FC2ブログ

生保レディーとして深みにはまる妻

ここでは、「生保レディーとして深みにはまる妻」 に関する記事を紹介しています。
私43歳。妻は34歳で元・デパートの店員。
去年の春から下の娘が幼稚園に通うようになった。
上の娘は小学生だ。
時間に余裕の出来た妻は、以前から友達に誘われていた生保レディーとなった。
私の収入だけでも十分に生活はできているので、妻の収入はすべて妻のこづかいとしてあげた。
最初の3ヶ月(2ヶ月だったかも?忘れた)は固定給で17万円を貰っていた。
研修中ということだった。
それからは、わずかな固定給と歩合となった。
夏を過ぎる頃まで、妻の収入は10万円にも満たなかった。
妻もこんな筈ではなかったのにと、辞める気になっていた。
しかし、9月を過ぎた頃から、急に妻の仕事が忙しくなりだした。
それまでは、遅くとも6時には帰ってきていたのだが、10時を過ぎることも珍しくなくなった。
子供たちは、妻の実家が近所なので、そこに預けられる日が続いた。
私は、ひとり近所の居酒屋で夕食をとるようになった。
聞くところによると、妻が退職の意思を上司に伝えたところ、某大手運送会社の社宅の担当に割り当てられたのだという。
タイミングよく、そこの担当だった人が辞めてしまい、そこそこの成績が残せるからと、引継ぎを頼まれたのだそうだ。
給料が増えるのならと、妻ももう少し残ることにしたみたいだ。
そこは社宅と行っても、200戸以上が入居している大きなマンションで、2/3の世帯が妻帯者、残りが独身ということだった。
独身者の家をまわらないといけないので、どうしても訪問時間が夕方以降になってしまい、夜が遅くなるのだという。
妻が変わっていたのはそれからだった。
まず、化粧がかわった。
もともとがデパガだったので、若いころは派手だったが、結婚をして子供ができるころには化粧も薄くなっていた。
それが、独身の頃のように完璧に化粧をするようになった。
下着が変わった。
今まで見たことのない下着があらわれる。
あるときはシースルー。
あるときはTバック。
レースをたっぷりつかった赤や紫のパンティ。
妻は、おこづかいが増えたから、買い換えただけだというが、それは2児の母親は履くようなパンツではなかった。
セックスが変わった。
私が40を越える頃から、めっきり回数が減っていた。
それでも週に1度か2度はどちらからとも求めあってセックスはしていた。
しかし、妻が毎日のように求めてくるようになった。
私が疲れていても、「なにもしてくれなくていい」といい
一方的に私のを舐め、しゃぶりつき、咥え、勃起をさせて跨ってくる。
終わった後も、口で丁寧に舐めあげきれいにしてくれる。
それはまるで、私になにか懺悔しているようでもある。
私は妻が浮気をしているのではないかと疑いだしてしまった。
去年の暮れ、妻の目を盗んでバックの中を覗いてみた。
結婚以来、そんなことをするのは初めてだ。
給料明細がでてきた。
妻はなんと30万以上の給料をもらっていた。
そしてもっと私を驚かせたのは、小さな化粧ポーチの中か避妊具がでてきたことだ。
それも1枚や2枚ではなく、束で。
私は妻の浮気を確信した。
なぜなら、結婚依頼妻とは1度も避妊をしたことがなかったからだ。
誰と浮気をしているのだろう。
私は、その晩、妻に問い詰めた。
最初は否定をしていたが、すぐに認めた。
妻が言うにはこうことだった。
担当となった社宅の前任者は、カラダを提供して契約を取り付けていた。
保険料も毎月、集金に行って、そのたびにカラダの提供をしていた。
妻が担当になったとき、なぜ、ここの社宅は、みんな集金なのだろうかと不思議に思ったそうだ。
集金に行くと、若者たちはみんなその気で待っていたそうだ。
最初は妻は断り続けたそうだ。
すると、解約が相次いだ。
それもそうだろう。
若者たちは、それを条件に契約をしていたのだから。
妻は決心をした。
自分も体を提供しないといけないと。
ひとりに許すと、みるみるその噂は若者たちに広がった。
解約した人たちも、また、みんな再契約をしてくれたそうだ。
泣きながら、事情を説明する妻を私は責めれなかった。
バレた以上、仕事を辞めたいけど、後任がみつかるまでは辞めれないと言った。
そして、必ず避妊をすること。
口射はさせないこと。
これからは、すべて私に報告することを条件に仕事を続けることを許してしまった。


あの日から妻はみるみる変わっていきました。
ケバイ、淫乱という言葉がそのまま妻に乗り移ったかのように。
夫公認で、若者たちに抱かれることを許されたという事実が妻を変えたのでしょうか。
スカートの丈は日に日に短くなり、化粧もより一層派手になりました。
ランジェリーもほとんど下着としての役割を果たしていないようなものとなり
ガーターベルトやサスペンダー式のストッキングなども身に着けるようになっていきました。
妻は毎晩、私にその日の出来事を話してくれます。
さすがに毎日若者に抱かれるということはなかったようですが
多い日は3人、4人の若者の相手をしたりしてきました。
今日は新規の顧客だった。
今日の相手のモチモノは凄かった。
今日の相手は早漏だった。
今日は3Pをした。
今日はアナルをひたすら舐めさせられた。
私は妻の報告を聞くたびに、情けなさと嫉妬で狂いそうになりました。
しかし、そんな感情とは裏腹に下半身は、勃起をしてしまうのです。
そして、妻はそれを楽しむかのように、指を絡め、舌を這わしてきます。
妻も、今日一日の不貞を洗い流すかのように、私の射精を求めてきます。
一日に何人もの若者に抱かれ、毎晩、私の射精を受け入れる妻を私は愛おしくてなりません。
そんなことが続いたある晩、妻は私にあることを打ち明けました。
それは社宅内での評判を聞きつけたある人妻からレズプレーに誘われたということでした。

レズプレーに誘われた妻は、男性とセックスをするより気軽に引受けたそうです。
正直、妻も経験こそはありませんが、そういったプレーに興味があったそうです。
当日は、ワインレッドのハーフカップブラと、お揃いのTバックパンティー、共に大切な部分に黒いレースがあり、その部分だけシースルーになっている下着を着けて、指定された時間にその部屋にうかがいました。
初めての女性同士での関係ということもあり、セクシーだけれども下品じゃない下着を選んだそうです。
部屋に通され、まずは保険の説明と準備書面に記入をしてもらいます。
準備書面とは保険の見積もりを作成するための、生年月日やら過去の病歴などを書いてもらう用紙のことです。
そこに書かれた生年月日を見て、最初は自分と同じ年くらいと思っていた奥さんが、実は自分より10歳近くも年上だったことを知り、年のわりには若くて奇麗な、その奥さんに見とれてしまったということでした。
書面を書き終わると、お互いに言葉もなく、そのままソファーでキスを交わしました。
ジャケットを脱がされ、ブラウスの上から奥さんがやさしく胸を揉みます。
それは今まで感じたことのない、やさしい愛撫でした。
スカートの裾から奥さんの手が滑り込みます。
パンスト越しに感じる手の肌触りに、自然と脚が広がっていきます。
奥さんの唇が、妻の口からあご、首筋、ブラウスのボタンを外した胸元に移っていきます。
片手は髪の毛越しに耳たぶを愛撫し、もう一方の手はスカートの中の敏感な部分を優しく撫ぜ続けます。
奥さんは、妻の前にかがむと、M字型に開かせた妻の股間に顔を埋めます。
パンスト、パンティーの上から、鼻、唇、舌を使って責め続けます。
妻は、体じゅうに電気が走るほど感じてしまったそうです。
知らず知らずのうちに、自分から奥さんの顔に股間を押し付けるように、自然と腰が動きます。
パンストの上からでもはっきりと解るくらいにパンティーに染みができた頃を見計らうかのように、一気にパンストとパンティーを脱がされます。
そしてもう一度M字開脚させられ、奥さんが顔を埋めます。
生まれて始めて女性に見せるということに対しては、不思議なくらいに恥ずかしさはなかったそうです。
恥ずかしさよりも、もっと、早く、責めて欲しい。
妻は欲望を押えられなくなっています。
いつの間にか奥さんは自分の服を脱ぎ捨てていました。
身に着けているのは、黒で統一されたカップレスのブラとお揃いのガーターベルト。
ガーターベルトには薄手の黒いストッキングが吊られています。
そして下品なほどにいやらしい穴あきのショーツ。
奥さんは妻を責めならが、自分でも妻の膝や足首に、自分の濡れた部分を押し付けてきます。
奥さんも、留まることを知らない泉のように、いやらしいお汁を溢れさせています。
股間を責められながら、妻も自分でブラウスとブラジャーを脱ぎ捨てます。
妻の体にもなんの意味もなくなった、スカートだけが腰に絡まっています。
男性とのセックスでは感じることのできないような、イクという言葉では現しきれない波が妻を襲います。
そのときです・・・
奥さんの舌が、少しづつ上に這い上がっていきます。
クリトリスから、おへそ、わき腹、胸、首筋
舌の繁殖と、微妙にふれる乳首の感触
その間も奥さんの手は休むことなく、妻の全身を撫ぜ続けます。
そのときでした。
奥さんの愛撫が急に荒々しくかわったのは。
妻のおっぱいをわし掴みにすると、妻の上に覆いかぶさります。
そして、妻の首筋に跡が残るほど強いキスをしてきました。
気がつけば、いつの間にか、そこの家のご主人が、奥さんを背後から責めていました。
バックから突かれる振動が妻にも伝わります。
妻はしっかりと奥さんに抱きついたまま、そのここちよい振動に受け入れます。
挿入こそされていませんが、妻も、奥さんと同じように
ご主人のピストン運動を感じていたそうです。
ご主人は、奥さんから離れると、妻に四つん這いになるように指示しました。
妻は言われるまま、指示に従います。
奥さんは、妻の背後からアナルに舌を這わし、吸い付きます。
両手でクリトリスと敏感な部分を刺激しながら。
妻は、お尻を高くあげてそれを受け入れます。
もっと、もっと感じさせてください。
それは、奥さんにもわかる無言の合図でした。
目の前に、ご主人があぐらをかいて座ります。
さっきまで、奥さんの中に入っていたご主人自身、まだ、勃起しています。
正直、大きいとは言えませんが、太くて、カリの張った勃起を、妻は口に咥えました。
サオを握り締め、大きく顔を上下させます。
背後の奥さんの愛撫に合わせるかのように、リズムよく顔を動かします。
奥さんの指の動きがだんだんと早くなってきました。
そして、最後の大きな波は押し寄せると同時に、ご主人も妻の口の中に射精をしました。
妻は、口から、射精されたものをたらしながら、口の中に残ったものをゴクリと音とたてて飲み干しました。
身動きもできないほど感じさせられ、まるで意識が遠のいていくかのような錯覚に襲われます。
奥さんは、仰向けのご主人の上またがり、シックスナインの体制で、今、射精したばかりのご主人自身を咥えています。
ご主人も下からそれに答えます。
ご主人の勃起が復活すると、シックスナインから騎乗位に移り、そのままフィニュッシュを迎えます。
結局その日は、ご主人は妻には挿入こそしませんでしたが、3度射精したうち、2回は奥さんの中に、1回は妻の口に射精をしました。

ごめんね。こんな変則3Pに誘って。
奥さんは素直に妻に謝ったそうです。
奥さんと妻とのプレーを、ご主人は最初から隣の部屋から覗いていたそうです。
それは、妻を変則3Pへと誘う罠だったのです。
妻は罠にかかったことより、奥さんとのプレー、そしてふたりの夫婦のプレーに圧倒され、見積もりが出きればお持ちします。
それだけを言い残して、身支度をはじめました。
最後に奥さんから「見積もりができれば、必ず契約をします。ただし、次回はご主人も一緒にいらしてくださいね。」と告げられたそうです
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 子供,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/150-96be7125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック