FC2ブログ

教師である妻を他人に・・・

ここでは、「教師である妻を他人に・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妻は29歳、小学校で2年生の担任をしています。
私と見合いで結婚した妻はまじめで浮気などと縁がなく過去の男性経験を聞いても「そんなのないって」としか言いませんでした。
私も結婚まで女性経験が少なかったのですが、妻が処女だったのは疑いもありません。
私は公務員でまわりも堅い職員ばかりですので,女性関係はタブーになっています。
風俗店などに出入りもせず妻一筋のセックスに満足をしていました。
 ある日、偶然に庁舎のトイレで夫婦交換誌を拾ったのです。
私には知らない世界であり,経験したことのないほどの刺激を受けたのです。
私はその日初めて自分がマゾであることに気がついたのでした。
私は妻を1年ごしで説得し,先週やっと3Pを承諾したのです。
妻の気が変わらないうちと思いネットで相手を探して、メールで打ち合わせ、
土曜日に妻を連れていきました。
 高速のインター近くのカーショップの駐車場で待ち合わせました。
彼は,30歳,長身でがっしりした肉体労働系でした。
彼の仲間も一緒でした。
同じく色黒のがっしりとした男性で20代前半でした。
 車を降り,彼の運転する黒い大型のワンボックスカーに乗り移りました。
そのまま車でモーテルに入りました。
モーテルといっても大きな部屋でパーティールームと表示されていました。
私はメールで縛られたいと伝えていたため,手足に紐をかけられ、その上からテープを巻かれてソファーに座りました。
その瞬間に彼の態度が豹変したのです。
すぐに部屋にあと6人の彼の仲間たちが入ってきたのです。
妻は覚悟して,何の抵抗もせず,彼に引き寄せられ唇を奪われながら,他の仲間たちから服を脱がされていきました。
仲間たちも全員全裸になり妻に襲い掛かりました。
妻は朝まですべての穴に精液を受け入れました。
妻も途中から激しく感じ続け、私も初めてみるくらいに乱れていました。
それを写真に撮る者,妻のバッグを調べ,妻の身元を暴いて笑う者,仮眠しては妻を犯す者、
途中ビデオ持参で参加してきた16歳の仲間・・
妻も男たちも狂っていました。
私は妻が目の前で犯されている間,ずっとペニスをビンビンに勃起させていました。
後悔,ジェラシー,屈辱が織り交ざり映画のシーンのような感じでした。
妻の中に妻の愛液に濡れて光る男たちのペニスが出し入れされているのです。
妻の口にも勃起したペニスが入っています。
妻がアナルまでセックスされているのです。
男たちの引き締まったお尻の筋肉がより引き締まる瞬間,妻の奥深くに
子種を吹き付けられているのです。
妻の股間に流れる男たちのザーメン。
後から来た自分よりひとまわり以上も若い男の洗いもしていないペニスを
ほおばらされる妻。
恥ずかしい姿を写真やビデオに取られている妻。
最高でした。
私の足の拘束は2時間程で解かれ,手のみを縛られていました。
全裸でおとなしくソファーで見学するようにと言われました。
オナニーしたくとも手が使えず苦しい思いでした。
途中、男たちに感想を求められたり,「もっと妻を犯してください」と言わされた時は、
本当に情けなくて涙が出ましたが,屈辱感のため思わず射精してしまいました。
妻は妻でいやらしいことを言わされていましたが,途中でキレてしまって、
自分からとても普段の妻からは想像もできないようなことを口走っておりました。
一度おさまりかけた妻に対する陵辱も,深夜に1人が妻のバッグの中から妻の
教職員の身分証明を見つけてから,また再び盛上りました。
翌日家に帰る途中で妻とラブホテルに入りました。
妻と夜まで何度もセックスしました。
妻もまたしたがっています。
私たち夫婦にとってこの体験はきっと病みつきになってしまうことでしょう。
写真とビデオをダビングしたら妻と受け取りに行く約束をしています。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
 この後、受け取り後にどのようになったのか・・・
続きも期待していますね!
2013/09/13(金) 16:17 | URL | kishi #AzmySJ4g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/213-849b8e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。