FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

当時私が38才 妻が35才の超淫乱夫婦で とにかくセックスが大好きでいつもどんなセックスをしょうかと妻と二人で計画立てるような凄まじいセックス三昧の明け暮れでした。
後年 夫婦でスワップ、乱交パーティーはもとより夜の公園、映画館等あらゆる所に二人で出かけては男を誘って妻を犯させるようになった。
男の太くて長いチンポが妻の膣に出入りして 妻が喜悦の声を上げるのを側で見ると堪らなく興奮して我を忘れるほどの被虐の快感を得られたからです。
何人もの男から犯され息絶え絶えで喘いでいる妻を最後に私が抱くんですが、精液まみれのベトベトしている膣にチンポを挿入すると 夥しい量の精液がベットリとチンポにまとわりつきグチャグチャ音を立てて出し入りするチンポが白く濁って潤滑油のように滑り、気持ちよさで瞬く間に上り詰め射精するのが本当に楽しく又病みつきとなったものです。

この話は当時セックス用に借りていた市営アパートで毎週末私達夫婦と4人の男と輪姦プレーをした実話です。
[乱交セックスをする場所]の続きを読む
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃,

100年に一度の大不況だそうですね。
派遣社員が解雇されたり、世間は大変そうですが、
もちろん私の家もピンチです。
だからパートに出ることにしたんです。

住んでいるのは小さな田舎町。
なかなか仕事場が見付からなかったのですが、
隣町のスーパーでパートの募集をしていました。
車で30分くらいなので通勤には苦にならない距離です。
早速、電話をして面接の日取りを決めました。

お店に行くと50歳くらいのダンディーな店長が小さな事務所に案内してくれ、
そこで面接が始まりました。
最初のうちはパートを始めたい理由やパート経験、
働ける時間帯などを聞かれていたのですが、
次第に3サイズはいくつかとか、
旦那とは週に何回しているのかとか、
いやらしい感じの質問になっていきました。

店長のセクハラを不愉快に感じていましたが、
働けるところって、そんなにないから、なんとしてもここで決めたかったのです。
落とされたくない一心で、その恥ずかしい質問に素直に答えていきました。
それがいけなかったのか、店長の質問はどんどんエッチになっていきます。

初体験はいつだったの?
オナニーにはどんな道具を使っているの?
性感帯はどこかな?
経験人数は何人でしょう?
複数プレイの経験はありますか?
アブノーマルプレイは好きですか?

他にもいろいろ聞かれましたが、全部を思い出すことはできません。
店長のいやらしい質問を答えているうちに、
私もだんだん変な気分になってきてアソコが熱くなってくるのを感じました。
こんな「女」を感じたのは久しぶりです。

そんな私に気付いたのか、店長はドアの鍵を閉めると私の背後に周り、

「悪いようにしないからね」

と、胸を揉んできたんです。

抵抗したのですが、感じるポイントを的確に攻めてくるので、
あっという間に力が入らなくなってしまいました。
性感帯や感じる方法を素直に答えていたため、
私の弱いポイントをすべて知り尽くした店長にはかないません。
抵抗できないまま店長に服を脱がされ、
あっという間にショーツだけの姿にされてしまいました。

「もうビショビショじゃないか」

敏感な部分を指で突付きながら言うんです。
夫に悪いと思いながらもガマンできなくなった私は、
床にひざまずいてと店長のズボンを下ろしたのです。
そしてカチカチになったおちんちんを頬張りました。
店長のおちんちんは夫とは比べものにならないくらい太くて、
カリが張っていて、怖いくらい固くなっていました。
私はうっとりしながら舐めまくりました。

「奥さん、そろそろ…」

そう言うと私をソファに押し倒してバックから激しく突き立ててきました。
あの怖いくらいのおちんちんが、私の中に突き進みます。
久しぶりの「女」に形振り構わず喘ぎまくりました。
そういえば、夫としたのは、いつだったろう?
忙しい夫に気兼ねして、おねだりしてなかったことを思い出しました。

久しぶりにおちんちんを咥えこんだおまんこは、
歓喜の汁を溢れさせ、ぎゅっと締めつけたのです。

「すごいよ、奥さん・・・いつも、こうなの?」
「いや・・・そんな言い方・・・もっと、・・・突いて・・・ください・・・」
「困った奥さんだ・・・」

さらに激しく突かれたのです。
脳天まで響く快楽が襲ってきました。
店長も興奮して次々に体位を変えながら私を犯し続けました。
誰も来ない事務所で、男女二人がオスとメスになったのです。

「イク・・・イクよ、奥さん・・・」
「中はだめ・・・だめなの・・・」
「じゃあどこに出してほしいの?」
「どこでもいいから・・・外に・・・」

私の顔に熱くて濃い精液が発射されました。
どろりとたっぷりのザーメンでした。
濃いので、臭いも強烈です。
ちょっとだけ舐めてみました。
精液の味は苦かったです。

面接は見事合格となりました。
次の日から特別お手当て付きで働くようになりました。
もちろん、店長とのエッチのお手当です。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 子供,

一昨年に結婚した33歳の夫です。妻は30歳で職場結婚です。

3月。離婚した上司の引越しを同僚2人と手伝いに行きました。
会社で風俗マニア・裏ビデオマニアとして超が付く程に有名なスケベ上司です。
裏ビデオマニアとして有名な上司ですが、
どんなに仲の良い人にもビデオは貸さないというケチでも有名でした。
[上司の家から妻の過去のビデオテープが]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 職場の男,

私(39歳),妻清美(32歳)です。
この夏休みにあったことを告白します…。

子どもの通う小学校で,夜に盆踊りの祭りがありました。
校庭の中央にある櫓をとりまく形で,多くの店がでます。
家族で出かけて,金魚すくいやヨーヨーつりなどをして子供達が喜んで戦利品をもって帰るのが恒例でした。
でも,今年はちょっと違いました…。

一粒種の長男(8歳)が今年入った地元のサッカーチームが金魚すくいの店を出すということで,妻が午後6時から手伝いにゆくことになりました。
妻は早めの入浴と夕食をすませ,玄関先でサンダルをはきながら,
「さきに行ってるから,適当な時間に来てね!」と子どもの手をひいて出かけました。
「ああ…すぐ行くよ」
閉まってゆくドアの隙間から見た妻の姿はピンクのノースリーブと膝までの白いタイトスカートでした。
妻は童顔・色白で私が言うのもなんですが,20代には見えます。
167センチで丸みのある体は不思議な色香を放っています。
私も夕食をすませ,子どもと手をつなぎ小学校に足を向けました。
校庭には所せましと店が出て,お祭り独特の楽しい雰囲気です。
「ママ,どこかな?」と息子。
正門に近い場所にその店はありました。
まばゆいばかりの裸電球の下には,近所の子どもが群がってキャッキャッとちいさな金魚を追いかけています。
妻は金魚の泳ぐ青い水槽のすぐそばで仕事をしていました。
子どもの対応に忙しく,こちらにはまったく気づきません。
こんなに溌剌と動く妻を見るのは久しぶりでした。
そのうち妻は,浴衣姿の小さな女の子にちかづき,
「あらあら,また破れちゃったのね。おしえてあげるから,おばちゃんのすること見ててね」
と,妻はしゃがみこんで,片手を水の中へ…
「ほらほら,こうやってポイを全部ぬらしちゃうのよ」

その時,私はあることに気がつきました。
水槽をはさんで妻の真向かいに男性がひとりすわっていて,じっと妻の股間を見つめているのです。
立っている私の位置からは見えないのですが,金魚すくいに熱中している妻は両膝を大きくあけた格好になっていて,
どうやら彼の目には妻のその部分が写っているようです。
男性は向かいのマンションにお住まいのSさんで,サッカーチームのコーチです。
妻より1つ下だと聞いたことがあります。
赤い目をした彼はアルコールが入っているようで,その視線は股間から胸にうつり,白い腕や顔もなめまわすように見始めました。
それを見た私は妙に興奮してしまい,様子を見続けました。
Sさんのジャージの股間は大きくふくらんでいました。

彼は立ちあがり,今度は上から妻をのぞきこむように見ています。
私は彼の後ろにピッタリとよって,同じように妻を見てみるとそこには前かがみになった妻の襟元が大きく前にたわみ,その隙間からは,形のよい乳房や乳首が見えていました。
妻には入浴後にブラをつけない習慣があるのです。

妻はようやく,自分を見つめるSさんの熱い視線に気づきました。
そして妻は目の高さにあるSさんの膨らんだ部分にも気づいたようです。
妻はその部分をじっと見つめた後,大きく開いた襟元をただしました。
そして急に女の子の方を向いて,
「はい!これあげるね。大切にしてね。」と金魚の入った袋を渡しました。
そして,妻はSさんに近づき,なにやら耳打ちしました。
「すみません。ちょっとはなれます。」と店の仲間に告げて,妻はその場をはなれました。妻は人混みをかきわけ,ゆっくりと歩きだしました。
妻のあとを追う形で,なんとSさんが歩き出したではないですか。

私は心配になって2人を追いかけようとしたその時です。
「あれ,パパ来てたの?」
息子でした。隣には私のよく知る息子の友達がいました。
「これ見て。クジであたったの。」と,大きなハンマーの風船を見せます。
「いつも,お世話になってます」と,その子のお母さんと挨拶…。
そうこうしているうちに,私は妻とSさんの姿を見失ってしまいました。
(こりゃ,まずいな…)
私は子どもたちと別れて,妻が歩いていった方向へ歩きだしました。

(どこに行ったんだろう…)
情けなくも私は,薄暗い校舎の周囲をひとりで徘徊しました。
学校の西の端まで来た時,職員の自転車置場らしきところに見覚えのあるピンク色の背中がうっすらと見えました。
盆踊りの音もここまでくると小さくなります。
(なにしてるんだろう…)

おそるおそる近づいてみました。
どうやら妻はしゃがんでいる様子で,そこにはピンク色の背中の上で
前後に動く妻の髪がありました。
そこには…たいへんな光景がありました…。

自転車置場の隣にあった軽四トラックのかげから見えたのです。
ブロック塀を背中に立つSさんのジャージは足下までさがり妻はSさんの男根をその小さな口いっぱいにくわえていました。
二人ともすごく興奮していて,私にはまったく気がつきません。
(これがあの優しくておとなしい清美なのか…)
くやしさよりも興奮の方が大きく,私は息を殺して見守りました。

「ああっ…奥さん…いい,すごくいい…」小さな声だ。
妻は応えることなく,頭を前後に振り続けていました。
その頭をSさんの両手がつつんでいました。
Sさんの男根は私より大きく,それをほおばる妻の表情は苦しそうにも見えましたが,妻が積極的に自分からやっているのは明らかでした。
私との時には拒むことが多い妻なのに…。
「ああっ,奥さん,奥さん,ずっと気になってたんだ…」
「ウッ…ウッ…ウグ…」と妻。
妻は右手でSさんのモノをつかみ,左手はスカートの中に入れてます。
そこからクチュクチュと音がします。
パンティを脱いだ様子がないところから,パンティのわきから指を入れて自分でオナニーをしているようです。
(清美…こんなに淫乱だったのか…)
「ねえ,ちょうだい…ねえ,わたし…もう,がまんできない…」
(えっ!清美…おまえ,なんてことを言い出すんだ)
止めるべきか私は迷いましたが,妻のあまりにも悩ましいお願いを聞いて,私は自分のモノをひっぱりだして,しごき始めてしまいました。

妻は器用にしゃがんだ状態でパンティを脱ぎ,置いてあった自転車の荷台にかけました。
妻の口からはずれたSさんの男根は,水銀灯に照らされ妻の唾液でヌラヌラと光って,そそりたっています。
「はやく,人がくるわ,…はやく…ちょうだい」
(清美…やめろ…)
「ハアッ,ハアッ…奥さん…どうしてほしいの」
「…いれる,いれるの…」
また,妻は男根にしゃぶりつきました。
(やめろ…清美…)
「はやく…ここに…」
妻は四つん這いになって,Sさんに尻を向けています。
今まで妻のこんな姿を見たことがなかった私の頭は真っ白になりました。
「ここって…?」
(やめろ,やめろ,やめろ)
「いやん…」
「ちゃんと言って…」
「アン,いじわる…」
「さっ…言って!」
(まさか…清美…)
「オマ…○…コ…」
「なに?」
「オマ○コ…にいれて…」
(ああっ。清美の口からオマ○コなんて言葉が…)
「…じゃ,いくよ!」
「あうっ!」清美の頭が少し持ち上がりました。
Sさんの男根が深々と最愛の妻の膣内に挿入されたようです。
(あ~っ!ついにやったな!ちくしょう!)
Sさんの腰の動きにあわせて
「ウッ!ウッ!ハウッ!もっと,もっと…」
もだえる妻の半開きの唇から1本の唾液の糸が地面に向かってたれている。

私の足はガクガクとふるえ,自分で絶頂を迎えました。
なんだか急にさめてしまった私はすべてが終わるその前に現場を離れました。妻の姿はもう獣にしか見えませんでした。
妻をやられた敗北感よりも…なぜか充足感があったのです。

午後10時に帰宅した妻は,帰るなりすぐに風呂場に行きました。
入浴中に洗濯機に入っていた妻の下着を取り出し,その部分を嗅いでみました。
やはり,思った通り,栗の木の匂いがしました。
陰毛も数本はりついています…どうやら中出しされたようです。
私は何も言わず,先ほどの行為を思い出して一人でオナニーしました。

…翌日(日曜日)はサッカーの試合でした。
夫婦で息子の応援にいきました。Sさんは妻を見つけるなり軽く会釈をし,妻もほほえんで小さく手をふりかえします。
Sさんは息子だけでなく,妻のコーチにもなってしまったようです。

私は今後が不安であると同時に,妻が年下のスポーツマンにどんな風に
調教されてゆくのかが,たいへん楽しみでもあるのです。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 調教された妻,

 私は35歳。3人兄弟の末っ子で両親を20歳の時に事故で亡くしました。
大学を出て就職した会社の社長に認められ、また、5年前、社長の長女との結婚を機に婿養子に入ったこともあり、現在は専務をしています。妻31歳と息子3歳と父から譲り受けたマンションに住んでおります。

 妻が近所の仲の良いママさんたち(○○ママ、△△ママ)と3人で食事に行った時のことです。
土曜日、会社で仕事をしていると《○○ママと△△ママとお食事。息子はお母さんに頼んだので大丈夫。適当に夕食済まして》メールが着ました。
いつもこんな感じで妻は私に対して完全に上から目線です。

 マンションに帰り一人で食事するのもつまらないので、接待で使う寿司屋に入りました。カウンターの奥に座りビールを注文すると、半分ほど戸が開いている小上がりの方から聞き覚えのある声がして、そちらを見ると妻とママさん2人がいました。ママさんたちとは何度か合ったことがあり、いわゆるセレブ妻です。声をかけようかと思いましたが、私が婿養子と知ってから、妻同様に上から目線で話をされるので止めて、気付かれないように様子を見ることにしました。
全く私に気付かず盛り上がる妻たち。その横の席で同じように様子を見ている、いかにも金回りが良さそうな40~50代と思われる男・4人に気付きました。(一番年上に見える恰幅の良い男。細身でいかにもサラリーマンタイプの男。セーターにジーンズのラフな格好の小太り男。一番若く見える眼鏡を掛けきゃしゃな背広の男)グラスを片手に一番若そうな一人が何やら妻たちに声を掛けると、最初、少し驚いていましたが次第に笑い声が大きくなり7人で高そうな焼酎を飲み始めました。

妻たちは胸が大きく開いたブラウス、セーターにミニとミニのワンピースという格好で身体の線が強調されるようフィットしているものでした。理由は3人ともスタイルが良く、胸も大きくて、それを本人たちも自覚していて自信があってのものです。(妻は162cm、Dカップ。○○ママ30歳は165cm、多分、Cカップ。△△ママ35歳は158cm、三人の中では小柄ですが、Fカップはあると思います)そんなこともあり、話がはずんでミニが太股の上の方まで捲くれて、男たちの視線が脚に浴びせられているのにも慣れていて直そうともしません。

トイレに行くと、妻たちと飲んでいた男たちの2人が入ってきて。
「良い雰囲気になったな。ここの後、俺のカラオケ屋に連れて行こう!」年齢が一番高そうな50代の男が言うと。
「例のVIPルームですよね!?エヘヘェ・・ッ!あそこは何でも揃っていて、やりたい放題できますからね!」妻たちに最初に声を掛けた男が股間を触りながらニンマリとしました。
「楽しませてもらおうヤ!」答えた後の含み笑いが意味あり気でした。
何を意味しているか理解した私は、何とか妻に伝えなければ大変なことになると思いましたが、同じ寿司屋にいて妻たちを覗き見ていたことがわかると、後々面倒になるので止め誘いに乗るはずが無いと妻を信じることにしました。

 1時間が経ち、すっかり打ち解けた男たちと妻たち。先程の一番年齢が高い男が立ち上がり。
自分たちの支払いは妻たちがするとの言うのを無視して支払いを一緒に済ませました。その間、最初に声をかけた男が、妻に何やら耳打ちすると、ママさん2人と相談し始めました。カラオケ屋に誘われたはずで、迷っている素振りをしているが、満更でもない様子を目の当たりにして断ると信じていましたが不安になりました。

不安が的中。3人は男たちに腰や肩に手を回わされて店を出て行きました。心配になった私は妻にそこは危険だということを、偶然を装い伝えようと急いで支払いを済まして後を追いました。
やっと見つけた時には、すでに男が手振りをしながら7人がカラオケ屋の中に入って行くところで手遅れでした。妻を信じて9時にマンションに帰りました。
10時《カラオケに行くことにしたので遅くなります》メールが着ました。1時間半前にカラオケ屋に入ったのに、何故今頃?不安が増幅、帰りを待つことにしました。

 妻は午前1時少し前に帰ってきました。カラオケ屋だけなら4時間もいたことになります。
酔っているのか少しふらついて、コートを脱ぎバッグを椅子に掛けながら。
「まだ起きていたの~?・・・ツッカレタ~ッ!シャワー浴びて寝ますよ~」チョットろれつが回っていない口調で何かソワソワとした素振り、私と目を合わせないようにミニの裾を押さえながら寝室に行きそうになったので。
「どうした?ブラウスとスカートがシワだらけじゃないか」身だしなみにはうるさい妻がおかしいと思い尋ねました。
「・・エッ!・・アァ~!カラオケで調子に乗ってはしゃぎ過ぎたかしら~?」少し間をおいてブラウスのシワの部分を気にしながら返事が返ってきました。
「アレッ!髪の毛の後ろボサボサになっているよ」こんなこと始めてです。
「何よっ~!何か疑っているの~!・・バッカじゃな~い!」急に怒りだしました。やはり何故かミニの裾を押さえたままで寝室へ行き、着替えを持ってバスルームへ入って行きました。

よほど興奮したのか急いだのか、バッグを椅子に掛け忘れたままでした。
この態度に妻を信じてはいるが物凄く不安な気持ちがバッグ中を覗く行動へと向かわせました。
真っ先に目に入ったのは、模様の入った黒パンスト。取り出して広げると股間の辺りが裂かれていました。
次は息が止まりそうになりました。バスルームに入った妻が身に着けているはずのパンティが中に入っていて、手に取ると横の細い部分が切られていました。ミニの裾を気にしていたのは、このことが原因だったとわかりました。
手が震え、喉がカラカラになってしまった私。冷蔵庫からビールを出して一気に飲み干しました。
更にバッグの中を見ると、底の方に薬のシートを見つけました。1錠飲んだ跡があり、もう1錠残っているもので噂に聞いたことがある薬だと直感しました。

その時、妻の携帯にメールが3件立て続けに入りました。送り主は同じ人物で、一つ目、件名《皆、楽しみましたね》内容は《今度は二人で会いましょう。楽しみです。まさか、断ることはしませんよね。旦那さんに知らせることはしたくありませんから。他のママさんたちの画像も送りますね・・・!連絡を待っていますから》それと妻の画像。残りの二つのメールは他のママさんたちの画像でした。恐る恐る中を確認することにしました。
《四つん這いにされ、ブラウスの前をはだけ、ミニを腰まで捲くり上げられ、黒パンストの内側でパンティを片方の脚の方に寄せられて、裂けた部分から見える膣にバイブを挿入され、顔を仰け反らせている妻。床に仰向けで、両手を頭の上にしてブラウスで縛られ、黒パンストとミニを着けたままで男の性器を受け入れている画像。カラオケの画面の前で横たわり、髪の毛が乱れ、目から涙が、口元から唾液を垂らして、太股の内側には膣から出た精液が伝っていている画像》
《上半身裸で立ってオッパイをさらけ出し、両手で男の頭を押さえ、その男に白のガーターの下の白いTバックをずらされて膣口を舌で舐められている○○ママ。そのままの格好でソファーに座る男に後ろ向きでまたがり膣に男の性器の挿入を許し、少し上を向いた顔に精液を浴びて大きく口を開けた画像。全裸にされてソファーに寄りかかり、膝を抱えさせられM字に大きく開かれた脚の奥の膣口から精液が流れ出てお尻の穴の方まで達している画像》
《マイクを握り立って歌う男の股間にセーターとブラジャーを首のところまで上げられ、違う男に大きなオッパイを吸われ、パンティの片方の紐が解かれて出された膣に指を入れられながらフェラチオする△△ママ。テーブルの上に両手をつき、ミニを腰の所に集められ、それ以外は何も身に着けていない姿で後ろから膣に男の性器を挿入され、更に細めのバイブをローションが塗られたお尻の穴に入れられて、顔をこちらに向け苦痛の表情を見せる画像。テーブルの上にうつ伏せで腰だけを浮かせ乗せられて、テーブルには精液が小さな塊となっていて、膣口からは残りの精液が垂れている画像》
男たちが話していた通り、カラオケ屋のVIPルームは高級な酒は勿論、彼らの欲望を満たすためのモノを全て揃えた場所だということがわかりました。
見たことを隠すために、このメールを私の携帯に転送してから削除しました。

 妻の不貞行為を許すことはできません。
私は、このことを利用して立場の逆転を狙うことにしました。
すると、その機会がすぐにやってきました。


                                             婿養子

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃,