FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

私と妻はできちゃった結婚でした。高校時代からの同級生で現在37歳。女盛りです。
数年前に購入した一軒家を、先月に改築工事をしました。
作業開始から5日目の金曜日。たまたま私は休みを取ることになり、昼頃から散髪に出ました。
さすがに平日は混雑もしていなくて早く終了。帰りに買い物をする予定でしたが、帰宅して妻と一緒に行くことにして家に戻りました。
大工さん達は午後の休憩時間のようで自宅は静かでした。妻の姿が見えないので二階にあがると、寝室からなにやら声がします。
そっとドアの隙間から覗いてみると・・・。
我々のベッドでとんでもないことが行なわれていました。
中年の大工さん二人と妻が・・・SEXしているのです。

私は一瞬どうしたらいいのかわからず、その場で固まっていました。
妻は私が言うのも変ですが、スタイルも抜群で顔も綺麗なほうです。なかなかのいい女。
そんな妻が全裸でベッドに横たわり、中年オヤジのチンコを挿入してピストンされているんです。
横にはもう一人の大工さんがいて、妻の胸を激しく揉みしだいて乳首を摘んだり引っ張ったりしていました。
「奥さんホントにいい女だなあ。たまんないぜ。旦那が羨ましいなあ」
「旦那と毎晩してるのか?こんなにマンコ汁たらして感じて、いやらしいな」
「いやっ・・・もういやっ・・・」
「いやじゃないだろ。もっとだろ?おらおらっ!」
「あんっあんっ・・・いいっ・・・もっともっとお」
「毎日やらせてくれよ淫乱奥さん。な?いいだろ?」
「あんっ・・・だめっ・・・そんなの・・・」
「こんなに淫乱じゃ、昼間もしたいだろ?」
「旦那にナイショで浮気してるんじゃないのか?バイブとか持ってるんだろ?」
「してないです・・・そんなの持ってない・・・ああっ・・・」
「正直に言ってみなよ。奥さん!おらっ!浮気相手は何歳だ?何人としたんだ?」
「あうっ・・・おじさんや・・・若い子と・・・時々・・・あんっ・・・」
「だろうなあ。バイブは?」
「持って・・・る・・・あああっ・・・」
「淫乱だなあ。今度使おうな」
「うん・・・ああっ・・・いいっ・・・」
「ああ・・・もうダメだ。イキそうだ。ケツに入れるぞ」

そんな・・・。妻がアナルセックスを?私とはしたことがないのに。
それに浮気も・・・バイブも?

「おらおらっ。アナルも感じるか?」
「あああんっ!いいっいいっ!もっと突いて!」
「淫乱奥さんのアナルに精子かけるぞ!うっうっううっ!」
「ああっ!いくいくうっ!」

私のチンコは勃起してパンパンでした。

「ああ気持ちいい。スッキリしたよ。仕事はかどるな」
「ホント毎日させてな。今度は2穴同時に責めてあげるから」
「それもいいな!たまんねえなあ。この体。今度はバイブも使おうな」

私はそっと玄関に戻り、今帰宅したふうを装いました。
頭の中は真っ白でした。妻が知らない男と・・・。アナルも好きだったなんて・・・。
ソファーでくつろいでいると妻が降りてきました。
「あら、お帰りなさい。早かったのね」
「ああ・・・買い物は一緒に行こうと思って」
「そう?じゃ行きましょうか」

何事もなかったように接する妻。
私のチンコはビンビンのままなので、買い物前にホテルに行きました。
「どうしたの?どうしてホテルに?」

部屋に入るなり私は妻をベッドに押し倒して服を脱がせました。
「いや!やめて!お願い!」
「どうしてだ?オヤジの精子臭いからか?」
妻は驚いた表情で私を見つめました。
「どうして・・・そんなことを?」
「見たんだよ。さっき。大工さんとしてるのをな」
「・・・ごめんなさい・・・」
「浮気もしてて、バイブも持ってて、アナルセックスも好きなのか?知らなかったよ」
「ごめん・・・昼間どうしてもしたくなるの・・・」
「この淫乱女!クソアマっ!」

私は激しく妻を犯しました。多少痛いこともして傷つけました。
ベルトで叩いたら感じる妻を見て、ますます興奮です。
「おまえMなんだな。これからは俺がたっぷりと調教してやる!」
「ああっ・・・いいわあっ・・・気持ちいいっ・・・」

マンコ汁とよだれをたらしながら感じる妻。綺麗な顔を歪めて感じる姿に惚れ直しました。
初めて妻のアナルにチンコを挿入し、最後はマンコに精子をぶちまけてやりました。
その後病院でピルを処方してもらい飲むようにさせてます。
これからは私も含めて複数で犯してやりたい。
たっぷりと可愛がってやりたいです。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

私は、関西在住の40才自営業を営む男です。
今回、初めての投稿をいたします。
私の妻である、良美の実体験をお話いたします。
この投稿に至るまでの4ヶ月、私は悩みに悩みました。
と言うのは、他の奥様方の体験と違い、妻の体験は、
趣味と実益を兼ねたものがほとんどだからです。

*温泉旅館のピンクコンパニオン
*ホテトル
*大人のおもちゃ屋でのバイブモニター
*使用済み下着の販売
*フェチプレイ?

これは、すべてTと言う男が関わって、妻が行った(行っている)ものです。
Tは以前、私たちが3Pやスワッピングを楽しんでいた頃の知り合いで、
20人近くの単独男性と経験した3Pの中でただ一人、妻が身も心も許した
男でした。

妻は31才 161cm 50kg B86 W61 H90と、並みのスタイルですが、
結構、美人タイプです。
Tとは、今までに10数回のプレイを重ねましたが、Tの転勤で関係も終わりになった筈なんですが、
そう思っていたのは、私だけだった様です。
転勤と言うのは、全くのデタラメで、Tが妻と二人っきりで交際を続けるための私への嘘だったんです。
当時、妻がその嘘を知っていたのかは、わかりませんが、知っていたとしても、
私への後ろめたさはあるものの、ほんの少しの浮気心と一時のアバンチュールを楽しみたかっただけだと
私は、勝手に思い込んでいます。

当時からTは、私を含めた3Pを嫌い、妻とのデート型の交際を望むようになり、何度か妻とデートを
楽しんでいました。
その時からTの計画は、徐々に進められていたのです。
女をモノにする巧みな話術、SEXテクニック。
完全にTを信頼してしまった妻は、Tを喜ばす事が生きがいのようになっていったようです。

Tは、大の複数プレイマニア。
ある時は、Tの友人5~6人を呼び妻を弄び、楽しんだり、取引先の役員に妻を自分の秘書と偽り
抱かせたりした事も1度や2度ではなかったようです。

そんなTが、今現在、妻にさせていろ事は使用済みの下着の販売です。
これをしているのは、人妻でも多く居る事は、私も知っていましたが、Tが妻にさせているのは、
郵送などで送る販売ではなく、実際に相手と会って目の前で脱いで手渡しをしたり、
相手に妻の下着を脱がせたりです。
しかし、脱がすだけで終わるはずはありません。

妻の口からは、詳しい内容は聞き出せないのでここからは、私の想像になりますが、
1日に何人もの客と会い、会う度にいろんな要求をされていると思います。
濡れていない妻のオ○○コに指を2本3本と入れ、奥まで掻き回すようにピストンさせたり、
いやらしく嘗め回す客、フェラチオを求める客、当然SEXを求める客も居るはずです。

ある日の事、妻が深夜2時を過ぎた頃に帰ってきました。
それもかなり疲れきった様子で、私は寝たふりをしながらベットで妻の行動を観察していました。
真っ赤なTバックから白いハイレグのショーツに履き替えながら、大きく足を開き自分でオ○○コを覗き込んでいます。
左手には、何やら軟膏の様な薬を持ち、オ○○コに塗りつけています。
明け方になって妻の寝息を聞きながら、ショーツをゆっくりと下ろしオ○○コを覗いてみると
ラビアは2倍くらいに腫れ上がり、膣も余程、大きなモノを入れられたのか、それとも余程、長い時間の
SEXをしたのか?
ポッカリと口を開け、真っ赤に腫れ上がっていました。
その奥には、妻のモノか?他人のモノか?白いモノが・・・・。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

ある晩。ウチの女房の学生時代からの親友がやってきて一緒に飲みました。
私は飲み疲れて先に寝てしまい、夜中に喉が渇いてふと目が覚めたら隣の部屋でボソボソと低い声で話をしているのが聞こえてきました。

*「K子最近どう?」
「どうって?」
*「彼氏元気?」
「変なこと言わないでよ、ダンナそこで寝てるんだから。」
*「あれだけ飲んだんだから起きないわよ」
「人のことじゃなくて自分のこと話しなさいよ」
*「K子だって、すごいじゃない・・・可哀相なダンナ様」
「おっきな声で言わないでよー。でもさー、ふたりともけっこうスキモノよねー」
*「Hじゃ引けをとらないかー(笑)。K子の歴代の彼ぜんーぶ知ってるもんね」
「お互いにね」
*「そんなことないよk子の知らないこともいっぱいあるよー」
「30人じゃきかない?」
*「数に入らないのもあるからー。ちゃんとした彼氏は10人ってとこよ。」
「数に入らないって?」
*「一回だけってさ、あるじゃないK子だって」
「あの頃お互い荒れたたからなあ・・・サセ子さん状態・・・来るもの拒まずか・・・・若気の至りよねー・・・」
*「一度さー、K子と2人でナンパされたことあったじゃない?あの彼どうしてるかしらね」
「彼、大変だったよね。とんでもない女ふたり相手にしてさー、ガンバってくれたじゃない」
*「私たちってさー、なんとか姉妹だよね」
「いやらしい!」(笑)
*「知らぬはダンナサマばかりかぁ。男の人って可哀相ね。私たちのグループって全員ウワキしてるもんね」
「U子も、Tちゃんも、L子もこないだ会ったら彼氏の話で盛り上がっちゃってさー、誰もダンナのこという人いない」
*「女もこの年になると・・・ダンナ疲れ果ててすぐ寝ちゃうし」
「女の一番セックスしたい年頃に世の男性諸君は疲れ果て・・・U子んとこご主人公認みたいよ!」
*「キャー、いいなー。ウチなんか絞め殺されちゃうよ」(笑)
「ウチはねー最近ウワキしてもいいよって言うんだけど、まさかねー、もうウワキしてますなんて言えないじゃいない?」
*「あったりまえよ!やっぱりさー。秘密じゃなきゃー、こういうものは。・・・ああ、いいセックスしたいなぁ」
「私ね、内緒よ、絶対。・・・この前、・・・したの・・・・二人の男と・・・寝ちゃったの」
*「それって3Pじゃない」
「そうなのよ・・・久しぶり・・・ダンナ出張でいない時、U子と飲んでさ、さんざんHな話聞かされちゃったのよ」
*「U子はもうチョー淫乱女だからなー」(笑)
「その時、隣の二人組がこっちに来ちゃったのよ。U子と目があってたみたい。
U子って男の気を引くのうまいじゃない?
さんざん向こうをその気にさせといて、じゃあねって、わたし、彼と待ち合わせだからって帰っちゃったのよ。
それで残された私、男二人に挟まれて飲まされてるうちに酔っぱらってべらべら喋っちゃったのね。
どうせ知らない連中だからと思ってさ。
私、主人もいるけど今ウワキしてる真っ最中なのよなんてね・・・。
そしたら二人とも目がギラギラしてきて、どういう風にされるのが好きなの?なんて、もうH会話になっちゃって。
そのうち太股なんか触ってくるし・・・。そういうのってけっこういやらしくって嫌いじゃないのよね。
人の目もあるし、もう堪らなくなっちゃって。男には言えないけど、すっごく濡れてきちゃって、わたしもうグジュグジュだったのよ」
*「よくゆうよねー。羨ましい」
「もうここまで来ちゃったらなるようになれって、覚悟決めてホテルいっちゃったの。
で、パンティ見られるの恥ずかしいから、いきなり素っ裸になって見せてあげたのよ。この美しいヌードを惜しげもなく」
*「K子、体の線きれいだもんね。わたしそんな勇気ない」
「でもさ、一応恥じらいも見せなくちゃ女の嗜みってものがあるじゃない。だからいざって時いや~んて甘い声だしてちょっとは抵抗したのよ」
*「自分で演技しながらもそれで感じてきちゃうのよねー、女って」
「メチャクチャされちゃった!若いから元気なのよ。かわりばんこに入ってこられるともう大変!
あのね・・・クリトリスにキスされながらもう一人の男の子に元気なの入れてもらうって最高ね!もうすぐイッちゃうから。」
*「別の男に見られてるってのもすっごい興奮するのよね。それに、こんなことしてるのバレたら大変って思うともうドキドキで、
ねえ、ねえ、そういう時ってダンナのこととか思い出さない?」
「そうなの!そうなの!ごめんなさい!って(笑)。私は悪い女です、いま知らない男の人ふたりの前でまんこ見せてます、ごめんなさい、
これからこの人達におまんこされちゃいます、あなたごめんなさいって心の中で謝るの。もうそれだけでイキソウになっちゃう」(笑)
*「そうなのよねー。ダンナには悪いけどさー、あの裏切っているって感じ、たまんないのよねー」
「それに知らない男と抱き合ってるって、違和感あるじゃない。あれがいいのよね。ゾッとするような毛深い男だったりして・・・」
*「分かる分かる、慣れてしまった男じゃないのよね、はじめての男ってドキドキするもんね?」
「やっぱりウワキのセックスが一番!でも慣れた男にツボをジクジクされる堪らない気持ちよさって、これも味わい深い?
(笑)どっちとも言えないか!最低はダンナのお義理のなんとか」
*「女ってどうしようもないよねー。それにしてもK子いままで何人も・・・よくぞバレないできたよねー」
「知能犯!でもさぁー、私ダンナを愛してるから・・・ちょっとは罪悪感あるのよ」(笑)
*「その罪悪感がまたたまらなくてウワキしちゃうのよねー」
「昔さぁ、恋愛と結婚は別なんていってたじゃない」
*「今は結婚とウワキは別なのよねー」
「私たちってやっぱりオスケベ奥さまなのよね」
*「そんなことないって。普通の奥さまよ」

私はノドがカラカラになっていても台所まで水を飲みに行けず、
暗闇の中で心臓をドキドキさせながらジッと息を潜めて聞き耳をたてていました。


関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

初めて妻が私以外の男性に愛される一夜を経験しました。
ある日、複数プレイのサイトを妻と2人で見ていました。

「自分の奥さんが目の前で他の男に抱かれるのってすごいよね」

と私が話し掛けた時、妻は食い入るように画面を見つめコメントを読んでいました。私は妻にマウスを渡し妻がどんなページに興味を引くか見ていました。

”Aさんが妻の奥深くに入れたまま、「中で出していいの?」と聞くと妻は「中に出してAさん気持ちいい、奥にいっぱい出して」と言いながらAさんにしがみついてAさんの張り詰めたペニスから注ぎ込まれる精液を気持ち良さそうに受け止めていました。”


このコメントと画像を見ながら妻は眼を潤ませていました。

私がじっと妻を見ていることに気付いた妻は私に擦り寄ってきて

「すごいね、エロいね、あなたの前で他の人にされるなんて考えたら...」
「お前、他の男としたいのか?」
「うーん、ちょっと違うかな。あなたの目の前で他の人に抱かれるのってあなたが良いなら経験してみたいかも。ねぇーもし私が目の前で他の人とエッチしたらどうなるの?あなたはそれを見ながら独りエッチするの?」
「どうだろうな」

私は声が震えました。
[初めて妻を他人に寝取らせた夜]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気,