FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚生活20年になる夫婦です
妻とセックスレスになって6-7年にはなると思います
私の前では下着姿も見せない妻に、たまには「頼むよ」と頼んでみるももの一切拒否されてきました、そのころから身に着ける服や下着は派手になったのも間違い有りませんでした 当然妻に男が出来た事は紛れも無い事でした でも私からそれを問い詰める事はできませんでした それというのも結婚して数年普通にセックスはできるのですが 自分の肉棒で妻を満足させたことが一度もありません そんな時私が知人にお願いをして 妻を満足させてほしいと頼みました知人はあっさりと引き受けてくれ自称「俺は絶倫だから奥さんがあとあと使い物にならなくなってしまうぞ」と半立ちになった肉棒を見せ付けられました その大きさにはぐっと息を呑むほどで私の倍近くはありました 週末に自宅で妻に知人を紹介しながら酒を入れて雰囲気を和らげて知人に後を任せ私はたばこを買ってくるといって家を出ました 0時ごろそっと家に戻り雰囲気を確認しましたが静かで居間には誰も居ませんでした ただ2階の寝室できしむ音がする様でそっと近ずいて聞き耳を立ていると妻の喘ぎ声がしてきました 私の胸は張り裂けそうなくらい興奮をおぼえしばらくして居間に戻り悶々として終わるのを待ちましたが 二人が降りてきたのは朝方4時過ぎでしたそれまで延々としていたのです 私には想像のつかない時間でした その時の妻は知人の腕につかまり寄り添うように居間に現れガウンを羽織っただけで満足げにもたれかかって入ってきました 3人でコーヒーを飲んでいるときに妻から「はじめて女になったような気がする 忘れられなくなってしまったわ」と 続けて知人が「旦那さんさえよければ又来ます」と 私は興奮のあまり「妻を満足させてやってください」とついお願いをしてしまいました そうして二人は私の目の前で抱き合い長・・・・いディープキスをしながら知人は妻の胸を揉み解し 妻はトランクスの上から肉棒をなぞって別れを惜しむかのように抱き合っていました
知人はそれから月に2-3度来るようになり 朝まで続きます途中にビールの差し入れをした時妻のフェラしているところを初めて見ましたが心臓が張り裂けそうでした妻の恍惚の顔を見たのもはじめてでした 知人は「しばらく見ていったら奥さんいい顔して喘ぐよ」って言ってましたが自分のが爆発しそうで居られませんでした
そんなのが何ヶ月も続きそのうち外でデートするようになり服も派手になり一見お水風で下着はこれでも下着かただの紐だけというくらいの変わったものばかりを着けるようになりました
それから二年ほどした頃でしょうか 夕食をしながら妻が「私 あの人とするようになってあの人にいろいろ教え込まれ 今は誰とでも寝る淫乱な女にされちゃったからね 文句言わないでよ元々は貴方のセイなんだから 最近なんかあの人の友達がいつも二人来て三人がかりで責められちゃってるのよ」とぽつりと言いました
普段は普通の夫婦なんですがセックスだけがすこし変かなと思うぐらいでした
最近の妻は益々女に磨きがかかり私から見ても色気のあるいい女になったと思いますが 私とはまったくセックスする気が無いようです相変わらず派手なのがエスカレートして超ミニにブラ丸見えのブラウス網網ストッキングと男好きする格好で週末になると電話で呼び出されて嬉しそうに出かけていきます
つい半年ほど前に私が電話に出た時の事ですが若そうな声でした「貴方の奥さんは今私の所有物ですから勝手に触らないでください今奥さんはボディーピアス凝っておられるので楽しみにしていてください 奥さんと代わって」といきなりでした 妻にかわると妻は「・・・・はい 分かりましたすぐに行きす・・・・・・・・・・はい どうぞ思う存分に可愛がって下さい・・・・はい分かりました」と電話をきり何も言わずに二階で身支度をして降りてきました
「遅くなるから」と一言いって出て行きました 帰ったのは翌日の夜でした その時ですがたぶん男に言われたのでしょう神妙な顔で私の前に立ち着ていった短めのコートを脱いで体を見せてくれました 久しぶりの妻の体にすごく興奮をしたのでがもっと興奮をしたのは鈴のついたピアスが4個ぶら下がっていた事です 乳首2個
股下に2個それには唖然としましたが心臓が爆発しそうでした
「す 凄い女になったな」とつい口にしていたのです 妻は「これが今の私 嫌い」「ううん 益々お前の事が好きに成ったよ 自由に遊んでいいからいつも帰ってきてくれれば」と その夜その姿をネタにして久しぶりに自分で抜きました 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 調教された妻, 他人とやる妻を目撃,

結婚して8年、子供も小学校に入って手が離れ、ちょっと退屈する日々を送っていた時、同じように暇をしていた学生時代の友人からあるパーティーに誘われました。
当時からいけない夜遊びをしてたので、なんとなくピーンときていましたが、あんなすごいとは思いませんでした。
都内の某高級ホテルのスイートルームに連れて行かれました。
友人も知り合いに紹介されて何度か参加したことがあるらしく、男性はすべてお金持ちだと言っていました。
女性は、普通の主婦などだそうです。普通というか、お小遣い目当ての主婦です。
中にはセレブな人もいるようですが、結婚しているのが条件だと言っていました。
部屋に入ると中は薄暗く、壁際の間接照明とテーブルの上のロウソクの明かりだけでした。
すぐにスタッフにシャワーを浴びてコスチュームに着替えるように言われました。
チャイナ服やバニーガール、スチュワーデス、スクール水着などがいました。私はレースクィーンで友人はナース服でした。
着替え終わると、仮面を付けた男性のお酒のお供をするように言われました。
横に座ってお話ししたり、触られたりしているうちに指名されて、ベッドルームに連れて行かれるようでした。
私もすぐに別室に行くことになりました。
2つあるキングサイズのベッドの上には、すでに男女が蠢いていました。
喘ぎ声と液体が絡み合うような音もしました。
何とも言えない雰囲気に、私は思わず立ち尽くしてしまったのですが、すぐに男性に押し倒されました。
コスチュームの上から荒々しく胸を揉まれ、アソコも激しく擦られました。
そんな感じのままコスチュームを脱がされて、今度はバイブを入れられました。
バイブなんか何年ぶりで、昔のやつとは全然動きとかが違うので、私はすぐにイキそうになったのですが、イキそうになると抜かれ、また入れるというのを繰り返されました。
何度もされ、私は頭がおかしくなりそうになり、自分の方から「イカせてください」「入れてください」とお願いしていました。
やっと挿入すると荒々しく腰を振り、私は激しくイッてしまいました。
そんな感じで、数人の男性の相手をしました。
年配者が多いのか、やたらとバイブを使いたがる人が多かったと思います。挿入しない人もいました。

始まったころは、1回終わるとまた席に戻って別の人をお酌して、指名されないと別の人という風に、キャバクラっぽいことをしていたのですが、最後の方になると、ソファの上でオナニーさせられている女性がいたり、フェラチオさせられている女性などがいました。
女性のアソコにワインを注いでワカメ酒みたいな感じにして飲んでる男性や女性を窓の淵に座らせてアソコを舐めている男性もいました。
私たちはそれを見るように言われたり、友人とディープキスするように言われたり、もう酒池肉林って感じになってきました。
そんな風になってきたら、もう見ているだけで、いやらしい音や喘ぎ声を聞いてるだけで興奮してきてしまって、自分の方から隣にいる男性のアレをしゃぶりついたりしてしまいました。
男性の反対隣に座ってる女性も一緒に舐めてきて、2人で奪い合うようにしゃぶりまくってしまいました。
しゃぶっていると後から誰かに入れられて激しく突かれ、もうイキまくりです。
夕方に始まったパーティーは深夜にやっと収束して、眠りにつくことができましたが、朝方には寝込みを襲われている人もいて、部屋から出るまでいやらしいことされまくりでした。
すっごく疲れたけど、冷え切った夫婦生活の中では最高の一夜でした。これでお金までもらえて、また行きたいです。

関連タグ : 子供, 妻のHな願望, 乱交, 調教された妻,

私(39歳),妻清美(32歳)です。
この夏休みにあったことを告白します…。

子どもの通う小学校で,夜に盆踊りの祭りがありました。
校庭の中央にある櫓をとりまく形で,多くの店がでます。
家族で出かけて,金魚すくいやヨーヨーつりなどをして子供達が喜んで戦利品をもって帰るのが恒例でした。
でも,今年はちょっと違いました…。

一粒種の長男(8歳)が今年入った地元のサッカーチームが金魚すくいの店を出すということで,妻が午後6時から手伝いにゆくことになりました。
妻は早めの入浴と夕食をすませ,玄関先でサンダルをはきながら,
「さきに行ってるから,適当な時間に来てね!」と子どもの手をひいて出かけました。
「ああ…すぐ行くよ」
閉まってゆくドアの隙間から見た妻の姿はピンクのノースリーブと膝までの白いタイトスカートでした。
妻は童顔・色白で私が言うのもなんですが,20代には見えます。
167センチで丸みのある体は不思議な色香を放っています。
私も夕食をすませ,子どもと手をつなぎ小学校に足を向けました。
校庭には所せましと店が出て,お祭り独特の楽しい雰囲気です。
「ママ,どこかな?」と息子。
正門に近い場所にその店はありました。
まばゆいばかりの裸電球の下には,近所の子どもが群がってキャッキャッとちいさな金魚を追いかけています。
妻は金魚の泳ぐ青い水槽のすぐそばで仕事をしていました。
子どもの対応に忙しく,こちらにはまったく気づきません。
こんなに溌剌と動く妻を見るのは久しぶりでした。
そのうち妻は,浴衣姿の小さな女の子にちかづき,
「あらあら,また破れちゃったのね。おしえてあげるから,おばちゃんのすること見ててね」
と,妻はしゃがみこんで,片手を水の中へ…
「ほらほら,こうやってポイを全部ぬらしちゃうのよ」

その時,私はあることに気がつきました。
水槽をはさんで妻の真向かいに男性がひとりすわっていて,じっと妻の股間を見つめているのです。
立っている私の位置からは見えないのですが,金魚すくいに熱中している妻は両膝を大きくあけた格好になっていて,
どうやら彼の目には妻のその部分が写っているようです。
男性は向かいのマンションにお住まいのSさんで,サッカーチームのコーチです。
妻より1つ下だと聞いたことがあります。
赤い目をした彼はアルコールが入っているようで,その視線は股間から胸にうつり,白い腕や顔もなめまわすように見始めました。
それを見た私は妙に興奮してしまい,様子を見続けました。
Sさんのジャージの股間は大きくふくらんでいました。

彼は立ちあがり,今度は上から妻をのぞきこむように見ています。
私は彼の後ろにピッタリとよって,同じように妻を見てみるとそこには前かがみになった妻の襟元が大きく前にたわみ,その隙間からは,形のよい乳房や乳首が見えていました。
妻には入浴後にブラをつけない習慣があるのです。

妻はようやく,自分を見つめるSさんの熱い視線に気づきました。
そして妻は目の高さにあるSさんの膨らんだ部分にも気づいたようです。
妻はその部分をじっと見つめた後,大きく開いた襟元をただしました。
そして急に女の子の方を向いて,
「はい!これあげるね。大切にしてね。」と金魚の入った袋を渡しました。
そして,妻はSさんに近づき,なにやら耳打ちしました。
「すみません。ちょっとはなれます。」と店の仲間に告げて,妻はその場をはなれました。妻は人混みをかきわけ,ゆっくりと歩きだしました。
妻のあとを追う形で,なんとSさんが歩き出したではないですか。

私は心配になって2人を追いかけようとしたその時です。
「あれ,パパ来てたの?」
息子でした。隣には私のよく知る息子の友達がいました。
「これ見て。クジであたったの。」と,大きなハンマーの風船を見せます。
「いつも,お世話になってます」と,その子のお母さんと挨拶…。
そうこうしているうちに,私は妻とSさんの姿を見失ってしまいました。
(こりゃ,まずいな…)
私は子どもたちと別れて,妻が歩いていった方向へ歩きだしました。

(どこに行ったんだろう…)
情けなくも私は,薄暗い校舎の周囲をひとりで徘徊しました。
学校の西の端まで来た時,職員の自転車置場らしきところに見覚えのあるピンク色の背中がうっすらと見えました。
盆踊りの音もここまでくると小さくなります。
(なにしてるんだろう…)

おそるおそる近づいてみました。
どうやら妻はしゃがんでいる様子で,そこにはピンク色の背中の上で
前後に動く妻の髪がありました。
そこには…たいへんな光景がありました…。

自転車置場の隣にあった軽四トラックのかげから見えたのです。
ブロック塀を背中に立つSさんのジャージは足下までさがり妻はSさんの男根をその小さな口いっぱいにくわえていました。
二人ともすごく興奮していて,私にはまったく気がつきません。
(これがあの優しくておとなしい清美なのか…)
くやしさよりも興奮の方が大きく,私は息を殺して見守りました。

「ああっ…奥さん…いい,すごくいい…」小さな声だ。
妻は応えることなく,頭を前後に振り続けていました。
その頭をSさんの両手がつつんでいました。
Sさんの男根は私より大きく,それをほおばる妻の表情は苦しそうにも見えましたが,妻が積極的に自分からやっているのは明らかでした。
私との時には拒むことが多い妻なのに…。
「ああっ,奥さん,奥さん,ずっと気になってたんだ…」
「ウッ…ウッ…ウグ…」と妻。
妻は右手でSさんのモノをつかみ,左手はスカートの中に入れてます。
そこからクチュクチュと音がします。
パンティを脱いだ様子がないところから,パンティのわきから指を入れて自分でオナニーをしているようです。
(清美…こんなに淫乱だったのか…)
「ねえ,ちょうだい…ねえ,わたし…もう,がまんできない…」
(えっ!清美…おまえ,なんてことを言い出すんだ)
止めるべきか私は迷いましたが,妻のあまりにも悩ましいお願いを聞いて,私は自分のモノをひっぱりだして,しごき始めてしまいました。

妻は器用にしゃがんだ状態でパンティを脱ぎ,置いてあった自転車の荷台にかけました。
妻の口からはずれたSさんの男根は,水銀灯に照らされ妻の唾液でヌラヌラと光って,そそりたっています。
「はやく,人がくるわ,…はやく…ちょうだい」
(清美…やめろ…)
「ハアッ,ハアッ…奥さん…どうしてほしいの」
「…いれる,いれるの…」
また,妻は男根にしゃぶりつきました。
(やめろ…清美…)
「はやく…ここに…」
妻は四つん這いになって,Sさんに尻を向けています。
今まで妻のこんな姿を見たことがなかった私の頭は真っ白になりました。
「ここって…?」
(やめろ,やめろ,やめろ)
「いやん…」
「ちゃんと言って…」
「アン,いじわる…」
「さっ…言って!」
(まさか…清美…)
「オマ…○…コ…」
「なに?」
「オマ○コ…にいれて…」
(ああっ。清美の口からオマ○コなんて言葉が…)
「…じゃ,いくよ!」
「あうっ!」清美の頭が少し持ち上がりました。
Sさんの男根が深々と最愛の妻の膣内に挿入されたようです。
(あ~っ!ついにやったな!ちくしょう!)
Sさんの腰の動きにあわせて
「ウッ!ウッ!ハウッ!もっと,もっと…」
もだえる妻の半開きの唇から1本の唾液の糸が地面に向かってたれている。

私の足はガクガクとふるえ,自分で絶頂を迎えました。
なんだか急にさめてしまった私はすべてが終わるその前に現場を離れました。妻の姿はもう獣にしか見えませんでした。
妻をやられた敗北感よりも…なぜか充足感があったのです。

午後10時に帰宅した妻は,帰るなりすぐに風呂場に行きました。
入浴中に洗濯機に入っていた妻の下着を取り出し,その部分を嗅いでみました。
やはり,思った通り,栗の木の匂いがしました。
陰毛も数本はりついています…どうやら中出しされたようです。
私は何も言わず,先ほどの行為を思い出して一人でオナニーしました。

…翌日(日曜日)はサッカーの試合でした。
夫婦で息子の応援にいきました。Sさんは妻を見つけるなり軽く会釈をし,妻もほほえんで小さく手をふりかえします。
Sさんは息子だけでなく,妻のコーチにもなってしまったようです。

私は今後が不安であると同時に,妻が年下のスポーツマンにどんな風に
調教されてゆくのかが,たいへん楽しみでもあるのです。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 調教された妻,

私達は夫婦は結婚して12年目のごく普通の夫婦です。
昨年の12月に私が勤めていた会社が倒産してしまいました。
最初の内は直ぐに就職出来るだろうと気軽に考えて、積極的に就職活動はしていませんでした。失業保険も残り僅かになり、焦りはじめてハローワークや求人情報誌等で数社の面接を受ける事になりましたが私も44歳と言う歳から中々採用はされませんでした。
実は未だに就職は決まっておりません。生活費も徐々に減り、カードローンから少し借りるようになってしまいました。

そんなある日の事、妻(34歳)が求人チラシを見ていて「一日2万円以上」と言うのを見て「私、ここで働こうかしら」なんて言っていました。私がそれを見ると、○○ムーンと言うお店でした。
そこは私も以前に新年会の二次会に部下と一度行ったことがあるピンクサロンでした。過激なサービスで結構流行っている店です。
私は、妻に「どんなサービスをする店なのか知ってるのか」と声を荒げて言っていました。妻は、スナック位にしか思っていなかったのでしょう。
 
妻に、「この店は体を触らせたり、男のチンポを舐めたりさせるピンクの店なんだよ」と説明していると、妻は、でもこのままじゃ生活も出来ないでしょ?と言って「ここに行ってみる」と電話を掛けて面接の約束をしてしまいました。面接は翌日の3時半からだそうです。

翌日、面接時間も近ずき化粧も丁寧に行い、服装も若い時に着ていた
チョット派手目なワンピースで出かけて行きました。
行く前に私は、「変な事をする様なら直ぐに帰って来なさい」と言って送りだしました。
私は、1時間か2時間位で帰ると思っておりましたが、6時を過ぎても帰ってきません。私は、心配になり携帯電話に電話を掛けましたが圏外になっていてつながりません。私は何かイヤな予感がしていましたが、成す術もなく、ただ酒を飲んで妻の帰りを待ちました。
7時頃に妻から電話が掛かってきました「お店の店長から、どうしても今日一日仕事をして行ってくれ」としつこく頼まれたので今日だけ仕事をしてから帰ります。と言って切れてしまいました。

私は、12時過ぎには帰宅するものだと思っていましたが、妻が帰って来たのは午前2時頃でした。妻に色々問い詰めましたが、妻はなかなか答えてくれません。
1時間程して、妻から面接に行ってからの事、どんな事をされたか聞かされ愕然としました。

妻は、面接に行き直ぐに採用されたようです。「カナさん(妻の名前)この店はピンクサロンなんですが、どんなサービスをするか分かりますよね」と店長と社長が言うと誰もいないフロアーで二人共ズボンとパンツを脱ぎ、二人のチンポを舐めさせられたとの事です。
それが終わると、今度は妻の着ている服を無理やり脱がせて裸にされ
二人に代わる代わるオマンコされた事を聞かされました。

妻の面接での出来事を聞いていて私は、異常な興奮を覚えました。
妻が他の男のチンポを舐めたり、ましてやオマンコを触られたり、舐められたり大切なつまのオマンコにチンポを嵌められたりされた事を思うと私のチンポも張り裂けそうな位勃起していました。泣きそうな
妻の気持ちを思いながらも、その夜は、いつもの何倍も妻のオマンコにチンポを叩きつけていました。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 調教された妻,

私は2年前に勤めていた会社の取引先の営業マンと知り合い大恋愛の末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの25歳の新妻です。
ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。
夫が2人目でしたが、夫はセックスがとても上手で女としての悦びも教わりました。
セックスの相性も良く結婚前はほとんど毎日時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸福を感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。
この話はハワイへの新婚旅行を終え、私たち夫婦の仲人でもある夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。
上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、奥さんの手料理に舌鼓を打っていました。
私たちが帰ろうとすると、部長さんがおいしいワインがあるからとお酒を頂くことになりました。
ゆっくりくつげるようにとコタツまでも用意していただきました。
2人共お酒は強くない方でしたが、上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらも酒宴は進みました。
しばらくすると夫は居眠りを始め、そのまま寝入ってしまいました。
部長さんも「少し休ませてあげなさい」と夫をそのまま寝かせてしまい、私もほろ酔い気分で旅行の土産話などに花を咲かせていましたが、そのうち、膝のあたりにしきりに部長さんの手が当たるのに気づきました。
(いやだわ、部長さんたら、酔ってらっしゃるのね)
気のせいだと思いそのままにしていたのですが、その手が除々に膝から太腿にかけて這い上がってきたのです。
(えっ、うそ、やめてください)
私は、この時不覚にもフレアの白いマイクロミニをはいていたのです。
夫の上司でもありまた奥さんの手前じっと我慢をしなら耐えていましたが、それをいいことに部長さんのいやらしい手が更にスカートの奥へと伸び指が太腿の付根の奥の敏感な部分に触れてきました。
(お願い、やめて、ああっ、そんなにしないで)
何度か部長さんを睨みつけ手を払いのけましたが、しつこく太腿の奥を這いまわり、足の付け根をマッサージでもするように優しく揉みあげてきます。
それがとても心地良く不覚にも感じてしまったのです。
(やめてください、だめよ、いや)
私がたじろいでいると、すばやい動きで遂にパンストを膝のあたりまでずり下げてしまったのです。
(そっ、そんな)
こんな状態ではコタツから出ることも出来なくなってしまいました。
悪戯な指は太腿に吸い付くように撫でまわし、ビキニのショーツの上から一番敏感な部分を執拗に愛撫され、心では拒絶してもどうしようもなく、身体が反応して愛液が溢れ出そうになっているのです。
(ああっ、いやっ、そんなにしないで、感じちゃう)
愛してもいない人に一番大切な部分を愛撫され、いとも簡単に体がこれほどまで敏感に反応するなど、想像だにできませんでした。
夫とのセックスで今まで以上に身体が敏感になったのでしょうか?
しかし現実には身体中が熱くなり、愛する夫がいるすぐ隣で、夫以外の男の指で思わず喘ぎ声が出そうになるもう1人の自分がいる。
もう自分でもこの身体を制御できません。
私は奥さんに気づかれないよう必死に溢れ出そうになる喘ぎ声を指を唇に当てて押し殺していました。
すると部長さんは今度はゆっくりとショーツをずり下げその太い指を挿入し、アソコの奥深くまで愛撫を始めました。
「ああっ、だめっ」
おもわず声が漏れたのですが、部長さんはとっさにテレビの声を大きくして事無きをえました。
最初はゆっくりと、そして段々激しく指を1本、2本と絶妙なタッチで私の中にある性欲を掻き立てようとします。
すると指の動きに合わせるように腰が自然に動き出した時は、自分でも信じられないくらいでした。
それほど身体は部長さんの愛撫で興奮していたのです。
(そんなにされたら、いいっ、ああっ、いくっ、いっちゃいますぅ・・・)
あの時最初の絶頂に達していたのかもしれません。
延々と部長さんの愛撫が続き、私の下半身は部長さんのなすがままで今にも下半身が蕩けそうでした。
そして愛撫だけで何度も昇りつめてしまい気を失ったようでした。
うっすらと気が付くと目の前に部長さんのいやらしい顔がせまり、唇を合わせようとします。
拒絶する気力も無くその唇を受け入れしまい、まるで恋人同士のように抱合いながら、気の遠くなるような長くまた激しいキスが続き、再び身体が火照ってくるのがわかりました。
部長さんは舌を差入れながら、乳房をやさしく揉みしだいています。
すでに夫は寝室に運ばれ、奥さんはお風呂のようでした。
もう私達の行為の邪魔をするものは誰もいないのです。
私は新婚間もない人妻だということも忘れ、一人の女として、とにかく部長さんの肉棒を欲するまでに性欲が掻き立てられ、どうしようもなくなっていました。
部長さんの舌は唇から離れると下へ下へと這い回り、乳首を転がしながら、恥かしいほど濡れているアソコへと向っていきます。
「いいっ、こんなのはじめて、おかしくなっちゃう、」
愛する夫にでさえ汚らしいと拒絶しつづけた行為を生まれて初めて、それも自分から拒むこともなく進んで受け入れ下半身が蕩ける様な快感に酔いしれていました。
部長さんの頭をアソコに押さえつけながら昇り詰めようとした時、部長さんの舌は絶頂寸前でアソコから離れ、代わりに巨大な肉棒がひくついているアソコに近づいてきました。
それだけは絶対に許されない行為だとわかっていながらも、この身体はどうしようもなく部長さんを欲し、この肉棒で埋め尽くされたいと、心底思う自分が恐ろしくなってきます。
「あう・・ああ・・いいっ、すてき部長さん」
「またいきそうです、あああああ・・・・」
私の期待を遥に上回る快感に陶酔し、誰憚ることなく、感じるままに喘ぎ声を上げ続け自ら、より快感を得る為に、淫らに腰をくねらせながら部長さんの肉棒を深々と迎え入れ何度も何度もさらに上へ上へと昇りつめていきました。
こんなにすごいセックスははじめてです。
その後は二人で抱き合い舌を絡ませながら強烈なアクメの余韻に浸っていました


夜中に目が覚めると夫と同じ寝室で寝かされていました。
何も知らない夫の寝顔を見ながら、自分の犯した罪の深さを知り愕然としながらも、昨晩のあの激しい行為を思い出すと身体中が熱くなってきます。
この体験は本当の意味での自分を見出してくれたのかもしれません。
翌日は何事もなかったように、部長さんのお宅を後にしました。
後で考えてみると、お酒とコタツは部長さんの巧妙な罠だったのかもしれません。
これからもずっと夫を生涯の伴侶として愛しつづけますが、部長さんの罠にはまった事は、夫に対しては罪かもしれませんが、私にとっては決して悪いことばかりだとは言えないのかも知れません。

部長さんに抱かれて以来、愛する主人に対する罪悪感から、誠心誠意主人に尽くしてきました。
でも、生まれて始めて知った、女の悦びが頭から離れず、無意識のうちに自分であの場面を思い浮かべながら、慰めた事も有りました。
心の中では主人をこの世で一番大切な人ですが、身体が部長さんを求めているのです。
自分でもどうしようもなくなっていました。
そしてついにあの快楽に再び溺れてしまったのです。

主人が九州へ三日間の出張に出た日の夜の事です。
電話が鳴り出てみると、無言電話でした。
「誰かしら、失礼な人ね」
そして5分後に、玄関のチャイムが鳴り外を見るとなんと部長さんが立っていたのです。
「どうしたらいいのかしら、主人もいないし」
しばらく戸惑っていると、何度もチャイムが鳴り響きます。
私は胸の高鳴りを憶えながら、恐る恐る玄関を開けてしまったのです。
「こんばんわ、奥さん」
「部長さん、困ります、帰って下さい」
しかし部長さんは黙ったまま、私の体を引き寄せ、キスをしてきました。
「むむっ、やめてください」
私は言葉では拒絶したものの、何もできずにそのまま唇を奪われ、舌を絡ませていました。
部長さんはそのまま私を抱きかかえ、リビングのソファーまで連れていき、キスをしながら、Tシャツの上から乳房を優しく愛撫してきました。
しばらく乳房を弄ばれるうちに私は今まで我慢してきた性欲が一気にあふれ出たように、部長さんの抱き付いてしまい、自ら舌を絡ませていたのです。
部長さんの愛撫は下半身へと延び、ミニスカートの中へと滑り込み、ショーツの中へと入ってきました。
もうすでにアソコはぐっしょりと濡れていました。
「ああん、いや、やめてください、部長さん、そんなにされたら私・・・」
「奥さん、僕を待ってたんでしょう、下の唇はこんなに欲しがっていますよ。」
その言葉を聞いた瞬間、身体が熱くなり、さらにアソコから愛液が溢れ出してきました。
部長さんは巧みな愛撫でアソコに指を挿入しながら、奥深く掻き回してきます。
「あうっ、ああっ、すてき部長さん、あああああ~ん」
私ははしたない喘ぎ声をあげながら、身を委ねていました。
そして部長さんは今度は舌で愛撫し始めると、またたく間に絶頂を迎えました。
「いいっ、いきそう、部長さん、いきますっ・・・」
くちゃくちゃといやらしい音がリビングに響き渡り、最初のアクメに達したのです。

アクメの余韻に浸っている間もなく部長さんの大きな肉棒がアソコを貫いてきました。
「いいわ、とてもいいっ、もっとお願い部長さん」
「あいつよりもいいでしょう」
「いいっ、主人よりも部長さんの方が、とてもすてきよ」
私はこの瞬間を待っていたのです。
「またいきそう、いいっ、いっちゃう・・・」
部長さんの律動にあわせて、腰をくねらせ、何度も絶頂へと導かれていました。
その後も再びお風呂で前から後ろから何度も貫かれ、激しい快楽に溺れてしまいました。
主人がいない三日間は時間を惜しむように部長さんとのセックスに溺れていました。
その時は主人への罪悪感も消えて、とにかく部長さんと心行くまで快楽をむさぼっていたのです。

今では時々部長さんに呼び出されて、激しく抱かれています。
もう部長さん無しでは耐えられない身体になってしまったのです。
あなたごめんなさい。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 職場の男, 調教された妻,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。