FC2ブログ
奥さんを寝取られた、他人の奥さんをと関係を持っている・・・ そんな寝取られ話を集めてます。みなさんの体験した話、聞いた話、作品等、寝取られ話が好きなみなさんで共有しませんか?
読みやすいようにカテゴリ別にしております。 寝取られ小説や寝取られ話が好きなみなさんでお楽しみいただけたらと思います。 また、ご自分の体験談などもこちらからお待ちしております。

★寝取られ話リンク★

官能文書わーるどNE研愛と官能の美学官能小説.comHな読み物の館
官能文書わーるど NE研 愛と官能の美学 官能小説.com Hな読み物の館
本格寝取られ小説多数ntrゲームレビュー投稿小説多数官能小説多数Hな読み物多数

妻は、他人のセックスを見るのが好きな性癖があり、私は他人に妻を犯されるのがたまらなくしびれる性癖を持っています。
先日ついにハプニングバーに妻を連れて行きました。
最初妻は嫌がっていましたが、「いやならすぐに出るから少しだけ」という条件で出かけました。
行く前に焼き鳥屋でシャンパンやワインを飲ませると、これから行くところを考えているのでしょうか、目が淫乱な輝きをしだし、焼き鳥屋のお兄ちゃんにまで触りだしましたのですぐに出てその店に向かいました。
その店は会員制で結構広くてとても綺麗でした。
一歩中に入るとバーがありホテルのようなカウンターにカップルと単独男性が3名飲んでいましたが、カップルの女性はコスプレでレースクイーンの服を着ており他の男性は全員バスタオルでした。
さらにおくに行くとそこはカップルのみの部屋で外から覗けるようになっていました。
中は薄暗くよく見えませんでしたが4組ほどが濃厚な絡みをしていました。妻は立ったまま中を覗いて私によりかかってきました。
妻は私のあそこをズボンの上からなぜまくりだしました。
なぜか息が荒いのを感じ妻の横を見ると一人の男性が妻の横にくっつくようにして立っています。
良く見ると妻のお尻をスリットスカートの割れ目の中に彼の手が入って撫ぜ回しています。彼と目が合いもっと触ってやってくれと目配せをすると、彼もうなずき今度は胸のブラウスの上から撫ぜ、妻が嫌がらないことを確認しさらにブラウスのボタンをはずしじかに触り始めました。
妻は私を見て何か嘆願しているようでしたが、その目は潤みあそこを握った手は振るえていました。
片方の手はどうやら彼のものを握らされているようでした。しばらくすると妻の真後ろにもう一人の若い男性がたち、彼と協力して妻のスカートをお尻が丸見えになるくらいまでたくし上げました。
妻はがくがくして立っているのが精一杯のようで後ろの若い彼が壁に押し付けるように後ろからあそこを押し付けて支えていました。やがて妻のあみタイツのストッキングは半分破かれるようにひき下ろされじかに二人の男が妻のあそこや後ろを触っていたようです。
妻もその時点で中でプレイしているカップル以上の声を上げ「イヤー」と叫んだり「もっと入れてー」とわけのわからないことをいい始めました。あそこからでるピチャピチャという音が全体に響き始めました。これはまだハプニングについてたった20分くらいの序曲でした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

妻は私より2つ年上の36歳である。
ここ1年間、妻とはなんとなく折り合いが悪い。
原因は去年の私の転勤である。
約1年前に現在のところへ家族全員で引っ越してきた。
転勤の辞令がでたとき、引越しには反対していた妻を説得した経緯がある。
現在のところに引っ越して以来、妻は平日ほとんど外にでることはなく、事ある度に「早く引っ越したい」と愚痴をこぼす毎日であった。

1ヶ月ほど前のことである。
久しぶりに仕事を早く片付け、私は同僚と軽く一杯飲むつもりで家に連絡を入れずに居酒屋に寄った。
しかし、家に帰ったのは夜中の2時。
そんな時間まで妻は起きてはいるまいと、静かに家に入った。
だが、妻は起きていた。
妻は今までの鬱憤が一気に爆発したように激怒し、私を罵り頬を叩いた。
私はやり返すこともせず、妻を無視するように無言のままソファーに横になり寝てしまった。
翌朝も妻とは言葉を交わすことなく会社へ行き、何事も無かったように夜の9時半頃に家路についた。
家に戻ると、子供は既に寝ていたが、妻の姿がなかった。
ダイニングテーブルに「一人の時間を下さい。12時までには戻ります。」と書置きが残されていた。
すぐに駐車場を見たが車がない。
引っ越してきて殆ど外出しない妻がどこに行ったのか心配になり、妻の行きそうなところを考えたがすぐには見当がつかなかった。
しかし、唯一考えられる場所があった。
[喧嘩した妻の行った先は]の続きを読む

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃,

妻がで片づけをしているとき後ろ姿にムラムラきました。スエットでお尻側からオメコの膨らみが浮き出ていたからです。
スエットごとパンティーをずり降ろしオメコをむき出しにしました。
逃げる妻を居間で押さえつけうつ伏せで下半身丸出しにさせました。
妻は「イヤ 何するの」と不意打ちで怒っていますが、オメコにキスしてやると柔らかい動きで腰を動かしました。口とは裏腹に興奮しているようです。
指をオメコに入れてやると「許して~ お願い やめて」と誘うように抵抗します。
勃起したチンポをバックから入れてやるとヌルヌルに濡れだしました。
寝る前のノーブラの乳房を揉みほぐすと自分からもオメコを振ります。
「俺以外の男がこれしたらどうする。俺よりチンポ大きかったら」チンポを突き上げて聞くと「振る どんなチンポでもオメコ振る」と言いました。


[妻を寝取ってもらうために男を連れてくる旦那]の続きを読む

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気, 他人とやる妻を目撃,

数年前のこと。
 同僚のTとその奥さんが、俺と妻の家に遊びにきていて、4人で酒盛りになった。
 俺は酒を飲むとすぐに頭が痛くなってしまう体質で、その夜もビールを飲んでいるうちに頭ががんがんしてきたので、すぐに横になった。
 Tは、体育会系のスポーツマンで、ウインドサーフィンをやっていて、酒にも強い。
 Tたちは、ビールを数本空けて、今度は焼酎を飲み始めた。
 俺の妻もけっこう、酒が強いのだが、おつまみを作ったりして、しょっちゅう台所に立つので、あまり飲んでいないようだった。
 俺に続いて、Tの奥さんがダウンして横になった。
 俺の妻は、汗をかいたといって、風呂に入りにいった。
 Tもしばらくは一人で飲んでいたが、とうとう横になって、3人がテーブルの周りで雑魚寝するかたちになった。
 俺は頭がまだ痛んで、眠ることもできずに、ぼーっと部屋の灯りを見上げていた。
 しばらくして、俺の妻がお風呂から出てきた。
 妻は、横になっている俺を見て、起こそうとした。
 俺は、パジャマに着替えさせられるのが面倒だったので、とっさに目を閉じて眠ったふりをした。

 妻は、俺を起こすことをあきらめて、テーブルのそばに座ると、残っていた焼酎をちびちび飲みはじめた。
 すると、眠っていたはずのTが身を起こして、俺の妻に声をかけた。
 妻とTは、テレビを見ながら、酒を飲みはじめた。
 俺は眠ったふりを続けて、薄目を開けて、二人の様子をちらちら見ていた。
 妻は、タンクトップにショートパンツという格好で、お風呂あがりにはいつもこうなのだが、両肩と太ももがむきだしで、いくら友人といっても、俺以外の男の前でこんな格好でいるのはいかがなものか、と俺は痛む頭の中で考えた。
 お風呂上りで、黒髪がまだ濡れてつやつやしていて、、肌が首筋までほんのりピンク色に染まっている。
 夫の俺から見ても色っぽかった。
 まだぼーっとしている俺の頭では、二人の会話はよく聞き取れなかったが、そのうちにTの持病の腰痛の話になった。
 あつかましいことに、Tは、俺の妻に腰を押してくれといい始めて、妻がやるとも言わないうちから、さっさとうつぶせになってしまった。
 
 俺は、普段からめちゃくちゃ気の強い妻を見ているので、このときも、てっきり、妻が怒って、口癖の「ばかじゃないの」とでも言って、部屋を出て行くのではないかと思った。
 ところが意外なことに、妻はくすくす笑いながら、Tの腰に手を当てて、「どこがいいの? ここ?」とたずねている。
 Tは全然力が入っていないと文句を言って、もっとちゃんと押すようにとせがみはじめた。
 妻は、しょうがないわねえと笑いながら、駄々っ子のお願いを聞くみたいに「はい、はい」といって、Tの腰を押すために体を起こした。
 妻が立ち上がったので、足でTの腰を押すのかな、と思ったのだが、なんと、妻は、Tの体をまたぐと、そのお尻の上にべったりと座りこんでしまったのだ。
 そしてTの広い背中の上にのしかかるように、両手の指を腰に当てて指圧を始めた。
 俺の心臓が、どきどきしはじめた。
 妻の顔が見る見るうちに真っ赤になりはじめたのは、一生懸命押しているためか、焼酎の酔いが回りはじめたのか、それとも何か別の理由からだろうか。

 Tは「おー、気持ちいいよ」と大げさな声を上げた。
 でも、いくら妻が顔を真っ赤にして押しているからといって、かよわい女の力ではたかが知れている。
「気持ちいい」のは、力を入れて押すために腰をぎゅっとはさんでいる、妻のむき出しのふとももの感触じゃないのか、と俺は勘ぐった。

 妻が「きゃ!」と小さな叫び声を上げた。
 俺の位置からはよく見えなかったが、Tの手が「間違えて」、妻のふとももに当たってしまったらしい。
 Tはにやけた顔で「ごめん、ごめん」とあやまっている。
 それでも、妻は座ったままマッサージを続けている。
 それからも、なぜか、Tの手が「間違って」、妻のひざこぞうやふとももに当たるので、妻は、握りこぶしで、Tの背中をどんどんたたいて反撃しはじめた。
 でも、なぜか、妻はきゃっきゃと笑って楽しそうで、俺と喧嘩する時と違って、こぶしにも全然力が入っていないみたいだ。
 眠ったふりをしたままの俺は、これからどうなってしまうんだろう、とどんどん心配になってきた。
 
 妻が体をどけて、Tが起き上がった。
 Tが、今度は、自分は肩をもむのがうまい、などと言い張って、妻の肩をもんでやると言い出した。
  Tは、なんというか女あしらいがうまくて、俺には絶対まねできないのだが、女性にこういうことを言っても、あまりいやらしく聞こえないのだ(少なくとも、相手の女性に対しては、ということだが)。
 妻はしばらくの間は断っていたが、酔っ払ったTがしつこくいうので、とうとう観念して、Tに背中を向けて正座をした。
 Tの肩もみは、自分で自慢するだけあって、うまいみたいで、最初はくすぐったそうにしていた妻も、だんだん言葉少なになって、気持ちよさそうにして、マッサージに身を任せている。
 妻の華奢な、むき出しの肩や腕を、Tがその日焼けした、がっしりとした手で無遠慮に触りまくっているのだ。
 俺の心臓がますます高鳴って、口から飛び出しそうな感じとはこのことだった。
 俺は心の中では、大声で怒りたいような、泣きたいような気持ちが入り乱れて、胸がはりさけそうになった。
 それでも俺は、たぬき寝入りを続けた。

 俺は、切羽詰った場面になると、いつも、余計なことをくよくよ考えて、タイミングを逃してしまうのだ。 
 このときも、今、俺が起きたら、3人とも気まずくなるんじゃないか、とか、Tとはこれからも仕事で顔をあわせるので、変な感じになるのはまずいんじゃないか、などと色々考えてしまったのだ……orz

