FC2ブログ

他人の奥さん寝取り

ここでは、「他人の奥さん寝取り」 に関する記事を紹介しています。
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日、友人の妻等総勢5人が我が家に来た。
うちの妻が招待したそうだ。
たまには、女性だけで気晴らしだという事で、私は遠慮してパチンコに出掛けた。
2時間程うって、トータル1万円程度の儲けを得た。
帰り道、ケーキ屋さんがあったので、その金でお土産を買って帰った。

自宅に帰るとまだ友人妻たちは楽しそうにおしゃべりを続けていた。
もともと私の友人の妻として接する事も多く、私は気兼ねなく部屋に入っていった。
すると、うちの妻がいないので
「あれ、うちのは?」と聞くとさっき、実家から電話があって少し出てくるという事で出て行ったらしい。
「実家?何の用かな?」と私が言うと、友人妻Aが
「まぁ、もうすぐ帰ってくるだろうしいいじゃない。ここでおしゃべりしましょ!」
と言うので買ってきたケーキを振舞っておしゃべりに参加した。

さすがに、女性ばかりなせいか会話の中心は子供の事や夫との夫婦生活などの暴露話だった。
「うちのは、小さすぎて感じない!」だとか「この前、子供に見られた」など
まぁ、奥さん会の会話と言った感じだった。
と、流れからか友人妻たちは私達の夫婦生活などにも興味を持ち出した。
私も興奮してか私の性癖やプレーの内容などを話してしまった。
その中で、相互鑑賞オナニーについて話したとき、奥さん連中は興奮し出して詳しく聞き出そうとしてきた。
すると、奥さん連中の一人が見てみたいと言い出した。
わたしは、露出の癖が少しあるが、さすがにオナニーを見せるのには抵抗があった。

しばらく拒んでいると、私達も見せたらしてくれるか?と聞かれたので、
「それならいいよ」と答えた。
すると、何人かがアイコンタクトで合図し合い本当にオナニーし始めた。
奥さん同士でキスしたりしながら、こちらにイヤらしい視線で「早くぅ」と促してきた。

ここまでされては、引くにも引けなくなり私もオナニーを始めた。
まぁ、そんな空気では当然ながら何人かがチンポコを舐め出した。
初めてのそんな光景に興奮した私は奥さん連中に向かって発射してしまった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

9年前の5月も半ばの晴れた日のことだった。
『うわぁ~大きな船!見て、あれ豪華客船、なんていったっけ?』
『クイーンエリザベス号?』
『ああ、そうそう!すご~い』
展望台に備え付けの双眼鏡を覗きながら子供のようにはしゃぐ彼女は陽気で、少女のようなあどけなさを残して、その横顔がとっても愛くるしくて、かわいいとその時は思った。
1月も半ばの平日の晴れ渡る午前。綾子さんと生駒信貴山スカイラインまでドライブに来ていた日のこと、大阪湾から港神戸を見渡す眺めは最高だった。
『寒くない?』
『ううん、平気!』
そっと彼女の手を握ったけれど、嫌がるそぶりも見せない。
『車に戻ろうか』
『う、うん』
彼女は3ヶ月前にネットのメールサイトで知り合った42歳の主婦。音響部品メーカーを経営する夫との間に大学生と高校生の2人の娘がいる。上品で、教養を感じる彼女は小柄で色白、ショートヘアーを少し茶色に染め、薄化粧で、くりっとした目がチャーミング。一見したら30代前半に見えるくらい。
『きれいだよ』
『えっ、何が?』
『綾子さんのことだよ』
『うふっ、ありがとう。お上手ね。だれにでもそんなことおっしゃるの?』
『う・・まさか』
『あははは』

他愛もない会話が楽しかった。
「あたし..少し疲れたわ」
「じゃあ、何処かで休んで行きましょうか?」
「えっ・・・」
スカイラインの下り口のモーテルに車を入れ、そっと綾子さんの髪に触れ、首筋に指をまわし、うっとり目を閉じる彼女と唇を重ねた。 彼女の手を取って
「おいで」
黙ってうなずく彼女と、その中の一室へ。
シャワー室から全裸で出てきた綾子さんを抱きしめ、
「きれいだ」
「も~う。。。いきなり、ばか!」
2人はベッドの上で上になり、下になり、お互いを確かめ合うように、指と舌が相手の肌を這っていく。
綾子さんは僕の胸を丹念に舌で愛撫・・くすぐったい・・お腹から太ももへ・・アァ~感じる・・僕の顔をチラッと覗いたかと思うとペニスの根元を指先で支えながら口に含み上下させ始めた。
ハァハァ・・ウッ、ウゥ・・気持ちいい・・・アァ・・射精・・僕のペニスから溢れる男の白い粘液を口に含みながらその舌と唇で丹念に吸い取ってくれる彼女。その口元には僕の放出した精液があふれ出て・・怪しげな微笑を浮かべながら僕のほうをそっと見やり、ごくりと飲み込んでみせた。

今度は反転して綾子さんの耳朶からうなじ~胸の膨らみから太腿へと舌を這わせ、足を開かせて、股間に顔を埋め、茂みを掻き分けながら花びらをやさしく舌で愛撫し、クリトリスを刺激すると、
「あ・あぁ~~ん・・・もうだめ! いや・・アンッ!」
ビクンと下半身を痙攣させた彼女はベッドに深く身体を沈め、僕をうっとり見つめていた。舌で彼女をイカせた後、正状位で彼女に重なり、ドッキング! 綾子さんの声が枯れるまで僕のペニスを彼女の股間に突き上げる。。。
「アン・アン・アン・・・アァ~~ン! もうだめ・・いや!」
さらに彼女を2回イカせた後、僕も堪えきれず、 「うぅ・・あぁ・・・(射精)」
人妻を抱きしめたまま2回目のオルガに達し、イッちゃった僕。
ちょっぴり罪の意識とともに彼女とのヒミツを持ったことにキケンな幸福感を感じていた。
「コンドームは?」と彼女。
「まだ着けたまま」
「見せて」
おもむろに僕の股間を覗きこみ、ちゃんとゴムの中で射精したか、精液が漏れていないか念入りに確かめる彼女。
「さすが百戦錬磨のつわものやね、アハハ」とよけいなことを言ってしまって、「しまった・・」と後悔する僕。
にわかに綾子さんの顔が曇りだし、案の定
「私他にはこんなこと・・したことないから・・」と怖い顔つきになって僕をにらみつける彼女。
「ご、ごめん・・そんなつもりじゃ・・(汗)」

最近、近所に若い夫婦が引越してきました。
その妻の名はM美。
俺の留守中に旦那と挨拶に来たらしいい。
旦那は銀行マンで銀行名が入ったタオルを置いて、何かありましたら、○○銀行をと俺の妻に言って帰ったと聞きました。
刺激に飢えた若妻等が集まるコミュニティー。既婚者同士のお付き合いにオススメ! やられちゃう女の子たちをもっと見る?
銀行のタオルを持って来るあたりは、堅いのかケチなのか理解し難いが、妻の話だと「奥さん、可愛い人だったよ。でも胸が凄く大きくて何か頭弱そう」
妻は巨乳にコンプッレクスがあり(自分が貧乳だから)巨乳の女を見ると嫉妬心が湧くらしい。
俺は巨乳好き!見たかったなぁと思ったが、まぁ近所だし、そのうち見られると思っていました。

機会はやって来ました。
[隣の家の人妻]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

30年来の不倫、彼女が結婚前からの付き合いで、処女は僕が頂いた。
付き合いだしてから3年後位に結婚。
さすがに直後は遠ざかっていたが2年ぐらいすると会いたいとの連絡あり再会、セックスも再開。
それから延々と今まで続いている。
セックスは人並み以上に好きで実現はしなかったがSWや3Pもしたがっていた。
人に見られていても平気でセックスを続ける大胆さにはさすがにビックリ。
車でフェラの最中のこと、覗きがウロウロしているのに気づき止めるように言ったが口から離さず続行。
こちらが恥ずかしくなり強引に止めさせたこともある。
ラブホの窓を開けたままやったりもちろんハメ撮りなんかも大好きでいっぱい写真あり。
忘れられないのは9時から16時ぐらいの間に9回イッタこと。
僕は最後の9回目にとうとう我慢できなくイッテしまって10回目に至らず。
切のいい10回イキたかったとの弁には驚いたものです。
その彼女も58歳の現在はセックスにも飽きたようで会っても拒否するようになりました。

関連タグ : 寝取り,

「グループ会員なんですが、解約したいんです。手続きをお願いします。」
「そうですか・・・今までかけてこられたのに、もったいないですよ。もう少しかけられれば海外旅行などの100万円以上の料金80%割引特典なんかが受けられるんですけどね・・・」

僕が勤務するバス会社と取引のある旅行代理店やホテルが加入する共済会にはバス会社の従業員も半強制的に4口以上月々銀行口座からの引き落としで会費をかけさせられている。しかしこれは、全くと言っていいほどメリットがない。兼々やめたいと思っていた。入社5年の従業員から解約の権利があるので、この共済会の元締めである、大手旅行代理店Kツーリストのグループ顧客担当課に電話してみた。
電話口に出た中年の女性はお決まりの引き止め戦術であの手この手のなだめすかしの文句を並べてはこちらの気を変えようとしてくる。

「そうですか・・しかたないですね。では来月から口座引き落としされないようにそちらのほうの手続きを先にしますので銀行の取引印をご用意ください」
「分かりました。早急にお持ちします」
「いえ、こちらからお宅に伺います。確か○○さんはS市でお母さんと2人暮らしされておられますね?」
「えっ、ええ・・そうですが・・」
(何でも個人情報が管理されているんやな・・・)
「私、そちらのエリアの営業も担当しておりますので、明日もしよろしければお母様にご自宅に居て頂いて手続きを済ますことができますが、如何でしょうか?」
(また何か他のサービス商品でも売り込まれるんとちゃうやろか・・・)嫌な予感がした。
「私も明日はたまたま休みで自宅に居ますからいらしてください」
代理店はバス会社の得意先で言ってみれば向こうが強い立場にある。その代理店の社員がわざわざ出向いてくれるとは・・少し腑に落ちなかったがその時はあまり気にも留めなかった。

午前10時頃、飼っている犬のリキが吠え出したので2階の窓から表を覗くと白い軽自動車が止まっていて中から中年の女性が降りてくるのが見えた。母が出迎え、台所に通されて挨拶が交わされた。名刺には「Kツーリスト顧客管理課長 中島景子」とあった。
(課長さんかぁ・・・大手旅行代理店の課長さんともなれば部下も相当たくさんいてるんやろな・・・)
物腰の柔らかな、それでいててきぱきと仕事のできそうな、きりっと引き締まった精悍な顔立ちの女性だ。
(この人の部下になったら僕なんか怒鳴られっぱなしやろな・・・)
そのスーツの胸には社章が・・威厳のある見慣れた大手旅行代理店の紋章だ。

「では、こちらが○○様のほうの控えでございます。数日中に手続きを終えて来月からは引き落としされないように致します。これまで御ひいきに頂いてありがとうございました。またご縁がありましたらよろしくお願い致します」
大手旅行代理店の課長さんらしくてきぱきと事務をこなし、流暢な会話で相手を引き込んでゆく様はある面とっても魅力的だ。

「ところで隼人様はお母様とお2人で・・失礼ですが、奥様は・・・」
「いえね、この子は・・訳あってこっちに帰ってきていますの」
横から母が後を引き取ってくれる。
「ああ、そうでしたの!いいえ、お母様、今時バツイチは決して珍しいことではございませんわ。私の知り合いにもお客様にも沢山いらっしゃいますのよ。離婚して子どもを連れて実家でお母さんと暮らしている人って。私の部下にもバツイチの男性が何人かいますわ」
「そうですの・・・世の中変わりましたね・・・私の年代では考えられないことですけど」母は困惑気味に応える。
「何を隠そう・・・私も実はバツ付ですの」少し顔を赤らめて彼女が言う。
「えっ、じゃあ・・お子さんは?」と母
「3人です。全部私が引き取ってマンションを借りて4人で住んでいます。社会人になったばかりの息子の下に大学生の息子と娘です」
「大変ですねえ、でも大きな会社の課長さんやったら沢山給料ももらえるんやろね」 母らしく、遠慮なしにあけすけない質問をする。
「いいえ、そうでもないんですよ。働いている時間の割には・・・部下が帰社するまで会社にいないといけないし、深夜になることもありますわ」
「食事の支度とか、家事なんか手が回らないんとちゃいますのん?」と母
「娘がもう大きいからかなり助かっています。ほとんど娘に頼りっぱなしですわ」口元に手をやって朗らかに笑う彼女。
(なるほどな・・こんなしっかりした女性を乗りこなす男はなかなかイメージしにくいわ)

その夜、早速今日来た担当課長の女性からパソコンにメールが届いた。
(メールアドレスまで知らせていたっけ・・・会員登録情報なんやね、きっと)
ありきたりの営業文に加えて
「隼人様にもすてきなお嫁さんが見つかりますように」って、私生活まで心配してくれるんかあ?!?
そしてなぜかメールの末尾にKツーリストのアドレスに続いて携帯アドレスが記されていた。
(この人の携帯アドレスやろか・・・)
しかし別に気にも留めずにそちらのアドレスのほうに返信して
「今日はわざわざ来ていただいてありがとうございました。思いもよらない素敵な女性の訪問に感激しました」などとお世辞の文句も付け加えてみたが悪い気がしなかったみたいで
「ありがとうございます。お世辞でもうれしいですわ。これが何かのご縁になるといいですわね。隼人さんのお休みは?」

大学で経営学を専攻したという彼女の文面には豊かな教養と知性がにじみ出ていた。
こうしてプライベートなメールのやり取りが進む中で彼女のほうから
「いつかお時間が合えばお食事でもご一緒したいですわ」とお誘いの言葉があった。
(積極的な女性やな・・・さすがKツーリストの課長や・・・控えめではやってられないんやろな)

食事のデートというからホテルのレストランあたりを想像していたけれど、次のお休みに会う約束は、僕の近所のお寺の駐車場で待ち合わせてドライブということになった。

「私、家は隼人さんの隣街で、この辺は営業担当エリアなのでわりと詳しいの」とここまでバイクでやって来た彼女は真っ白の清楚な感じのブラウスにグレーのパンツ。
「山の中は涼しいでしょうから」と彼女を助手席に招いて信貴山に向けて走り出し、途中山中のロッジで昼食にした。
「喉が渇きましたね。なにか飲みますか?」と僕
「私、ビールをいただきます」とはっきり自分の注文したいものを言う彼女。
「じゃあ、瓶ビール2本に山菜そばを。景子さんは?」
「私は牡蠣フライに揚げだし豆腐、それとから揚げ。私も山菜そばをいただきますわ」と彼女
「はっきりしていますね」思わず吹き出してしまいそうになって、からかうように言う僕
「ええ、私いつでもだれにでもはっきりしています」ときりっとした顔がさらに引き締まる彼女。彼女にビールを注いで
「乾杯!これからもよろしく」と僕
「はい、いい出会いになりますように!」と彼女

「少し飲みすぎたかな」ロッジを出て車に戻り彼女の顔を覗き込む僕
「いいえ、平気ですわ」まったく顔に出ない彼女はさらに続けて
「隼人さんは少し休憩なさったほうがいいわよ。飲んですぐに運転はいけませんよ。お昼間に飲酒検問はないと思うけど」
座席のシートを倒して大きく伸びをする僕に合わせるように彼女もなぜかシートを倒して横になる。ロッジの駐車場は薄暗く、車は木陰に隠れていてそれに他に車も近くに止まっていない。お互い横になって見詰め合い、自然に唇を重ね合う2人。

「私、初めて隼人さんを見た時から・・・」と微かな彼女の声
僕の手は彼女の胸に・・
「ハァハァ・・アッ、アァ・・」彼女から色っぽい女の吐息が・・
さらに彼女の太ももから股間に手が伸びると
「だ、だめ・・こんなところで・・」僕の手を押さえて彼女が喘ぎながら言う。
僕は車を走らせて山道を抜け、市街地に出て国道沿いのラブホテルに入った。

「さっき車の中で何を言いかけたの?」と僕
ホテルの一室のドアを開け、彼女を引き入れてそっとその背中に手を回して抱き寄せてから尋ねた。
「えっ?あっ・・ああ、あの時? う~ん・・えっとね・・なんとなく予感していたの。こういう風になるような・・」すこし言いよどむ彼女
「するとこんな場所でこういう風になっていることを?」と畳み掛けるように尋ねる僕
「う、うん・・まあね。あのね、初めて隼人さんを見た時に『この人に抱かれたい』って思ったわ。でね、昨夜、明日隼人さんに会えるんだ、って思ったら一人で熱くなっちゃって、ベッドの上で・・・一人・・・しちゃった、うふっ」 こちらが赤くなるようなことを大胆に平気で言う彼女。次の言葉に困って
「今日は暑くて汗をかいたね。シャワーはどう?」と僕
「うん、入るわ」
彼女が浴室に入り、しばらくしてから僕も裸になって入ってゆく。それを予想していたかのように別に驚きもせず、浴槽の中で体を伸ばしてお湯につかり、にっこり微笑んで僕のほうを見やる彼女。
「入ってもいい?」大柄な彼女と狭い浴槽に入るとお湯が溢れ出した。再び唇を重ね合わせ、彼女の豊かな胸に顔をうずめる。その豊満な盛り上りには初めて自宅で会った時にも目が釘付けになってハッとしたほどだ。その乳房の谷間に顔をうずめる僕の頭を両腕で抱くようにさらに胸に押し付ける彼女。
(ぐっ・・苦しい・・)
浴槽から出ると彼女は、ボディーシャンプーを丁寧に僕の体に広げて洗ってくれる。そして、肩から背中、次に正面にかがんで胸から太もも、足の先まで。さらにペニスをそっとつまんで手に泡を乗せて優しく撫でるように洗ってくれたのだった。にわかに膨張を始める肉棒を眺めてウフッと笑いながら僕を見やる彼女

ベッドの上で全裸の2人は互いを求め合った。唇を重ね合い、舌を絡ませながら僕の指先はその豊かな乳房からお腹を経て太ももへ・・
「ハァ・・ハァ・・アッ、アァ~~ン」色っぽい中年女性の悦ぶ声が部屋に響いた。
さらに股間に指をしのばせ、すっかり愛液が滴る陰部を僕の指先が徘徊する。中指をその膣の中へ・・
「だめ・・いや・・アァ~ン」体をねじらせ腰を浮き上がらせて悦ぶ彼女。さらに人差し指でクリトリスを撫で回すと
「そこ・・いい・・もっと、やめないで・・」 涙を流して僕の頭を胸に抱き寄せてくる。
「ねえ、入れて!」 脚を開いて懇願するようにさらに僕を引き寄せる彼女。しかし部屋でも少し飲んだビールが回ってきたのか僕のペニスは肝心の時に元気がない。

おもむろに僕を仰向けに寝かせて大柄な彼女の体が僕の上に覆いかぶさり、その舌が僕の胸からお腹、太ももにかけて丁寧に愛撫していく。
僕のタマタマを手のひらに優しく握り、もう片方の手の指先で僕のペニスを持ち上げ、大きく口を開いて頬張り、舌先が付け根から亀頭にかけて上下すると快感の波が僕の下肢に広がってゆく。
「ハァ・・ハァ・・うっ、うぅ・・アァ~~」 今度は男のうめき声が部屋に響き渡った。
そして彼女の口の中で僕のペニスは脈打ち射精した。彼女は僕が放出した精液をごくりと飲み込むと耳元でそっとささやくように
「今日はビールを飲んでいたからココ、元気がなかったのよね・・・次、期待してるわ。また会ってくれるならね」
「ハァ・・・ハァ・・・もちろん、また会いたいよ」 昇天後の吐息を弾ませながら喘ぎ喘ぎ応える僕。

 それからしばらく僕も忙しくて、彼女にメールすることも忘れていたら、彼女のほうから、
「私のこと、どう思っているの?好き?」
その後僕の携帯には夜と言わず昼と言わず頻繁に景子さんからメールが届くようになった。
(これはかなり本気にさせちゃったかな・・・)
正直言ってその強引なまでの押しの強さや勝気な性格に少なからず引き気味になっていた僕だった。
メールの返信が少し遅れると電話をかけてきて追い討ちをかけるように
「もう私たち終わりなの?もう会ってくれないの? 私が年上だから?」
「景子さんとはお友達でいたいと思っています」 と答えるのが精一杯だった。
その夜はっきりとメールで返事することにした。
「景子さんはすてきで立派な女性だと思います。私とは不釣合いで・・・中略・・・縁がなかったと思ってください」
それに対して
「そう・・わかりました。短い間だったけれど、夢を見させてくれてありがとう」 と短いあっさりした答えが返ってきた。

あ~あ、またフッちゃった・・・何回目やろ?? 彼女、イイ女だったけどな・・やっぱり不釣合いやったな。これでよかったんや、たぶん。落ち込むような人じゃない。今頃は、また部下の若い男性に檄を飛ばしながら取引先で男を漁っているかもしれないな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。