FC2ブログ

妻の痴漢

ここでは、「妻の痴漢」 に関する記事を紹介しています。
夕方の満員電車で妻を見かけた。時間的には、妻の定時よりも1時間以上早い時間だ。
早退したのだろうか。あれ?と思うと同時に、妻の背中に男がピッタリとくっついているのを見た。

痴漢か?!

驚いたが、すぐに近寄れるような混み様ではない。
10メートルほど離れている妻の方に少しずつ近寄って行こうとしても、なかなかそうは行かない。
しかもこの騒音の中だ。
かなり大きな声を出さないと聞こえるわけもないから、痴漢と分かったわけでもないのに大きな声を出すわけにもいかぬ。
心配と怒りの混じった感情を持て余しつつ、どうしようもない状況を次の駅までは見ているしかなかった。
男の顔には、見覚えがあるような気もした。
少なくとも夫婦共通の知人ではない。
仕事か何かで1度くらい会ったことのある男かもしれないが、思い出せなかった。

男は、妻の耳元に唇が触れそうな距離まで顔を近づけていた。
電車の揺れで時々は触れているかもしれない。
しかも妻の背中には男のコートが覆うように密着しているようだ。
怒りに燃えつつ、見え隠れする妻を見ていると、不思議なことが起こった。
妻が後ろの男を見たのだが、その目は不快を表していない。
むしろ潤んでいるようにも見える。
よくは見えないが、妻の右肩は不自然に後ろに引かれている。
ちょうど後ろ下方に腕を伸ばした時のような形にも見える。
そのうち電車の揺れとは明らかに違うタイミングで、妻の体が一瞬ガクッと10センチほど沈み込んだのだ。
それと同時に顔を俯くように下に向けた。
数秒後に元の高さには戻ったが、顔は俯いたままだ。
どう考えても不自然な動きだった。
まるで感じてしまっているかのような動きだった。
横顔は髪が邪魔をして見られない。
俺は頭が空白になった。しかし暑い。電車の暖房のためだけではなかった。

また妻が男を振り返った。確かには分からないが、困ったような笑顔には潤んだ目。
男がいたずらっぽい表情を浮かべたと思うと、肩がやや大きく動いた。

手を動かしたらしい。
とたんに妻の表情から笑顔が消え、瞳を閉じて顔を2センチほどのけぞらせたのだ。
そのまま妻は10センチほど沈み込んだが、それに合わせて男も左肩を下げた。
ちょうど後ろから陰核を手で追えばそのような動きなるだろう。
前に向き直った妻は、こんどは顔を俯けにして、何かに堪えているようにも見える。

次の停車駅に近付き、そろそろブレーキが掛かる頃だと思っていると、男の肩が大きく動き妻の体がまた一瞬沈み込んだ。
顔がややのけぞった。次の瞬間にビレーキがかかり、妻と男の動きは電車と人の軋みに紛れてしまった。

手近なドアから降り、妻の近くのドアから乗り込もうと近付いた時に、妻がホームの俺に気付いた。
同時に目は俺を見たまま、顔をほんの少し後ろに向けかけて、何か短い言葉を言うかのように唇が動いた。
もう密着こそしていないが不自然に近い位置に立っていた男は、何食わぬ顔で妻から離れ、電車を降りていった…。

「あら、どうしたの?早いのね」
「うん、携帯に電話したが掛からなかったんだよ」
「そうなの、よかったわね」

いつもより早口の妻。目にも落ち着きがない。頬はやや上気しているようにも見える。

「痴漢に遭わなかったか?」
「いや、大丈夫よ。どうして?」
「なんだか落ち着きがないように見えるけど…」
「大丈夫。それより、晩ご飯どうしようか?適当に作るわね^^」

妻は後ろに長いスリットの入ったコートを着ていた。15センチほど上にずらせば秘所に手が届く。
実は俺も、妻にこのコートを着せて電車内で痴漢ゴッコを楽しんだことがあるのだ。

帰宅すると、「たいへん、たいへん、我慢できないわぁ」などと言いながら、妻はコートも脱がずに、手提げを持ったままトイレに入った。
そして居間に戻った妻のスカートには、シワがなかった。
一日履けば生地に疲れが見えるはずなのに、それがほとんどない。
いったいどこで何をしていたのか。

ここで何かを言ってもどうせ女は言い逃れの上手い動物だ。
実は痴漢だったなどと言うかもしれない。
泣かれて、私を信じられないのなどと言われたら、男はお手上げだ。
それに、もしあれが浮気相手なら、警戒されて証拠をつかめなくなる。
俺は、しばらく様子を見ることにした。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

関連タグ : 自分の知らない妻,

コメント
この記事へのコメント
頑張ってそれは浮気だ。
2009/09/18(金) 19:35 | URL | コーチン #-[ 編集]
もし気が向いたら、管理人さんお薦めの寝とられリンク教えてくださいー
2009/09/21(月) 03:14 | URL | #-[ 編集]
ここ最近のコーチンさんの突っ込みが面白いw
2009/09/21(月) 09:35 | URL | z #-[ 編集]
寝取られ願望のある方にオススメの動画UPしました。

http://swapfriend.blog16.fc2.com/
2009/09/23(水) 13:32 | URL | 亀 #ZMUMkWGc[ 編集]
私の友人が離婚した。と言って語ってくれました。友人はAです。友人嫁はBとします。Bが時給が高い会社で働くと言って、膝のたけのタイトスカート、上はスーツで会社に言っていた。
でもある日今まで見たことない派手なパンツをはいてたらしくメイクもいっそう濃くなっていたらしい。怪しくて会社にいくふりをしながらついていったらしい。まず電車。Bにばれぬよう変装してついてった。Bはドア側に押されていった。AもうまくBに近づいた。とうとうBの見える位置にいき、
痴漢シーンを見たそうです。そのままBの停車駅に付き、痴漢していた男、Cと手を繋ぎ会社に行ったそうです。
「妻を内緒で見学に来たんです。」と言い分をついて受け付けを乗りきり妻の働いているところを見に行くと
{特別科}と書いてありそこで目付きが変わりました。Bは「私パソコン科になったんだー」と言ってたらしい。
部屋から出て来た上司に妻を内緒で見学に来ました。内緒にしてください。」と言って上司は『Bちゃんは頑張ってるよー見てあげてね!!」と言われ、静かにドアを開けて見ると「コーヒーを持ってきてー!」とBは頼まれ俺も俺も俺も俺も俺もという声が、おぼんにのせてはいどうぞといって渡す時Bはお尻、胸、いじられ先程の上司に遅かったぞといわれデスクの上に乗れと言って「コーヒーの気分じゃあなくなったよ、欲しいものは君の汁」といい「汁は汁でもおしっこね」と言われ飲ませて犯されてそれを言いつけて離婚が出たそうです。
そんなこともあるんでね、気をつけてください
2013/10/18(金) 14:02 | URL | 主婦 #CjR4k1/2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/374-ebc8e73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック