FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

私たち夫婦は結婚して3年目で私27歳妻の美香23歳です。
結婚前から妻のSEX好きは判っていましたが,あんなになるとは思っても見ませんでした。
 あれは結婚して1年ぐらいしてからでした。当時私は,某メーカーの工場勤務をしており付に何度か夜勤がありました。そのときはだいたい実家に帰っていました。その日も実家に帰ったのですがたまたま私の勤務が変更になり夜遅くに家に帰ったのでした。
そして一人で風呂に入り着替えを探していたらなんとなく妻の下着を見たくなりたんすを開け色々見ていたら,奥のほうにビデオテープが1本ありました。
 早速,居間で再生するとそこには,全裸で2人の男に抱かれる妻の姿映っていました。しかも,最初は,三人で楽しくビールを飲んでおしゃべりをしたり,体を触りあったりと楽しそうにしているのです。そして,となりに座っている男とディープキスを始め男の手は妻の胸を触り,妻の腕は男の背中に廻されていました。そうして男のては,妻のクリトリスを触りだすと妻の口から吐息が漏れ妻の手は男の股間へ自ら移っていきました。そこからはお決まりのフェラチオ、69 そしてバックから男を迎え入れ男は妻の中で果てたようでした。そうした場面がテープにびっしり収められていました。
 そして,次に日の夜妻と二人でなにげなくビデオを見ることにしあのテープを再生しました。妻のビックリする顔を見ながらその時の事を全部聞きました。
 その日も私が夜勤の日で妻は友人と二人で居酒屋で飲んでいると二人の男がナンパしてきたそうです。おごって貰えるという事で4人で一緒に飲んでいると帰る方向が一緒で車で送ってもらえると言うことでその後も一緒に飲んで4人で車に乗りました。そのときは妻は,祐二という背の高い男と,友人の彩はがっちりした健也とカップルになっていました。そして車に前席に祐二と妻,後部座席に彩と健也が乗りました。そうして走っていると後の二人がトイレに行きたいと言うことで健也の知り合いの店の前に車を留め二人が降りました。すると、祐二が急に車を発進させて二人を置いて走り出しました。そして,祐二からしつこいほどホテルに誘われたが,断りつづけ車の中で3時間が過ぎて妻の疲れてしまい最後にはホテルに入ったと言うことでした。ホテルに入ると祐二は,さっさと裸になり,ベットに寝ている妻に襲い掛かりました。妻は,早く果ててくれと思いながな無抵抗にただ寝ていました。そして,祐二のものが入った瞬間妻の体に衝撃が走ったそうです。祐二のものは今まで感じたことのないくらい大きく妻の体の中に入ってきたのでした。そしてピストンをするたびにその衝撃が大きくなり妻の口からあえぎが出ました。それからは,そのピストンに合せて腰を振り声を出し自分からキスを求める淫乱女になり二人同時に絶頂に達したそうです。
 その後も,祐二のものを口に含み再び大きくなったなた物でバックから突かれそして何度も絶頂に達したそうです。
別れ際に携帯の番号を交換していた二人ですが1週間はどちらからも連絡がなかったそうです。そして,ある日祐二から電話がかかってきて「あのときの快感が忘れられないんでもう一回会ってほしい」と言ってきたそうです。妻は,私が長期出張に出ていてあれからSEXはしてなかったので,いそいそと待ち合わせの場所に出かけていきました。見慣れた車を見つけ助手席に座ると,なんと後に健也が座っていました。
 祐二のあのときの話を聞いた健也は自分も一回してみたいと言い着いて来たのでした。妻は一瞬ためらったのですが,祐二の「健也のも太いよ」と言う一言で見てみたい気持ちになり3人でホテルに向かいました。その途中,コンビニで買い物をしようということになったのですが駐車場で祐二が「パンツを脱いで買い物してよ」と言われ妻は,抵抗もせず助手席でストッキングと,パンツを一緒におろしそれを祐二に預けました。そのときには,二人にしっかりとお○こを見られたのでした。そしてコンビニに入った3人は, ビールやおつまみなど買いながら妻の恥ずかしそうな態度を見て楽しんでいたそうです。特に下の棚にあるものは必ず妻に取らせ足を開きながら取るときにチラッと見える黒いものに興奮していたようです。もちろん妻もすでにぐっしょり濡れていて顔も紅潮しているのがわかるくらいになっていたと言います。
 コンビニを出て早速ホテルに入りまずシャワーを浴びてバスタオルだけの姿でビールを飲みながら祐二をこの前のことを健也にこと細かく説明しながら妻の体を触りだしたのでした。そのことがスタートの合図のようになり、まず祐二と妻がベットでディープキスからクニン,フェラ,69と絡み合いそしていたたまれず健也も参加してきました。そして,祐二に言う通り長さは差ほどでもないが太い大きなものを妻の顔の前に差し出し,妻はそれを両手でほおばり咥えました。祐二とは又ちがう味により興奮を覚えその後は余り覚えていないということでした。その日は一晩中3人で絡み合いそしてビデをの前で大また開きをしお○こをアップで撮る健也、それをソファーから眺める祐二その後は又祐二に抱かれる妻、健也は3回、祐二は4回射精し妻は,数え切れないぐらい言ったそうです。その場面は,私が見たビデオに収められており,又そのビデオは祐二,健也も持っているとのこと。そして,その関係は3ヶ月間続き本当はビデオも数本あるとのこと。その他のビデオでは,野外でのフェラやSEXなどもあり精液をいっぱい塗られた顔面のアップもあると言うことでした。そんな関係が終わったとは思えなかったのですが,3ヵ月後ぷっつりと連絡がなくなり妻の何度か電話したがすでに番号が変わっていたと言うことでした。
 その話を終わったから,改めてそのビデオを二人で見ました。
自分のときには出したことのないあえぎ声、濃厚なフェラ、積極的に求め,あえぐ妻の顔、本当に淫乱と言うのにふさわしい姿態でした。
そしてあとのビデオもどんなものだろうかと興味津々となっている自分がありました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,

25日の朝方妻は我が家に帰ってきました。 24日の夕方私の許可を得て妻は、以前からネットで仲良くなった男性に逢う為に出かけて行きました。前日の夜妻からそのことを聞いた私は、不安と興奮が混ざり合った奇妙な気分でした。
妻は勿論食事をして 少しお酒を飲むくらいだからとのことでした。 複雑な気持ちのまま少しの期待もあり その男性と逢うことを了承しました。
夕方の5時過ぎに家をでかけてから11時過ぎに私の携帯にメールが届きました。 内容は少し遅くなってもいい?とのことでした。 私はいいよ と返事はしたものの、そわそわした気分のまま なかなか寝付けませんでした。4時を過ぎても妻は帰宅しません。 うとうとしながら玄関のドアが開く音が明け方にし ふと目を覚ました。
妻は寝室に入ってきてすぐに ごそごそとクローゼットにある下着入れか1枚の下着を手に取り寝室を出ようとしているとき、私は妻に 「おかえり」と声をかけました。
妻はドキっとしたような表情で「遅くなってごめんなさい ついつい楽しくって遅くなっちゃった」と言いながら手に持っていた下着を後ろに隠すようにしていました。
私が「シャワーでも浴びるの?」と問いかけると「飲んでたお店がたばこの煙が凄くって 髪の毛がたばこ臭くってそのまま寝るの嫌だし」
そんな妻の言葉を信用するわけににはいかなかったので「彼と寝たのか?」と率直に問いただすと「そんなことするわけないでしょ!」と大きな声で言い返してきました。
私はこのとき確信しました。 妻は彼にやはり抱かれて来たのだと。妻は昔からずぼしの事を問いただすといつも いきなり怒ったりする事が多かったからです。
私は寝室のドアの前で立っている妻をベットに押し倒し必死に抵抗する妻のスカートをまくりあげピンクの下着を下ろしました。
その瞬間・・・ 妻の下着の大事な部分があたる所に妻の体内から出た私以外の白い体液が付着していました。ある程度期待して予測はしていたものですが、事実を目の前にすると恐ろしい嫉妬と興奮とで頭が真っ白になりました。
妻は「あなた ごめんなさい・・・ 彼が静かなところで飲もうって言うもんだから ついつい・・・ ホテルのラウンジで飲んで・・・ それから 私が飲みすぎちゃって気がついたらホテルのベットに横になっていたの・・・」と妻はいろいろと言い訳じみたことを言っていましたが、私はほとんど耳に入りませんでした。気がつくと男性の体液の匂いが残る妻の大事な部分に口をつけていました。
そして妻の他人の体液の残る部分に私の物を挿入したのです。その間、妻に彼との行為をいろいろたずねました。
妻が言うには、ベットに横になっていて起き上がった瞬間に後ろから抱きしめられたそうです。はじめは拒んでいたものの彼の固くなったものが妻の身体にあたっているのを感じて 妻は彼がかわいそうになり 自分も興奮してしまい、そのままベットに横たわり服を脱がされ、キスをされながら「君が欲しくって 欲しくって 毎晩自分で慰めていたんだよ」と耳元でささやかれ 気がつくと あっと言う間に目の前に大きくそそり立つ彼のものがあったそうです。
口に含まされ 袋の部分まで舐めさされ 彼の物から我慢汁がたくさん出てきて凄く興奮したようです。体中を舐められ大事な部分も大きく広げられて丹念に舐められたそうです。
妻の言葉はこうでした「彼凄く優しいの 愛撫だけで凄く感じちゃった 初めてあなた以外の男性に入れて欲しいって思っちゃったの。 彼が欲しい?って聞くから うん って答えたわ 凄く恥ずかしかったけど・・・・」
妻は避妊を催促したのだそうですが、彼は「君を生で感じさせてくれないか? ずっと ずっと重い浮かべてたんだ 君の中に入ることを だから だめかな?」と彼が言うと妻は拒むことができずに生で挿入させたようです。
挿入され妻は何度も何度も絶頂感を得たようです。私との行為の最中妻は「彼のおちんちん 凄く気持ちいいところに あたるの ずんずん強く激しく突いてくるの!」と私に抱かれながら叫ん、私が「それから?」と聞くと妻は「気がおかしくなりそうで 勘弁して お願い!って叫んじゃったの。 でね 彼が僕も逝きそうって言うから 逝って!一緒に来て!!って言うと外に出してくれるって思っていたら私の中でピクピクしながら射精しちゃったの・・・」
私は妻のその言葉を聴いた瞬間 彼の体液が残る妻の体内に勢いよく 放出させたのでした。それから昼くらいまで 何度も何度も妻を求めたのです。
今 こうして書き込みをしている後ろで、妻はあどけない顔をして寝ています。浮気をしてしまった妻を許せない夫が世の中には、大半でしょうが、私は浮気をしても、素直に告白してくれ私を愛してくれて何もなかったように いつもどおりに寝ている妻が愛しくてしかたありません。こんな気持ちを理解していただける方々も ここには、おられるでしょうね?

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 寝取らせ,

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが
複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、
くぐもったような女の声が聞こえてきた。
[家に帰ると妻が襲われていた話]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻,