FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

私は、妻を薬で眠らせて晒し者にしています。
この間、チャットで集めた5人の男性に晒し者にしました。
妻と伊豆の温泉へ出かけ、宿泊先で偶然を装い、さも昔からの知り合
いのように挨拶をかわし、夕食後の飲み会を約束しました。
夕食後、半ば強引に妻を彼らの部屋へ連れて行き、飲み会が始まりま
した。彼らは、妻をご機嫌にさせて、次々と酒を勧め妻を酔わせよう
としていました。そして、妻がトイレに立ったときに私は彼らの見て
いる前で、妻のグラスに昏睡剤をいれました。彼らは押し殺したよう
に互いに顔を見合わせ笑みを浮かべていました。
妻は戻ってくると、疑いもなくグラスを飲み干し、少し時間がたった
頃、眠くなったから部屋へ行くと言い、私もそろそろ失礼すると言い
部屋を後にしました。部屋へ着くなり服のまま眠り、起きない事を
確認し、妻の服を全て脱がし、布団の上に寝かせ、彼らに携帯電話で
連絡しました。直ぐさま彼らは部屋に来ました。
彼らの目の前には、全裸の女が眠っているのです。
彼らは一応に互いに顔を見合わせて歓声をあげていました。
私は彼らに「好きなだけみてもいいよ」と言うと彼らは妻を囲み時折
、体に触れながら、色々なアングルから眺めていました。
私もそれを見ていると興奮して、思わず「あと5時間くらいは何を
しても起きないから好きにしていいよ」と言うと、待ってましたと
ばかりに、彼らは妻の体に飛び掛りました。直ぐに入れる者や、体を
触りまくる者や、好きなように玩具にされていました。
翌日、何もなかったのように、よく眠った!と妻が言っていました。
本当に気づいていないようで、一安心でした!
そのおかげで、またやろうと密かに計画をしています。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

私達は年の差のある夫婦です。結婚して3年目、2人の子を持つ親となり
ました。

最初に妻と出会ったのは6年前、当時20歳の妻でした。
たまたま仲間と入ったキャバクラに勤めていた妻。明るくて社交的な印象
を持ちました。
お決まりの様に私は携帯番号を交換し、度々お店に行く様になりました。
時には妻にお客の指名が入っていて他のお客とのやり取りを目の当たりに
し、嫉妬に似た気持ちを味わう事も多々ありました。
[知らない間にデリヘル勤めしていた妻]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

妻を、ポルノ映画館にミニスカートをはかせて、出かけさせた。
当然、周囲の注目を引く。
精液をいっぱいため込んでそうな、若者から、なにかを期待している、中年まで
妻の太股に視線がかかる。
少し離れた位置から、観察をする。
しばらくして、一人の男が、行動を開始した。
妻の左横に座り、深々と腰掛けている。
妻の首が少し、右に傾いたが、ここからでは見えない。
右斜め後方に移動し、観察を続ける。
男の手はすでに、妻の股間にのびているようだ。
暗闇に、妻の白い太股が、かすかに見える。
妻の肩先が、細やかに震えている、おそらく男の指が、妻のおまんこをさすっているのだろう。
それまで、右に傾いていた妻の首が、いつの間にか右に移動している。
肩口が上下に大きく動いている。
男のペニスを、掴まされ、しごいているのだろう。
しばらくして、男が立ち上がった。
妻の手を引いている。
通路を通って、私の前にさしかかったとき、ちらりと妻がこちらを見た。
私は頷き、後を追って、席を立ち、二人を追った。
女子トイレの一室へ入って行くのを見届けると、私も後を追い、隣の個室に身を潜めた。
隣から軽い布擦れの音が聞こえ、押し殺した妻の息づかいが聞こえてきた。
耳を傾けると、「ぴちゅぴちゅ」というような、音に混じって、荒くなった呼吸も聞こえてくる。
はち切れんばかりに怒張した、ちんぽを握りしめ聞き耳を立てた。
スカートをまくり上げる音がして、耐えきれなくなったように「ああっ・・・」と妻が漏らした。
定期的な軋み音が続き、速くなったかと思うと「ううっ」男の声がして静かになった。
男が出ていった後、隣のドアを開けると、足首にパンティを引っかけ便座に腰掛けている妻が
いた。
パンティを履かせ、妻をそこから連れだした。
映画館を出て、車に乗り、駐車場で、妻の股間を調べた。
今しがた注入されたばかりの、男の精液が、パンティにベットリと付いている。
おまんこの中にも、まだ、かなり残っている。
興奮しきった私は、夢中でちんぽを突き入れ、激しく腰を振った。
他人の精液が溜まった妻の膣の中に、激しく射精した・・・・

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,