FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

43歳♂・41歳♀の夫婦です。
二人とも教師をしています。
 結婚当初は夫婦円満の幸せな生活を送っていました。ところが、子供が生まれたころから妻と私の両親との関係がうまくいかず、夫婦の関係もギクシャクしてしまいました。そんな関係が数年続き、ある時妻が、「私を助けて!」と言ってきました。話を聞いてみると、夫婦関係が悪くなってから、1年間余り他の男性と不倫をしていたということでした。最初は、家庭のストレスを晴らす場としてその男性との時間を幸せと感じていたようですが、日が経つにつれその男はいろいろな要求を出してきたようです。フェラチオや普通のSEXはもともと喜んでする女です。しかし、排泄をした後のアナルを舐めさせられたり、尿を飲まされたり、ロウソクをたらされたりする趣味はありません。そんな男との関係が嫌になり、私に謝罪し助けを求めてきたのです。妻が別れ話を切り出すと、「お前の勤めている学校に、この女はこんな淫乱な女だと証明するために、今まで撮ってきたフェラチオの写真やハメ撮りの写真をFAXで流してやる。」と言い出したそうです。妻に対する怒りはありました。しかし、私の両親や私自身が妻を追い詰めた結果だと思うと、見捨てることができませんでした。そこで、弁護士に相談し、その脅しは犯罪行為であるということが確認した後に、その男とその母親に直接電話をし、示談に持ち込もうと話し合いをしました。ところが、その男は開き直り、「妻をそんな行為に走らせるお前が、旦那として失格なんだ。」と言ってきました。それに対して、私は「ならば、今すぐ警察に電話をして、お前を逮捕してもらうように要求をする。そして、お前の母親、家族にこの事実をすべて話す。」と電話口に向かって大声を張り上げました。かれこれ、1時間ほど、罵声を浴びせあったでしょうか。その日は結論が出ませんでした。その翌日、その男の母親から謝罪の電話があり、身を引くということが告げられました。
[性奴隷にさせられていた妻]の続きを読む
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ, 子供, 調教された妻, 職場の男, 妻のHな願望,

新任の上司が九州から越してくるので、連休に引越しの手伝いに嫁(34歳)と行った。

他には男の同僚6人で、女手は嫁一人だ。
上司には子供がなく奥さんと二人暮しで、相応の家財道具で結構大忙しだ。
また暑い日で、汗タラタラだ。嫁も汗グッショリで、Tシャツも汗でベットリして、紫のブラジャーも透ける始末。
ちなみに嫁はDカップの爆乳で、なにげに男供の視線が嫁に集中していく・・・・
おまけに下半身は、エナメル質のテカテカ素材のスポーツスパッツ着てたので、
巨尻の肉が食い込んで、パンティラインもクッキリと浮き出ている。
亭主の俺でも目のやり場に困るくらいだ・・・
上司の嫁は50台の婆だが、事実上紅一点の嫁に、自然と男供の視線が釘付けになるのは、時間の問題。
嫁も張り切って、脚立に乗って蛍光灯を取り替える時などは、両手を大きく掲げて万歳しているので、
いやでも紫のブラに包まれた爆乳に男供の全視線が集中する・・
階段の雑巾がけのときなどは、巨尻を大きく突き出すので、階下から見ると、もうたまらなくセクシーだ・・・
2~3人が庭の隅でタバコ吸いながら、サボってる。ふと耳にすると、『○○の嫁さん、もうたまんねえナ』と話している・・
もう引越しの仕事どころでなくなり、男供の視線は全て嫁へと注がれる。
上司も刺すような視線を嫁に向けている・・・
嫁は学生時代バレーボールの選手だったので、170cmと大柄で、ムッチリとしている。
男供の視線にお構いなしに相変わらず嫁は悩殺ポーズで作業に没頭している・・・
水がタップリ入ったバケツを上半身力を入れて両手で持つと、巨乳が寄って前に大きく突き出す。
しかも下半身に力を入れて踏み込むので、股が開き加減となり巨尻がことさら目立つ。

実に無防備だ・・・まるで女体鑑賞会のようになってきた・・・

そして、やがて昼休みに・・・
皆で車座になって、出前の寿司をつまむ。暑い日なのでビールもということで、
自然に嫁がお酌係りに・・・
Tシャッの汗は乾かず、相変わらず汗まみれのTシャッ越しに紫のブラはくっきり透けて見える。
おまけにスパッツで肉がムチムチに張り裂けそうな下半身。
もうランパブみたいなもんだ・・・かなりの過剰サービス。
男供は、皆鼻の下を伸ばして、酌を受けてビールを飲んでいる。次第に宴会モードに・・・
花見みたいになって、一人の男が歌いだすと、釣られてまた一人と、
やがて周囲から『○○さんの奥さんも』というので、嫁は立ち上がって歌いだす。
酔いも手伝って、ご丁寧に振り付けもして、まさに歌って踊っての世界だ。
しかし男供は皆誰も歌など聞いちゃいない。皆視線は嫁のグラマーな悩殺女体に注がれている。
皆が囃すので、嫁も得意になって、腰を振り、ベリーダンスっぽくなる。
暑いので、なんとTシャツを巻く仕上げ始める。ここで一斉に拍手と掛け声で、
なんとTシャツを脱ぎ始めた。そして、『奥さん最高!ナイスバディ!』の声に気を良くしたのか、
なんとスパッツも脱ぎだそうとする。『奥さん!ブラは紫だけど、下も紫?』と相次いで掛け声がかかると、
なんと、『当ててみて?』といいながら、ボルテージも上がって、スパッツツも脱ぎ始めた。。
もはや嫁は、紫のブラに紫のパンティのあられもない姿に・・・
腰を振り振り、全身をウエーブさせて、悦に入っている・・・
俺はさすがに、これ以上正視できずに嫁に止めさせようとすると、
嫁は、『皆さん喜んでんだからいいじゃない』と意に介せず、そのまま続ける。
さすが南国育ちの女は違う・・・嫁の育った南国の漁村では、酒宴の席で、女が全裸で踊るのは珍しくないと
後で言っていたが・・・・

ここまで書いて、俺は急に情けなさと興奮の混じった複雑な気分だ。
俺は嫁にもう止めてくれと言ったが、まるで無視された。
とうとうブラも脱いで、ポロンとおっぱいがこぼれ出る始末・・・
巨乳がゆさゆさ揺れている。ここまでやるか・・
嫁はHでもかなり積極的だが、まさかここまでやるとは・・・
パンティだけのあられもない姿の嫁が得意になって、踊っている。
そうだ、確か10年以上前になるが、初めて嫁の故郷に行った時、
村の女が数名俺の歓迎宴会でも、全裸で踊っていたのを思い出した。
それも陽気に楽しそうに。妖艶というより、あけすけで他の女たちも手拍子
していたっけ・・・

エーッママヨと成り行きに任せると、次に嫁は後ろを向くと、なんとパンティまで脱ぎ始め、
大きく尻を振り始めた。すると周囲からは、ため息と感嘆の入り混じった声が。
まるで場末のストリップ劇場だ。まさかここでM字開脚とフト思って、頭がクラクラしてきた。
南国育ちのおおらかさにも限度がある。

いつの間にかラジカセには軽快なポールモーリアのポップスが流れ、嫁も興に乗って、

腰を振り振りふと振り返り、なんと一糸まとわぬあられもないスッポンポンの嫁の姿が・・・
豊満な腰まわりとムチムチの太ももとボインボインのたわわなおっぱい・・・・
全身日焼けしてるが、ビキニに隠された部分は、真っ白だ・・このコントラストが結構エロイ
そしてその下の白い部分の縦に薄く生えそろった陰毛・・南国の女は陰毛は薄い・・・

なにもここまで晒さなくても・・・過剰サービスだろうがよ
俺は怒りと羞恥で、もう頭の中は真っ白だ・・・

曲はマドンナのライクアバージンに。嫁は得意に振付けてなおも踊っている・・・
男供は拍手喝さいだ・・嫁はますます興に乗って止めるそぶりを全く見せない・・・
そして腰を下ろして、両手を後ろに着いて、両足を前に突き出し、やがて大きく股を開いて、
とうとうご開帳、男供は皆かぶりつきで、嫁の股間に注がれる・・・
皆押すな押すなで、股間の正面の好位置を死守しようと必死だ・・・
まるで田舎の温泉のストリップ劇場で見た光景さながらだ。
いやダンサーが、婆でないだけ、こっちのがましだろう・・・
中には嫁のおそそに触れようとする不行き届き者が現れる始末だ。
俺は必死に男供の手を振り払う・・・そしてマン開の股間を閉じようと両手でふさぐ。


この攻防がしばらく続いて、やっとお開きに持ち込ませた。
男供は興奮冷めやらぬ感じで、午後からはまるで仕事が捗らず、
結局これでは、嫁はまるで作業の妨害に来たようなもんだな・・・
嫁に悪気は全くない。性的な羞恥心はまるで無く、むしろ性的には大らかで無防備だ。

晩酌の時も、ノースリーブのおっぱいの透けて見えるエロイ服で、ピンサロ並みのサービスしてくれるし、
俺が入浴中には、パンティ一丁で、背中流しに来るし、
夜も積極的で、毎夜求めてくる。そして最低2時間はタップリ奉仕させられるが、駆け出しのソープ嬢顔負けの
サービスはしてくれるし、H的にはピッタシ相性のいい嫁だと気に入っている。
サービス精神旺盛で、たまに脱線するのが、悩みの種だな・・・

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

先日、3回目の結婚記念日で群馬の伊香保温泉に妻と
行ってきました。妻は32歳、身長は173㎝もあり、モデルの
ような体型をした可愛い系の女です。結婚以来、1週間に3~4回
セックスをし、毎回妻をイカせているので自分ではセックスに
関しては妻を満足させている、と思いこんでいました。

 それが群馬の夜にとんでもない光景を目にしてしまい、
それ以来、その光景が頭から離れずにこれまでのように妻と
セックスをすることが出来ていません。
[旅行先で若い男3人に妻が]の続きを読む

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻,

私は、馴染みのレンタルビデオ店の主人とその店の常連客3人と
時々その店の閉店後や休みの日に店の奥で飲み会をしていました。
以前から、私が妻の淫らな姿の写真やビデオを妻には内緒で彼らに
見せていました。時には冗談半分でビデオに簡単にモザイク等の処理を
して、レンタルの棚に置かさせてもらう事もありました。
主人曰く月に2回くらいはレンタルで借りていく人がいると言っていました。
彼らは、妻も交えて一度飲み会を開きたいと顔を合わせる度に言っているため、
私達は計画をたてました。勿論、彼らの目的は聞かずとも分かっていました。
私も以前より他人に妻の裸を生で見てもらいたいと言う願望があり、妻も
スワップみたいなものに多少は興味がありました。
早々目的や彼らとの計画は妻には内緒にして、飲み会だけの事を話し
丁度タイミング良く、店の改装をしていたのでそれにかこつけて「改装パーティー
をやるらしいから奥さんも是非にとの事だよ」と言い、しょうがないな~と言いながら
満更でもない様子でした。
私はその日を待ちきれずに暇があれば店に行き彼らとレンタルのAVを見ながら
打ち合わせました。彼らには、「妻は酒が弱いので飲ませて、卑猥な話題で
盛り上がらせてAVでも見せてその気にさせたらどうか」などと打ち合わせていました。
やっとその日になり、妻に「飲んで遅くなるからシャワーを浴びていこう」と言い妻に
準備よくシャワーを浴びさせ、何を着ようか迷ってる妻に「人に見せる訳でもないから
下着は俺の好きなスケ透けのやつを着けろよ!」と、え~っと言いながらも
貴方ってホントに好きね!と言いながらもスケパンを着けさせる事に成功したので、
この勢いにと思い、上はノースリーブにカーデガンでも着て、スカートは膝上15センチ
位の白で裏地の薄い物を身に着けさせました。「これじゃー屈んだら下着が透けて
見えちゃうよ!」と妻が言うので「夜だし外で飲む訳でもないから大丈夫だよ」と
適当に言って妻を納得させました。
店に着くと準備は整っていました。打ち合わせたとおり、上着を脱ぎたくなりやすい
ようにあまりエアコンは効かせてなかった。
早々に彼らの接待が妻に対して行われ、次々に妻に酒を飲ませていきました。
上機嫌になった妻は、酔いと多少の蒸し暑さで上着を脱ぎ次第に足元に緊張感
をなくし股を少し開き気味になり、彼らからは妻のパンティーが丸見えになっていた。
彼らは目付きと仕草がますますいやらしくなり、その場の盛り上がりでAVを
ビデオにセットした。そのビデオは丁度妻と同年代の投稿もののスワップビデオでした。
妻ははじめ、スゴーいとかこんな事するの!なんて言いながらふざけて見ていましたが、
次第に無口になり凝視して私が後ろにまわり、太ももあたりや胸を触ったり、殆ど露出
されたパンティーの部分を触っても嫌がるそぶりも無く、半分身を任せて目は酔いも
あって窕になってきたので、そろそろチャンスと思い店長とさっと入れ替わり私はタバコでも
買ってくると言い部屋を出る振りをして覗き見していました。
妻は酔いとその場の雰囲気で意識が朦朧としはじめたのか体を触っているのが私では無い事を
しりつつもなすがままの状態で、他の3人も妻の回りに集まり奥さんもビデオみたいな格好を
してよ!などと体を触りながら話し掛けていました。妻も感じているような声をかすかに上げながら
一人の彼のアソコをイジリはじめ、そして片方の手で自分のアソコをパンティーの上から触り始め
たのには私も驚きました。
今の妻と結婚する前の付き合ってた時に3Pの経験が1度だけあり、そういう事に興味はあるものの、それ以降中々そういう状況が無く、結婚して数年は普通の SEXだけでした。それが、ついこの間にとうとうチャンスがやってきました。ある日の夜、友人が遊びに来ていて、酒を飲み、妻は家事をしていました。そして、21時頃に友人が帰る事になり、妻もお風呂に入ると言いだしたので、「ん?今がチャンスじゃないか」と思い、友人を外まで送る様に見せかけ、友人が「それじゃ」と言うと同時に、私が「妻が風呂から上がったら目隠しをして SEXするから、入れる直前に交替してくれないか?」と頼んでみました。友人は一瞬言葉を失い、不思議な顔をしてました。友人は「なに?」とか、「どうして?」みたいな事をいいながら、たぶんすでに乗り気だったと思います。もう1度同じように頼むと、「冗談じゃないんだよな?本当にいいのか?」 私は「ホントだ」と答え、簡単な打ち合せをしました。私も友人も、すでにかなり興奮していて、ホント簡単な、ベタな考えしか浮かんでこなく、結果、寝室のクローゼットに、友人に隠れてもらい、戸は開ける時に音がしない様に少し開けた状態にして、挿入の時に入れ替わるという事にしました。
話は決まり、家に戻り妻がお風呂に入ってる事を確認して、友人に寝室に隠れてもらい、私は、風呂から上がると、すぐにSEXができる様に、妻にその気になってもらう為に、一緒に風呂にはいりました。 妻が体を洗い、風呂に浸かってる間に急いで体を洗い、一緒に浸かり、胸を触り始めました。妻は、一緒に風呂に入る事さえ久々で、「何よー」と、少しテレている感じで、あまり抵抗する感じもなく、本格的な前戯にはいりました。私はすごく興奮していて、モノは痛みさえ感じるくらいまで勃起していました。妻も、私の勃起している私のモノを触って、いつもと違う感じに、妻も興奮していました。私は入れたい衝動をおさえるのが必死でした。妻に「ベッドに行こうか」と言い、妻も頷いたので、ひっぱり様に寝室に連れて行きました。ベッドに押し倒し、激しく愛撫して…。妻のアソコもグチョグチョに濡れ、シーツに流れる程でした。「もう入れて」とせがまれ、私は「まだ」とジラし、立ち上がって妻を起こし、フェラの態勢になり、私のモノを妻の口にもって行こうとする前に妻はしゃぶりついてきました。持ってきておいた長めのタオルを取り、なんの抵抗も無く、妻を目隠しました。もう私は興奮の絶頂で、イクのを我慢するのが必死でした。そして妻を寝かせ、軽い愛撫をし、あとは入れるだけとなり、クローゼットに向かって、手招きをしました。戸が開いた気配がし、友人が近づいてくるのがわかりました。 妻は自分の声で友人の気配など感じておらず、「入れて…、お願い…、お願いします」と妻も我慢の限界がきている様子でした。手は妻のアソコに触れたまま、友人と妻にわからない様体を入れ替え、私が手を離すと、すかさず友人が妻のアソコに手をやり、愛撫し始めました。
打ち合せで、入れるまでは妻の手や足を友人の体に触れさせないようにしないと、体格の違いでバレてしまうから…と、相談しておいた、両手で妻の足首を持ち広げ、友人もすでにビンビンに勃起したモノを妻のアソコに近付けました……

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻, 寝取らせ,