FC2ブログ

小説、体験談のご投稿の際のお願い(必ずお読みください)

ここでは、「小説、体験談のご投稿の際のお願い(必ずお読みください)」 に関する記事を紹介しています。
小説や体験談のご投稿をしていただける方へ
必ずこの記事をすべてお読みになってからご投稿いただくようにお願いいたします。

※ご投稿の前準備に関して
執筆に際しては投稿フォームに直接書き込まれる方や一旦ファイルに保存してから投稿される方、いろんなパターンがあると思いますが、

小説、体験談などを執筆される方は、必ずテキストファイルなどで保存しながら書くことをお勧めします。

その理由につきましては、

・執筆の途中でPC操作を間違えてしまい文章が消えてしまう
・入力フォームに直接書き込んだ後、送信がうまくいかずに書いた文章が全部消えてしまう
・文章を送信するまでは成功したが、こちらで拝見した際に字化けしてしまい、文章が読めない部分がある

など、さまざまな問題があります。
特に3番目の「字化け」に関しては今まで投稿いただいた中でも数件ありました。

なので、ご投稿の際は

テキストファイル(デスクトップ画面で右クリック→新規作成→テキストドキュメント)などに文章を書き込んで保存し、投稿の際に文章を右クリックコピー&貼り付けで送信することをお勧めします。
その場合、文章が消えてしまってもまた送信していただくことが可能になります。



※ご投稿の方法

・「ご投稿はこちら」のコメント欄にご投稿いただく方法
・ブログ左下のメールフォームよりご投稿いただく方法
の2つがあります。

1、「ご投稿はこちら」のコメント欄にご投稿いただく方法(推奨)

ご投稿はこちら
  ↑ここをクリック  



2、ブログ左下のメールフォームよりご投稿いただく方法

お名前
メールアドレス
件名
本文
の4つをご記入の上、ご投稿ください。
本文の欄にそのまま小説、体験談などの文章をご記入いただいても構いません。


※小説、体験談の内容の基準
・「寝取られ」要素を含むものであれば基本的にOKです。
・カテゴリはこちらで決めさせていただきますが、あまりにも短い文章や、趣旨はずれのものだった場合は掲載を見送る場合もありますのでご了承ください。(基本的にはすべて載せます)
・小説の場合、話の数が1話ではなく数話~数十話になる場合もあると思いますが、その旨をこちらへお伝えいただければ専用のコーナーを設けますので、予め長期連載や続くなど、こちらで判断できるようにしていただければありがたいです。



※他サイトの小説紹介について
他サイトのこんな寝取られ小説や寝取られ嗜好の小説があるなどの情報を投稿いただいた場合、そのサイトやブログを紹介するという形を取らせていただきます。
(文章を載せるのではなく、文章を読める場所を紹介します)
その場合、そのサイト運営者の許可も必要ですので、許可が取れた場合は紹介します。

サイト運営者が小説などをご投稿いただく場合は、小説または体験談を掲載する際に運営ブログのURLも一緒に掲載も可能です。
例:○△という小説サイトを運営されているAさんに××という小説を投稿いただいた場合、こちらで小説を掲載する際に○△というサイトのURLも一緒に紹介します。


※最後に
ご投稿いただいた小説、体験談は必ず目を通しているのですが、中には「字化け」していて、文章の途中からまったく読めない状態になっているものがあります。
字化けが多少のものであればこちらの想像で修正することが可能ですが、せっかく書いていただいた体験談なのでできるだけそのまま掲載していきたいと思います。
なので、ご投稿の際はできればフリーアドレスで構わないのでメールアドレスもご記入いただけたら幸いです。
メールアドレスご記入の場合はそちらへ字化けしている旨をお伝えし、再送していただくなりなんらかの対応もできると思います。


ご不明な点はメールフォーム、またはコメント欄よりご質問ください。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
 私は35歳。3人兄弟の末っ子で両親を20歳の時に事故で亡くしました。
大学を出て就職した会社の社長に認められ、また、5年前、社長の長女との結婚を機に婿養子に入ったこともあり、現在は専務をしています。妻31歳と息子3歳と父から譲り受けたマンションに住んでおります。

 妻が近所の仲の良いママさんたち(○○ママ、△△ママ)と3人で食事に行った時のことです。
土曜日、会社で仕事をしていると《○○ママと△△ママとお食事。息子はお母さんに頼んだので大丈夫。適当に夕食済まして》メールが着ました。
いつもこんな感じで妻は私に対して完全に上から目線です。

 マンションに帰り一人で食事するのもつまらないので、接待で使う寿司屋に入りました。カウンターの奥に座りビールを注文すると、半分ほど戸が開いている小上がりの方から聞き覚えのある声がして、そちらを見ると妻とママさん2人がいました。ママさんたちとは何度か合ったことがあり、いわゆるセレブ妻です。声をかけようかと思いましたが、私が婿養子と知ってから、妻同様に上から目線で話をされるので止めて、気付かれないように様子を見ることにしました。
全く私に気付かず盛り上がる妻たち。その横の席で同じように様子を見ている、いかにも金回りが良さそうな40~50代と思われる男・4人に気付きました。(一番年上に見える恰幅の良い男。細身でいかにもサラリーマンタイプの男。セーターにジーンズのラフな格好の小太り男。一番若く見える眼鏡を掛けきゃしゃな背広の男)グラスを片手に一番若そうな一人が何やら妻たちに声を掛けると、最初、少し驚いていましたが次第に笑い声が大きくなり7人で高そうな焼酎を飲み始めました。

妻たちは胸が大きく開いたブラウス、セーターにミニとミニのワンピースという格好で身体の線が強調されるようフィットしているものでした。理由は3人ともスタイルが良く、胸も大きくて、それを本人たちも自覚していて自信があってのものです。(妻は162cm、Dカップ。○○ママ30歳は165cm、多分、Cカップ。△△ママ35歳は158cm、三人の中では小柄ですが、Fカップはあると思います)そんなこともあり、話がはずんでミニが太股の上の方まで捲くれて、男たちの視線が脚に浴びせられているのにも慣れていて直そうともしません。

トイレに行くと、妻たちと飲んでいた男たちの2人が入ってきて。
「良い雰囲気になったな。ここの後、俺のカラオケ屋に連れて行こう!」年齢が一番高そうな50代の男が言うと。
「例のVIPルームですよね!?エヘヘェ・・ッ!あそこは何でも揃っていて、やりたい放題できますからね!」妻たちに最初に声を掛けた男が股間を触りながらニンマリとしました。
「楽しませてもらおうヤ!」答えた後の含み笑いが意味あり気でした。
何を意味しているか理解した私は、何とか妻に伝えなければ大変なことになると思いましたが、同じ寿司屋にいて妻たちを覗き見ていたことがわかると、後々面倒になるので止め誘いに乗るはずが無いと妻を信じることにしました。

 1時間が経ち、すっかり打ち解けた男たちと妻たち。先程の一番年齢が高い男が立ち上がり。
自分たちの支払いは妻たちがするとの言うのを無視して支払いを一緒に済ませました。その間、最初に声をかけた男が、妻に何やら耳打ちすると、ママさん2人と相談し始めました。カラオケ屋に誘われたはずで、迷っている素振りをしているが、満更でもない様子を目の当たりにして断ると信じていましたが不安になりました。

不安が的中。3人は男たちに腰や肩に手を回わされて店を出て行きました。心配になった私は妻にそこは危険だということを、偶然を装い伝えようと急いで支払いを済まして後を追いました。
やっと見つけた時には、すでに男が手振りをしながら7人がカラオケ屋の中に入って行くところで手遅れでした。妻を信じて9時にマンションに帰りました。
10時《カラオケに行くことにしたので遅くなります》メールが着ました。1時間半前にカラオケ屋に入ったのに、何故今頃?不安が増幅、帰りを待つことにしました。

