FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

さくら企画さんの新しい映像を紹介します。


子供のいる人妻さんです。
誰かの妻であり、母親でもある人がすることではないことをしていて少し心が痛むほどですが、ドSの人には合うかもしれません。
軽めにお尻の見える短パンを履かされ、自動販売機で買い物をしている様を仕事の土方風の職人さんたちにジロジロみられます。
この辺はまだいいのですが、そのあとに山の中の秘湯風の露天風呂に行きます。
男湯なのか、男女共同湯なのかわかりませんが、男しかいない温泉にタオル一枚で入っていきます。
恥ずかしくてたまらないという表情で、ただ男に言われたことに従わなければならないという感じで入っていきます。
撮影のギャラをもらっているから逆らえないという感じです。
初めはよそよそしい男たちも次第に彼女の作る淫靡な雰囲気に飲まれるように彼女に近づき始めます。
男に乳首を吸われ、自分のされていることが理解できず困惑している表情を浮かべる彼女。
このときはまだ、働いている旦那さんや子供のことを思う妻と母親の一面が強く出ているように見えます。
012.jpg

しかし、男たちの欲望は治まるわけがなく、奥さんは男たちの性欲のはけ口にされていきます。
数人に囲まれ、今まで経験したことのないであろう土地で、普通に生活していれば一切かかわることのないような男たちに、想像もしていないようなことをされている自分に戸惑いながらも女としても一面が滲み出てくるような流れです。
015.jpg

その後身体に落書きをされ、露出を強要される奥さんには何か吹っ切れるものを感じます。
023_2014070910430578e.jpg


別の日には天気のわるいなか、完全に透明な河童を着せられ、海岸沿いを歩かされる奥さん。

030.jpg

透け透けの白い水着を着せられ、サウナや温泉に入ったり、ビデオでは定番の公衆便所デビューをしたりと、とにかく露出がテーマの映像とあって裸をさらしまくりでした。
男達は撮影側が用意しているのかわかりませんが、なんだか下手で素人っぽいので一般の方を募集しているのか本当にその場にいる男性が集まってきているのか。。。
少なくとも数名は本当にその場にい合わせた男性が参加している感じもします。
平凡な奥さんがこんな出会い系でこの男性と知り合ってしまったばかりに、短時間で見知らぬ男性何人とも交わると思うとぐっとくるものがありました。
映像は鮮明ではなくホームビデオで撮った感じの映像なので余計にただのエロい素人という感じです。
全体的に色が古い感じビデオで紹介コメントが作りものっぽいのが少し萎えますが^^;
露出もの好きな方にお勧めかもです。



こちらからどうぞ↓
        さくら企画さん





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

久しぶりに寝取られ作品の紹介です

この作品が寝取られというジャンルを確立したと言える作品です。
元々、自分の奥さんを他人に寝取られたいという強い願望を持った旦那さんが、ネットの掲示板に投稿されていたものをあるAV関係の男性が見ていて、それを旦那さんの了承を得て本当にDVDにして売ってしまったという経緯です。
その当時掲示板を見ていた寝取られ嗜好のみんなが興奮しながらも画像のみを見て想像を掻き立てられていたのですが、更に映像がでるなんて思いもしなかったので衝撃的でした。
これ以降、このあるAV関係の男性がファーストショットとして寝取られ専門映像の制作をはじめることになりました。
今でこそ寝取られというジャンルがありますが、これがきっかけだと言える作品ですので是非ご覧ください。

寝取られ話好きとしてはたまらないものだと思います。

堅物の妻を内緒で性感マッサージに
nin-001_570.jpg


ある旦那さんが自分の妻と他人を・・・という性癖からはじめた企画です。
子供も一緒の家族旅行。夜にホテルの部屋で妻にマッサージをしてあげようということでマッサージ師を呼びます。
しかし、そのマッサージ師は旦那さんと予め連絡を取り、はるばる遠くからこの為に来た性感マッサージ師でした。
旦那さんの願望をかなえる為に2人は協力しています。
しかし、奥さんは何も知りません。
子供達を別のところで遊ばせ、その間にマッサージ開始です。
奥さんは普通のマッサージだとしか思っていないので気持ちよさそうにしています。
しかし、プロの性感マッサージ師の腕により奥さんは気持ちいいのがどんどん性感に変わり・・・旦那さんがいない中奥さんは・・・。
奥さんに内緒のその一部始終がを撮影したビデオがDVD化された作品です。
寝取られ好きな人はほとんど知っておられるとは思います。
この作品が出た後、同じような作品がメーカーから発売され始めました。
しかし、何が違うかというとメーカーが出したものは女優を使ったAVです。
この映像は本当に旦那さんが奥さんに内緒でやったことの一部始終。
まだ知らない方はご覧になってみてはいかがでしょうか?
1人の旦那さんが撮影したこの映像をファーストショットさんがDVD化、そして類似品が続出という形で寝取られジャンルが広がっていきました。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

DVD化もしてモザイクがあると言っても奥さんを大多数の人の目に触れさせた旦那さん、また別の企画を用意していました。


旦那さんは性感マッサージには飽き足らず、自分の妻が最後までされているところを見たいという願望を持ち続け、いろんな案を考え奥さんに男を近づけてみたりしていたようで、なかなかうまくいかなかったりを繰り返しながら今回の映像を撮影したそうです。
今回考えられている案は、家族でホテルに泊まっている中、夜にラウンジで偶然を装って旦那さんの会社の取引先の人が現れ、付き合いで奥さんも一緒に飲み始め・・・。
この会社の取引先の人は旦那さんが仕掛けた男だそうです。
そして旦那さんは子供もいるので部屋に戻り、奥さんはそのまま付き合いで旦那の会社の取引先の人に気を使いながら飲み続け、いつのまにか男の部屋に連れて行かれ・・・。
その先は言いたいけど言えないのでここまでにしておきます。
その一部始終をご主人がビデオカメラに収めたものだそうです。
自分の奥さんが他人に寝取られてしまうのか、しかもその様子を映像としてまざまざと見せられてしまうのか・・・。
たまらない興奮が襲ってきます(笑)


実録 堅物の妻を内緒で酔わせ他の男の勃起した物を
800000040101.jpg

この映像は本当に奥さんが性交されてしまう衝撃的な内容でした。。。
最初に紹介した第1弾は寝取られ性癖のない人にとってはただマッサージ受けている映像でしかないかもしれませんが、こちらはマッサージではなく、奥さんを男に寝取らせるというものです。
映像自体はAVと比べて過激さはありませんが、この映像の背景にあるものを考えるとたまらない興奮が襲ってきます。
是非一度ご覧になってください。


町内会の続きです。

昼に家に帰り、妻は食事を用意して食べ終わると。
「ごめんなさい。疲れたので休みます」そう言うと寝室に行きました。

午後6時に起きてきて、寝過ぎたことを詫びて夕食の準備を。そして、食べ始めると。
「0時ころ寝たのだが、何時に部屋に戻った?」「遅くまで飲んでいたのか?」「迷惑掛けなかったか?」「何かあったのか?」矢継ぎ早に質問をしました。
《少し迷惑を掛けました。飲み過ぎて、町内会長の部屋で寝てしまって。1時ころ部屋に戻りました。それ以外何も無いです》妻の返答です。
やはり、町内会長の部屋での本当の出来事を話しません。食事が終わり。
「疲れただろう。一緒に風呂に入って背中を流してやるよ」ドキッとした妻を見逃しませんでした。拒み続ける妻。半ば強制的に入ることに。そして、証拠を見つけて妻の口を割らせてやろう。そんな気持ちが込み上げてきました。
風呂に入っていると後から入ってきて湯船に一緒に浸かりました。妻の身体を見ると、胸と背中にキスマーク。
「これどうした?」身体をピクッと小さく驚く妻。
「色々、お手伝いしている時にぶつけたのかしら」手でキスマークの痕を隠しながら答えました。
「そ~か。大変だったな!・・・そう言えば、部屋に戻ったの1時って言ったけど、俺、喉渇いて水飲んだの、確か1時半過ぎだったな。その時、まだ戻っていなかったぞ!」カマをかけて言いました。
「あら!そうだった。眠たかったので、はっきり覚えていないわ」もう完全に声を上ずらせて。
「どうした?俺、何か変なこと言ったか?」もう少しで尻尾をつかめそうな気がして。
「ゴメンナサイ。疲れとお酒で記憶があいまいで。これからは気をつけるわ」はぐらかされてしまいました。
その夜は、もうそれ以上聞くことができず口を割らせることに失敗。

10日ほど経った時。午後7時半に家に帰ると妻の置手紙が《町内会長の家で温泉旅行会の反省会で出かけます》
午後9時。まだ戻りません。
午後10時。妻の携帯に電話をしましたが留守番電話。町内会長の家に電話しましたが、出ません。
自宅を出て町内会長の家に向かいました。明りが点いていたので、インターフォンで数度呼びましたが、何の返答もありません。
そこで、ドアを大きく叩き。
「妻が来ているはずだ。ここを開けてください。開けないと大きな声を出しますよ」すると中から《少し待って下さい》声が聞こえました。鍵が開けられてドアが少し開くと、私はそこにいた町内会長を押しのけて中に入って行きました。居間に副会長、妻が座っていました。三人とも私と目を合わせようとしません。
三人の服装を見ると明らかに慌てて着たのがわかりました。町内会長はシャツのボタンが掛け違い、副会長は髪の毛が乱れていて、妻はスカートのファスナーが半分開いています。
妻に私のところに来るように言うと、立ち上がり私の横に。スカートを捲くり上げると、思った通り、下着を着けていません。このことを尋ねると、下を向いたまま答えません。
すると、町内会長、副会長が土下座して平謝り。無視して、妻を連れ家に帰りました。

部屋に入るなり土下座して謝る妻。《離婚》の言葉を口にすると大泣きして、何でもするのでそれだけは勘弁して欲しい。
私は酒をあおって寝ました。

翌日の土曜日、町内会長より電話があり会うことに。そして、家に呼ばれました。
部屋に入るなり、二人土下座して謝り、町内会長が封筒を私に渡し慰謝料ということで取っておいてくださいとのことでした。
中を確認すると驚く金額が入っていてビックリして返そうとしましたが、これで今回のことを水に流してくださいということなので、受け取ることにしました。
そして、今回のことと温泉旅館でのことになった経緯を詳しく聞きだしました。

家に帰ると妻は何を話してきたか気になって仕方がない様子です。町内会長たちから聞いたことを話すと本当に観念して。《何でもするので、今回は許して欲しい》私は大金を手にしたこともあり許すことに。ただ、《私には逆らわない》約束させました。後、罰として陰毛を全て剃りました。

また、実は町内会長たちから、妻以外の女性の話を聞いていました。
還暦過ぎの女性二人の話をされましたが、さすがに無視して、私の家の向かいの44歳の奥さん。中学生の男の子と旦那さんの三人暮し。昨年、町内会の忘年会の時に泥酔させてホテルに連れ込み関係を。しかし、このことに激高され、絶対に他言しないことで落ち着かせた。この奥さんとは一回だけ。これには興味を引かれました。
妻との話が終わると、町内会長に電話を。《明日、午後1時。副会長と私の家に来てくれ。妻には内緒にしておくように。それと例のバイアグラは飲んでくるように》

翌日、妻にシャワーを浴びて客間に布団を敷き裸で寝ているように言いつけました。1時、二人がやってきました。客間に連れて行き、戸を開けて中に。驚く三人に、私は目の前で温泉旅館でしたことを見せろと言うと、躊躇したので妻を布団から出し町内会長に押し付け強要しました。すると男二人服を脱ぎ三人で布団に。しかし、動きを止め見つめ合うだけです。そこで私は、妻にフェラチオをするよう言いました。
「あなた。ゴメンナサイ。許して下さい」聞く耳を持たない私は、首を横に振り早くしろ。命令に従わざる得ないことを悟り町内会長のカリデカの男根を咥えました。副会長には妻の女の部分を舐めるように言い、顔を近づけると。
「奥さん。毛が無くてオマンコが丸見え!」妻は少し恥ずかしそうにしましたが、それからは、温泉旅館で繰り広げられた光景が目の前で始まりました。
町内会長が男根を女の部分に近づけると手で隠して抵抗。
「だめです!」横から副会長がその手をつかみ自分の先細りの男根を握らせました。そして、町内会長に挿入を許して腰を動かされると。
「ゴメンナサイ。あなた~っ!」感じていることを謝ると、四つん這いされ町内会長の精液を体内に受け、さらに仰向けに寝ていた副会長の上にまたがり、自ら腰を動かして。
「イ、イキそうです・・・。あなた。い、イイですか?」助けを求める目をして言うと、そのまま副会長に覆いかぶさり射精を受けました。
時間を置いて再び薬が効き始めると、副会長が立ち上がり妻に咥えさせました。町内会長は男根を手でしごき勃起させて、脚を大きく拡げられてあらわになっていた女の部分に埋めていきました。
町内会長が妻の中に、副会長が口にそれぞれ射精を終えて布団の上に座り込むと。
「ご主人。私たちはもう限界です。そろそろ帰らさせていただきます」身支度を始め。二人を送り終えると。
「あなた、お願い。・・・あなたのを頂戴!」手を引かれ寝室に。立っている私の前に膝まづきフェラチオを。勃起するとベッドに手をつき尻を突き出す格好になり、挿入をせがまれ、パンパンと大きな音がするくらい腰を打ち付けると。
「奥がいい。わ、私、イキます!」妻の膝がガクッとなり落ちそうになったので、腰をつかんで続けると。
「あなた。お願い・・もう許して!」ドンと妻の奥まで突いて射精しました。
ベッドで横になっていると。
「あなたが一番」従順な態度で言われて。
「これからも、あの二人にヤらせてやれ!おまえも感じたんだろ。ただし、俺の目の前だけだぞ!」頷く妻でした。


町内会③へ
僕と親友夫婦のスワップ体験談です。
僕達夫婦と親友夫婦は同級生でカップルで、結婚してからも10年来の付き合いで、よく一緒に遊んだりしている。
なんでも言い合える仲なので、当然SEXの話題もよく出るが、お互いの妻は同じ病院のもはやベテラン看護婦なので、下ネタなどお手の物です。

お互い夫婦の不満は勤務によってスレ違いになりがちだということで、したくても相手が仕事に行っているということでマンネリだった。
そんななかで親友のKが
「相手取り替えてHしてみよ?」
と言い出した。
当然女性陣に却下されたがKも粘り強い熱い語りで
「風俗や浮気されるよりいいだろ」
の押しの一言で半ば強引に相手を交換することになった。
実はKは俺が妻と付き合う前に妻のことを狙っていたのだが、俺に奪われてしまって、妻の紹介で付き合うようになったのが今のカミさん。
さらにKのカミさんはスレンダーな貧乳Aカップで、俺の妻はムッチリEカップで、顔はKのカミさん身体は俺のカミさんといった感じだったので、夏になるとKの視線が妻の胸の谷間に刺さっているのが客観的にもわかっていた。

一度目のスワップはお互いの家でそれぞれ妻同士を交換して行ったのだが無難に終わり、確かにいい刺激になった。
そのうち早いペースで2度3度とスワップを繰り返すようになると、お互いの欲求も言い合えるようになり、初めの頃にあった緊張感も無くなっていた。
スワップの後に妻から聞くKとのSEX話もすごく興奮して、妻とのSEXもスワップをする前より刺激的になっていった。
そしてさらに段階は進んでいってKの提案で皆で予定を合わせてスワップ旅行に出かけることになった。

温泉旅館に4人で泊まり、ゆっくり温泉に浸かり疲れを癒し、旨い料理を食べて部屋に戻ると布団が敷いてあった。
4人部屋で半洋室の作りだったので、俺とKのカミさんが洋室に行き、ふすまを隔ててKと妻がSEXをはじめた。
ふすまがあるとはいえ声は筒抜けで、初めはお互い静かにしていたが、相手側から漏れる声にお互いに興奮して、挿入した後はもうお構い無しで、むしろ相手に聞かせるつもりだった。
俺はふすま越しに聞こえる妻の声に興奮したせいか、30分もしないでKのカミさんの中にゴム出し。
ゴムをかたしてからKのカミさんとふすまを少し開けてのぞくと、妻がこっちに顔を向けてバックでKに突かれていた。
妻が俺達に気づくと
「いや、ちょっとK、見られてるって」
と言って布団で顔を隠したがKが
「見せつけたるで!」
と言って布団をはぎ取り、妻の上半身を起こして両手で妻の乳を鷲掴みにして、さらに激しく腰を振りだした。
妻は
「いや、恥ずかしい見られてる、でも気持ち良い」
と言って興奮しているようで、Kも調子に乗って
「オラ~、マンコぶっ壊れるほど突くで~」
と言って下から妻のマンコを突き上げると、妻は
「いや~、ホント壊れてまうって」
と言って顔をクシャクシャにしてさらに感じだした。
Kのカミさんも
「うわ、めっちゃ激しいやん、そんなんしてもらった事ないやん、うらわましいわ」
とKに言っていた。
そのうちKが
「オラ、出すぞ~!思いきり精液ブチ撒けたるわ~」
と言った。
妻は
「アカン、出したらアカンって!」
と弱弱しい声で抵抗もできずに突かれるままだったので、せめて最後くらいはと思い、俺は笑いながら妻に
「お前の中でKの精液一滴残らず搾り取ったれ!」
っと押されぎみの妻を応援した。
隣でKのカミさんも
「え~、私の時よりいっぱい出たらショックや」
と笑っていた。
妻が弱弱しく
「・・・ええの?」
と聞いてきたが、その時はまさか後であんなことになるとは知らずに
「ええよ、Kの精液の量が多かったらお前の逆転勝ちや」
と俺が言うとすぐにKが
「出る!お、お、お、膣がえらいチンポに絡み付いてくる、そないされたら射精止まらんって・・・」
と言って出す前とはうって変わって弱弱しくなっていった。
妻はKの射精に合わせてただ
「ん、ん、ん」
と言いながら目をつむってKの精液を体内で受け止めていた。

Kの長~い射精が終わると
「ふ~っ、あかん・・・俺の負けや、めっちゃ出てもうたわ、そら、この乳揉みながらマンコ締められたら嫌でもめっちゃ出るって」
と言って笑っていた。
Kのカミさんが妻に
「どお?Kの精液多かった?」
と聞くと、妻は少し恥ずかしいような困った顔で
「K、私の中にめっちゃ出したよ、ドクンドクンって勢いよく当たるのわかったから」
と言った後に、なぜかKのカミさんに勝ったような表情をした。
Kが
「どれ抜くで~、どんだけ出たかな~?」
と言ってチンポを抜こうとしたので俺とKのカミさんは
「見せて~」
と言ってKの側によった。
ところがそこで目にしたものはゴムなどしておらず生で中出しをした2人の性器。
俺とKのカミさんは一瞬で青ざめ
「は?なんでゴムしてないの?」
とK達に問いただした。
するとKは
「え?おまえらゴムしてたの?」
と逆に驚いていた。
妻も
「え?危険日以外はいつも生なんじゃないの?」
と驚いていた。
なんだか話しがかみ合わないので整理してみると、俺とKのカミさんはゴム付きが当たり前だと思っていて、Kと妻は危険日以外は生外出しが基本だったらしい。
さすがに中出しは今回が初めてで、俺がゴムしてると思って
「出してもらえ」
って言ったのを聞いて妻はKの精液を中で受け入れる覚悟をしたようだった。
それに出された後にそんなこと言っても後の祭りで、案の定Kがチンポを抜くと妻のマンコからKの白い精液が大量に畳に垂れた。
それを見たKのカミさんが
「私との時はこんなにたくさん出ないのに・・・」
と言ってショックを受けていた。
きっとKが妻の中に出した精液の量が自分の時よりも多くて2人に嫉妬したのだろう。

その後はしっかり”スワップはゴム着きで”というルールを決めて今もたまにスワップをしているが、どうも妻の安全日付近になるとKの呼び出しが多く集中し、妻は
「ちゃんとゴムしてるから・・・」
と言うが不安でならない。