FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

寝取られもの製作会社ファーストショットからの新作です。
今回は旦那さんのいない場所で奥さんにタントラマッサージに受けてもらう様子の映像です。
旦那さんのいないところで初めて会った男性たちに裸を見せ、そこから・・・。

タントラ系マッサージということで、そもそもタントラとは何だか知らなかったので調べてみました。
インドで生まれたマッサージらしいのですが、男女が精神から身体まですべてを通して官能的に高まっていく的な感じで、セックスとか射精みたいなものではなく、快楽よりも安心感や落ち着き、優しさ、その中に性的な気持ちよさもあるみたいな感じでした。
カップルやご夫婦などでやるようなマッサージらしいです。
男女が裸になり、お互いをゆったりとマッサージし合う、そんなマッサージを人の奥さんにするという趣旨の動画が今回紹介する動画です。


旅行で東京へ行くご夫婦さん。
旅で疲れた奥さんを癒してあげたいということで、旅行の日程の中にこの撮影を入れていたそうです。
旦那さんは奥さんを預けてその場にはいません。
後程動画で見せてもらうという約束らしいです。

旦那さんから離され、ホテルの一室にいる奥さん。
いよいよタントラマッサージの始まりです。
バスローブ姿の奥さんの足の裏から肩までゆっくりとマッサージ。
本場とはちょっと違う感じでしたが癒しの雰囲気を作り上げていきます。

s.jpg

奥さんにバスローブを脱がせると大きく実った乳房が露わになります。
本当に張りのある形のいい乳房を下に、うつぶせになりアロマを使ったマッサージです。
一通り終わると仰向けにされ、その大きな乳房にオイルを塗り広げます。
性器を直接刺激するのではなく、ぎりぎりのところを指でなぞりながら刺激していきます。
下着を脱がされ、奥さんの性器に男性の指が侵入します。
奥さんは喘ぎ声を上げはじめ、室内に淫靡な雰囲気が流れ始めます。

そこでマッサージは終わりです。
次は男性が奥さんの性器を舐め始めます。
顔を擦り付けながらのクンニに奥さんは声をあげます。
そして男性の性器を挿入。
旦那さんのいない場所で男性とセックスをしてしまいます。
1人の男性が行為を済ませると、また次の男性が奥さんを弄ります。
看護婦姿にして後ろ手に縛り、奥さんに性器を咥えさせたりともう奥さんは男性とのセックスに浸っています。
最後には男性3人との4Pです。
f.jpg


旦那さんに見せるビデオだと言われているにもかかわらず、奥さんは必死に男性の要求にこたえるように男性器をむさぼります。
手を離さずずっとにぎり続けながら他の男性のものを受け入れます。
合計何人に犯されたのでしょう、旦那さんはこの映像を渡されたらどんな風に思いながら見るのでしょうか?


今回の動画は他のものに比べたら寝取り感や寝取られ感は少し少ないですが、自分の奥さんが知らない男性達に性感マッサージを受け、複数男性に代わる代わる犯される映像を見てみたいという方にお勧めです。
自分もお願いしたら妻のこんな姿が撮ってもらえるんだと思うと興奮するのではないでしょうか。
個人的には奥さんのスタイルがすごくいいので、旦那さん以外の男性に後ろからされながら形のいい”たわわ”な乳房を揺らしている奥さんがすごく愛しく思えました。

らかさんの寝取られ系タントラマッサージ

d.jpg
スポンサーサイト
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

娘の担任教師にちょっとした恋心を抱いていました。
先生は、今年二十七歳、私より三歳年下です。
初めて会ったのは、懇談会の時でした。

どちらかというと幼気で可愛い感じのする先生でした。
年下の男を可愛いと思うようになるとは、私も年を取ったものですね。
しかし、先生に対する想いは、いつしか欲望へと変わっていったのです。

家庭訪問の日。
私は手ぐすねを引いて先生の訪問を待っていました。
家に上がってもらい、娘の事などを一通り話しました。
家庭訪問が終わると、案の定、娘は友だちの家へ遊びに行ってしまいました。

居間では先生と二人きりという状況になったのです。
私はチャンスとばかりに、ソファでお茶を飲んでいる先生に、
モーションをかけはじめました。
先生の太ももに手を置いて・・・

「ねえ、先生…。年上の女はお嫌い?」
「い、いいえ、そんな・・・。困りますよ・・・そんなこと・・・いけません」
[娘の学校の先生と・・・]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

年明け早々に出たファーストショットさんの新作ダウンロード販売が開始されました。

以前、撮影の仕事で派手な下着を着せられ撮影陣の罠に嵌められていく奥さんで紹介させていただいた奥さん。
前回はラブシーンの撮影ということで挿入は無しという約束でしたが、最終的に疑似挿入場面の撮影の際に男性が挿れちゃってそれまで感じていた奥さんはそのまま快楽に身を任せてしまうという展開でした。

今回は、旦那さんがある条件を飲む代わりに奥さんが旦那さんの性癖を受け入れるという展開です。
旦那さんの願望で、ホテルの部屋で男性4人に囲まれて弄られてしまう奥さん。
旦那さんは隣の部屋でPC画面を見ています。
そのPC画面にはリアルタイムで隣の部屋で撮影されている動画が流れています。

01_20130107163016.jpg



奥さんは男性に弄られ、感じてきたところで男性4人は全員全裸に。
1人だけ服を着ている奥さんと性器を晒しだしている男性のギャップがエロいです。
奥さんは全裸の男性陣に乳首を吸われ、キスをされ、下まで・・・。
旦那さんはその映像を隣の部屋で見ながらしごいています。
奥さんは撮影監督の言うがままに男性に挿入され、上になって腰を振ります。
少し歳をとった感じの乳房が男性の顔の前で揺れ、その映像を旦那さんは見ています。
隣で旦那がいる状況で他人とセックスをするというのはどんな心境になるのでしょう。

s05.jpg



奥さんが男性をいかせると、監督の指示通り他の男性が挿入をします。
代わる代わる奥さんに挿入して射精していく男性陣。
まるで奥さんは性欲処理のための女のように男性の性の捌け口にされます。
それをモニターで見ている旦那さんはたまらないでしょう。
という流れで映像は続いています。


旦那さんに寝取られ嗜好があるということを理解している奥さんなので、この作品も「寝取られるのに興奮する」という方、
自分の奥さんが他人とセックスをすることを想像すると嫉妬感や焦燥感で苦しくなる旦那さんにお勧めです。
もし前作をご覧になられてない方は、
撮影の仕事で派手な下着を着せられ撮影陣の罠に嵌められていく奥さん」を見てからの方が興奮度がアップすると思いますよ。
あんなに清楚な感じの奥さんが・・・という感じです。


今回紹介したのはこちら
バリキャリ妻に内緒で挿入シーンの覗き見を

package_20130107163711.jpg

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,

一ヶ月も経たないうちに職場で同僚に声をかけられました。仕事帰りに喫茶店でと言われたので,もう妻と関係したのかと驚きました。妻は家では何の変化もなくそれまでと全然変わらない日が続いていたからです。
 喫茶店で同僚は携帯電話を見せてくれました。妻です。見覚えのある服装で駅の近くの歩道を歩いているところでした。車の中から携帯を見ている振りをして撮ったのです。妻を車に乗せるとインターチェンジ近くのホテルに直行したと言いました。
 次の写真では驚いたことに妻と同僚はすでに合体した状態でした。ベッドの上で四つん這いになった妻の尻に同僚の腹が密着しています。撮影の音が出ないようにして隙をみて撮影した何枚かのうちの1枚でかなり鮮明です。まず結合部分に目が行きますがくすんだ色の妻の肛門がはっきりと写っていてそのすぐ下は同僚の○ニスの根本です。そこからへそにかけて毛が続いていました。妻は両肘をベッドについて両手で枕を抱えるポーズ。右の乳房が円錐のように三角形の形で写っていました。
 挿入後5分,乳首・クリ・肛門を集中していじられながらまだ○ニスを使ってもらえなくてジリジリしている状態だと言います。そう聞くと妻の尻がいつもより大きくいやらしく感じました。
 3枚目は女性器の大写しです。二人の淫液でぐちゃぐちゃになりやつれた感じがするのはセックスが激しかったからでしょう。濃い目の陰毛が濡れて絡み合っていました。湯気が出て来そうな濡れ具合です。そして一番目に付いたのはその中央に直径3㎝くらいの穴がぽっかりと空いていることです。大きい○ニスを入れられると女性器に形がつくと言うのを聞いたことがあります。同僚の大きい○ニスに広げられた女性器がまだ元に戻ってないようでした。
 そんなになるまでの大きさの○ニスを入れられた妻はどんなんだったのだろうかと思うと同時に広がったままになったら困るなとのんきなことも考えました。
 
 妻はその1回目のセックスであっけなく昇天。つまり逝かされたのです。同僚の話では昔つきあっていたときはバックでは逝くことができずフィニッシュは正常位でする必要があったので女として開発されたなと思ったらしいです。私には女性の快感を開発することはできないので,同僚と別れた後でいろいろな男に開発されたと言うことでしょう。
 しかしそれは私にとってちょっとしたショックでした。女を逝かせると言う言葉は世間にあふれていて珍しいことではなかったですが,自分とは別なところの話のように感じていました。これまで妻が男に逝かされたということを空想の上でしか考えていなかったものが現実となったからです。
 同僚の話では,妻は感度も良いほうでセックスでは逝くことが多く複数回逝くこともあったと言います。妻の体がそんなに開発され激しいセックスをしてきたことを知って驚きました。



同僚に抱かれる妻 3

妻はそれから3回同僚と会いました。言い換えると3回抱かれて来たわけです。最初と違って写真を見せてくれるわけでもなく内容を話してくれるのでもなかったので私としてはドキドキはするけれど不満を持っていました。妻は家に帰っても今までと何も変わりなく,同僚から昨日やったと言われるだけでは空しすぎます。
 そして私はそれまで思っていたことを思い切って提案しました。妻とのセックスを見学したいことをです。
 驚いていましたが検討しておくとのことで2週間ほどたちました。妻と会っていやセックスをして話し合った結果提案は受け入れられることになっていました。それを話し合ったはずの妻はその日以降もそんなそぶりは全く見せずいつもと変わりなかったのがとても不思議な気分でした。
 条件として出されたのは,それ以降妻を自由にして良いという内容でしたが,私にとってそれはどうでも良いことでしたから二つ返事で受け入れました。
 

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃,