FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。
まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。
顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。
特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。

当然彼女はチヤホヤされた。
競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。
その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。
[社員旅行で妻(彼女)が相手をさせられたのは]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 職場の男,

かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてくれることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。
連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと 健二が俺に聞いてきた。
「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。
「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える、、昔から酒に女に、、一緒に遊び回っていた悪友たちだ、、自然話は下の方へ行く、、

「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。
俺は笑って、「それもそうだな」と言った。
妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。
[友人との自宅飲み会で興味本位で妻がしたことは]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

俺24歳 嫁28歳です。

事が起こったのは先週金曜。大学時代の友人二人と飲みに行っ た帰りにどうしてもというので家に寄った時の話です。
他人を家 に上げる事を極端に嫌う嫁(家の両親すら上げたがらない)は飲 み屋からの俺のTELに案の定大反対であったが、何とかお願いして了解してもらった。
大抵、一度家に上げてしまえば何とか機嫌よ くは接してくれる。
まあ、帰ったあとは怖い訳だが・・(笑)事情 があり結婚式を内輪だけで行ったたため、高校・大学の友人連中は俺の嫁に非常に興味を持っているらしい。
[自宅で寝ている隙に友人と妻は]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

真面目で、人の良い我が妻に変化を求め、私はものすごいことを実行してし
まった。
 妻のおまんこに私以外のものが刺さっているのを見たくなり、飲み友達に
頼んでいろいろ練った挙句、ついに犯してもらう事になったのである。
 内容は、酔っぱらって友達2人に家に送ってもらう事にした。もちろん仕
組んだ芝居である。
 
私を居間に上げた後、すぐ横で2人が妻に襲いかかった。私は薬で眠らされ
ている事になっている。2人掛かりで服を脱がされている妻は必死で抵抗し
ているが、簡単に下着だけにされてパンストやパンティーが破かれて行く。
 破れた下着の隙間から妻のおまんこや乳房が飛び出している。42歳でグ
ラマーで色白な妻は、おとなしい性格で本当に良妻である。高校生の一人息
子が1週間の合宿に行っている間とはいえ、ついに我家でやってしまったの
である。豊満な妻に友達も興奮している。「品の良いあんな奥さんを本当に
いいのか」と、実行前に何度も友達が確認したものである。
2人ともズボンとパンツを脱いでチンチンを丸出しで、今激しく妻を襲って
いる。
2人のあそこは取り立てて大きいとはいえないが勃起して固くそそり立って
いる。
 おまんこを見られまいと必死に足を閉じる妻も股を開かされ、とうとう2
人にしげしげとワレメを見られてしまっている。薄めの陰毛と比較的閉じた
こんもりとした可愛いいおまんこを見ながら2人のものがピクピク反り返っ
ている。
 一人が豊満な乳房を揉みとシャブリで味わい始めた。妻から見えない下半
身では入れる準備が出来たらしく、ついに肉棒がゆっくりと差し込まれた。
「うぅー」と反り返った妻は、弓なりになり、顔は小刻みに震え怯えてい
る。やがて自分のおまんこに夫以外のものが刺さっているのを見て、事態を
再認識したのか声を荒げて再び抵抗し始めた。
一人が口と手を押さえ、もう一人が正常位で妻を抱きしめ夫婦のように腰を
振った。目の前で普段舐めている妻のあそこに他人のものが刺さっているの
を見て私は射精しそうになる。
 不思議なもので、あんなに抵抗していた妻も3分程度で状況が変わり始め
た。おまんこが濡れだしたのか、抵抗の代わりにあえぎ声を出すようになっ
てきたのである。私はもの凄い興奮状態に陥った。
 腰を振りながら乳房を揉んで、友達は妻を激しく犯している。胸をもま
れ、挿入と同時に手でもクリトリスに刺激を受け、妻の顔つきは微妙な変化
を示し始めた。屈辱感の間に来る下半身の心地よさに、顔をピンクに染めな
がら口をあけ、理性の限界が来ているような顔つきになってきたのである。
   やがて激しく腰を振りはじめて2・3分経ったであろうか、ついに我慢
出来ずに射精するようで、男はそそり立った肉棒を抜いて、妻にくわえさせ
ようとした。当然拒否するかと思ったが、以外にも妻は口をあけそれを受け
入れた。妻は淫らな顔つきで、センズリを飲まされてしまったのである。意
外な妻の仕草に私は驚き、興奮した。
 今一歩のところでいかされないで、中途半端な状況にいた妻も、続いても
う一人の新鮮で固いものが入ると、ついに我慢出来なくなったのか、淫らに
もしがみつき、腰を振って男の虜になりだした。
 いかされる直前のおまんこに元気なチンポを入れられ、もはやさすがの妻
にも勝ち目はない。相手に「おまんこ・チンポ」など卑わいな言葉を要求さ
れ言いなりにされている。
 男の「気持ちいいか!」の問いかけに「は・はい イィー」と声を引きつ
らせながらも、腰を振り、顔つきはもう完全に入り込んでいた。
そして、ついに妻は「あぁー、イィー も・もっとオメコしてェ~」と絶叫
しながら一回目の深いアクメに達し、私の目の前でぴくぴくと痙攣してい
る。やがてぐったりした妻の顔は満足そうな表情であった。そんな妻の状況
に、私は底知れぬ興奮と、不思議な寂しさのようなものを味わっていた。
妻のおまんこにセンズリをそそぎ込んで、友達も満足そうに興奮気味であ
る。恥ずかしいが私も見ていて大量の射精を
してしまった。タンスから妻の下着や服を出して着せてからもう一度レイプ
を始めた。しかし、妻は抵抗しなかった。
 立たせて、まるで満員電車の痴漢風に立ちマンをしたり、布団を引いて、
妻を底なしの淫乱状態に導いた。男の語りかけにも、男の目を見ながら「う
ん」とうなずきいろいろな要求に答えていた。
 2人とも5回は射精して妻も6回ほどアクメに達したようだ。

2人は約束通り妻の手足を縛って帰った。私は、20分ほどして、目が覚め
た振りをして「どうした、誰にされたんだ 犯されたのか? 大丈夫か!」
と白地らしく語り掛け、そして我慢できずにそのまま押し倒して挿入した。
妻はまだ余韻が残っていたのか、私にしがみつき反応し始めた。
 挿入し腰を振りながら、妻に「いかされたのか」と聞くと、顔を赤らめな
がらも、いかされてないと顔を横に振った。さすがにいった事は言えないよ
うだが、「あ・あぁー」と、腰は微妙に反応を続けていた。
 激しくレイプされ、歓喜の声を出していたときの、あの妻の顔を思い出
し、興奮のあまり3回も立て続けにしてしまった。

自分の妻が他人におまんこをされているのを見ることが、これほどまでに深
い興奮をあたえるものかと感心した。
それ以後、妻も何か一線を超えたようで、目つきや仕草が微妙にかわってき
たように感じる。
化粧も幾分濃くなったようで、そんな妻の変化が刺激にもなり、マンネリし
た夫婦関係が一皮むけた様に感じる。
 友達もあのときの強烈な興奮が忘れられないようで、今度は自分の妻を同
じようにやってもらえないかと、後日言ってきた。
 何回もおまんこをしてきた妻の身体が、最近はやけに美味しく感じる。妻
の反応も声が大きくなり、大胆にしがみつき、腰を振るようになった。友達
ももう一度させて欲しいと依頼してきたが今は断っている。

妻は、時折物思いにふけっているようなことが多くなった。
きっと、妻自身も機がついていないが、体があのときの興奮と刺激を求めて
いるのであろう。
夜の公園で浮浪者に犯されるように仕向けるなど、何か次の良い刺激策はな
いかと考えてしまう今日この頃である。
妻が刺激の虜になってしまったら!と、不安はありますが・・・ 
実行したらまた報告します。