FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三ヶ月ほど前になるか?、妻の上司と浮気をさせてみた。
俺がけしかけた。

いつも上司のセクハラに付いて嘆いていた妻だが、その話しを聞いて興奮している自分に気づいてしまった。
妻にそう話すと、妻の話しは益々過激になった。
実際セクハラはされているようだが、妻の上司はもう五十過ぎで頭の薄い中年肥りで、チビデブハゲ、、といったところだが、脂ぎってあれだけは元気なのかもしれない、、

飲み会のときでも、帰りに二人っきりになったら誘惑して見ろ、と言った。
歓楽街と我が家の間には、連れ込みのホテル街が在る。
「え~、、」等と言っていたが、妻も満更でもなく、むしろ、面白がっていた。
以下は妻の体験談で在る。

飲み会の後、酔った振りして少ししなだれかかると、すぐにその気になった上司は、、
「俺が送る俺が送る、、」と、他の男をブロックして、妻を引きずるように歩き出した。
その辺は流石に中年の図々しさである。

妻はソフトなタッチに弱いのに、殆ど羽交い締めにして引きずるようだったと言うから、
よほど焦っていたのか?
全く高校生でもあるまいし、、(苦笑)

真っ直ぐホテルかと思えば、物影に入るなりいきなり接吻を求めてきたと言う、、口臭がひどかったが我慢したそうだ。
そのまま、パンティに手を突っ込んできて、、そのままされそうな雰囲気になって、流石に外ではまずいと思った妻が、「もっとゆっくり、、」と言ったら、OKと思ったのか、そのまま、ホテルへ連れ込まれてしまったらしい。

ところが、妻が優位だったのはそこまでで、、ホテルに連れ込まれた後は、中年のねちっこいテクで、思いっきり焦らされたらしく、、「あの前戯だけでも、忘れらんなくなりそう、、」という、、

更には、チビの癖に意外なことに、あれは私よりもずっと、大きく固いと言うのだ?、、
散々焦らされた挙句にデカイので、一晩中つきまくられ、、妻は一発で虜にされてしまった、、、
安全日に計画したのを良い事に、妻は自ら生嵌めをねだってしまったと言う、、
「だって、あの大きさでされたら、生じゃないと痛いじゃない?。。」
そうゆう問題か???

いまや、上司の社内慰安婦として。
好き勝手なときに呼び出されては、悦んで嵌め捲くられてくる始末だ。
立ちが悪いときは、上司が友達を呼んで、そいつにもヤラレていると言う。
ついにこの間は、アナルを貫通させられたとまで言っている。
俺には触らせなかったくせに、、

次回は、とうとう、二本同時に下半身で受け入れることを約束させられたと言う、、
上司と友人に、おま0ことアナルを同時に許すのだ。
私の愛しい妻が。

人知れず興奮してしまう自分がいる。
妻は、次回の上司との逢瀬を楽しみに下半身を濡らしている。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 職場の男, 自分の知らない妻, 寝取らせ,

夕方の満員電車で妻を見かけた。時間的には、妻の定時よりも1時間以上早い時間だ。
早退したのだろうか。あれ?と思うと同時に、妻の背中に男がピッタリとくっついているのを見た。

痴漢か?!

驚いたが、すぐに近寄れるような混み様ではない。
10メートルほど離れている妻の方に少しずつ近寄って行こうとしても、なかなかそうは行かない。
しかもこの騒音の中だ。
かなり大きな声を出さないと聞こえるわけもないから、痴漢と分かったわけでもないのに大きな声を出すわけにもいかぬ。
心配と怒りの混じった感情を持て余しつつ、どうしようもない状況を次の駅までは見ているしかなかった。
男の顔には、見覚えがあるような気もした。
少なくとも夫婦共通の知人ではない。
仕事か何かで1度くらい会ったことのある男かもしれないが、思い出せなかった。

男は、妻の耳元に唇が触れそうな距離まで顔を近づけていた。
電車の揺れで時々は触れているかもしれない。
しかも妻の背中には男のコートが覆うように密着しているようだ。
怒りに燃えつつ、見え隠れする妻を見ていると、不思議なことが起こった。
妻が後ろの男を見たのだが、その目は不快を表していない。
むしろ潤んでいるようにも見える。
よくは見えないが、妻の右肩は不自然に後ろに引かれている。
ちょうど後ろ下方に腕を伸ばした時のような形にも見える。
そのうち電車の揺れとは明らかに違うタイミングで、妻の体が一瞬ガクッと10センチほど沈み込んだのだ。
それと同時に顔を俯くように下に向けた。
数秒後に元の高さには戻ったが、顔は俯いたままだ。
どう考えても不自然な動きだった。
まるで感じてしまっているかのような動きだった。
横顔は髪が邪魔をして見られない。
俺は頭が空白になった。しかし暑い。電車の暖房のためだけではなかった。

また妻が男を振り返った。確かには分からないが、困ったような笑顔には潤んだ目。
男がいたずらっぽい表情を浮かべたと思うと、肩がやや大きく動いた。

手を動かしたらしい。
とたんに妻の表情から笑顔が消え、瞳を閉じて顔を2センチほどのけぞらせたのだ。
そのまま妻は10センチほど沈み込んだが、それに合わせて男も左肩を下げた。
ちょうど後ろから陰核を手で追えばそのような動きなるだろう。
前に向き直った妻は、こんどは顔を俯けにして、何かに堪えているようにも見える。

次の停車駅に近付き、そろそろブレーキが掛かる頃だと思っていると、男の肩が大きく動き妻の体がまた一瞬沈み込んだ。
顔がややのけぞった。次の瞬間にビレーキがかかり、妻と男の動きは電車と人の軋みに紛れてしまった。

手近なドアから降り、妻の近くのドアから乗り込もうと近付いた時に、妻がホームの俺に気付いた。
同時に目は俺を見たまま、顔をほんの少し後ろに向けかけて、何か短い言葉を言うかのように唇が動いた。
もう密着こそしていないが不自然に近い位置に立っていた男は、何食わぬ顔で妻から離れ、電車を降りていった…。

「あら、どうしたの?早いのね」
「うん、携帯に電話したが掛からなかったんだよ」
「そうなの、よかったわね」

いつもより早口の妻。目にも落ち着きがない。頬はやや上気しているようにも見える。

「痴漢に遭わなかったか?」
「いや、大丈夫よ。どうして?」
「なんだか落ち着きがないように見えるけど…」
「大丈夫。それより、晩ご飯どうしようか?適当に作るわね^^」

妻は後ろに長いスリットの入ったコートを着ていた。15センチほど上にずらせば秘所に手が届く。
実は俺も、妻にこのコートを着せて電車内で痴漢ゴッコを楽しんだことがあるのだ。

帰宅すると、「たいへん、たいへん、我慢できないわぁ」などと言いながら、妻はコートも脱がずに、手提げを持ったままトイレに入った。
そして居間に戻った妻のスカートには、シワがなかった。
一日履けば生地に疲れが見えるはずなのに、それがほとんどない。
いったいどこで何をしていたのか。

ここで何かを言ってもどうせ女は言い逃れの上手い動物だ。
実は痴漢だったなどと言うかもしれない。
泣かれて、私を信じられないのなどと言われたら、男はお手上げだ。
それに、もしあれが浮気相手なら、警戒されて証拠をつかめなくなる。
俺は、しばらく様子を見ることにした。

関連タグ : 自分の知らない妻,

妻は外資系の会社に勤めています。
子供がいないせいか30歳になりますけど、ずっと若くみられます。
最近妻の様子がおかしいので、観察していますと、飲み会みたいな接待が多くなり、帰りも遅くなってきました。
以前は、月に一度位だったのが、今は週に2・3度と頻繁になり、帰りも終電がなくなった頃に帰宅す
るようになりました。
自分も仕事が忙しく、妻との会話も少なくなり、それとともに夜の生活も無くなりました。

先日、妻が帰宅し、すぐにシャワーを浴びにいったので風呂場に行き妻の下着を確認しましたが、下着がありませんでした。
妻が風呂を出そうになったので、あわてて寝室に行き、寝たふりをしました。
妻が寝室に来たので、久しぶりに求めると、『疲れているから・・・』と、拒否されました。
それでもしつこく妻を求め、下半身に手を入れたときあるものが無いのに気がつきました。
妻にはそのことを伝えずにセックスをしましたが全く感じま
せん。
あまりにも腹がたったので、毛が無いことを問い詰めると、仕事の不始末を上司にかばってもらったので、飲みに誘われたときに断れきれずにセックスをしたそうです。
今も継続しており、週に2回ほどセックスをし、ビデオに撮られ、毛を剃られているところまで撮られているとのことでした。
先週にはアナルセックスも体験させられたということです。
あまりにも腹がたったので、妻にアナルセックスを強要すると、いとも簡単に挿入することができました。
あとで知ったことですが、妻の上司は黒人で凄く大きな一物を持っており、妻もそれの虜になっているのが、よくわかります。
妻には上司に家に来てもらうように頼んでいます。
どのようなセックスを妻がしているのか、どんな反応をみせるのか寝たふりをして観賞するのが楽しみです。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 職場の男,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。