FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

私の秘密2の続き

Tさんとの初エッチ・・・その後、高校卒業までの3ヶ月間で野菜挿入・バイブ挿入・フィストファっク・顔面シャワー・ハメ撮り・淫語責めといろいろ教え込まれました。
大学生の彼氏とのお泊まりデートも毎週続いていました。
高校卒業後、私は進学せずに、就職を希望していました。
それを期に、彼氏とは別れるつもりでした。
働き出して、先輩女子社員から、自分の彼氏の友人を紹介すると言われて、その友人とお付き合いが始まりました。
その彼氏とのお付き合いも3ヶ月と短いものでした。
やはり、若いだけあって、エッチもガツガツしていて。最初の彼と変わりませんでした。
それと、Tさんの調教とペニスに魅せられていた私は、それほど良く思わなかったのが事実です。
この彼もSEXテクニックもイマイチでペニスも普通サイズでした。

その後、職場の近くにある、コンビ二の店長と仲良くなり、お付き合いする事になりました。
店長はSEXテクは普通だったのですが、ペニスの長さはTさんにも負けず劣らずのモノでした。
しかし長さは良いのですが、私が満足する太さがなかったのでした。

19歳になるまでの1年間で、紹介とコンビニ店長と入れて、もう1人、合計3人の男性とお付き合いして、エッチをしました。
この人もテクもペニスも普通でした。

それでもTさんとは、月1回のSEXデートも週1回になっていました。
ますますTさんのSEXに夢中になっていました。

次の調教は、その当時流行っていた、ツーショット・ダイヤルでの遊びでした。
電話をかけてくる男性のテレフォンSEXの相手をしてみろと言う事でした。
そして私も付き合ってオナニーしてみろと言われて、テレエッチをしてしまいました。
素っ裸でベッドに寝転び、電話の相手とオナニーするんです。
相手も私の喘ぎ声を聞きながら、チンポを勃起させて、扱いていると思うと、やけに興奮してしまいました。
Tさんはそんな私を見ながら、電話の相手と同じ様にシコシコし始めるんです。
そして、最後は顔面シャワーで、私の顔はTさんの精液でベトベトになるのでした。

テレエッチのプレイが何度か続いた後、Tさんがとんでもない提案をしてきたのでした。
それは電話の相手とデートしてこい!と言う事でした。
これにはさすがにビックリしてしまいました。
Tさんが言うには、俺が教えたテクニックを他の男で試してみたらと言うことでした。
でも・・・私はTさんの彼女でもないし、この1年間、3人の男性と付き合っても咎められることもされなかったんですが・・・私はTさんのセフレじゃないの?
それでも、Tさんは、私がもっとスケベにエロくなるのが見てみたい!
SEXっていうのは、人それぞれ違うモノ!いろんなSEXを知ってもらいたいと懇願されました。

決行日は次の休みの日曜日に決まりました。
私は朝早くから、Tさんのマンションに行き、抱いてもらうつもりでした。
しかしTさんは終わってからと言って、我慢させられたのでした。
19時頃になり、電話をかけました。
今日はいつもと違って、テレエッチではありません。
会おうと言ってくる男性狙いでした。
最初の男性は52歳のおじ様でした。
話も弾み、悪い人でもなさそうだし、こちらが指定した場所までお迎えに来てくれると言うので、このおじ様とデートする事にしました。

Tさんの車で待ち合わせ場所まで送ってもらい、待っていると、白髪交じりの紳士が声をかけてきました。
電話の相手だと判り、おじ様の車に乗り、インター近くのホテルへと入りました。
私のバッグの中には、ビデオカメラが入っているのです。
Tさんが、おじ様とのSEXを隠し撮りしてこい!といわれてたのです。

おじ様はツーショットやテレクラで、女性とデートすると言う事を繰り返しているようで、遊び馴れているようで、SEXも若い男性のようにガツガツしてなくて、まったりとしていました。
ペニスもサイズは普通なのですが、色は使い慣れたように、黒かったです。
私はおじ様との優しいSEXを味わったのでした。

そして、おじ様に待ち合わせた場所まで車で送ってもらいました。
そこにはTさんが待っていました。
車に乗り込むと、Tさんは無言で運転して、家に着きました。
家に入ると、Tさんが私をベッドまで連れて行き、押し倒されました。
そして、スカートを捲りあげ、パンティを下ろして、足を広げていきなり舐めてきました。

私「あん!」

T「おじさんはどうやった?」

私「うん!・・・優しくしてくれたよぉ!」

T「どんなチンポやった?」

私「大きさとかは普通やったけどぉ・・・色が使い込んだような黒い色してたわぁ!」

T「しゃぶったんか?咥えたんか?」

私「いっぱい舐めてあげたよぉ!」

T「何回シタ?」

私「ああ~ん!・・・1回だけぇ!」

T「おじさんと何シテきたん?」

私「ああ~~ん!・・・セ・・セックス!」

T「ここにチンポ入れられたんやな?」

私「ああん!・・・そう!そうよぉ!」

T「さっきまでここにチンポが入ってたんやな?」

私「はぁ~ん!・・・そう!」

T「おじさんとヤッテきたんやな?」

私「そう!そうよぉ!」

T「何ヤッタん?」

私「ああん!SEX!SEXヤッタのぉ!」

T「SEX?オメコやろう?」

私「そう!」

T「ちゃんと言うて!」

私「ああ~~!オメコ!オメコしたのぉ!」

T「気持ち良かったか?」

私「うん!気持ち良かった!」

T「どこが気持ち良かったの?」

私「オメコ!オメコが気持ち良かったのぉ!」

T「オメコに何が入ってたん?」

私「ああ~~!オメコに・・オメコにチンポいれられたのぉ!」

T「こうやってか?」

Tさんはいきなり挿入してきました。
そしてすぐに逝ってしまいました。
当然、フィニッシュは私の顔に射精
しました。

異常な状況でTさんは凄く興奮したようでした。

こうして、毎週のように見ず知らずの男性のチンポを受け入れてしまい、体験数が増えていったのでした。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!