FC2ブログ

妻の映っているビデオ

ここでは、「妻の映っているビデオ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そのビデオは居酒屋から始まる。
周りにどれくら人がいるのか、
ビデオに映されてる限りでは、多いような雰囲気はある。
男達の自己紹介から始まる。
ここだけ見ると学生のノリ
3番目に妻が映し出される。
すでにだいぶ酔ってる雰囲気だ。
「俺達の女で~す」
若いノリで妻の乳房を服の上からだが両脇からギュッと掴む
明るい雰囲気だが割と興奮できるのが不思議だ
その後はスイッチを切り忘れたのかわざとなのか
床に置かれたカメラは撮影を続けていた。
楽しそうな会話が聞こえる。
妻の隣に座る男が妻のスカートの中に手を入れていき、
動かしているのがわかる。
(この時の妻の顔が凄くみたい。)
手で最初は払おうとしているが、結局されるがままになる。
すると男は、そこで妻のストッキングとパンティを
下ろしてしまった。
(妻の顔がものすごくみたい)
しばらく、足首まで下ろされていた下着類は
男が男がポットにしまいこんだ。
さらにしばらく、会話は続いたが、
妻が隣の男に寄りかかっているようで、
たぶん泥酔状態になっていたんでしょう。
しばらくしてビデオは切れた。
次に映し出された映像には、男達の車から、
上半身は下着だけ(この時は黒)になった妻を
誰かの部屋へ連れて行くシーンから始まっている。
ベッドに横倒すと、すぐにプレイは始まった。
一人の男はバイブを挿入していた。
一人は咥えさせようとしていた。
だが、まだ硬くはなっていないようで、
だらんと下がったものを妻の口に苦労して入れようとしていた
それも生々しくて意外と良い。

その後はニヤニヤ笑いながら会話しながらの輪姦状態だった。
半立ち状態のペニスを同時に咥えるのも愛嬌と言えるかも
時おり見える、妻のバッグや衣類、下着類が
学生らしくパイプベッドのような部屋で厭らしさを演出している

泥酔状態の妻は男達の言葉に乗せられている。
ビデオ撮影には多少嫌がってるのか顔を背けるシーンもあり、
それも自然でいい。

男達は挿入シーンを撮りたいらしく、アップで撮ってある。
私としては、挿入シーンに拘る事はないが、
このビデオではバックでの挿入シーンが録画されているので、
妻のアナルがばっちりと映されており、
普段は絶対にやらせない妻のアナルに男の指が
入っていくシーンが映っており、
短いビデオではあるが、お気に入りの一つである。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
4年前PTAの打上から朝帰りしてきた妻は最初奥さん連中も一緒だったと言ってましたが後日PTAの方に聞くと、妻はかなり酔っていて他の奥さん達は11時頃帰ったらしく妻は僕の中学の先輩Mさんが介抱して車で家まで送っていったと聞き、再度妻に朝まで何をしていたのか聞くと、本当はラブホテルへ連れて行かれて
断りきれず抱かれたと白状され、他に隠していることも全部話すよう言うとそれからも町内会やお通夜と言って出掛けてラブホテルで抱かれていたらしく現在も先輩と肉体関係を続けていると言われ、最初聞いた時は嫉妬で狂いそうでしたが時間が経つと黙認できるようになりました。
その後もMさんと妻は時々ラブホテルに行ってますが僕が知っていることをMさんは知りません。
数日後、友人がラブホテルから出てきたMさんと妻を偶然見たらしく
数日後Mさんが酔っている時に携帯の中身を見ると僕の奥さんが全裸で縛られバイブを突っ込まれたり
妻の身体に「私K子はMさんの性処理道具になります。」と落書きされている画像が何枚も保存されてあり、
Mさんに何でK子ちゃんの写真を保存しているのか聞いてみると、毎回K子ちゃんの方から誘ってくるから
アナルを使えるようにしたりルームサービスの人に裸を見てもらったり
深夜の公園や河川敷に連れて行き、全裸で歩かせて恥ずかしい事をさせてやってると言ってたらしいです。
そんな事を他の友人男性に知られて
すごく恥ずかしい気持ちです・
2014/07/16(水) 18:03 | URL | やまもと #akW1sRJg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/275-8ad946ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。