FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

当時、私45歳(公務員で単身赴任3年半、赴任場所は自宅から車で4時間にある市です)、妻42歳、娘17歳、父70歳。母は5年前に病気で亡くなりました。
娘「内緒のお話があるので、夜、電話ください」連絡が入りました。その夜に電話をしました。その内容は愕然とするもので、娘は話をするのに1か月も悩んでのこと。
娘「お祖父ちゃんとお母さんがエッチしていた。具合が悪くて、早退して家に帰ったら、お祖父ちゃんの部屋で」その時、娘は直ぐに家を出てネットカフェに。適当に時間を過 ごして家に帰りそのまま部屋で寝た。
娘「シンジラレナイ!どうするの?」
私「二、三日中に二人と話をするから、それまで我慢していてくれ。ごめんな」こういうのがやっとでした。二日後、休暇をもらい車で家に。1時ころ家から離れた駐車場に停めて家に向かいました。カギを開けて中に、茶の間に入ると誰もいません。それで、奥にある父の部屋へ。中に人がいる気配がして、戸を少し開けて覗くと娘から聞いていたのですが目の当たりにその現場を見ました。布団の上で父が妻のFカップの両方のオッパイを鷲掴みにして片方の乳首を吸っていました。
妻「アァー」喘ぎ声、父の舌が下の方に移りお腹のまわりを、そして内太股へ。
妻「イィー、お父さん」パンティーが取られクリを吸い、膣口を舐めると。
妻「キモチイィ…」指を入れられた時には、腰を浮かして感じていました。
妻「今度は私がしてあげる」身体を入れ替え、父のブリーフを脱がし男根をしゃぶり始めると父は満足げにそれを見ていました。ついに、父の上にまたがり、男根を握り自分の膣口に導き腰を沈め始めました。全て膣に中に収まると
妻「ウッ!ウッ!」腰を巧みに使い感じていました。父が上になると。
妻「イィー、もっと強く突いて!」お互いの腰の動きが激しくなり
父「出すよ!」
妻「イイワよ!」すると動きが止まり、父の尻が軽く痙攣しました。男根を抜くと妻の膣口から精液が流れ出て、お尻の穴の方へ伝っていきました。
その後の会話。
妻「お父さん、コンドームが嫌いでしょう。私が大丈夫っていう日以外は、おねだりしてもダメですよ!」
父「分かっているよ、我慢できない時は口でお願いします」
妻「お父さん、外に出すって約束しても、中に出すでしょ。子供ができたらどうするの!」
父「怒らないでくれ、もうしないから」
妻「明日、10時にSさんとMさんいらっしゃいますよね?」
父「○美さん、よろしく頼みますよ」
妻「分かりました」
そこまで聞き、私はそっとその場を離れて車に乗り込みました。気が動転してしまいタバコを吸おうとしても手が震えて火を点けられません。しばらく車の中で気を落ち着けてから、ラブホテルの駐車場に車を入れました。部屋で酒を煽りましたが、全く酔いません。ベッドで寝ようとしても寝付きません。
翌日、10時に父の知り合いが訪ねて来る前に家に忍び込みました。入ると茶の間に父と妻がいるのがわかり気付かれないよう階段を上がり、2階の一番奥の娘の部屋に忍び込みました。
9時半少し過ぎに妻が階段を上がって来ました。とっさに娘のベッドに下に潜り込み身を隠しました。そして、隣の私達の寝室のドアが開く音がして中に入り、十数分後、階段を下りて行きました。
間もなくチャイムが鳴り二人の男性の声がして「Sさん、Mさんいらっしゃい。お待ちしていました!」と父。そして家の中に招き入れました。しばらく時間を置いてから娘の部屋を出て、1階の茶の間のドアの陰に身を潜め中の様子を探りました。
父「朝、薬を飲みました?」
S「1時間前に飲みました」
M「バイアグラですよね」
父「用意が出来ていますから、こっちへ」
私は、何で「バイアグラ」が必要なのだ。これから起こることが恐ろしく思いましたが父の部屋の覗くことにしました。
そこで見た光景。全て黒色の乳輪が隠れるくらいの布しか付いていなくて他は紐のブラジャー。パンティーも毛がはみ出るほどの布しかなく他は紐。その上からガーターをして、ストッキング姿。
その周りの3人の年寄りに舌を出しキス、脇の下を舐められ、太股を舐められ妻は気持良さそうに満足している顔で受け入れていました。その内に乳輪を隠していた布をずらされ、膣口をわずかに隠していた紐をずらされ愛撫を受けると、妻は立っていられなくなりヘナヘナと布団の上に座り込みました。そして、横にされると彼らの口、舌、指、手の攻撃は更に増し「アゥーン!」妻の声が大きさを増しました。
父「Sさんからどうぞ」ブリーフを脱ぐと勃起状態の男根が。そして、パンティーの紐を避けながら挿入し腰を動かし始めました。
S「出します!」と尻を振るわせ射精しました。
妻「イイよー」
父「次は私が、Mさんのモノは大きいから最後で」間をおかず父が妻を四つん這いにさせ挿入しました。その時、Mは妻の口に大きな男根を差し出し咥えさせました。
Sはゼイゼイと肩で息をして、用意してあったペットボトルの水を飲み座り込んでしました。
父「出しますよ!」バックのまま射精。
妻「イッちゃう!」
M「それでは私も」と言い妻にオシッコをする体制で上にさせて下から突き上げました。
妻「スゴイッ!」そして中に溜まっていた精液がMの男根を伝い出てきました。父はあぐらをかいて、それを見ていました。三人の中で一番大きな男根が膣を出し入れするのが、私のいるとことからは丸見えでした。Mが上になると。
S「もう一度、しゃぶってくれ」寝ている妻の口元へすでに勃起している男根を。
M「出ます」と言いながら射精。
S「○美さん、まだまだですよ」そう言って妻を四つん這いにさせバックから挿入しながら、横に置いてあったローションを尻の穴とその周辺に塗り込みました。
S「ここも大丈夫だ」膣から男根を抜き、尻の穴へ挿入。
妻「やめて~!入れないで~!」拒みましたが中に収まりました。
父「私は下から入れます」そう言って妻の下に入り込み膣に挿入。二つの穴をふさがれました。
妻「イヤだぁ~!」その後、Sと父がほとんど一緒に射精しました。妻はうつ伏せのままグッタリ。そこへMが男根をシゴキながらうつ伏せの妻の腰を持ち上げて膣へ挿入。
妻「もうダメ堪忍して!」息が絶え絶えとなってお願いしました。構わずに激しく出し入れ。
M「極楽!」
妻は射精されてからは動けなくなっていました。二時間に及ぶ行為でした。
父「来月、またお願いするよ」三人はニヤニヤと顔を見合わせていました。

私は娘にメールしました。「学校が終わったら、お話をしましよう」離婚を決意しました。

続きはこちら
スポンサーサイト
[PR]

関連タグ : 他人とやる妻を目撃,

「いってきます!!貴重な有休ゆっくり休んでね!!」
妻が忙しそうに玄関で出勤用のローヒールのパンプスに足を滑り込ませる。

自分37歳  妻35歳  子7歳

まぁごくありふれた一般の核家庭というやつだ。

「有休ったって○美(子の名)のヤツが午後には下校してきちまうし、実質午前半休だな・・・」
と自嘲気味に独り言を呟きながらマンションの通路へ出て出勤していく妻を階下に見る。

商社に勤める妻は結婚、出産後も仕事でキャリアを重ねつい先日「主任」という女性にしてはまあまあな辞令を頂いてきたばかりだ。
いつものパンツスーツ姿で駅へ向け足早に行く妻の後ろ姿をぼんやり見送る。

学生時代バレーボールに打ち込んでいた妻は身長も高く少々ガッチリ体型だが年齢も三十路半ばで程よく肉付きが良くなり
Dカップあった乳房もFカップへと成長(?)。そして例に洩れず下半身の肉付きはよその奥様方同様「ママ」さんらしい
豊臀ヒップに・・・
そこへ少々タイト過ぎないかと思うパンツスーツ。
毎朝そこへ豊満ボディをまさに「詰め込む」感じで出勤していく。
スーツジャケットの上からでもブラホックの食い込む様が確認できる程だ。そしてパンツ部分はセンターの縫い目から破け
てしまうのではと心配になる程張り詰めてパンパンになっている。

そして今も駅へ向け歩を進める度に左右の尻肉が持ち上がっては朝日を浴びやらしい陰影をくっきり映し出すのを遠目から
確認出来る。

「痴漢被害」とやらにも度々会う妻の後ろ姿に我が股間が僅かに熱くなるのを感じ、ふと恥ずかしながら久々にマスターベー
ションでもと思い立ち、急いで玄関ドアへ飛び込みロックをかけた。
そのまま一直線に夫婦の寝室へ駆け込み「ネタ」であるAVのDVDを隠してあるクローゼットを乱暴に開ける。
妻子のいる自分の「自慰」にかける慌てっぷりを恥ながらゴソゴソと衣類ボックスの奥を弄る。
ふとボックスの下段の妻の下着の段に視線がいってしまい・・・
「たまには嗜好を変えて」など思い立ち妻の下着ボックスへと捜索の手を移す。
「物色」とはこの事といわんばかりに妻の大きなカップのブラ、パンティラインを出さぬ苦労が見受けられる極薄パンティを
手に取りながらひとり高揚を抑え切れずにいるとボックスの底部に下着とは違う無機質な「モノ」を発見する。
無記名のDVD-R。
発見場所からして普通の内容だとは思えず、胸がざわめく。

逸る気持ちを抑えながらPCのディスクドライブを開く。手元が既におぼつかずディスクを落としそうになりながらもセット。
メディアプレーヤーが立ち上がり再生が始まる。

ありふれた家庭用ビデオと思われる画質の画像が流れ始める。

どこかの階段?を上がる足元が映し出され、その場面は徐々に見上げる方向へ転換していく。
まず女性と思われるローヒールパンプスの足元がリズミカルに階段を上がる場面が目に飛び込む。上質な生地のパンツスーツと
思われる裾がひらりひらりとゆらめき、更に上方が写し出され私は驚愕した。
見覚えがある、というより毎日毎朝ウチから出勤していく巨尻とそれに見合うボリュームを持ったふともものパンツスーツ女性
がムチリムチリと階段を上がる姿が捉えられている。

妻の盗撮動画!?  背筋がひやりとしながらも映し出される妻のボリューミィな下半身に改めて見入ってしまう。
肉感溢れる太ももに押し上げられ更に盛大な肉量の尻肉が押し上げられる。次の刹那、前へ踏み出されたふとももに追従して
柔らかな尻タボがさざ波を打ちながら円から楕円へカタチを変えてゆく。上半身に着た短めの丈のジャケットなどこの肉量を
隠し切れるはずもなく軽く捲くり上がる始末だ。

暫く単調ながら背徳感漂う場面が続く。 「いつ」 「どうやって」 「どこで」そして「誰が」もう一点「なぜソレを妻が」
という疑念と怒りのような気持ちが込み上げるがビデオ画像は構わず妻の卑猥な豊満下半身を写し続ける。

と、映し出された妻と思われる女性が階段を上り切った横の部屋へ入る。
その際一瞬女性の横顔が映し出された。     「私の妻」だ。    間違いなかった。
そして部屋の扉の札が意図的に?映し出される
「311会議室」
会社!?この画像は妻の勤め先の会社で盗撮されたものだったようだ。堂々と社内で盗撮が行われる会社なんて!?
[淫尻妻の奉仕残業]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 職場の男,

私達夫婦は中学時代同級生で52歳です。
私はバツ1で妻はバツ2です。
45歳のときに結婚し現在結婚生活7年です。
お互い過去にいろいろ合ったので今は何でも話しあえる中の良い夫婦です。
私は会社役員で妻は北新地でスナックを経営しており2人とも歳の割には若く見られます。
それでも見た目とは裏腹に最近ではエッチの最中に中折れしてしまう等ちょっとマンネリかな?とも思える様になってきていました。
それでも妻はエッチの最中にいつも「貴方のエッチが最高!」「貴方のおチンチンが一番いい!」と言ってくれてます。
妻の今までの男関係も聞いていた私はこの前のエッチの時に恐々ですがちょっと悪戯心が出て「俺以外の男とのエッチはどうやったん?」「どんなおチンチンとしてきたん?」と聞いてみました。
すると妻は「貴方の様にカリの張った太くて長い人はいなかった!」「皆どちらかと言うと早漏気味で挿れたらすぐ終わってた!」私は「俺以外で一番良かった男は誰?」と聞いてみました。
妻は
「今は海外に赴任して来なくなったお客さんなんやけど1年程付き会ってた5歳年下の人とのエッチが良かった!」
「店が終わってから泊まりにいくんやけど彼が先にチェックインしててそれもいつも高級シティホテルばっかりで誘い方もスマートやねん!」
「途中何度も休息を入れて朝までしたエッチが良かったわ!」
そんな事を言われて私は嫉妬からかギンギンに勃起していました。
妻も「どうしたん?やきもち妬いてるの?何で勃ってるの?ビンビンやん?」
私も「何故か判らんけど想像したらビンビンやねん!」ちょっとした私の悪戯心から口に出して聞いた事なのに今度は妻に悪戯心が出たのか「部屋に入ったらねぇ。いきなり抱きついてきて舌を絡めてキスしながら服を脱がしていくんよ。お互い裸になったところでお風呂にいって洗いっこするねん。そのまま彼が我慢出来なくなって立ちバックで挿れられてん。」
「私が他の男としてるの聞いてビンビンやん?はち切れそうなくらい勃ってるやん?面白いからもっと言ったろ!」と続きを話し出すしまつ。(聞きたくない!でも聞きたい?)その時の素直な気持ちでした。
「そんないきなりむさぼりあってゴムは?」と私「そんなんナマに決まってるやん!」「中出し?」「そんなわけないやん!イク時に抜いてお尻や背中にいっぱいかかったわ!若いから濃いのがいっぱい出るのよぅ!」あくまでこれから始まる自分達のエッチ前のピロートークやったつもりが自分の一言から妻の悪戯心に火をつけてしまってえらい展開になってきたぞ!ビンビンになった自分のモノを握りしめながら続きを聞くはめになってしまいました。
「その後ベッドに移ってねぇ。身体中いっぱい舐めてくれるんよぅ。私も気持ち良くなってお返しに同じ様に彼の身体中舐めてあげるの。それから私が上になってシックスナインが始まるの。彼のビンビンになったおチンチンをねぇ。
音をさせてシャブッたげるの。彼も私のを舐めながら気持ち良くなって声を上げるのが可愛くってねぇ。
それから私が上に跨って彼のおチンチンを握って挿れてあげるの。
その後バックや正常位したよぅ!」私は握りしめてる自分のモノから先走り液が滲んできているのが判りました。
妻もそれを見逃さずいきなりシャブリ始め
「凄いよぅ!カチカチやん!いっぱい液でてるよぉ!気持ちいい?私が他の男としてるの聞いてこんなにして変態ちゃうん?じゃあ変態を苛めたろぅ!もっといっぱいやらしい事言ったろぅ!」
私も妙に興奮して「朝までヤリまくったん?」
妻も「そうよぉ!ヤリまくったよ!彼若いから何度でもできるんよぉ!気持ち良かったよぉ!」私も「どこが気持ち良かったん?朝まで何をヤリまくったん?」
妻は私のを口に含みながら二ヤッと微笑み「おめこ気持ち良かったよぉ!朝までおめこヤリまくったよぉ!」
妻の口から関西特有の淫語が発せられて異常に興奮してきてそのまま妻に挿入しました。
腰を振りながら「その男とはいつもナマでしてんの?どんな形でしたん?」「そうよぉ!あー!いつもナマよぉ!あー!ナマでして最後は身体中にいっぱい精液かけてもらうのよぉ!あー!あー!ソファに座って対面でハメたのが気持ち良かったよぉ!あー!」
「その体位の何が良かったん?いつもしてるやん?」
「挿入ってるのが見えるやん!あー!それが興奮するの!あー!あー!」
「その男観せるの?」
「そうよぉ!あー!挿入ってるの観てみぃ?って言って観るようにいうのぉ!あー!あー!」
「それで観るのか?」
「うん!あー!」
「何が観えるの?」
「あー!私のおめこにチンポが挿入ってるのがまる見えなのぉ!あーあーあー!」
「いつも観させられるんか?」
「そう!あー!感じる!気持ちいい!あー!あー!」
妻もいつもより興奮しているみたいで
「あー!硬いわぁ!いつもより大きい!凄く感じる!あー!」
二人ともいつもより異常に興奮してベッドの上でその体位をしてみました。
「これか?この形か?どうや!感じるか?」
「そうよぉ!これ!ねぇ!観えるでしょう?観せられて感じたのぉ!」
私が「今誰とシテるの?俺と?その男と?」
「イヤ!貴方としてるの?」
「違うやろ!今その男としてるのを思ってるんやろ!いいよ!そう思っても!」
「うん!思ってる!あー!思い出してた!あー!気持ちいい!あー!貴方に観られながらその男としてるのぉ!あー!あー!あー!感じるぅ!イヤ!観ないでぇー!」
妻は想像と現実の挿入でイキまくってます。
私の言葉でその男との空間に入ってるようで
「イヤー!観たらアカン!あー!観ないで!ごめんなさい!あー!」
「俺が観てたらアカンの?いいよ!許したげるよ!いっぱい気持ち良くなり!」
「いいの?私が他の男とおめこしてもいいの?気持ち良くなっていいの?あー!あー!」
「ほら観てごらん?今その男のチンポがお前のおめこに挿入ってるよ!」
妻は私のモノが挿入ってる部分を観ながら「イヤー!00さん!シタらアカン!あー!挿入たらアカン!あー!主人が観てる!あー!感じるー!」
妻がその男の名前を口走るのを観て私は急に射精そうになり妻に「アカン!射精そうや!」
「私もイキそう!あー!あー!射精してー!いっぱい射精してー!」「どこに?」「私の身体に射精して!かけて!精液かけて!」妻がその男といつもそうしてたように妻のおっぱいめがけて射精しました。
妻も一緒にイッたようで妻はほとんど気絶状態でピクリピクリと動いています。
私はと言うと今射精したばかりなのに歳がいもなくまだビンビンでした。妻はゆっくり我に戻り「変な事させないで!私は貴方とのエッチが一番良いんだからね!」
でも妻も満更でもない様子で「私もいつもより異常に感じたわ!貴方も凄かったやん!まだビンビンやん?どうしたん?変態エッチやでぇ!こんなエッチは!」「いやー!どうしたんやろ?お前が他の男としてるのは絶対アカンしそんな事させたくないんやけど・・・?」これが寝取られ願望なんでしょうか?
その後妻とのエッチはたまに妻の昔の男が登場するようになって今では私の昔の女も登場して妻が私を責めまくっています。
「このでっかいチンポを他の女の中に挿入したの?いろんな女とおめこしてきたんやろう?いっぱい咥えられたんやろう?私のフェラとどっちがいい?私のおめこが一番良いやろう!」とこんなエッチが続いております。

関連タグ : 自分の知らない妻, 寝取らせ,

私〔星野大輔〕が就職して初めての配属地は札幌支社であった。

こんな北の大地まで行かなければならないのかと、今回の配属を悔やんだ。

営業は、研修で学んだように研修どおりには旨く運ばなかった。

その落ち込んでいたのを救ってくれたのが小百合であった。

三歳年上の支社長秘書をしているスリムで面長の顔をした美しい人であった。

取引先で失敗して落ち込んでいるとき、偶然に街中で小百合と出会い、食事してスナツクに行った。

小百合は大学の許婚の先輩が船の事故で亡くなったことを話してくれた。

失意の二人が夢を求めてごく自然にホテルに行った。

その翌日から小百合のマンションに転がり込んだ。

この出会いが転機になり、営業のコツを掴んだ。

二年目は札幌支社のトップ セールスと言われるようになり、主任に昇格して東京に戻った。

 その年、テレビコマシーャルをすることになった。

売上の一番良い北海道からとなった。

札幌テレビで商品説明を行うスタッフの一人として小百合も抜擢されていた。

秋吉課長が説明することになっていて、何度も何度もリハーサルを行っていた。

当日、この秋吉課長が精神的緊張で倒れてしまい、その代役に起用されたのが小百合だった。

このコマシーャルが好評だったということもあって、東京での商品説明も小百合に決まった。

結果として大好評であった。

 この評判で専務〔後二代目社長〕に誘われた食事会で専務と小百合が意気投合してしまった。

小百合は取締役に抜擢されたがそのときには、専務の子供を妊娠していた。

専務が社長に昇格することが内定した日に私が呼ばれた。

「星野主任は、今でも小百合を愛しているのか」

「札幌で挫けそうになった私に勇気を与えてくれ、結婚するつもりで同棲していました。

転勤する際、結婚しょうとプロポーズしましたが、《あなたのお嫁さんになる資格がない》と言って聞き入れてくれませんでした。

でも、今でも好きです、愛しています」
 
「小百合の面倒を見ることが出来なくなる。

社長になれば社内で愛人がいると言われる訳にはいかない。

マンションも購入した。あと半年で出産で休職するが子供の認知は君がしてくれるか」

「小百合がいいと言えば、私で良ければ認知します」

「ありがとう。今度の昇進で君を課長にする」

営業実績も、営業課長として部下を指導する自信はあったが、20代で課長に昇進できたのはこんな経緯があったからだ。

その後、小百合との逢瀬は続いていたが、私との結婚は許さなかった。

「あなたには、あなたを待っている素敵な奥様がいます」

という理由で。



 専務に大きな話が舞い込んできていた。サラ金の大手会社から上場したいと相談にきた。

問題のある会社で、各地でトラブルが発生していた。

会計簿も表面と実質が乖離していて、通常では上場することは不可能に近く、どこの証券会社からも相手にしてくれなかった。

武田会長が目を付けたのが好井専務の存在であった。

 武田会長は専務を料亭に招待していた。専務も指定された料亭の座敷に行って驚いた。

武田会長の噂されていた愛人が10人も来ていた。

会長と会食をしながら専務の廻りでお酌をしてくれる。

お酒が廻ってくると全員が洋服を脱ぎ、ブラとショーツ姿で酌をしてくれる。

この中から気に入った者に夜伽をさせるという。

気に入れば、お持ち帰りもオッケーなのだがその条件が、

 「当社を上場させてくれるならば、未公開株10万株を進呈する」

 「ここでは即答は出来ないが、出来るという方向で検討する。我々には四名でチームを組んでいる。

一人5万株で合計20万株ではどうか」

 「願いが適うならば、20万株を約束しましょう」

 「分かった。一週間だけ時間をくれ----」

 専務は帰ると言ったがすでに予約しているので泊まってくれと懇願される。

沙織に似たスリム体系の女性を3名指名した。

会長は気持ちよく指名された3名を残して帰っていった。

専務はその夜は、若い20代の女性の奉仕を朝まで受けた。

新鮮さと若い身体に癒されるが沙織としたときの充実感は得られなかった。

 専務は一週間後に武田会長と同じ料亭であった。

今回は、工藤常務もクリスも熊も同席していて、上場させるということで合意した。

その為の条件を提示した。

 「幹事証券会社はN証券、情報開示するまでに決算報告書の回収不能金額、回収不能率、トラブル発生件数を減少させ、現在裁判中のものは早急に和解すること。

さらに法定金利の二倍の金利で貸し出していた問題に関しては、東京証券取引所の担当官の買収資金として1億円を提供する」

ことで約束ができた。

それでも武田会長には、150億円が残ることになる。

M銀行とN証券とのコンサルタント契約も締結して、成功報酬も六億と三億で合意した。

その夜も武田会長の提供してくれた「悦び組み10人衆」が四人を満足させた。

会長からは「気に入った者一人づつを愛人として提供する」とまで言って貰ったが愛人にすることは辞退した。

このような席で提供してくれるだけで満足と。

 「約束する」と約束したものの、クリスは顔色を変えた。

「サラ金タケダ」を調査すればするほど問題点が浮き彫りになってくる。

法定金利の二倍の金利で契約していたことは、顧客を二倍にすればと考えていたがそれにも問題があった。

クリスが諦め掛けたときに提案したのが沙織であった。沙織は、

 「顧客数を二倍にすることは、発覚する確立が高くなる。それよりも法人取引の土地売買、建設業を架空に加えることの方が件数が少なくて済む。

その分、発覚される確立が低くなる」

 というものであった。架空取引で取引数を増やし、その取引も二重、三重に取引を迂回させることが重要。

クリスも納得して、取引履歴、取引物件は全て現存するものを対象にした。

そのストリーを書き、その取引経緯を創作するだけでも10人で3ケ月を要する。

常務の証券会社より2名、銀行より3名の常務と専務の肝いりの者が指名された。

武田会長からも会長の側近中の側近だけが10名選抜されて、クリスの管理の下で取引経緯が創作された。

 
 来年2月末の決算数字で上場することで固まり、精鋭15名で最終チェックに入る。

架空取引経緯が完成したのがクリスマス イブとなった。

後は年度末の決算発表する数字とクリス達が試算した内容にほぼ一致していた。

 証券取引所、通産省の対応は、好井専務が仕切った。

必要と感じたときは、武田会長も同席させ、接待攻勢で煙に巻いていく。

役人は偉そうにするが女とお金には、脆かった。お陰で上場審査も無事通過することができ、上場が決定した。

 好井専務は今回が潮時と考えていた。武田会長の接待を断ってまで退職するタイミングを探っていた。

今回も会社に六億の利益を齎せた。

銀行業務だけで大きな利益が生まれなくなっている中で貢献していた。

専務の隠し資産は100億を越えており、銀行業務開始100周年を機会に引退を公表した。

退職理由は「後進に道を譲る」であった。

頭取も驚き何度も引き止めたが「人間、引き際が肝心」と頭取を諭した。

 クリスはこの資金でハワイにヘッジファンドの会社を立ち上げ、沙織を非常勤取締役にした。

沙織は昨年、一回で公認会計士の資格を獲得した。

公認会計士なので非常勤取締役になっても怪しまれないし、沙織を年二回は仕事でハワイに呼べる。

星野大輔も薬品会社の社長職を辞して、恵比寿の一等地の土地が買えたことで、恵比寿にマンションを建設することにした。

資金は創業者利益をそのまま銀行に預けてあるし、好井専務も資金の使いどころがないので30億の資金提供を受けた。

沙織は新会社の専務となった。

熊は、インターネット証券を設立して、沙織を監査役として迎えていた。

工藤常務も独立することにしており、優秀な部下を引連れて工藤証券を立ち上げた。

工藤も公認会計士の沙織を非常勤取締役に迎えた。

好井専務は企業コンサルタント会社を設立した。

沙織を監査役にしたかったが熊太郎が監査役にしたので無念ながら非常勤取締役に迎えた。

 好井専務の口癖は、

 「男はどでかいことをする度胸とその夢を創ることが仕事」

 その愛弟子である。沙織は、

 「持ち物もどでかいものをぶら下げているがすることもどでかい」

 この男達と交われたことを幸せに思っていた。公認会計士の資格も専務の助言によるものだった。

 「昼間は淑女の如く、夜になれば娼婦の如く----。沙織が会計士の資格など取るとこのギャプが大きくなり、魅力が増す」

 の一言であった。沙織の通帳には、知らないうちに10億円を越える額が残されている。

 6人の旅立ちということもあり、全員揃うことがなくなる。

全員で沙織を愛したいということでホテルよりもあの高原の草原が良いということになった。

今回も夫である大輔も参加することにしており、一週間前に熊と大輔で草刈りを済ませた。

その日もあのときと同じように雲ひとつない青空、六月末の快晴であった。

山道から沙織を全裸にして鉄塔の隠れ場に着く。

ビニールを敷きバスタオルを何枚も敷きながら、もう見慣れた仲間だ。

男達も全裸になり、沙織は愛情を込めて大輔、熊、専務、クリス工藤のペニスに唾液を塗しながら愛おしく咥える。

大輔が下になり大輔の裸体を跨ぎ、夫の膨張したものを体内に納める。

いつもより大きく感じる。

大きく呼吸を繰り返している口に熊のペニスが押込まれる。

嬉しそうに咥え込む。

後ろでは専務がアヌスにオイルを塗っている。

沙織の背筋が45度になったことを確認して菊座に専務の勃起した息子を挿入していく。

 「あああぁぁ----いい---いい----」

 と沙織の歓喜の曇った声が途切れながら響く。

クリスは沙織の乳房にキスをしながら片方の乳首を刺激していく。

工藤はこの異様な光景を一眼カメラで撮影する。

どの顔も幸福感と充実感で満ちていた。

40分ほどで沙織の体内にミルクを噴火させた。

沙織の絶叫が草原に吸い込まれていく。

休憩することなく大輔と専務が下がり熊が下に入り、沙織を跨がす。

白濁したものを流しながら熊の膨張が栓をして子宮壁を押し上げていく。

クリスのペニスを待ちきれなく口に咥えようとする沙織、工藤も待ちきれないとばかりに精液の充満しているアヌスにペニスを突き立てる。

沙織が激しくお尻を振り出した。沙織の身体が激しく燃え上がり、肌がピンク色から赤く染まっていく。

そんな妻の肢体を余すことなく撮影する大輔、専務のペニスも大きく天を向いている。

今日の交わりは長く続きそうな予感を感じていた。

夕方からはホテルのスイートルームに移動する。

沙織を裸にして、秘壺の愛液と口の甘い唾液を吸い続ける。

秘壺に舌で嘗め回すだけで何度も失神する。

やがて、4Pになり沙織が気絶するまで続けられた。

沙織の折れそうなスリムなボディのどこにそんなエネルギーがあるのか不思議になるほど沙織は燃えに燃え狂ったように求め続けた。

 
 その三年後、「サラ金武田」はさらに成長していたが過度の取立てが問題になり、裁判になった。

その裁判で証人が証言したことでタケダが証券取引法に違反していたことが発覚した。

この疑惑がマスコミで取り上げられ上場を廃止された。

さらに、リクルート事件が発覚して創業者利益の無税も撤廃されたが、それぞれが独立したのでその影響が及ぶことはなかった。

沙織との関係は誰も清算しなかった。

沙織の笑顔に接することが安らぎにつながっているからで、沙織は、今も好きなときに好きな男との逢瀬をエンジョイしていた。


  星野沙織のモデルは今も日本で生活しているが物語は創作している。               完

長い物語を読んでいただき、感謝申し上げます。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 近所の男,

私達は大阪に住む中学時代同級生の52歳の夫婦です。
変態エッチvol.1を投稿してあれが寝取られ話しになるのかどうか・・・。
それでも私達夫婦の変態エッチは続いております。
妻の過去の男の話なんですが私には全部話したと妻は申しておりましたけどやはりと言うか まだいました。
「ごめんなさい!隠すつもりは無かったんやけどね。」
いつもの様にエッチ前のピロートークでその話しは始まりました。
 話しを聞いていくにつれ妻が言わなかった理由が明らかになっていきました。
私と再会するまで付き合っていた男だと判明しました。
妻がまだ2度目の結婚をしている時にパート先で知り合った男だと。
妻は家庭内別居状態が長く続いてたと言うのは当時一度同窓会が合ったのでその席で聞いていました。
だからそんな時の事寂しかったんやろうなぁ?と思って聞いていましたがビックリです。
妻には最初の結婚相手との間に子供が二人います。
その当時上の息子が20歳。
知り合った男は23歳と言うではありませんか?自分の息子と3歳違い!妻と歳の差22歳。
妻も最初は本気にはしてなかったと。そらそうでしょう?自分の母親と変わらない年齢の女を好きになるなんて・・・。
でも何度かデートを重ねる内にあまりの一途さに妻が根負けしたみたいでした。
その若者はAV好きだった様でしかも熟女AVの大ファンだったらしくそこまで聞いただけで私は大体の事情とこれから妻との間に起こる事が判った様にすでにモノはビンビン状態で妻は撫で擦りながら「どうしたの?また変態になってるわよ?」としごきだしていました。
「それでどうやったん?若い肉体は?」
「うふふ!やっぱり聞きたいよねー!変態やもんね!私が言わなかった男の話やのに怒らへんの?いやらしい話したげようか?」
何か私がお仕置きをされている様な気分です。
「ラブホに行くでしょう?お風呂に入ってそれから最初はいつも私の口に射精するのよ!ベッドの淵に腰掛けてたりソファに座っていたりと毎回部屋の中での場所は違うけれど私の頭を両手で押さえつけ咥えさせて腰をふりいっきに濃い精液を射精するのよ!若くていっぱい射精するから精液がお口から溢れ出てお口の横から流れて落ちるのよ!たまに射精の瞬間におチンチンを口から引き抜き顔に射精するの!いっぱい射精して顔がベトベトになる事もあったけどまず最初はお口か顔に射精するの!私顔面シャワーは初めてやられたわ!でも射精して落ち着いた彼を見てるともの凄く可愛く見えるの!」なんて言い出す始末。
私は妻にしごかれているモノにますますちからが漲っていくのが判りました。
妻もそれが判ったようで「凄いよ!また一段と膨らんだよ!貴方も私のお口や顔に射精したいんでしょう?そんな事を考えてはち切れそうに一段と膨らんだんでしょう?」私は心の中で言いました。(そんな事遊びの女やからするんや!)
気持ちとは裏腹にしごかれてまたもや先走り液が出てきました。
妻は液で濡れた亀頭をペロペロと舐め回して「すけべやなぁ?やっぱ変態や!私が他の男としてるの想像してこんなになって?」いい気なもんです。その後 妻から聞く若者とのエッチは私の予想通りSEXフレンド・若者の性欲処理女・若者の性の玩具でした。
でもはち切れそうなくらいになってる自分が・・・。
「若いから何度でもしたがるのよぉ!」
「おチンチン硬いよー!」
「精液も濃くていっぱい射精るよ!」
「ナマでしててお腹に射精す時に勢いよすぎて顔まで飛んできたのよぉ!」
何か自慢げに話す妻に怒りが込み上げてきたのは事実です。
どうにかこの状態を逆転して妻をギャフンと言わせたい!私は冷静に「それ以外に何か変わった事したの?」妻は「うん!前持ってエッチな下着を渡されてデートの時に着けて来て欲しい!って言われて着けてデートに行ったよ!」
妻は「こんな下着どうしたの?」って聞いたら若者は「ネット通販で買った!」妻は「ちょっと待って!」と言って握っていた私のモノを放し タンスの方へと行ってしまいました。
何かゴソゴソとしていて戻って来た時には色鮮やかなエロ下着類を持っていました。
それは下着の役目を果たしていると言うよりもただの布くらいにしか思えない物ばかりでした。
(こんな下着まだ持ってたんや?)黄色の透け透けのブラとお揃いの透け透けパンティ・赤いシースールのパンティ・黒でレースの紐パン・ピンクのレースTバック・白いマイクロビキニパンティ・紫の穴開きパンティ 「こんなん着けてデートしてたん?この下着それぞれ着けて何回もデートしたん?」「それでラブホに行くの?」妻「デートしたら絶対にエッチはするよ!でもラブホに行く前にどこかで下着チェックするんよぅ!ドライブしてたら車の中でスカートを撒くってきたり 公園の人が少ない所でブラウスのボタンを外してみたり!」
私「そんな事されてお前は感じてたの?」
妻は「そらぁそうよ!誰かに見られたらどうしよう?って思うもん!」
私「それで?」
「後はラブホの部屋に入って服を脱がされて下着姿のままシャブらされてお口に射精されてそのまま彼が満足するまでヤリまくるのよぅ!」
「バイブやローターも初めて使ったわ!凄い気持ち良かったわ!それからねぇクリちゃんを舐められながら指をいっぱい入れられて掻き回されて私潮も吹いたのよぅ!」
「指いっぱいって何本入れられたん?」妻は「私も興奮してて判らないんやけど3本か4本入ってたんちゃうかなぁ?潮吹いた時は凄く良かったよ!」

(AVじゃあるまいし普通そんな事するかい!)
(でも妻の潮を吹くところがみたい!)
(私の前では潮なんか吹いた事なんかないのになぁ?)そんな事を考えていたらまたまた妻が「あっ!また何かいやらしい事考えてるやろぅ?大きくなったよ!」妻にはお見通しでした。
妻は「ホンマに変態エッチが好きやなぁ?今 何を想像してたん?もっとそのコとのエッチの話をいやらしく話してあげようか?いやらし事を言ってあげようか?」しごかれながら恥ずかしながら私は妻に「もっと詳しくいやらしい事を言って聞かせて!」って哀願してしまいました。
妻は私のその言葉を聞くなりエッチモードにスイッチが入ったらしく口もとに笑みを浮かべ「ローターをクリちゃんに押し当てられ太いバイブをおめこに入れられてねぇ そのコ私のアナルをペロペロするんよぅ!」またも妻の口から発せられた関西人特有の淫語!私は女性 特に綺麗で美しい女性が関西人特有の3文字の淫語を口にすると異常に興奮してしまうのです。
ここでこんな事を言うのは僭越なのですが 妻は夏木マリ似の妖艶な顔立ちで美人です。
その妻が「おめこ」と口走っているのです。まぁ妻には私の性癖を話してあるので私の要望に素直に従って言ってくれてるのが判りますが それでもゾクゾクし電流が足の先から頭のてっぺんまで走るほど異常に興奮するのです。
私は「アナルやらしたのか?」
「ううん!私はアナルはダメなの!それだけは貴方の頼みでも聞いてあげられないよ。だからやらせてないよ!」
「それでもねぇ!ローターをクリちゃんにバイブがおめこに入ってそのコが熱心にアナルをペロペロ舐めてるシチュエーションに興奮してまた潮を吹いたの!」
(あーあ!なんてこった!どこまでやらすねん!)
そんな気持ちが渦巻く中 私のモノはぐんぐん大きくなり 妻のいい様にもてあそばれています。
情けない!(何で私がお仕置きの様な事をされなければならないのか?)
(AVファンの若い男にもてあそばれてるだけやのに!)
(お前は若い男の性欲処理に使われてる性玩具やねんぞ!気がつけよ!)
妻は「散々ローターとバイブを使った後は部屋の到る所でそのコが満足するまでおめこしまくったのよぅ!」
私は「そんな男のどこがいいの?」
「あのねぇ!私みたいなおばちゃんに興奮してチンポ大きくして必死にしがみついて腰を振ってありったけの精液を私に向かって射精してくれる姿が可愛く思ってしまうの!」やはりそんな事言われて無償に腹が立ち妻をうつ伏せにしていきなり挿入しました。妻も昔の自分のエロ話に興奮していたのでしょう。
もう濡れ濡れでした。
私はいつも以上にこれでもかこれでもかと妻に鉄槌を打ち込んでました。
妻も「あー!今日の貴方凄い!でっかいよぅ!硬いよぅ!あー!うー!はー!感じるぅ!気持ちいいよぉ!あー!貴方のチンポ大好きー!はー!」
私は「何処が感じる?」
「あー!あー!おめこがいいー!」
「俺とそのコとどっちがいい?」
「はー!貴方のチンポが最高!」
「後 そのコとどんないやらしいおめこしたん?」
「はー!はー!車の中や深夜の公園でおめこしたわ!あー!」
聞けば夜遅くに連絡が合って「今からドライブに行こう?と誘われ迎えに来て貰って向かった先は覗きが多いと言う公園で駐車場に車を停めていつもの様にいきなりシャブらされてお口で射精されてその後 公園の木陰で立ちバックでおめこされたのよぅ!誰かに見られたらという思いで凄く感じたのよぅ!」「誰か見てたのか?」「覗きの人が見てたのよ!気がついたからヤメテって言ったのに全然ヤメテくれなくて!覗きの人が近づいて来て怖かったのによけいに腰を振るんだもん!」「裸やったのか?」「違うよ!車の中でブラとパンティ脱がされてノーブラ・ノーパンでワンピース1枚やったから下からワンピース捲くり上げられ挿入してきたの!」
「覗きは?」
「1メートルくらいのとこで見てたの!恥ずかしいから声も殺してたんやけど 覗きの人を見たらズボン下ろしてチンポしごいてるの!ま
たそのチンポがでっかいのよぉ!
それを見て興奮してでっかい声が出てしまったの!
その時そのコが射精したの!私のお尻や太ももに精液を射精したの!
それを見て覗きの人も射精したの!ものすごい量の精液が飛んでたのを見ちゃったのぉ!」
「それで?」「その日はそれで帰ったんやけどね。
それから何回もその公園でおめこされたの!それから怖くなって誘いに乗らなかったの!」
私が「自分で判ったの?」妻「うん!判ったわ!遊ばれてただけやったの!」やっぱり思い通りの結末に。
そこまで聞いて私は後ろから繋がったまま立場逆転と思い追い討ちをかける様に腰を振り妻に汚い言葉で罵声を浴びせたのでした。
「だから俺に恥ずかしくてそのコとの事を隠してたんやな?」
「あー!そうよ!あー!」
「お前はそのコの性欲処理女やったのか?」
「違うよー!そのコの事好きで可愛く思ってたから・・・!違う!」
その言葉を聞いて私は腰を振るのをやめました。
妻は「えっ!どうしたん?何でやめるの?」「お前が本当の事を言わないから動かない!」でもさすが私の愛する妻です。
私の気持ちを察してくれて「ごめんなさい!貴方と出逢う前に私はその若いコの性欲処理女でした!」
私は「そうかぁ?何人の男の性欲処理女やったんや?」
「いっぱい!いっぱいの男の性欲処理の女でした!おめこがしたくなった男に呼び出されたらいつでもおめこをしに喜んで行ってたドすけべ女ですー!私はおめこが好きな淫乱女ですー!私はその男たちの都合のいい性欲処理の女ですー!あー!もっと突いてー!もっとー!おめこしてー!」
私の事を理解し私の性癖を判ってるからの言葉です。少し可哀想になって聞きました「今はどうや?お前は誰のもの?」
「はー!はー!今の私は貴方専属の性欲処理女ですー!貴方のおめこ女ですー!あー!もっと突いてー!おめこ突いてー!おめこ気持ちいいー!おめこ大好きー!イクー!」
妻が発する「おめこ」の連呼に私も我慢出来なくなり妻の背中にいつもより多い量の精液をぶちまけたのでした。
少しして妻が「ごめんね?」私「何が?」妻「隠してて!」私「自分でも判ってたんやろ?もういいよ!昔の事やん!」
妻「でも私は貴方の奥さんなんやからね!おめこ女と違うのよ!ホンマ変態やねんから?出来るだけ普通のエッチしようよ?こんな変態エッチは本当はイヤなのよ!」
私の方をキッと睨んで妻は言いました。
私「判ってるって!もういないやろうな?隠してる過去の男は?」
妻「いない!!と思う?昔の事は忘れたー!」私「ええー!」VOL.3へ続きます。 

関連タグ : 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 近所の男,


私も妻沙織も50代になり、サラリーマンであれば定年なのだが、沙織は二人の娘と忙しくサロンを切り盛りしている。

私は不動産事業で生活していたが、地域に貢献したいという思いで健康塾を開校している。

健康ブームで教室が五つになり、塾生も100名を越えるに至った。

これを書こうと思ったのは、好井専務も熊もすでに他界し、熊が入院する一週間前に連絡で熊と会った。

そのとき、私の病気は治らないかも知れないのでこれを渡しておくと段ボール箱一杯の8ミリテープと写真を返還された。

昨年末に工藤常務も亡くなり、クリスも日本にはいない。

世の中は、正義と悪の世界と思っていたが、現実は表の顔と裏の顔なのだ。

「表社会と裏社会」が存在することを残しておきたかった。

表の顔は、単なる肩書きに過ぎなく、定年でその地位も肩書きも消え去る。

消えない顔が裏社会の実力であり、能力なのだ。

その能力は構えようとして出来るものではないし、長年の人脈と金脈を持っていた者だけが掴む事のできる組織であり、仲間なのだ。

学閥と言われるかも知れない、金の亡者と言う人もいるが我々が命がけて築いたものは、死によって泡のように消えた。

熊の葬儀の後、野外のプレイをDVDに編集しただけで返還された沙織達の生々しい記録は故人の名誉のためにもと思い焼却した。



沙織は、何度も身体を重ね会うたびに言いようのない満足感を得るようになり、プレイの相手というよりも愛する人達に変化していった。

女の生理としては致しようのないことなのだ。

熊、専務、クリスから言われなくても沙織から求めることも多くなっていた。

自宅に戻っていても平穏であればあるほど、次回の三人との逢瀬を待ち焦がれる沙織がいた。

七月のある日、

「今日は野外でしょう」

「そんなの怖いよ----三人もいるから大丈夫---」

ワゴン車が4人を迎えに来た。ワゴンに乗り込むと2人の男性が乗っていた。

運転手とカメラマンとビデオマンという。

「撮影するの-----そんなの恥ずかしいよ----」

「美しいときの記録だから-----」

ワゴンは郊外の山の中に入っていき、つづら道を登って行く。

雑木林を抜けると草原が広がっており、山の道から茂みの中に入り車を停める。

沙織は車内で着ているものをすべて脱がされ、全裸で歩かされた。

空は真っ青、緑の平原には心地よい風が吹いている。

そんな沙織の裸体をビデオとカメラが記録していく。

クリスに手を引かれ、太陽が降り注ぐ草原を歩きながら四人で記念撮影。

恥ずかしいと思っていたが大自然の中は全裸の方が自然のように思える。

草原の中央に鉄塔が立っていて、そこだけ草が刈られ広い空間が出来ていた。

熊がシートを敷き、その上にバスタオルを敷く。

専務に後ろ手に緊縛され、そのまま鉄塔に吊られる。

片足を吊り上げられ秘部があからさまに見えるように脚を引き上げられる。

陰毛がないので丸見えなり、その丸見えの部分をカメラが記録していく。

「そんな恥ずかしいところを撮影しないで-----」

目を閉じて時間の経過を待つしかなかった。

沙織の後ろでは専務が浣腸の準備をしていた。

「駄目よ----こんなところでしないで-----」

そのときには、浣腸器の只管をアヌスに突き立てていた。

「あああぁぁ----恥ずかしい----こと----しない----で----」

続けざまに、二本目、三本目、四本目と注入する。1000CCを注入していた。

「ああ----苦しい----」

お腹がゴロゴロ鳴っているのが聞こえ、身体が小刻みに震えている。

次第に額にも胸にも汗が滲んできている。

「お願いです----縄を解いて下さい----お願いします」

専務が無言で縄を解き、少し離れた岩の上に座らせるが身体が震えている。

「見ないで-----」

強烈な破裂音とともに凄まじい勢いで汚濁した排泄物が噴出される。

その一部始終をビデオとカメラが追っている。

涙を流しながら排泄が続き、その余韻でおしっこも噴出してきた。

最高の場面だとカメラは局部を最大にズームしてシャッターを押し続けていた。

おしっこも肛門の排泄物も少なくなってきた。

沙織は涙を流しながら専務に支えられて排泄を終えた。

当たり一面沙織の排泄物の匂いが充満していたが、そよ風が新鮮な風を運んできてくれ、匂いは次第に消滅していく。

熊がペットボトルの水を掛けながら沙織の局部の汚れを洗い流していた。

バスタオルの上に全裸のまま運ばれる。

クリスより缶ビールを口移しで飲まされ、一息つけた。

熊からも専務からもビールを口移しで飲まされながら恥ずかしい排泄のことを忘れていく。

恥ずかしいことは忘れていくが、秘壺の疼きが大きくなり、愛液が股間を濡らしている。

専務のペニスを口に咥えて奉仕しながらクリスの身体を跨ぎ、クリスの膨張した30センチを秘壺に包み込んでいく。

何度も腰を廻しながら腰を上げ、降ろししながら30センチの砲身が根元まで封入される。

「凄い-----感じる-----逝きそう---逝く、逝く----」

と言いながらペニスを咥えているのでペニスを咥えた頭を専務の大きなお腹に委ねていた。

後ろでは熊がアヌスにオイルを塗り、ペニスにもオイルを垂らして沙織の中に押し込んできた。

失神していた沙織はその衝撃に身体を震わせる。

沙織の体内に挿入される巨大な肉棒が出入りする一部始終をビデオは録画しいく。

カメラも悩ましげに腰を振り、首を振る沙織の痴態を記録していく。

暑くもなく穏やかな昼下がりのひと時、真っ青な空の下、緑の草原の中で白い小柄な裸体に浅黒い大男が三人がかりで攻めている。

猥褻な場面なのだが不思議に卑猥感がない。

 男達が沙織を単に攻めるということではなく、愛する沙織を満足させたい、愛する者を喜ばせるのだという思いが場面を美しく見せている。

太陽が輝く青空の下で四匹の獣がじゃれ合っている光景にも思えた。

一時間を越える歓喜の中で男達は、沙織の体内に思い思いの感情を込めて放出していた。

沙織は体内に噴火される熱き飛沫を感じつつ身体は青空の彼方に飛んでいる。

排出が終わってもそのままの形で固まったように動かなかった。

動けなかったのだ。

 愛する人達のペニスを懸命に締め付け、そのまま何時間でも体内に留めておきたいと願っていたからだ。

沙織の陶酔した寝顔は菩薩のように美しく思え、熊も専務もクリスも沙織を抱ける満足感に酔っていた。

この刺激が忘れられなく8月にも、9月にもこの草原での肉宴を満喫し、このときは大輔も参加した。



 大輔は会社の持ち株比率が筆頭になり、会社で上場準備室を設置して本格的に上場の準備をスタートさせた。

持株制度をつくり社員の意欲の向上を図り、売上も設立6年で600億を越えていた。

公認会計士も、担当証券会社もM銀行の意向に沿うように決めた。

2年後に上場をしたとき、創業者利益を80億に設定していた。

銀行には5億のコンサルタント料、プラス1億の報酬で6億を償還する契約が結ばれた。

大輔の創業者利益は、税金が掛からないので三人に3億づつ、現金で渡すという約束になった。

銀行は破格の利益になり、専務もクリスも熊も税金の申告しないで済むお金が3億づつ入ることになる。

5人全員が丸儲けできる筋書きが出来た。

これまで銀行という立場で専務は地位を活用していた。

熊を管理本部の取締役部長にしクリスを調査室の室長に抜擢して上場できそうな企業を調査しているのだ。

この三人の連携はこのような場でも絶妙に息が合うのだ。

専務は三人でトリオを組みだしてすでに10社以上を上場させた。

隠し財産だけでも50億を越えている。

この創業者利益の無税になることが永遠に続くとは考えていなかった。

誰かがこの創業者利益を活用して悪用したことが明白になったときがこの仕事の潮時と決めていた。

会社を上場しようと考えたとき、上場できるハードルは低くはない。

専務のようなプロを必要とし、ダーティな部分を隠し通すことの出来る要人が必要であった。

創業者には個性が強く勢いだけで上場まで行けるワンマン経営者も多い、そのような会社には公開できない部分が山ほどある。

専務が証券会社のパーティで上場できそうなオーナーと顔見知りになり、事前にクリスが企業の弱みと強みを調査して掌握していく。

社長と専務の息が合っている企業、創業者のワンマン企業などや企業の裏情報が重要な情報になるのだ。

この男が必要だと感じたときは、沙織をも抱かせる考えでいたがそこまでには至らなかった。



 それから二年が経過し、沙織も34歳になる。

大輔の会社の上場に際して株価を9000円台に設定したいのだが会社の資産と経営内容では5000円が上限と言われた。

幹事のN証券会社の担当役員を会食に接待した。

専務と熊は巧に株価の上限を吊り上げようと工作するが担当役員は承諾しなかった。

そこに沙織を出して接待させる、頃合いを見計らって専務と熊は退席する。

沙織も夫の会社の一大事とばかり、担当役員の工藤を誘惑する。

隣の部屋には夜具が敷かれていて、沙織の色香に心を操っていく。

表面はイヤイヤしているが巧に誘っていく、その一部始終をビデオで録画していく。

工藤はイヤイヤする沙織に口付けをしながら逃げる素振りをする沙織を寝間に誘い込む。

工藤の右手は沙織の股間に届くと沙織は、目を閉じ流れに任せた。

工藤は沙織が落ちたと感じていた。

沙織を夜具の上に寝かせて全裸にしていく。

全裸にして沙織の股間に舌を這わせ、割目の色合いを見て勃起したペニスを秘壺に進入させる。

こちらの部屋もビデオがセットされているが、そんなこととは露とも知らず沙織を犯していく。

一度子宮に放出して帰ろうと思っていたが美しい顔、おちょぼ口を見て口付けをする。

その舌の動きに沙織も応え、工藤は帰えるタイミングを逃がしてしまった。

工藤は沙織に一度放出したと余裕もでき、沙織の美しさに魅了される。

もう一度犯したいという気持ちになり、唇を吸い乳首を舐める。

円錐型のホリュウムのある乳房を舐めていると再び勃起してくる。

もう一度、大きくなった肉片を膣に沈めていく。

沈めながら暖かくて締め付けてくる膣にペニスが痺れてくる。

朝までこの女を抱いていたい気持ちにさせた。

結局、N証券の工藤常務は沙織の秘壺に二回と沙織の口に精液を放出してしまった。

沙織に魅了され、沙織の虜になっていた。 

 翌日、工藤常務を脅迫するためにビデオを持って、N証券に押しかける予定にしていたが、工藤常務が銀行に来て専務に面会を申し込んできた。

二人は顔を見合わせた。

「好井専務、今後あなたの指示に従います。どうかもう一度、沙織はんを抱かせてください」

「今後、我々と手を結ぶという意味に解釈しても良いですか」

「あなたとならば、同盟でも、兄弟の契りでもします」

「ほな、分かった。上場する初値は幾らにする」

「初値操作をして、9600円を初値にします。その後は知りまへんで----1万円越えようがそれは市場が決めることです」

「よっしゃ、常務と手を結びましょう」

「今週の金曜日の夜、帝國ホテルの最上階のラウンジで会いましょう。但し、誰にも知られないように頼みますよ---」

「解っていますがな-----上場するまでは-----」


 帝國ホテルのラウンジで、専務とクリスと沙織で飲んでいた。

沙織はカクテルドレスを着て、そこにクリスと常務が座っている。

熊は常務を見張っており、尾行がないかを確かめて席に誘導した。

マスコミに暴かれることを警戒していた。

「私が工藤です。皆さんの仲間に加えて頂いてとても光栄です。銀行と証券会社が手を結べは怖いものはないですね」

「工藤はん、忘れてはいけないよ-----マスコミを----」

「忘れていませんよ----マスコミに知れると我々の命取りになる」

  同根のよしみなのか意気投合していき、食事も終わりアルコールが進みダンスミュージックになると工藤は沙織の手を引いて踊りだす。

踊りながら沙織の唇を奪うが沙織は微笑みながら応えていく。

その仕草に喜ぶ工藤がいた。

アルコールも進むと専務と沙織が最上階のスィートルームに向かう。

時間差をつくって工藤常務、クリス、熊と部屋に入って行った。

 沙織も男達を満足させようと意識しているが、肉体が馴染み愛が芽生えてくると「心を込めて」を意識するようになっていた。

同じフェラをするのでも「心から気持ちよくなって貰いたい」、「沙織の口で癒してあげる」そんな意識の変化が男達には、例えようのない快感と満足感を与えていた。

男達も沙織の体内に放出すればよいという考えから、

「沙織を心地よく逝かせる---心身ともに満足させたい」

 という思いが交差するようになってきた。

沙織を女としての肉体だけでなく、沙織も我々の同士としての意識が芽生えていた。

沙織も大学で学んでいた会計学から公認会計士の資格獲得を目指すようになっていたからだ。

今宵は、四人のペニスをゆっくりと口に含み、専務を寝かせて専務に跨る。膨張した矛を秘壺に沈める。

常務のペニスを咥えてアヌスにはクリスのものが進入してくる。

熊が撮影の担当になる。

絡み合うと4匹の裸体が狂うように刺激しあい、夢のような至福へと導いていく。

身体の疲労感と肉体の満足感が充実感を与えてくれる。

満足するとテラスにある露天風呂に五人で入る。

星空の下でお風呂に浸かりながら四人と順番に口付けを交わしていく。

四人の男に愛されていると思うだけで幸せがこみ上げてくる。

男達も沙織の体内に三度も精液を放出してしまうと満足感と疲労感で心地よい寝息を立てながら寝入っていた。

沙織も工藤の腕枕で寝入っていた。        
                                  続く

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 職場の男,

私の妻(彩)は32才。結婚4年目になります。
結婚するまでは彩はデパートに勤務していましたが今は専業主婦をしています。
私は営業で外回りをしています。
それは自宅から5駅ほど都心に近い駅の繁華街での出来事でした。
私がその駅に近い会社に営業に行った帰りに彩を見かけたのです。
それも露出度の高い胸元が大きく開いたシャツに股下5cmくらいのタイトミニスカート、化粧もいつもよりかなり濃く誰もが振り返るほどいやらしいいでだちで繁華街に歩いていくではありませか。
私は慌てて後をつけました。
彩は身長163cm、バストは大きくありませんが脱ぐといやらしい体をしています。
後ろからつけていると、ブラの線はなくノーブラ。
前から見れば薄いピンクのシャツを着ていたので乳首が透けて見えていたはず。(最初に見たときには気づきませんでした)ミニスカの下は間違いなくTバック。
普段からTバックは着けています。
そのうち女性のショップに入っていったので近くで待機、出てきてまたつけていくと雑貨の店へ。
店の中でちらちらみていると、彩はシャツのボタンを一つ開けました。
男性が横から見ればおそらく乳首は見えるはず。
10分ほどすると今度はスカートを股下0cmくらいにあげかがめばほぼお尻が丸見えになるくらいの超ミニに。その時点で私も興奮状態に。
雑貨屋を出たところでなんと男性と合流したのです。
えっ、浮気?と最初は同様した私でしたが何とか撒かれずに後をつけました。
しばらく歩くと二人はアダルトショップに入っていったのです。
さすがに店は大きくないので入ったらばれるかもと思い、10分ほど外で待ちましたが、中の様子が気になってしまい、意を決して店に入りました。
入っても客はまばらでどにいるのかわかりませんでした。
バイブ、ローター、男用のオナグッズ、DVDのところにもいません。後はランジェリーコーナーしかなく近づいていくと喘ぎ声が聞こえてきました。
いやな予感と思いつつ恐る恐る近づくとそこには妻が着ていたシャツとミニスカは通路に脱ぎ捨てるように置いてありTバック1枚、それも見たこともない全部がひもの赤のTバック1枚で一緒に入った男性ではない男のいちもつをしゃぶっていました。
一緒に入った男性はTバックをずらし超極太のバイブを彩のおまんこに出し入れしだしました。
私は後ろから頭をひっぱたかれた感じがしましたが衝撃はまだありました。
フェラをしていた彩がフェラをしながら「おちんぽおいしい、おちんぽ大好き」と言い「おまんこにおちんぽ入れて」と懇願したときには私も状況とは裏腹にすごい興奮を覚えました。
さすがにお店の中だったのでセックスまではいきませんでしたが射精した精子は飲みこんだみたいでした。
その後彩が外出しそうな日を探り調べたところその男性とも当然ながらセックスありの関係でしばしば男の命令で露出したりさらには露出したあとに知らない男のちんぽをしゃぶったりさせられている様子でした。
知らないところで知らない男に妻が淫乱にさせられていく状況に私は怒りより興奮を覚えてしまいました。
これからは私が妻をさらに淫乱にさせていきたいと思っています。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 調教された妻,

調教される妻、沙織 ③

 誓約書にサインして恥ずかしいところを拓本され、沙織はこの人達に逆らえないことを知る。
後一人は誰なのかと心配になる。吉井佐渡は大学の応援団の団長をしていたワルの筆頭だった。
そのワルが日本のトップのM銀行の専務頭取なのだ。この人がと考える。

 「沙織、俺のを咥えろ」

 専務のペニスも熊にひけをとらない大きさなのだ。
長さは30センチもありそう、太さは5.5センチと自称している。
専務の股間に正座する。
棹を舐め、亀頭を下で嘗め回して睾丸を口に含む。
口の中で転がし続け、再び亀頭に唇を被せる。
右手で棹を扱きながら吸い続ける。
左手で蟻の渡し辺から肛門を刺激する。

大きすぎると思いつつ扱き続けて30分あまり経って、

 「おおおぉぉ----出すぞ-----飲め飲め----俺のを飲み込め」

 一週間溜めていたという精液が飲み込んでも飲み込んでも吐き出されてくる。青臭い匂いが口内に溢れてくるが懸命に溜飲することが奴隷の務めだと覚悟して飲み干す。尿道に残っている精液もゆっくり吸いだしていく。全部吸い出して、

 「専務さんの凄いの-----美味しく頂きました。ありがとうございました」

 何でこんなもの飲まされて礼など言わなければならないのと思考は激怒しているが子宮は満ち足りた充実感でキュンキュンと蠢いている。女は不可思議な動物だと思えた。
専務のペニスはあれだけ放出しているのに大きさも固さも小さくならなかった。専務の指示で専務の裸体に跨り、垂直に立っているペニスを秘壺にいれる。
秘壺はペニスを咥えたときなら濡れ、精液を飲み干した瞬間から滝のよう愛液を流し、長くて太いペニスを難なく滑り込んでいく。
あんなに長いペニスが根元まで咥え込む。子宮が圧迫され胃の中までペニスに塞がれている錯覚になる。
身体が小刻みに痙攣しながら子宮はさらに淫乱になっていく。そのまま腰をゆつくり廻していく。
専務が時折ペニスを突き上げてくる。その衝撃で子宮が悲鳴を上げている。身体中をピンクに染めながら沙織が淫らに、淫乱に変身した。その頃合いを見て熊の6センチ砲がおちょぼ口を封鎖してしまう。
咽喉まで亀頭が蓋をしているので声も上げることができない。只管吸引を続けることができる唯一のことであった。

 専務の股間を沙織の愛液が濡らしていく。マットに敷いたバスタオルまで濡れていく。
膣の襞はペニスに絡み付いている。懸命にペニスを絞り上げようと収縮するがペニスは益々硬くなる。
沙織の股間に打ち付けられた杭である。
それでも貪欲にペニスを締め付けようとしている。膣とペニスの攻め合いが全身を快楽と充実感が包んでいく。
大きく息を吐きたくても吐けない。60分近くも二本の杭と格闘を続けていたが二本の杭も満足したのか再び精液を上下の口に放出する。

 「沙織、この精子で妊娠してもいいぞ。たっぷり飲ませてやる」

 熱い精子が子宮壁に飛散していく。子宮も歓喜に包まれてその精子を飲み込もうとしている。
お口も熊の精子が溢れてくる。飲んでも飲んでも吐き出されてくる精液を溜飲していく。
熊のペニスを掃除すると専務が湯気の上がっているペニスをお口に突きつけてくる。当然の如く最後まで専務のペニスも掃除していく。
沙織の愛液と精液が混ざったペニスは少し塩味があった。掃除を終えてペニスを吐き出すと沙織はそのままマットに沈んでいった。

 「沙織としていると心身ともに充実感がある。満足---満足---あと、二回はするぞ---」

 熊と専務はニャニャしながらビールを飲み干す。

 「沙織を裸体を見ながらビールは美味しい」

 股間から流れ出る白濁した精液を見ていた。

 「これほどの女と巡り合えるとは、俺の人生も捨てたものではない」

 沙織は、朝までに3回も貫かれた。三人とも充実した男と女のセックスに満足していた。今度着たときには、アメリカ人のクリスが戻って来る頃だ。クリスも大学で沙織のことは知っていた。


 熊の車で自宅に帰されたのは日曜日も22時を廻っていた。
娘達は明日からの学校のために眠っていた。この疲れ果てた姿は見せたくはなかった。
身体は疲れ切っているが身体の内面、子宮は未だ蠢いており、更なる刺激を求めている。
このギャップに悩まされながら大輔が玄関で迎えてくれる。
大輔に抱きつき「あなた留守にしてごめんなさい」と詫びる気持ちで涙が溢れそうになる。
心配掛けまいと微笑みながらキスして、浴室に向かう。
浴室で三人の匂いを消すために身体を洗い、膣の中まで洗う。
下地化粧をして身体にバスタオルを巻いたまま、寝室に

行き、大輔に抱きついていった。大輔に熱いキスをしてペニスを口に含み、罪滅ぼしと懸命に奉仕して精液を吸い取る。
大輔の精液を飲み干すと身体を入れ替えて、正上位で大輔のペニスを秘壺に受ける。比較すると侘しくなる。膣を締め付け大輔のペニスに刺激を与える。

 「ウォォォ-----気持ちいい----」

 何度も悶えながら沙織の子宮に精液を放出して、抱き合って眠った。幸せなひと時である。


 家庭に戻って来て、二、三日で飲まされた精液が体外に排泄される。
この頃になると「二度とあのマンションに行くものか」、「精液なんか二度と飲むものか」と思い詰め、誓うのだがメールでマンションに来るようにと命令されると頭の思考よりも身体の指令が優先してしまう。

女なんて何て悲しい性だと思える。
そんな反発心が芽生えていてもマンションの部屋に入ると一変して淫乱モードになってしまう沙織を卑しい女だと思うことがある。
二週間の大輔と娘達と過ごす家庭の団欒に充実感と幸せ感に浸る頃にメールがくる。


 メールがくると身体が反応している。あのペニスで貫かれたいという子宮が疼くのだ。夫が帰宅すると、

 「明日から二泊で言ってきます」と告げる。

 「すまない------吉井専務から連絡があり来週、五億を送金すると----その五億で株式比率M銀行とT製薬の比率を30%して私の比率を33%にしてから東証に上場する準備をするようにと-----銀行も製薬会社も会長にも話はつけている」

 「そうなの----あの人達は私達を応援してくれているのだ------」

 「沙織、すまないね---」

 「いいのよ----あなたの為と分かると私、頑張るから-----」

 そんな会話が金曜日の別れの言葉となった。日曜日まで会えない。


 沙織は気が付けばマンションに来て、全裸になりエプロンを付けていた。テープルの上に10万円を置いてあった。
四人分食事の準備をしておくようにと書かれてあった。
買い物もして来て全裸でエプロン姿になると子宮が疼きだす乳首も硬くなる。
何かを期待している。準備が終わり、テレビを着けてソファーに座るとチャイムがなる。

 「あなたお帰りなさい」と笑顔で熊にキスをする。その後ろから

 「私も来たよ」と専務の声に

 「お待ちしていました」と専務にも笑顔でキスをする。専務は沙織を抱え上げで沙織に唾液を送り込む。

 「沙織さん、クリスです」その声に驚き逃げようとするが専務に抱かれていて逃げられない。

 「クリスにもキスをして上げなさい」

 と専務に言われ、全裸エプロンの破廉恥な姿でクリスに抱かれ熱烈なキスをされる。キャンバスでクリスにキスをしたあの頃が蘇る。

 「沙織は、クリスに恋をしていたのですよ----結ばれることなく別れたようですが-----」

 息ができないほど抱きすくめられる。身体の力が抜けてクリスの身体に寄りかかっていく。

 四人でビールで乾杯をした。

 「これでメンバーが揃ったよ。今日からは沙織の穴を全部犯す----」

 「私、怖い------」

 「かまとと------」

 「そんなこと言われても-----」と膨れ面をする。

 やがて、クリスに口移しでビールを飲み、専務にも---熊にも、何回も口移しで流し込まれる。
食事の片付けをしている間に男達は、剃毛と浣腸の準備を整えていた。椅子にM字に両脚を開脚されて縛られる。

 「きれいだ-----」クリスが秘壺にキスをして嘗め回す。沙織の歓喜の悶え息が零れる。
恥ずかしいところをクリスに見られこれまでにない興奮をしている。
クリスに愛されたいと何度も思ったことがあったが適わぬ夢になっていた。
クリスに秘丘の毛を剃られる。半分剃ったところで専務から浣腸を入れられる。秘丘が無毛の丘になり、熊からクリスから250CCづつ注入せられる。

 「苦しい-----」

 クリスに見て貰いたいだろう。今日は1000CCまで飲み込むのだ。

 「そんな-----トイレに行かせてくださいよ----」

 「トイレに行かせるから1000CC飲み込んでクリスをフェラで逝かせたら----」

 縛りをとかれクリスの前に正座する。お腹がゴロゴロ鳴ってくる。早くしないと。
初めて見るクリスのペニスに悲鳴をあげる。長い、太いことに驚きながらも咥えようとするが亀頭が口に入らない。
鈴口に口をつけ吸い付き、棹を舐め、睾丸を舐める。長さも30センチを軽く越えている。
これがアメリカ人の大きさなのかと。再度鈴口に戻ってクリスの顔を見る。
目を閉じて沙織が奉仕することに感激しているのだった。鈴口からクリスの液が溢れてくる。

さらに吸引を強める。しばらく続けると

 「沙織、嬉しいよ----出すよ----うううぅぅぅぅ」

 沙織の口内に動物的な匂いのする精液を吐き出していく。沙織もクリスのミルクなのだと思い飲み干していく。
胃袋が満タンになったのではないかと錯覚するほどの精液を飲み干し、トイレに走りこんだ。

 トイレから出てくると熊がアヌスにオイルを塗ってくれる。
クリスが下になり、クリスに沙織が跨り、ペニスを膣に沈めていくが入らない。腰を廻しながら抜いては入れ、抜いては入れるようにしていくとペニスと膣が馴染んでくる。
長さだけで見ると臍の位置よりも10センチも奥に入り込んでいる。

汗を流しながら膣に納まった裏側のアヌスに専務のペニスが杭の様に打たれてくる。
沙織は身体を震わせながら専務のペニスを肛門の中に根元まで差し込まれる。
その二本だけで息も絶え絶えになり、汗まみれになっているのに口に熊のペニスが侵入してくる。
覚悟していた以上の衝撃が沙織を狂わせていく。
沙織の45キロの小柄な身体に80キロもある大男のペニスが三本も突き刺さり、杭の様に沙織を苦しめている。
専務の両手が両乳首を摘むように攻めてくる。
乳首の痛みが子宮にうづきと快楽を求めてくる。
子宮の中に隙間がないほどに進入しているペニスが動く。
アヌスのペニスも動き出すと前後からの刺激に翻弄され、白目を剥きながら失神を繰り返すが次の刺激で起され、底なし沼の淫乱地獄に落とされる。
三人は必要以上に沙織の体に満足感と充実感を感じながら70分も動き続け、沙織の体内に精液を放出して第一回目の肉宴が終わった。

 沙織は満たされた気持ちで子宮は満足しているが疲労感で身体を動くことができなかった。



 

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ, 職場の男,