができないでいると叔母に部長さんと関係したことを見抜かれました。
お寿司屋さんを出た後、部長さんがもう一軒行こうと言いだし、叔母は朝早くから用事があるので帰ったそうです。酔った私は大丈夫と答えて付いて行ったそうです。
このことは主人、母には内緒にしておくから、部長さんには私がお店に出ている日は出入り禁止にするから、そして、お酒は気をつけようねと説得されて続けることにしました。


 1ヶ月たった土曜日、40代半ばの素敵な紳士二人がお店に来ました。同じ会社の社長さんと常務さんで大学からの友人、話題も豊富、ジョークを入れたお話で私の方が楽しんでしまいました。
翌週の土曜日。新しい女の子が決まり、この日でお店を辞める日でした。11時過ぎに社長さんが、会合があって2次会まで付き合わされたと一人でお店に来ました。お店を辞めることをお話すると残念だ、せっかく良い女の子と会えたのにと言ってくれて、それが何かすごく嬉しくて。
「この後、1時間ぐらいワインバーでもう少し飲まない?」誘われて行くとオシャレなお店でした。
高級ワインをいただいき、チョットだけ笑わせてくれるジョーク、そのうえ素敵な女性などと褒めてくれてすっかり有頂天に。2時半にお店を出ました。
「酔ったね。少し休もうか」何を意味しているかわかって、頷いてから社長さんの腕をギュッと握って付いて行きました。
ホテルに入ると広く落ち着いた感じのお部屋。二人でお風呂に入り、社長さんの背中を流し終わると私の身体を洗ってくれました。
ベッドに入ってから社長さんはとても優しくて、感じてしまった私。恥ずかしいのですが、私の方から入れてとお願いをしてしまいました。避妊もしてくれて素晴らしい夜になりました。
家に帰るともう6時近くなっていていました。

 9時に帰ってきた主人と子供たちと一緒に朝食。すると主人が。
「ママ。何か良いことがあったの?ホッペタが緩みっぱなしだよ!」言われてビックリ。慌てて。
「昨日でお店辞めたの。アルバイト代結構入るので!ニヤニヤしてたのかな~?!」言い訳をするのに必死でした。


 それから10日後、社長さんからのメール。《週末、友人たちとパーティーがあるけどご一緒してくれませんか?》《私でイイのですか?ドレス持っていないし何か恥ずかしいナ!》返信すると。《勿論です!言い忘れましたが、カジュアルでOK!気軽なパーティーです》
時間は午後3時から4時間ぐらい、子供たちは夕食の準備をしていけば大丈夫。その日は主人も夜勤の日なのでお誘いを受けることにしました。

 当日、待ち合わせ場所に行くと、社長さんは先についていて手を軽く振ってくれました。
付いて行くと有名なシティホテルのスイートルーム。
お部屋の入り口で若い男性から《これを着けてください》アイマスクを渡されました。中に入ると2組のカップルがいてみんなアイマスクを着けていました。5分ほどするともう1組のカップルがきました。
さっきの若い男性が。
「皆さん集まりました。それでは乾杯しましょう!」誰もが知っている高級シャンパンを奥のバーカウンターでグラスに注いで全員に。テーブルの上には高級オードブルがイッパイ。シャンパンのおかわりは男性がわざわざ奥のバーカウンターまで行って注いでしてくれました。
30分が過ぎ。男性が。
「私はこれで失礼します。後は皆さんで楽しんでください。用意万端です!」お部屋から出て行きました。
その時から身体が熱く感じ始めました。お酒のせい?
1時間後、一人の女性が女性たちを隣のお部屋に呼び、用意してあったコスチュームに着替えるように言いました。
「エッ!これを着るの?」私が不思議そうに言うと。
「何を言っているのよ!当り前じゃない」渡されたコスチュームを見ると黒色でブラは布の部分があまりなく、パンティーは紐状で毛はもちろん、大事な部分を隠すことができないものでした。
このパーティーがどんなものかわかりました。
男性たちが待っているリビングにもどり。社長さんに。
「こんなの聞いていません!帰りたいのですけど」泣きそうな声で言いました。
「まぁ~。楽しんで行けよ!ホラッ。ここは正直だ!」熱くて濡れてしまった私の中に指を入れられて動かされると思わず声を出してしまいました。社長さんは指の動きを速めて。
「良い子だ。この人に可愛がってもらいなさい!」パンツだけのお腹が出ている男性が私腕をつかんで、ベッドのあるお部屋に。
「俺たちはバイアグラ飲んでいるし、お前たちには薬を飲ませたから。ハッ、ハッ、ハァ~!」笑いながら私の中にオチンチンを入れました。
「イヤァ~!ヤメテください」男性に避妊をお願いしました。でも、ニヤニヤ私を見下した顔で。
「ウゥ~ッ!」唸るような声を出すと私の中に出しました。涙を流してしまった私に男性が。
「早く、シャワーで流してこい!」お尻を叩かれてシャワールームに連れて行かれて、言われた通りにしました。バスタオルを巻いて戻ると。違う男性が。
「グズグズするな!何、気取っているんだ。タオルなんか巻いて!」そう言ってバスタオルを取られました。
「イっ、イッちゃうよー!あぁぁっ」女性の大きな声がして、隣のベッドを見ると女性が男性二人に挟まれていて大事なところとお尻にオチンチンを入れられていていました。
私は四つん這いにされ、しばらくその光景を見ていると。
「オォ~!」後ろから入れていた男性が当り前のように避妊しないで私の中に。
2時間で3人の男性から4度も中に出されてしまいました。

 頭の中が真っ白の私はベッドで横になっていました。社長さんが近づいてきたので。
「ヒド過ぎます!薬まで飲ませてこんなことするなんて。もう、帰らせて下さい」泣きつきました。
「ワカッタ!服を着ろ」冷たい口調で。泣きながら身支度をしてお部屋を出ようとすると。
「これで良いだろう!またな!」封筒をバッグの中に入れました。
うつむき加減でホテルを出てタクシーに乗り家に帰りました。
子供たちにママお酒に酔ったみたいだから、もう寝るねと言って寝室へ。社長さんから渡された封筒の中を見るとお店のアルバイト代と同じくらいのお金が入っていました。それと薬のシートと服用方法が。慌てて、そのうちの1錠を飲んでベッドに入りました。優しい紳士と思っていた社長さんに、お遊びの道具として使われたのが悔しくて眠れませんでした。

 翌朝。《ヒドイ方ですね。もうお会いしません》社長さんにメールしてアドレスから削除しました。
10時に主人が帰ってきました。食事の後。
「楽しかった?」パーティーのことを聞かれ、まぁまぁと返事しました。
「今日は大変だったよ!夜中にバイアグラ飲んで倒れた45歳の男と変な催淫剤飲まされて泡を吹いた30歳の女が運び込まれて。いい歳をして量を間違えると大変なことになるってわからないかな!」それを聞いてビクッと身体が引けた私を見て。
「どうした?」不思議そうな顔をして聞きました。
「エッ!何が?あなた疲れているでしょう。休んでください」はぐらかしました。
《もし、あの場所に夜中までいて救急車で主人の病院に運ばれでも》そう考えると恐ろしくなりました。

 私は夜のアルバイトでお小遣いを得るよりも、家で主婦しているのが合っていると思い知らされました。

関連タグ : 近所の男, 子供, 自分の知らない妻,

飲食店を経営しています。ここ数年客足が落ち込み資金難が続いていました。景気のいい頃は冗談で「もし金策に困ったらお前が借金の形になってくれるか?」なんて妻に話していたものです。妻も「好いわよ!借金の形って風俗で働かされるのかなー。私みたいなおばさんでも稼げるのかしら??」なんて言っていたものです。まさかそんな状況に追い込まれるなんて夢にも思っていませんでした。

