FC2ブログ

町内会役員の飲み会に呼ばれ、眠らされた夫の目の前で妻が

ここでは、「町内会役員の飲み会に呼ばれ、眠らされた夫の目の前で妻が」 に関する記事を紹介しています。
28才会社員です。 先日地元学区の運動会に妻(23才)と初めて参加しま
した。 するとなぜか町内会の役員さんに喜ばれ、その夜の町内会長宅での
打ち上げに招かれ妻と出席しました。

私達夫婦の他は、60才代の会長、50才代位の五木さん、40代の四元さ
んだけで女性はいませんでした。 酔いが廻るに連れて、妻は男連中から 
チヤホヤされ上機嫌になっていました。 
私も役員連中からお酒を勧められてかなり酔ってきました。そのうちまぶた
が重くなり意識がもうろうとしてきて目を開けてられなくなりました。

それからしばらく眠っていたようで気がつくと、体の自由がきかず横になっ
たまま目を開けるのがやっとでした。 頭がもうろうとしていて、ぼんやり
とした視界の中にみんながひとかたまりになっているのが浮かび上がってき
ました。

そして一人の女性に3人の男達が群がっているのに気づくのに時間がかかり
ませんでした。 妻が半裸で立っていて、横に立った会長が乳房を揉み乳首
を舐め太腿を撫で、妻の足下にしゃがんだ五木さんが妻の足にしがみついて
太腿に唇を這わしながらパンティをずらしてアソコを愛撫し、妻の後ろに立
った四元さんが妻の顔を振り向かせて唇をむさぼり尻を愛撫していました。

私は体中の血液が逆流しましたが、四元さんの「奥さん、濡れてきてるよ。
気持ちいいんだね」という言葉を聞いて、気の弱い私は「もしも妻がこの状
況を受け入れてたら恥をかかすことになる」と考えてしまいその場から動け
なくなりました。
3人は互いに場所を入れ替わりそれぞれが妻の体を隅々まで味わいました。

突然座敷の襖が開き30才代位の土木作業員風の男が入ってきました。
男は妻の様子を見て「すげぇ上玉。たまんないすねぇ。 この人旦那?起き
たらまずいっしょ」 会長「薬で眠っている」 ツヨシ「ワルですね、俺も
やらせてもらってもいいんすか?」 会長「ツヨシ、彼女いなくて風俗代大
変と言ってただろ」「奥さん、ツヨシにもやらせてやって」「ツヨシ、好き
にしていいぞ」と言いました。

ツヨシがあわてた様子で服を全部脱ぎコンドームを着けると「じゃぁ、いた
だきます!」と叫んで妻に飛びかかりました。 妻が「キャッ!」と声を上
げました。 
そして立ったまま妻を壁に押し付け、唇をむさぼり乳房を揉みました。妻の
「いやぁ~!」という声にかまわず乳首を吸い、足下にしゃがんで妻の片脚
を自分の肩に乗せて、妻の股間に顔を埋めました。 妻はか細い声で「お願
い、やめてぇ」と哀願してましたがやがてあえぎ始めました。

しばらくしてツヨシが立ち上がり、妻の片脚を持ち上げて腰を突きつけまし
た。 そして下から腰をグイッと持ち上げると、妻が眉間にシワを寄せて
「あっ!あぁ~ん!」と叫びました。 ツヨシが腰を突き上げる度に妻の体
が持ち上がり乳房が揺れました。他の3人は横から下から、二人のセックス
を覗き込みました。

ツヨシが果てた後、四元が妻を両膝建ちにし妻の脚の間に自分の両脚を差し
込み妻の股間の下まで自分の下腹部を滑らせ、チ〇ポをつかんで妻のアソコ
にあてがいました。 五木が妻の両肩を押さえて腰を下ろさすと、アソコが
四元のチ〇ポを包み込みました。 その瞬間二人はのけぞって声を上げまし
た。四元が下から突き上げている間、五木は妻の乳房を揉み口の中にチ〇ポ
を押し込みました。 妻は上下の口を突かれる度に苦しげにウッウッとうめ
きました。
四元が果てた後五木が妻を仰向けにして覆い被さり正常位で果てました。

ツヨシが妻に「さぁ、今度は奥さんがサービスする番だ」と言い、グッタリ
して畳に突っ伏してた妻を起こしました。 会長が妻の前で仁王立ちになり
ました。ツヨシに「舐めさせてもらいな」と言われ、妻は会長のベルトとチ
ャックをはずしズボンとパンツを引き下げました。 会長のチ〇ポはまだ下
を向いてました。 妻は手でしごき、口に含みました。

ツヨシが妻の頭をつかんで前後に動かすと、会長が目を閉じて恍惚の表情を
しました。 やがて妻がむせてチ〇ポを吐き出すと、だいぶ固くなって水平
くらいに頭をもたげてました。 ツヨシに「全身を舐めて差し上げろ」と言
われ、妻は会長の太腿から腹、胸、乳首、首筋、唇に舌を這わせました。 
会長のチ〇ポがビクンビクンと動きました。

ツヨシが妻を振り返らせ尻を会長へ突き出すように前屈みにさせ会長に「ど
うぞ」と言いました。会長は妻の尻を撫でさすりアソコを手と口で愛撫して
から、チ〇ポをつかんでアソコにあてがいました。 そして両手で乳房を揉
んだり、尻や脚をさすりながらバックから突き立てました。
若いツヨシはもう回復し、再び大きくなったチ〇ポを前から妻の口に押し込
みました。 妻は上と下の口で同時にチ〇ポをくわえ込み、苦しげにウッ、
ウッ、という声を漏らしました。

やがて二人の動きが激しくなり二人同時に「あっ、あぁ~、いくぅ~」と叫
び動かなくなりました。 妻がツヨシのチ〇ポを吐き出し会長ががチ〇ポを
引き抜くと、口とアソコからドロッと精液が流れ出ました。 妻は畳に倒れ
込みました。

四元が「奥さん、旦那が起ないうちに」と言って妻の服と下着を持って部屋
の外に連れ出しました。 シャワーの音が聞こえてきました。 しばらくし
て四元が「パイズリで2回目出してもらいました」と言ってスッキリした表
情で戻ってきました。

妻が服装を整え化粧も直して戻ってきてから、私は何食わぬ顔で今起きまし
たという感じでアクビをして起き上がりました。 眠ってしまったことを
みんなに謝って妻と二人で家に戻りました。 

妻がシャワーを浴びに浴室へ入りました。 先程の妻の痴態を見て私も妻の
体が欲しくてたまらなくなったので、裸になり浴室へ入りました。
妻は「どうしたの?」と驚いた様子でしたが、「いいから、いいから」と言
って手に石鹸をつけて妻の全身をまさぐり、パイズリとフェラしてもらい、
妻の口の中に放出しました。 今までで一番興奮しました。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/36-ab29ba07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック