FC2ブログ

間違いメールを装い妻の男経験を

ここでは、「間違いメールを装い妻の男経験を」 に関する記事を紹介しています。
今年5月の或る日、妻(真紀43歳)から「私のアドレスに男の人から間違いメールが
あって、それがきっかけでメル友になりませんか?と誘われた」と話がありました。
「夫婦の間に第三者が入ることでマンネリ解消になるかもしれないからいいんじゃない」
とメール交換を勧めました。

実は、その間違いメールを送ったのは夫である私(44歳)だったのです。
妻は私しか男を知らないと言っていますが本当のことを知りたいのと、夫婦生活のマン
ネリ解消のために妻を刺激したいのと、妻の本音が聞きだせるかも?と思い間違いメー
ルを送りました。
間違いメールを送ると妻は必ず「間違いメールですよ」と返信するだろうと確信がありました。
そこで紳士的にお礼のメールを送り「これも何かに縁です。もしよかったら時々メールで
お話しませんか?」と誘いをかけたのです。
妻から「知らない人メールするのもいいかもしれませんね。」という返事が返ってきました。
その日から今日までメール交換が続いています。
メール交換を始めてからの妻の変化を書かせて頂きます。

妻はどちらかというとSEXに淡白で自分から求めてくることはあまりありませんし、写
真撮影も拒否され続けていました。
そんな妻がメル友(私)の言いつけを聞き、おま○こ画像を送ってくるようになるとは思
ってもいませんでした。

最初は紳士的に世間話からお互いのプロフィール(私のは全て架空)~始まりました。
3週間くらい経ったころそれとなく夫婦生活にマンネリはありませんか?とかご主人
以外の男性経験が知りたい、とふってみました。
すると妻から夫婦生活はマンネリ気味だという返事、男性経験は会社の同僚と関係があ
ったという返事。妻が浮気をしていたと知りかなりのショックでしたが、メールの相手
が私だとは言えませんので追求することもできませんでした。

メル友(私)ですが、私達夫婦が住んでいる県からはすぐには会えない距離に単身赴任し
ている同年代で、地元には妻と子供が2人いるという設定にしています。

妻は夫(私)以外の男とどんな話をするのか? 夫以外の男と話をすることで女としての
潤いと色気が増すのではという思いで、妻宛に間違いメールを送りました。
夫の私がいうのも変ですが、妻は実際年齢より見た目は5~6歳は若く、男から見れば
抱いてみたいと思う体をしています。

「ご主人以外の男性経験が知りたい」という問いかけに妻から思わぬ返事・・・今から
10年くらい前、同僚の男性の送別会がありその席でその男性から「真紀さんのことず
っと好きでした。お別れに一回だけデートしてください」と誘われたそうです。
妻も好意を抱いていた男性だったらしく、食事くらいならと思いデートに付き合ったそうです。
食事の後シティホテルのラウンジでお酒を飲み、ムードたっぷりな中で「真紀さんをほんの少しの時間自分のものにしたい」と言われ一回だけ抱かれたと言っていました。
そのメールを読みもっと知りたいと思い「ご主人以外の男はその男性だけなのですか? 
ご主人以外の男性のペニスの感触は? フェラはしましたか?」と返信。
「主人以外の男性経験はその人だけ。大きさは主人のより小さかったけど入れられる時
主人の顔が頭に浮かんでしまった。フェラをしたとき自分の口の中で多くなり興奮した」
という返事。
その男性は転勤になりそれ以来会うこともなく一回だけの関係で終わったそうです。
それ以上のことはあまりしつこく聞き出せそうにありませんでした。
夫としては追求したいところですが・・・妻の秘密として私の心のしまっておこう
と思っています。一回だけだから・・・。

その後たわいもないメールが続き、ある日私から「ご主人以外の男性のペニスは興味あ
りますか? 送っていいですか?」とメールしました。すると「怖いけど興味あります。
私に見せてくれるんですか?」という返事。
私は自分のペニスを送ったら妻にばれると思い、モロのアダルトサイトから大きめの勃起
しているペニス画像を入手し、私のものだと偽って送りました。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
面白かった。いい奥さんじゃないかぁ。
2015/01/01(木) 18:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/224-f81ee41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック