FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

43歳♂・41歳♀の夫婦です。
二人とも教師をしています。
 結婚当初は夫婦円満の幸せな生活を送っていました。ところが、子供が生まれたころから妻と私の両親との関係がうまくいかず、夫婦の関係もギクシャクしてしまいました。そんな関係が数年続き、ある時妻が、「私を助けて!」と言ってきました。話を聞いてみると、夫婦関係が悪くなってから、1年間余り他の男性と不倫をしていたということでした。最初は、家庭のストレスを晴らす場としてその男性との時間を幸せと感じていたようですが、日が経つにつれその男はいろいろな要求を出してきたようです。フェラチオや普通のSEXはもともと喜んでする女です。しかし、排泄をした後のアナルを舐めさせられたり、尿を飲まされたり、ロウソクをたらされたりする趣味はありません。そんな男との関係が嫌になり、私に謝罪し助けを求めてきたのです。妻が別れ話を切り出すと、「お前の勤めている学校に、この女はこんな淫乱な女だと証明するために、今まで撮ってきたフェラチオの写真やハメ撮りの写真をFAXで流してやる。」と言い出したそうです。妻に対する怒りはありました。しかし、私の両親や私自身が妻を追い詰めた結果だと思うと、見捨てることができませんでした。そこで、弁護士に相談し、その脅しは犯罪行為であるということが確認した後に、その男とその母親に直接電話をし、示談に持ち込もうと話し合いをしました。ところが、その男は開き直り、「妻をそんな行為に走らせるお前が、旦那として失格なんだ。」と言ってきました。それに対して、私は「ならば、今すぐ警察に電話をして、お前を逮捕してもらうように要求をする。そして、お前の母親、家族にこの事実をすべて話す。」と電話口に向かって大声を張り上げました。かれこれ、1時間ほど、罵声を浴びせあったでしょうか。その日は結論が出ませんでした。その翌日、その男の母親から謝罪の電話があり、身を引くということが告げられました。
[性奴隷にさせられていた妻]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ, 子供, 調教された妻, 職場の男, 妻のHな願望,

先日、3回目の結婚記念日で群馬の伊香保温泉に妻と
行ってきました。妻は32歳、身長は173㎝もあり、モデルの
ような体型をした可愛い系の女です。結婚以来、1週間に3~4回
セックスをし、毎回妻をイカせているので自分ではセックスに
関しては妻を満足させている、と思いこんでいました。

 それが群馬の夜にとんでもない光景を目にしてしまい、
それ以来、その光景が頭から離れずにこれまでのように妻と
セックスをすることが出来ていません。
[旅行先で若い男3人に妻が]の続きを読む

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻,

私は、馴染みのレンタルビデオ店の主人とその店の常連客3人と
時々その店の閉店後や休みの日に店の奥で飲み会をしていました。
以前から、私が妻の淫らな姿の写真やビデオを妻には内緒で彼らに
見せていました。時には冗談半分でビデオに簡単にモザイク等の処理を
して、レンタルの棚に置かさせてもらう事もありました。
主人曰く月に2回くらいはレンタルで借りていく人がいると言っていました。
彼らは、妻も交えて一度飲み会を開きたいと顔を合わせる度に言っているため、
私達は計画をたてました。勿論、彼らの目的は聞かずとも分かっていました。
私も以前より他人に妻の裸を生で見てもらいたいと言う願望があり、妻も
スワップみたいなものに多少は興味がありました。
早々目的や彼らとの計画は妻には内緒にして、飲み会だけの事を話し
丁度タイミング良く、店の改装をしていたのでそれにかこつけて「改装パーティー
をやるらしいから奥さんも是非にとの事だよ」と言い、しょうがないな~と言いながら
満更でもない様子でした。
私はその日を待ちきれずに暇があれば店に行き彼らとレンタルのAVを見ながら
打ち合わせました。彼らには、「妻は酒が弱いので飲ませて、卑猥な話題で
盛り上がらせてAVでも見せてその気にさせたらどうか」などと打ち合わせていました。
やっとその日になり、妻に「飲んで遅くなるからシャワーを浴びていこう」と言い妻に
準備よくシャワーを浴びさせ、何を着ようか迷ってる妻に「人に見せる訳でもないから
下着は俺の好きなスケ透けのやつを着けろよ!」と、え~っと言いながらも
貴方ってホントに好きね!と言いながらもスケパンを着けさせる事に成功したので、
この勢いにと思い、上はノースリーブにカーデガンでも着て、スカートは膝上15センチ
位の白で裏地の薄い物を身に着けさせました。「これじゃー屈んだら下着が透けて
見えちゃうよ!」と妻が言うので「夜だし外で飲む訳でもないから大丈夫だよ」と
適当に言って妻を納得させました。
店に着くと準備は整っていました。打ち合わせたとおり、上着を脱ぎたくなりやすい
ようにあまりエアコンは効かせてなかった。
早々に彼らの接待が妻に対して行われ、次々に妻に酒を飲ませていきました。
上機嫌になった妻は、酔いと多少の蒸し暑さで上着を脱ぎ次第に足元に緊張感
をなくし股を少し開き気味になり、彼らからは妻のパンティーが丸見えになっていた。
彼らは目付きと仕草がますますいやらしくなり、その場の盛り上がりでAVを
ビデオにセットした。そのビデオは丁度妻と同年代の投稿もののスワップビデオでした。
妻ははじめ、スゴーいとかこんな事するの!なんて言いながらふざけて見ていましたが、
次第に無口になり凝視して私が後ろにまわり、太ももあたりや胸を触ったり、殆ど露出
されたパンティーの部分を触っても嫌がるそぶりも無く、半分身を任せて目は酔いも
あって窕になってきたので、そろそろチャンスと思い店長とさっと入れ替わり私はタバコでも
買ってくると言い部屋を出る振りをして覗き見していました。
妻は酔いとその場の雰囲気で意識が朦朧としはじめたのか体を触っているのが私では無い事を
しりつつもなすがままの状態で、他の3人も妻の回りに集まり奥さんもビデオみたいな格好を
してよ!などと体を触りながら話し掛けていました。妻も感じているような声をかすかに上げながら
一人の彼のアソコをイジリはじめ、そして片方の手で自分のアソコをパンティーの上から触り始め
たのには私も驚きました。
今の妻と結婚する前の付き合ってた時に3Pの経験が1度だけあり、そういう事に興味はあるものの、それ以降中々そういう状況が無く、結婚して数年は普通の SEXだけでした。それが、ついこの間にとうとうチャンスがやってきました。ある日の夜、友人が遊びに来ていて、酒を飲み、妻は家事をしていました。そして、21時頃に友人が帰る事になり、妻もお風呂に入ると言いだしたので、「ん?今がチャンスじゃないか」と思い、友人を外まで送る様に見せかけ、友人が「それじゃ」と言うと同時に、私が「妻が風呂から上がったら目隠しをして SEXするから、入れる直前に交替してくれないか?」と頼んでみました。友人は一瞬言葉を失い、不思議な顔をしてました。友人は「なに?」とか、「どうして?」みたいな事をいいながら、たぶんすでに乗り気だったと思います。もう1度同じように頼むと、「冗談じゃないんだよな?本当にいいのか?」 私は「ホントだ」と答え、簡単な打ち合せをしました。私も友人も、すでにかなり興奮していて、ホント簡単な、ベタな考えしか浮かんでこなく、結果、寝室のクローゼットに、友人に隠れてもらい、戸は開ける時に音がしない様に少し開けた状態にして、挿入の時に入れ替わるという事にしました。
話は決まり、家に戻り妻がお風呂に入ってる事を確認して、友人に寝室に隠れてもらい、私は、風呂から上がると、すぐにSEXができる様に、妻にその気になってもらう為に、一緒に風呂にはいりました。 妻が体を洗い、風呂に浸かってる間に急いで体を洗い、一緒に浸かり、胸を触り始めました。妻は、一緒に風呂に入る事さえ久々で、「何よー」と、少しテレている感じで、あまり抵抗する感じもなく、本格的な前戯にはいりました。私はすごく興奮していて、モノは痛みさえ感じるくらいまで勃起していました。妻も、私の勃起している私のモノを触って、いつもと違う感じに、妻も興奮していました。私は入れたい衝動をおさえるのが必死でした。妻に「ベッドに行こうか」と言い、妻も頷いたので、ひっぱり様に寝室に連れて行きました。ベッドに押し倒し、激しく愛撫して…。妻のアソコもグチョグチョに濡れ、シーツに流れる程でした。「もう入れて」とせがまれ、私は「まだ」とジラし、立ち上がって妻を起こし、フェラの態勢になり、私のモノを妻の口にもって行こうとする前に妻はしゃぶりついてきました。持ってきておいた長めのタオルを取り、なんの抵抗も無く、妻を目隠しました。もう私は興奮の絶頂で、イクのを我慢するのが必死でした。そして妻を寝かせ、軽い愛撫をし、あとは入れるだけとなり、クローゼットに向かって、手招きをしました。戸が開いた気配がし、友人が近づいてくるのがわかりました。 妻は自分の声で友人の気配など感じておらず、「入れて…、お願い…、お願いします」と妻も我慢の限界がきている様子でした。手は妻のアソコに触れたまま、友人と妻にわからない様体を入れ替え、私が手を離すと、すかさず友人が妻のアソコに手をやり、愛撫し始めました。
打ち合せで、入れるまでは妻の手や足を友人の体に触れさせないようにしないと、体格の違いでバレてしまうから…と、相談しておいた、両手で妻の足首を持ち広げ、友人もすでにビンビンに勃起したモノを妻のアソコに近付けました……

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻, 寝取らせ,