 Tが大人しく肩もみをしていたのは最初のうちだけだった。
 妻が笑い声を上げる。
 Tが、妻の腰のくびれた部分やわき腹をさわり始めたのだ。
 妻は、Tに対して怒るどころか、俺を起こさないかと恐れるように、笑い声を必死で抑えて、腰をくねらせるようにして、Tの攻撃をおざなりにかわしているだけだった。
 怒りとも悲しみともつかない気持ちと、これから二人はどうするんだ、という不安(と期待)で胸が張り裂けそうになった。
 そして、一番情けかったこと、それは、さきほどから、俺のアソコがカチンカチンになっていたことだった……orz

 その時、ずっといびきをかいて寝ていたTの奥さんが、うめきながら体を起こした。
 妻とTは、あわてて体を離した。
 妻は、立ち上がって、そそくさと台所へ駆け込んでしまった。
 Tの奥さんは、二人の様子には全く気づいていなかったようだ。
 奥さんが、気持ち悪そうに口に手を当てて、はきそう、と言い出したので、しばらくの間大騒ぎになった。
 妻が洗面器を持ってきたり、Tが奥さんの背中をさすったりしている間も、俺はやっぱりたぬき寝入りを続けていた。
 Tの奥さんがやっと落ち着いて、再び横になった。
 妻とTも、なんだかしらけたような感じになって、妻は寝室へさっさと引き上げてしまい、Tは奥さんの隣で横になると、すぐにいびきをかきはじめた。
 俺も、起き上がって、寝室に引っ込めばよかったのだが、タイミングを逃した気分で、そのまま横になっていた。
 酒と異常な興奮のせいで、頭ががんがん痛むのに、目がさえて眠ることができない。
 もちろん、俺はほっとしていたが、一方で少し失望したような気持ちを感じていて、自分でも驚いた。

 その夜はとうとう一睡もできずに、リビングでTたちと雑魚寝をしたまま一晩を過ごした。
 明け方に近づいたころだった。
 Tがもぞもぞと体を動かして起き上がった。
 俺はとっさに、目を閉じた。
 俺が薄目で様子をうかがっていると、Tは体をふらつかせながら、リビングを出て行く。

 俺の心臓が再びバクバクといい始めた。
 Tが、妻の寝ている寝室に入っていったらどうしよう?
 そして、妻がTを追い返さなかったら……。
 俺は息を止めて、必死で耳をすませた。
 Tはどうやら、トイレに入って小便をしているようだ。
 そして、すぐにリビングに戻ってきて、元の場所に倒れこむようにして、すぐに寝入ってしまった。
 
 朝の7時くらいに、ようやくうとうとし始めたと思ったら、そのまま眠ってしまったようだ。
 目が覚めると、もうひるまえだった。
 
 俺が起き上がると、妻が「おはよう」とにっこり微笑んだ。
 俺は、思わず妻の顔をじっとながめてしまった。
 昨晩は何事もなかったかのように、妻はけろりとしていて、俺の方がどぎまぎして、顔を伏せてしまった。
 
 それから数ヶ月間は、妻がTと浮気をしてはいないかと、くよくよ悩む毎日だった。
 平日は、Tとは会社で一緒なので平気なのだが、休日になって、妻が一人で出かけたりすると、俺は、ひとり家の中で、妻がTと会っていやしないかと身もだえしていた。
 普段はすっぴんの妻が念入りに化粧をしたり、珍しくスカートをはいただけで、疑り深くなってしまった。

 そして、あの夜のことを思い出しては、あの時、Tの奥さんが起きなかったらどうなっていただろう、とか、Tが寝室に入っていったら、俺はどうしただろう、
寝室に飛び込んでTになぐりかかっていただろうか、それともじっとしたままだっただろうか、などという考えをいじくりまわしていた。

 結局、あの晩のことは酔っ払いのおふざけだったのか、その日以降、二人の間には何事も起こらなかったようだ(もっとも、俺の注意の届く範囲内では、ということだが)。

関連タグ : 妻と他人のエッチな雰囲気, 自分の知らない妻, 他人とやる妻を目撃, 寝取らせ,

彼女も俺も社会人。
彼女は、有名人で言うと、木佐彩子みたいな感じ。
結構かわいいと俺は思う。
彼女は平日休みが多く、俺は普通に土日休み。
付き合い始めて3ヶ月ぐらい経って、
彼女が休みの日の前の晩、仕事帰りに、
友達と飲みに行く予定がある、と言っていた。
そのときは、女しかいないもんだと思ってた。
(彼女の職場は女だらけなので)
俺はその日は普通に仕事、翌日も仕事。
特に気に留めてなかった。
ところが、実際には男もいた。
人数的には、男3、女2だったそうだ。
そいつらは、俺と彼女が知り合う前から友達で、
以前はよく一緒に遊んでたらしい。知り合ったきっかけは、
友達を通した飲み会(合コンぽい感じ)だって。
その後、俺が彼女と付き合うようになって、
彼氏(=俺)ができたことは、そいつらにきちんと知らせてて、
そいつらとは全然遊んでなかったらしいけど、
その日は、男の一人が誕生日かなんかで、
久しぶりにみんなで集まろう、ってことになったそうだ。
ちなみにもう一人の女は、彼女と同じ学校出身の人。
えーと、最初は、まあ、居酒屋かどっかで楽しく飲み会して、
すごい盛り上がったそうだ。
会うの久々だったし、彼女も女友達も、翌日休みだったし。

で、その後、解散しないで、もう一人の女の部屋に行った。
(ただし男は一人帰った)
そこでも盛り上がってた。
俺は酒あまり好きじゃないし、
彼女とのデートでもほとんど飲まなかったので、
彼女もたまには羽目を外して飲みたかったのかも。

しばらくして女友達が潰れ、寝室でお休みになられたそうです。
残りは男2人と、彼女(名前、ユキにしておきます)。
すると、1人の男(A、にするか)が、
「俺って前からユキちゃんのこと好きだったんだよ~」
とか言い出した。
「彼氏できちゃったんだよね?残念だな~」
みたいなこと。で、だんだん調子に乗ってきて
「彼氏になるのはあきらめるから、ちょっとだけ抱きしめさせて!」
みたいに、フザケた軽い感じで迫ってきた。

彼女は、最初は「も~、やめなよ~(笑)」
みたいな軽い感じで拒絶ってたらしいんだけど、
もう一人の男(Bにする)が、ずるい、おれもやらせろ、
とか言って、Aといっしょに彼女に手を出し始めて、
男二人で、だんだん行為がエスカレートしてった。
最初は軽く抱きしめたり、手撫でたりだったんだけど、
そのうち、服の上から胸揉んだり、スカート捲ろうとしたり。
それで、キスとかされそうになって、さすがにちょっと強めに抵抗した。
で、男達がちょっとやめて、でもしばらくしてまた始めて。
そんなこと繰り返すうちに、Aが、
「もう、すげえ興奮してきちゃったから、お願いだから、口でして!
誕生日プレゼントってことで!そしたらユキちゃんのことあきらめるし、
もう何もしないから」とか言ったそうです。
そう、Aの誕生日だったんだって。アホか。
それで、彼女が返事する前に、Aは立ってパンツ下ろして、
彼女の顔の前に自分のアレを突き出したんだと。
(思いっきり勃起してたらしい)
で、Bが、「やってやれよ、こいつマジでユキのこと好きだったんだぜ」
みたいな訳わかんねえことを言って、いろいろ、
ここでやってあげないのはおかしい、とか、こいつの気持ちを考えてやれ、
とか言って責めた。彼女はどうしたらいいかよくわかんなかったけど、
最終的に、「やってあげないと悪い」みたいに思っちゃったらしい。
酔ってるってこともあったんだろうが、彼女はとにかく八方美人というか、
人に悪く思われるのが、すごい嫌だと思う性格、だと思う。
結局、彼女はフェラをした。
Aは足を広げて立ってて、彼女は床に座ってる体勢。
Aは、彼女の頭撫でながら「あ~、気持ちいい」とか言ってた。
で、Bはというと、彼女の後ろに、彼女にぴったりくっつくように座って、
胸揉んだり、うなじにキスしたりしてきたそうだ。
彼女は、フェラしてるってことに興奮してきて、
Bの愛撫も、なんか気持ちよくなってきてた。

で、その状態がしばらく続いた後で、Bは何も言わずに、
彼女の服を脱がし始めた。抵抗はしたらしいけど、
まあ、本気で抵抗はしてなかったんだと思います。
そんな感じで、彼女は全部脱がされて、全裸。
AもBも、彼女を弄びながら、自分で服を脱いだ。

で、Bが、「今度は、俺のもくわえて」とか言って、
彼女を回れ右させて、自分の方に向けさせた。
Bは膝で立ってて、彼女は、Bのをくわえるために、
四つん這いになった。Aの方に彼女のお尻が突き出される体勢になって。
Aは、彼女のお尻とアソコを指でいじり始めた。
この時点で、彼女はかなり感じてたらしい。
Aに「すごい濡れてるよ」とか、いろいろ言われたって言ってた。
BはBで、「ユキ、いっぱい唾つけて」とか、
「ほら、もっと舌動かして!」とか、好き勝手を散々言ってたらしい。

そうこうするうち、Aが我慢できなくなったらしく、
指での愛撫をやめて、彼女のアソコにアレをあてがって、
「ユキちゃん、入れるよ?いい?」
とか言って、入れようとした。
彼女も、さすがにこのときは、Bのアレから口を離して、
「やめて!」とか何とか言ったらしいけど。
Bが、「ほらほら、やめちゃダメだよ~」とか言って、
また彼女の頭つかんで、無理矢理(?)くわえさせて。
で、Aが挿入。彼女は、正直、すごい感じたって。
俺はもちろん、「大きかったのか?」って聞いた。
「普通だったけど、・・・なんか気持ちよかった。」だって。
Aは、彼女のお尻をつかんで、激しく動かした。
Aの腰が、彼女のお尻に叩きつけられるたび、
パンッ、パンッ、って大きい音がしてた・・・んだろう、多分。
彼女はもう、Bのをくわえ続けてられなくなってて、
そのうち、手で体を支えてることもできなくなって、
上半身を床に突っ伏した。
でも、お尻は相変わらずAに抱えられてて、激しく突かれてた。
Aは、その前のフェラで結構キテたらしくて、
体位を変えることもなく、しばらくして、
「ユキちゃん、俺もういきそう・・・」
とか言った。
で、彼女が「まだダメ」って言う間もなく、
ガクガクガクっと今まで以上に速く激しく動いて、
抜いて、彼女の背中とお尻に出した。
めちゃめちゃ熱かった、って言ってました。
それで、その後、当然Bにもヤラレた。
最初は正常位で、胸を揉まれたりディープキスされたりしながら、
相当長い間ヤラレ続けた。
その後、壁を使って立ったまま後ろから入れられて、
最後はギリギリで抜かれて、座らされて、顔(と口)に出された。
その間にAは回復してて、また挿入。
結局、2人に2回ずつ。全部生で外出しだったそうです。
彼女に、「ユキは何回いったの?」って聞いたら、
「一回もいってない、いけなかった」って。
酔いが醒めて冷静になって(?)、男たちは何か気まずくなって、
後始末をして、始発で帰った。彼女はその後、一人で帰った。
それからそいつらと連絡は取ってないとのこと。

彼女がこのことを告白したのは1ヶ月ほど経ってから。
で、詳細を聞き出すのには、それから何ヶ月もかかった。
と言っても、セリフとか、細かい部分は、
当然俺の想像が入ってます。

関連タグ : 自分の知らない妻, 妻と他人のエッチな雰囲気,