FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

私、セックスが大好きなんです。
夫だけじゃ満足できないんです。
浮気してます。
でも、ばれるのが怖かったんです。
普段から、家に来てくれる人が、好都合でした。
そこでクリーニング屋の旦那さんと浮気しちゃったのです。
定期的に来てくれるから、もってこいですよね。
50歳くらいの、ブオトコの部類ですけれど、セックスができれば問題なしです。
週に、1~2回、しています。

決まった曜日の決まった時間にチャイムが鳴ります。
それだけで、もうアソコがジュンってなってきちゃうんです。
まるでパブロフの犬ですね。
玄関開けたら数秒でしゃぶりついちゃいます。
旦那さんもそのつもりでチャックを開けてるんです。
ドアを閉めたらもう2人だけの世界です。
無我夢中で、おちんちんをしゃぶります。
大きさや固さは夫と大して変わらないし、今までの経験から見ても大きいほうじゃありません。
でも、私が自由にできるおちんちんだと思うとたまらなく愛おしいのです。
少しくらい臭くても、唾液まみれにしてあげます。
尿道からカリ首、玉袋まで舐めなわして味わうんです。
10分くらいか、15分くらいかな?
旦那さんがもう出ちゃうっていうギリギリまで舐めまくります。
そして今度は旦那さんが私のアソコを舐める番です。
壁に手を付いてお尻を突き出すようにするんです。
すると旦那さんがスカートの中に潜ってきたり、ミニスカートをまくったりして、パンティの上から舐めまわすんです。
お尻の穴に鼻を押し付けながら、フンガ、フンガ、犬みたいに鼻を鳴らして、もう激しいんです。
唾液と愛液でパンティがグショグショになった頃。
ようやく脱がされます。
そして今度は直接クンニングスです。
アソコの中からお尻の穴の中まで、舌を入れられて舐めまわされるんです。
私はクンニだけで軽くイっちゃうんです。
感じすぎて膝がガクガクして立ってられません。
そして旦那さんはそのまま突き刺してきます。
私も旦那さんも立ちバックが好きみたいで、毎回この体位で挿入するんです。
バックからガンガン、ズンズン突かれまり!
たまにお尻とか叩かれたり、後からおっぱいを鷲掴まれたり!
まるでレイプされてるみたいに激しいんです。
とても40代、50代の男の人じゃないくらいパワフルなんです。
私は旦那さんに突かれながら2度か3度くらいイッてしまいます。
旦那さんは、いつも力なく尻餅付いた私の顔に発射してきます。
愛液まみれのチンチンを口に入れられて、お掃除させられて、その後、顔にかけられたザーメンを指で集めて飲まされます。
これでだいたい30分くらい。
近所に怪しまれるほどの長居じゃないので、バレずに続いています。

1ヶ月か2ヶ月に1度くらいは、2回戦する時もあります。
それも玄関先で、お掃除の時に立つまで舐めまわします。
勃起してきたら、感じすぎて腰が抜けている私を四つん這いにしたり、仰向けにしたりして、旦那さんが突き刺してきます。
2回目もガンガン、ズンズン、力強く突いてきて、私は恥ずかしいくらい大きな声を出して喘いじゃうんです。
お隣さんや玄関の外にいる人に聞かれちゃうかもしれないのに、自然と出ちゃうんです。
敏感になった私の体は何度もイキまくって、もうグッタリです。
旦那さんは、また私の顔に発射します。

セックスした日は、すごく満足で充実した日になります。
次の日になるとまたおちんtんが欲しくなっているんです。
そして気付くとオナニーしちゃってるんです。
誰か、怪しまれずに家に来れる人で、
お金のかからないいい人、いないでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
今年の夏の終わり、2年前に別れた妻が私の前に現れました。
私たちが結婚をしたのが今から7年前、当時妻は24歳、私は27歳、傍から見たら普通の女ですが、私の中ではとてもすばらしい妻でした。
髪はロングのストレート、丸顔で目はくりっとおおきく、とてもスタイルのよい妻でした。
毎日仕事が終わるのが待ち遠しく、1分でも早く帰って抱くのが楽しみでした。
家に帰ると、夕食の支度をしている妻を後ろから抱き、ブラウスのボタンの隙間から手を入れ、張りのある胸を揉んだものです。
「キャー。危ないからもう、、」
私をたしなめる妻を無視し、妻を抱いたまま寝室に連れていき、そのまま私のいきり立ったペニスを妻の中に入れ性欲を発散したものです。
[奥さんの不倫で別れた後、元奥さんは]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 調教された妻,

今から5年ほど前、パチンコにはまって多額の借金をアブナイ系に作ってしまいました。
到底返す事の出来ない借金のかたに妻を差し出せといわれ、妻は泣く泣くヤクザな男に抱かれました。何度も何度も。

最初の頃は私に「俺が奥さん抱いてる間、ご主人はよそいって時間つぶしてきてくれ」と言ってた男が、そのうち私に家にいるように言い出しました。

台所にいる私。
ふすま1枚隔てた向こうで男に抱かれる妻。
時々聞こえる妻の「いやぁ~、いやぁ~」という声。
その声に混じって聞こえる衣擦れの音。

男の舌が出す湿った音。
その音に別の湿った音が混じり、その音が段々大きくなる。
妻の声が「あ、あ、あ、」という声に変わりはじめ、段々「あ~、あ~、あ~」と伸ばしはじめると、「いやぁ~」が「いい~」に変わる。

しばらくすると肉と肉がぶつかり合うような音がし始め、途中音が止み、また出始める。
男のうめき声が大きくなり、妻の「中はやめて~~~~!」という悲鳴にも似た声と同時に肉の音が最大大きくなる。

いきなりふすまが開き、乱れた布団の上でこちらにお尻を向けた四つん這いの妻が「いやぁーーー、見ないで!」と身体をひねる。
瞬間見えた、男がたった今出したばかりの精液にまみれた妻の秘所。

この数日後、今度は私の目の前で妻は男に抱かれました。

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 妻と他人のエッチな雰囲気, 調教された妻,


妻が「スワッピングって興味ある?」とベットの中で聞いてきた。
どう答えていいかわからないから迷っていると「友達のU子が旦那に半分騙されてしたんだって。私はあなたが他の人とするのは嫌よ、言い出さないでね」
と言われたから内心ホッしたような残念なような気持ちでいたら
「でも、奥さんだけが他の人に抱かれて、それで興奮した旦那が前よりも奥さんを愛したっていうパターンもあるんでしょ?それには興味あるわね」と話題を変えてきた。

「他の男としたいのか?」と聞くと
「それであなたが嫉妬に燃え狂ってくれるならちょっとしてみたいかも」と言い出した。
「お前が他の男のチンポ入れられるなんて考えただけでおかしくなりそうだよ」
「どうおかしくなるの?」
「そういうHP見てみるか?」
「見たい!あるの?」
「検索したら出るだろ」
知っていたけど知らぬ振りをして見せた。

「うわぁーこれって旦那以外の人としてるの?」
「たぶんな」
「エローい」
妻は興味津々でページを見続けていた
そのうちに体験談を声を出して読み始めた

「ねぇねぇ、「妻が私以外の男の精液を奥深くに注がれながら」ってフレーズすっごくエロいと思わない?」
「そうだな、出されてみたいか?」
私は妻に身体を寄せてお尻を撫で回しながら答えた
しばらく体験談を読んでいた妻が
「なんだか変になりそう」と言いながら私の股間に手を伸ばした。
私は勃起している事を知られると恥ずかしかったので腰を引いたが妻は手で追いかけて私のカチカチに立ったチンポをつかんだ。
「あっ、立ってる」

妻は私のチンポを揉みながら「昔ね、付き合ってた彼氏がいたんだけど、
少し冷たい人で、寂しいから他に好きな人が出来ちゃったの、その人と何度かエッチして隠せなくなってきて
彼氏に別れたいって言ったの。そしたら別れたくないって言うから、好きな人が出来てもうエッチも何度もして
付き合うことになったのって告白したの、そしたら彼氏がさぁーその日の夜帰してくれなくて
朝まで7回くらいされたの。その時のチンチンってものすごかったのよ。それってこういう感じなのかな?」
「そんな話聞くと俺のほうが変になりそうだよ」
「あなたのチンチンもすごい事になってる、あっまだだめ!今日はあなたの本心をチンチンに聞いてみよっと」
そう言いながらパンツを脱がされた。私も覚悟を決めて素直になった。

「俺さ、お前の昔の彼氏と写ってる写真見てオナニーした事あるんだよ、こいつのちんぽがお前の中に入ってお前が悶えてたって思うとどうしよう無く興奮してさぁー」
「あの人ね、私がエッチの良さを知ったのはあの人だったからねぇー」
「どんな良さを知ったんだよ」
「興奮して倒れても知らないわよ」
「言えよ」
「まず、初めてイッたのはあの人だし、初めてちんちん咥えて、初めて精液飲まされて、初めて中に出されて、お尻攻めとかされてぇー」
「すごいな、よく別れられたな」
「ふられたのは私よ、でもそれからしばらくはセフレにされてた。私も次の彼氏ができてもその人から誘われたらエッチだけとわかってて行ってたよ」
「俺と付き合い始めてからもか?」
「あなたと付き合う直前に最後のエッチしてさよならしたわ」
「てことは、俺が付き合いたいって言って返事を待ってる間にしたのか?」
「ごめんね、でもそれきりよ」

私はたまらなくなって妻を裸にして結合した。
妻の身体は十分すぎるほど濡れた状態で私を受け入れた
「あなたが好きよ、ずっと好きよ。いっぱい嫉妬させて見たい。他の人のチンチンでエッチされて狂ってるあなたが見てみたい」
「この中に他の男のチンポが入るのか?」
「そうよ、他のちんちんで私がアーンアーンって悶えるのよどうする?」
「だめだ、もう出そう」
「そうよ、そうよ、他の人のチンチンから精液を中に出されるのよ、この中にあああっ出される、どうしようイキそう、アーーッ出される」

2人で一緒にイキました。

「私、他の人とするなら知らない土地で知らない人がいい、好みの人じゃなくてもイイ」
「どうして?」
「だって、興奮するあなたが見たいからするのよ、あとくされは嫌」
「じゃあ、連休に旅行にでも行くか」
「ホント!」

と言う事で9月14.15日で温泉旅行に行って妻は夜一人で近くのスナックに飲みに行って
一人の男を部屋に連れて帰って来ました。私は妻の希望で襖一枚隔てた隣の部屋で待機していました。
それはそれはすごい興奮でした。
「あああ、出されるよ中に出されるぅぅー」という妻の声
「奥さん、チンポが締まる...出すよ出すよあああっうううっ」
この声が耳から離れませんでした。ガマン汁の量が半端じゃないほどでした。
男が帰った後、妻の股間から他の男の精液の匂いがしたときは
股間が爆発するほど立ちました。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻のHな願望,

家内と夫婦喧嘩をわざとしています。実は夫婦喧嘩のよる強引に犯すと気持ちいい
ことに気づきました。
喧嘩の夜は家内も拒否してきます。それを強引に犯しています。
押さえつけて抵抗する家内を裸にするのは興奮して最高です。
パンティーを必死で押さえるのを破いてオメコに指を入れると、「感じないわよ」と
いきがるのが堪りません。豊満な乳房やオメコに愛撫を掛けていき家内が落ちて行く
のがいいのです。何度も逃げるチャンスを与えては押さえ込みます。
チンポを入れようとすると入れられたら終わりと判っているらしく、逃げようと腰を
引きます。チンポを差し込み挑発するのも楽しみです。
「俺のチンポに勝てるのかすぐ濡れるオメコのくせに」など家内を反発させる様な
言葉を掛け、性欲をこらえさせると堪ってきます。
乳首が立ちオメコが濡れると一旦チンポを抜いて、体を舐めまわし喘ぐとこまで
持っていきます。表情を見ると逝きたくてしかたないのが判ります。
家内に「チンポ入れて オメコ逝かせて」と言わせしつけをします。
完全に欲情させ自分からチンポを掴んでオメコに入れさせ腰を振らせます。
夢中でチンポを味わうのを見ながら家内を自分の奴隷にしています。
「○月○日から北陸に慰安旅行行くから、今年はお前も絶対来いよ」

「わかりました。
今年こそ連れてってもらいます。」

仕事でいつも世話になってる藤川の社長が、自分の会社の慰安旅行に今年も私を誘ってくれ、去年も誘ってもらいながら、先の予定が入っていてどうしても行けずに断ったら、かなり後々まで嫌味を言われ続けたたので、今年は何をさておいても参加しなければと、二つ返事でそう応えると、藤川の社長はタチマチ上機嫌になりました。

元893で一匹狼で、義理人情に厚く、味方につけると時に百人力にもなってくれる頼もしい藤川の社長ですが、ひとつヘソを曲げると子供みたいなところがあって、機嫌を直してもらうのに一苦労するという難儀な一面もあり、その為に敵も多いのですが、特に私をいつも目に掛けてくれる人でもあるので、その関係を私はとても大事にしていました。

そんな藤川の社長が主催する慰安旅行は、慰安旅行と言っても一匹狼で商売をしてる社長に社員はおらず、いつも旅行の参加者はたまに日雇いで応援で来る人や、私の様に同業他社で仲の良い人間で、そんな人間ばかりを毎年何人も招待しては、豪華な慰安旅行を敢行してるのです。

そんなキップの良い藤川の社長は、とにかく自分の元に集まってくれるのが嬉しい様で、参加時にいくらか包んで持って行っても一切受け取らず、それでは悪いからと旅行先で飲み代などを勝手に払っておいたりすると、それに怒り、支払った金以上の金を懐に捩込んでくる様な、本当にそんな親分肌の人です。

その藤川の社長が旅行の話を私にしてる間にふと思いだしたかの様に、

「そうや!今年は人数も多いし大型バス頼むつもりやから、バスガイドとして友紀に来てもらおか
日当はちゃんと出すからって、お前帰ったら友紀に頼んどいてくれ」

「マジっすか
はぁ…言っては見ますけど…
でも、男ばっかりやし、行き先も行き先だからもしかしたら嫌がるかも」

「嫌がるか!
元バスガイドなんやからそんなの慣れとるわ
とにかくもうバス会社のガイドは断るから、絶対頼むって友紀に言うとってくれよ」


藤川の社長は一方的に私にそう言うと、慌て帰ってしまいました。

藤川の社長が言う様に、妻の友紀(33)は元バスガイドなのですが、社長の慰安旅行は参加者が男ばっかりなので、いつもお色気ありのフルコースが多く、今回も旅館自体がそんな感じの旅館だそうです。宴会にも濃厚なサービスもするセクシーコンパニオンが入るみたいでした。

そんな旅行のバスガイドを妻がOKするか疑問でしたが、帰ってその話を妻にすると妻はあっさり参加OKしました。

「藤川の社長に言われたら断られへんやん」

そんな最もらしい話を妻はしていましたが、妻がOKしたのには別の理由がありました。

その旅行に私の友人で仕事仲間でもあり、そして妻とも関係のあるノブとタカが一緒に呼ばれてて参加するからです。


私と妻の友紀は結婚当初から単独男性を呼んで行う複数プレイに嵌まっていて、ドMな性癖の友紀に、これまで私は様々なタイプの男を与え続け、その延長で実生活の友人であるノブとタカを誘ってふたりに友紀を抱かせました。

私の友人でありもともと友紀もよく知っていたノブとタカとのプレイは、これまでの普通の単独さんとは違って、やる前からバンバンに高まってた友紀は、ふたりとのそのプレイに嵌まり、特にノブとのプレイではMっ気を完全に高め、狂った様にノブの体にむしゃぶりついていました。

ノブもそんな友紀のMっ気を高め様と奴隷の様に扱い、自分の後半や若い衆を連れて来ては自分の前で友紀を抱かせ、友紀に奉仕をさせたりもしました。

そんなノブに友紀は一時どっぷり嵌まり、完全にノブの肉奴隷状態でしたが、その後夫婦ともに燃え尽き症候群状態だったので自然にご無沙汰になり、この旅行でふたりに会えれば妻にとって一年振りの再会でした。

その為にガイドをOKしたのかどうかは、妻が認めないのでその時点ではハッキリしませんでしたが、旅行での妻の姿にそれはハッキリと浮かんで見えました。

私たち夫婦がその様なプレイをしてる事は、実生活上ではノブとタカ以外に誰も知りません。

藤川の社長も、他の旅行参加者も誰ひとり知りません。

特に前々から私以上に、友紀の事を可愛いがってくれている藤川の社長は、見た目だけで友紀が清楚で、いまどきにしては出来た嫁だと信じていて、その事実を全て知れば腰を抜かすのではと思います。

そんな事をふと考えた私は、何故かそれが面白い気がして、当日の妻のバスガイド衣装を、超ミニのスカートにしました。

藤川の社長もいるのにと友紀は最初そのスカートを嫌がりましたが、ノブのリクエストだと私が言うと途端に何も言わなくなり、そんなスカートを穿いて、その中には以前ノブにプレゼントされた淫らな下着を着けバスに乗り込みました。

妻のそんな姿に藤川の社長は目を丸くし、

「今日はどうしたんや
友紀
そんな格好してたら旅館で犯されるぞ
あんなとこ餓えた男ばっかりやのに(笑)」

「ウフフ、短すぎたかな
でもたまには目の保養になっていいでしょ、ウフフ」
「ぉお、そやの、もうガイドはええからこっち来て鷲の横にずっと座っといてくれよ、ガハッハッハァ」

十年振りと言いながらなかなか立派にマイクを握り、ガイドを務める妻でしたが、バスが揺れる度にスカートのスソからガーターベルトとセクシーなストッキングの継ぎ目が見えて、みんなガイド内容よりもそれが気になって仕方のない様子でした。

バスの運転手さんも運転しながらそれを何度も横目でチラチラ見ていて、気になって仕方のない様子でした。

運転手さんをよく見ると
、かなり胸板の厚い友紀好みのガッチリ体型の人で、この人を誘っても面白いかなと余計な事まで考えていました。

そんな事を考えていると自然に気分が高まり、今夜は久しぶりに…と今夜のシチュエーションを勝手に考えていました。

あんなミニを穿いてノブに貰ったエッチな下着まで着けてんだから、友紀も最悪ノブとだけはスルやろうな

そう思い、ノブに

「どう今夜久しぶりに?」

「友紀ちゃん体調大丈夫なん?」

「大丈夫やろ、あんなミニスカ穿いてんやから」

「中もエッチなの穿いてんちゃうん?」

「ぁあ、あれノブがくれたやつやろ
ノブの為に着けたんやと思うで(笑)
久しぶりに調教したってや」

「ぁあ、楽しみにしとくわ
他のメンバーはどうするん?タカは?」

「ちょっとそれは友紀の様子見て臨機応変に決めるわ
なんせ病み上がりやからな」

「そやな、無理したらあかんな」

「ま、とりあえずノブとは100%OKや思うから、宴会であんまり飲み過ぎん様に準備しとってや」

「了解」


そんな話をノブとしていると、後部席から藤川の社長が大声で友紀を呼んでいました。


「お~い友紀!ガイド料忘れん内にやっとくからハヨ取りにこ~い!」


そう言いながら社長は万札をヒラヒラさせています。
それを見ると友紀は慌て後部席の社長の所まで飛んでいき
わ~い、と子供みたいに喜びながらそれを受け取っていました。

「もうガイドはええからまぁ、ここに座れよ
まぁ、とりあえず飲め」

かなり酔っ払った様子の社長が、そう言いながら友紀の腰を抱いて隣に座らせ様とすると、その弾みで体勢を崩して友紀のスカートがズレ上がり、スカートの中の真っ赤なオープンショーツやガーターベルトがまる見えになりました。

友紀は慌てそれを直していましたが、藤川の社長をはじめ何人もがそれを目にしたはずです。

「おいおい、おまえら今晩、二人目作り気やろ」

そう言って、藤川の社長が友紀を茶化し、友紀は恥ずかしそうにしていました。

そんな事をしてる内にバスは目的の温泉へと到着し、旅館に入ると各部屋へと一時分散、社長の配慮で私と友紀だけはふたりひと部屋にしてもらっていて、ふたりで部屋に入ると私は友紀の股間をチェックしてみました。

予想通り、うっすらパンティを濡らしていて 、バスで中で妻が何かを期待し、ひとりで高まっていたのが良くわかります。

「も~なに?お風呂行かなあかんやん、もうだめよ、も~だめだって…」

私の指が友紀の性器に触れると、直ぐにピチャピチャと蜜が溢れ出てきました。

「あ~ん、もぅあっあっああん、あっあっあっ」
「今夜、久しぶりにエッチなことする?」

「ええ~っ?あっあっあいやっ、あ~んあっあ」

「ノブもタカもいるし、せっかくのチャンスやろ
ノブも久しぶりに友紀を抱きたいって言ってた」

「ええっ?ああっ、あっそんな話したの?あっ」

「うん、バスの中で
友紀のミニスカ姿にノブもタカも堪らなんなぁって言うてた」

「タカさんも?…」

「なんで?
タカは嫌なん?」

「タカとも久しぶりやしええやん」

「…。」

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 寝取らせ, 他人とやる妻を目撃,

私が43才、妻が40才の時の体験です。
大人の遊びとして不倫や浮気は今でも流行しているようですが、当時も夫婦でセックスを楽しむ手段として乱交パーティーはあちこちで開催され、スワップや3p4pを斡旋する広告が堂々と新聞や雑誌に掲載されているようなご時世でした。
私達夫婦も世間並み?によく遊びに参加してセックスライフをエンジョイしていました。
[輪姦クラブ]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

こんばんは、30代後半の夫婦です。
先日、初めて妻とカップル喫茶に行きました。
最初、嫌がりましたが、性生活もマンネリ気味だったので、ちょっと覗くだけ
だからと、説得して行きました。
都内某所にあるカップル喫茶です。
最近ではハプニングバーとも呼ばれてるみたいです。
店内は、個室とリビングルームみたいな大部屋に分かれていました。
リビングはバーのようになっており、カウンターとテーブル席です。
店内には、すでに数組のカップルがいて、お酒を飲みながら話す人や、ソファ
ーでいい雰囲気になってる人、個室の方からは悩ましい声が聞こえてきていま
す。
[ハプバーで他人妻寝取り体験]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 妻のHな願望,

結婚5年目の33歳の主婦です。
先週の土曜日に家族で民宿に泊まりに行きました。
子供を寝かせた後、主人と二人で部屋でお酒を飲んでいました。
主人は日頃の疲れから解放されて、すぐにイビキをかいて寝てしまいました。
私は酔いをさまそうと温泉に入りに行きました。お風呂から上がり、自動販売機でお茶を買い休憩所で休んでいると、男性のお風呂から若い男の子が出てきて、その子もお茶を買い、私が座っているそばに座りました。
私はなぜか彼に意識してしまい、ぎこちなくしていると彼から話しかけてきました。
話しを聞くと、まだ大学生でバイクで旅行しているとの事。
学校の事やバイクの事など一時間ぐらい彼と話し込んでいました。
そして彼が旅行中に撮った写真が部屋にあるから見に来ないかと誘われてしまいました。私は当然彼の部屋に行くことはダメだと思う反面、お酒が入っていてちょっと男臭い彼に惹かれて一度ぐらいの過ちなら…と思い、彼の部屋に行きました。
結果的には私の思ったとおり、彼と関係を持ってしまいました。
歳が一回りも違うけど本当にいいのと彼に何度も聞いていました。初めて彼を見た時からそうなることを期待していたのだと思います。
同じ民宿の中で主人と子供が寝ている中で、私は別なそれも一回りも違う男性に抱かれている。そう考えただけで何度も彼に求めてしまいました。
翌日、彼は朝早く民宿を出発し、私と会うことなく離れてしまいました。
今考えると二度とできないいい思い出になったと感じています。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 妻のHな願望,

いままでトータルで5組ほどのカップルの方たちを混浴露天風呂にお連れし、よそのオトコに嬉々として身をまかせてしまう奥さんの姿をご主人に見せる場を設定してきた経験を持っているのですが、これは別れた妻と私の経験がトラウマ(というか新たな自分の発見か?:笑)になっており、告白がてらここ見ている皆さんにお伝えしようと思います。
[混浴温泉で他人に犯される妻]の続きを読む

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 温泉, 寝取らせ,

取引先の運送業者の従業員と仲良くなり、仕事以外のお付き合いをするようになってはや一年、お互いの夫婦で熱海へ旅行に行った時の事です。
待ち合わせの東京駅で、彼から、奥さんが風邪をひいてしまい同行出来なくなったと聞かされた時・・・私は唖然としました。
仕方なく、私達は3人で熱海へ1泊旅行する事になったのです・・・。
[自分の目の前で妻と他人がセックス]の続きを読む

関連タグ : 他人とやる妻を目撃,

結婚すると同時に妻が妊娠してしまい新婚旅行も行けませんでした。
そんなこともあり、子供が生まれて半年後に家族三人で温泉旅行へ行くことにしました。
久しぶりの旅行でもあり、新しい家族が増えた旅行ということで自分は夕食で盛り上がってしまい深酒から部屋で寝てしまいました。
夕食後は団体客も宴会の延長で忙しく風呂には入ってこないことが多いので、その時間帯に妻と子と三人で混浴露天風呂に行くことにしておりました。
私がペロンヘロンに酔って寝てしまったこともあり私が起きたのは夜の10時過ぎでした。
起きると隣には妻と子供の姿はなくテーブルに「聡美とお風呂に入ってくるネ」とメモ書きが置いて
ありました。
[混浴温泉で若い男に裸を見られる妻]の続きを読む

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 子供, 寝取らせ, 妻のHな願望,

7歳年下の妻美佐子は、普段はとてもまじめでおとなしく少し堅い感じの女です。
体は中肉中背で割とスタイルはよく、顔は美人のほうです。
この前、妻の職場で会社の人に冗談で口説かれた話や、体を触られた話を聞き
細かく聞いていると妻もまんざらではなくただ同じ職場で変なうわさを流され
るといやだから相手にしなかったと言うのです。
その割によく話を聞くと妻の下着を欲しがったりしていたそうです。妻も何処まで本当のことを言っているかわかりません。
[会社で口説かれた妻はそのまま]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 職場の男,

こんにちは、僕は27歳の男です。僕と、僕の妻に起こった出来事を聞いてもらいたくて
書き込みました。下手な文章ですが、読んでいただけると幸いです。

大学を卒業し、大手のチェーンストアDに入社した僕が、妻と知り合ったのは4年前です。
初の職場として都市部の巨大店舗に配属された僕、幹部候補生扱いでしたが
まずは、売り場での研修から始まります。1階フロア、そこでレジ主任として働いていた彼女。
僕より3歳年上、スレンダーで化粧っ気も無い、物静かなのにお客さんへは大きくハッキリした声で
キビキビ応対、いつも売り場の人気者でした、僕にしてみたらとても大人っぽい憧れの女性。
でも彼女には夫がいました。
[家で飲んで眠っていたら同僚が妻と]の続きを読む

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 妻と他人のエッチな雰囲気, 職場の男,

最近、妻の裕子が綺麗になった。洋服もしぐさも以前に増して女らしく、
フェロモンを出しているというか・・。
妻は37才だが5才は若く見え、夫が言うのもなんだが上品で貞淑な感じの美人である。
そんな妻が最近は牝の匂いを発散しているように感じ、不審に思い始めたのだ。
娘も中学2年になり手が離れている今、妻はテニススクールに通っている。
もし妻に男がいるとすればそのスクールの関係者ぐらいしか考えられない。
[妻が他人に種付けされている現場]の続きを読む

関連タグ : 妊娠, 調教された妻, 子供, 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻,

私の妻は32歳で、どちらかと言えばかわいい顔立ちだと思っています。
妻は、昔から肩凝りや腰痛がひどく、「指圧・マッサージ」はもちろん、「整体」や「鍼治療」などを、いろいろと試しています。
私は、そんな妻が半裸で鍼治療を受けたり、指圧・マッサージされたりすることに、なにか言いようのない興奮を感じます。治療の時は、下着姿や、時には、パンティ一枚の姿にされることもあるらしいのですが、「治療だもん、何とも思わないよ」と言います。治療中、もしパンティを脱ぐように言われたとしても、「多分言われたとおりにする」とも言うのですから、私がどれほど興奮するかおわかりいただけますでしょうか。
そして、とうとう、先日マッサージを受けた時、「自分も勉強して、家でやってあげる」という名目で、妻の治療を見学することに成功しました。もちろんビデオ持参です。
妻が、看護婦さん(?)の指示で、パンティとブラジャーだけになって待っていると、先生が来てブラジャーもはずして診察台に寝るように言われました。私は、バスタオルか何かを掛けるものと思っていたので、ちょっと戸惑いましたが、さっそく、ビデオをまわし始めました。
先生は、うつぶせになった妻の肩から背中にかけ、「つぼ」を探っているかのように指で押していきます。一通り、背中をおした後、妻を横向きにさせました。残念ながら、背中をこちらに向けていたため、胸は見えませんでしたが、先生はさっき背中にしたように、脇腹からのあたりを指で入念に押しています。
しばらく、指で押していましたが、とうとう、「はい、上を向きます」と言ったと思うと、妻を仰向けにしました。妻のほどよい大きさの乳房がいびつに歪みましたが、乳首はツンと上を向いています。先生は、まったく顔色も変えず、妻の乳房を下から持ち上げるように押したり、乳房に手のひらを押し付け、体重をかけます。先生の手のひらで、妻の乳首がつぶれているかと思うと、ビデオを撮る私の腕は興奮でブルブル振るえてしまいました。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, マッサージ,

今年の秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に
那須の別荘に遊びに行った時のこと。

ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ
顔はホントに結構かわいいと思う。

夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8年くらい付
き合っていて一緒にいるのがすごく自然な2人だった。先輩たちとはよく
一緒に飲みにも行っていてすごくかわいがってもらっていた。
優も2人のことはすごく慕っていていつも楽しそうにしていた。

3時間くらい飲んでいると、先輩達が結構いい感じになってきてキスとか
をしだした。僕はびっくりして固まっていた。優も僕の隣で恥ずかしそう
に下を見ていた。
[t]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 妻と他人のエッチな雰囲気,

先日、家に私の友人Hが遊びにきました。
Hとは長い付き合いで妻とも仲が良く、妻も気に入っている友人の一人です。

その日は、Hがひどく酔い、エロ話になりました。
Hは妻に「いつもどんなことしてんの?」とか、
「フェラ上手そうだよね」とか、冗談で言ってました。

妻も酔いが回り始め、「私、結構上手いよ」と、冗談返ししていました

Hが「やべっ、立ってきた。」と言うと、「トイレで抜いてきたら?」と妻。
私が「んじゃ、AV見せてやる」と言い三人で、AV鑑賞が始まりました。

内容は、私の趣味でもある乱交ものでした。 Hは、見ながら興奮しまくり。



妻に「凄いよね?いつも、こんなの見てんの?興奮しない?」と言いました。
妻は「ちょっとエッチだよね」
Hは「濡れてきたんじゃないの?」と冗談を言ってました。
[家に遊びに来た友人]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

以前のことだが、彼女を痴漢に弄んでもらうのにハマってたなーww
わりと出るって噂の電車に露出高めの服の彼女を乗せて遠巻きに観察。
同じ電車に何度も乗ってると痴漢のほうでも覚えるらしくて段々痴漢される確率もあがってった。たまに痴漢が複数いる時もあって、痴漢のチームプレイとか本当にあるんだなーと感心したよ。
で、降りてから二人でラブホ行って彼女に痴漢されてる間のことを聞きながらセックス。
痴漢に言葉責めされたとか、スカートの中に射精されてることとかもあったおwww
電車の中で観察してる時点で勃ってるから部屋に入ったら、とにかくハメて一発抜いてた。彼女もグチャグチャに濡れてたしなー。
ただ、やり過ぎてすこし予想外のことが起きた
いつもみたいに電車で触らせてた彼女が連れてかれたんだ。見た感じ痴漢が複数いた雰囲気だったが囲むようにしてスーッと隣の車両へ。
で、俺も隣の車両にいったがいない。車両を一つずつ探していったが、いない。
駅には止まってないし見落とすわけもない…少し考えて気付いた。

 ト イ レ

電車には二つトイレが付いてて、まさかと思いながら最初にいた車両に近いトイレのドアに手をかけると鍵がかかっている。
ドアが洗面台の外にもついてたんで鍵をかけると洗面台にも入れない。そうなれば数人の男女が中に入ることも出来る。

ほぼ間違いなく彼女がトイレの中でマワされている。それこそ動悸が異常に激しくなって息苦しくなった。
駅に止まる少し前ぐらいにようやくドアが開き男たちが三人、散り散りに出て行き降車。
中に入ると洗面所で彼女がまだ上気した顔でポーっとしてた。想像通りマワされたらしい。

で、ホテルにいって脱がすと陰毛が綺麗に剃られて内股に正の字。

ぶっちゃけメチャクチャおっきした
勇気ある痴漢さんありがとうございます orz

関連タグ : 寝取らせ,

自分37歳、妻38歳の専業主婦です。妻の浮気に気づいたのは携帯メールでした。いかにも肉体関係ありのメールでした。でもしばらくは様子をみていたのですがついに問い詰めてしまいました。後輩の結婚式の二次会で知り合った男でした。妻よりも10歳も若い、でもそんなには責めないでいました。嫉妬と興奮でした、それからは夜の生活の時、酔っているとなおさらなんですが問い詰めるようになりました。どんなSEXをしたのか?とそうすると自分も妻も興奮します。今考えると妻はムダ毛処理をよくしていたり下着が派手だったかなっておもいます。妻の告白によると二次会でお持ち帰りされたそうです。 あそこを丁寧に舐めてくれてアナルのほうまで綺麗に舐めてくれたそうです。それから手でするのがとっても上手だったようで逝かされてしまっようです。ペニスも大きくて何度も何度も逝かされたようです。どんどん肉体関係は派手になっていき自分ではやった事ないような事までしたそうです。アナルに指入れられアナルバイブも使われ最後にはペニス挿入されたようです。妻が夜外出した時は帰ってくるまで興奮して眠れませんでした。帰ってくると必ず妻を抱きました、激しくクンニすると確かに青臭い匂いがします。妻は避妊済みなのできっと中だしされています。ドロっと白いものが出てきます。その白い液体を綺麗に舐める自分は変体でしょうか? 妻のパソコンを調べてみると案の定ハメ撮りされた写真が隠してありました、
手首を縛られアナルに極太バイブをいれられあそこからは精液がドロドロと流れ出ている写真で自分は何度も抜いてしまいました。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気,

僕の妻は、今年30(僕と同じ歳です。)です。背が154cmと小柄ですが、胸は90cmあり、それでいて太ってはいません。子供は、10歳の娘がいます。

昔、新体操をやっていたこともあり、あそこの具合も最高に良く、普段は貞淑で、浮気も全くしません。(僕はしてますが(笑))
顔は川島なおみに似ていて、僕から見ても美人で可愛いと思います。
その妻を先日友達4人(僕を入れて5人ですが)で可愛がってあげました。
事の発端は乱交系のAVを観たのがきっかけでした。
僕は前から、妻が複数の男に抱かれて感じまくる姿を見たいとずっと思っていましたが、妻はそんなことをする女ではないと思い、ずっと言えないでいたんです。
思いきって
「このビデオみたいなことをしたい。お前が男に抱かれて喘いでいるとこを見たいんだ。」
と、言ってみました。
初めは黙って俯いていましたが・・・
「実はあたしも興味があって、ずっとそういうことを考えながら自分でしていたの・・・」
と言うではありませんか。
僕は驚いたと同時に、自分の長年の希望がかなうことで嬉しくてたまりません。
妻といろいろ打ち合わせして、知らない人より最初は僕の友人がいいということになりました。
[乱交願望が現実に]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ, 乱交,