今春税金が払いきれなくなり、このまま店をやっていても無理と判断して店舗を処分することにしました。地方といっても繁華街にあるので、「売れれば借金が返せるし、その後は田舎に帰れば・・・・」と簡単に考えていました。しかしこれだけ景気が悪いと不動産など売れる訳がなく、街金からの借金は雪だるま式に増えて行きました。返済が滞ると取り立ても厳しく居留守を使ってひっそり暮らすしかなくなりました。仕事をしていませんから収入は無く、当然のように雇用保険も受けれません。僅かな蓄えを切り崩すしかなくそれも底を着いてしまいました。

程なく取り立て屋にも感づかれてしまいました。「無い物はない!!」と開き直りましたが、彼等も商売ですから「ハイ、判りました」と言うわけはなく、結局「じゃあ奥さんに働いてもらおう。どうせアテが無いのだからこっちで職を見つけてやるよ」と言われました。

2~3日して「明日の夕方事務所に来てくれ」との電話が入り、気は進みませんでしたが妻と二人で街金の事務所に向かいました。結局妻はおば専の出張ヘルス嬢となり2ヶ月勤めました。しかし借金は一向に減らず「もっと金になる仕事にしなよ」と言われ今では地元の県会議員の処理係(情婦)をさせられています。

議員の接待があると秘書が迎えにきて朝まで帰ってきません。時々中央の陳情にも付いて行きます。あまり内容を聞くとかわいそうなので問い詰めたりしませんが、チラッと漏らすグチから想像すると接待では議員だけでなくお客さん(献金してくれる事業者など)の相手は当然のこと、秘書の求めにも応じなければならないらしいです。先月になって私も働き始めたので少しずつ借金も減ってきたのですが妻とはすれ違いになって来ました。

この所妻の服装が派手になって来ました。下着なども議員の好みか目を疑いたくなるようなモノばかりです。先日などは洗濯の際妻の下着を見るとあきらかに男の”もの”が大量に付着していました。我慢しきれず妻に聞くと「議員の所に行かされてすぐ妊娠させられてしまい、すぐに堕ろされ避妊リングを入れさせられた」と白状しました。また「議員さんの趣味で剃毛されラビアにピアスまで付けられた」そうです。もはや夫婦関係の無い私には見せませんでしたが、妻が受けた仕打ちは想像を絶する物があります。しかし泣き言一つ言わず返済に協力してくれる妻には感謝していますが・・・・。もしかして妻の女としての性が46歳になって目覚めてしまったのではないか?と心配もしています。


関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 調教された妻,

今年の秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に
那須の別荘に遊びに行った時のこと。

ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ
顔はホントに結構かわいいと思う。

夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8年くらい付
き合っていて一緒にいるのがすごく自然な2人だった。先輩たちとはよく
一緒に飲みにも行っていてすごくかわいがってもらっていた。
優も2人のことはすごく慕っていていつも楽しそうにしていた。

3時間くらい飲んでいると、先輩達が結構いい感じになってきてキスとか
をしだした。僕はびっくりして固まっていた。優も僕の隣で恥ずかしそう
に下を見ていた。
[t]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 妻と他人のエッチな雰囲気,

小6の男の子2人と妻
この夏休みの話だ。日射しが強烈な土曜の午後、
6年生になる息子の同級生3人が我が家に遊びに来た。
4人で市民プールへ行くから、車で送ってほしいという。
あいにく私は予約していた理髪店へ行くところで、
代わりに妻が送ることになった。
子供たちにすれば、送ってくれさえすれば誰でも構わない
…というかむしろ、美人で気さくな妻に送ってもらえると喜んでいたようだ。

「どうせなら、君も泳いできたら?」
出掛けるために着替えながら、何気なく妻に勧めてみた。
35度を超える猛暑が続いていたし、運転手ついでに水浴びしてきたら
…というつもりだった。
[]の続きを読む