 妻は午前1時少し前に帰ってきました。カラオケ屋だけなら4時間もいたことになります。
酔っているのか少しふらついて、コートを脱ぎバッグを椅子に掛けながら。
「まだ起きていたの~?・・・ツッカレタ~ッ!シャワー浴びて寝ますよ~」チョットろれつが回っていない口調で何かソワソワとした素振り、私と目を合わせないようにミニの裾を押さえながら寝室に行きそうになったので。
「どうした?ブラウスとスカートがシワだらけじゃないか」身だしなみにはうるさい妻がおかしいと思い尋ねました。
「・・エッ!・・アァ~!カラオケで調子に乗ってはしゃぎ過ぎたかしら~?」少し間をおいてブラウスのシワの部分を気にしながら返事が返ってきました。
「アレッ!髪の毛の後ろボサボサになっているよ」こんなこと始めてです。
「何よっ~!何か疑っているの~!・・バッカじゃな~い!」急に怒りだしました。やはり何故かミニの裾を押さえたままで寝室へ行き、着替えを持ってバスルームへ入って行きました。

よほど興奮したのか急いだのか、バッグを椅子に掛け忘れたままでした。
この態度に妻を信じてはいるが物凄く不安な気持ちがバッグ中を覗く行動へと向かわせました。
真っ先に目に入ったのは、模様の入った黒パンスト。取り出して広げると股間の辺りが裂かれていました。
次は息が止まりそうになりました。バスルームに入った妻が身に着けているはずのパンティが中に入っていて、手に取ると横の細い部分が切られていました。ミニの裾を気にしていたのは、このことが原因だったとわかりました。
手が震え、喉がカラカラになってしまった私。冷蔵庫からビールを出して一気に飲み干しました。
更にバッグの中を見ると、底の方に薬のシートを見つけました。1錠飲んだ跡があり、もう1錠残っているもので噂に聞いたことがある薬だと直感しました。

その時、妻の携帯にメールが3件立て続けに入りました。送り主は同じ人物で、一つ目、件名《皆、楽しみましたね》内容は《今度は二人で会いましょう。楽しみです。まさか、断ることはしませんよね。旦那さんに知らせることはしたくありませんから。他のママさんたちの画像も送りますね・・・!連絡を待っていますから》それと妻の画像。残りの二つのメールは他のママさんたちの画像でした。恐る恐る中を確認することにしました。
《四つん這いにされ、ブラウスの前をはだけ、ミニを腰まで捲くり上げられ、黒パンストの内側でパンティを片方の脚の方に寄せられて、裂けた部分から見える膣にバイブを挿入され、顔を仰け反らせている妻。床に仰向けで、両手を頭の上にしてブラウスで縛られ、黒パンストとミニを着けたままで男の性器を受け入れている画像。カラオケの画面の前で横たわり、髪の毛が乱れ、目から涙が、口元から唾液を垂らして、太股の内側には膣から出た精液が伝っていている画像》
《上半身裸で立ってオッパイをさらけ出し、両手で男の頭を押さえ、その男に白のガーターの下の白いTバックをずらされて膣口を舌で舐められている○○ママ。そのままの格好でソファーに座る男に後ろ向きでまたがり膣に男の性器の挿入を許し、少し上を向いた顔に精液を浴びて大きく口を開けた画像。全裸にされてソファーに寄りかかり、膝を抱えさせられM字に大きく開かれた脚の奥の膣口から精液が流れ出てお尻の穴の方まで達している画像》
《マイクを握り立って歌う男の股間にセーターとブラジャーを首のところまで上げられ、違う男に大きなオッパイを吸われ、パンティの片方の紐が解かれて出された膣に指を入れられながらフェラチオする△△ママ。テーブルの上に両手をつき、ミニを腰の所に集められ、それ以外は何も身に着けていない姿で後ろから膣に男の性器を挿入され、更に細めのバイブをローションが塗られたお尻の穴に入れられて、顔をこちらに向け苦痛の表情を見せる画像。テーブルの上にうつ伏せで腰だけを浮かせ乗せられて、テーブルには精液が小さな塊となっていて、膣口からは残りの精液が垂れている画像》
男たちが話していた通り、カラオケ屋のVIPルームは高級な酒は勿論、彼らの欲望を満たすためのモノを全て揃えた場所だということがわかりました。
見たことを隠すために、このメールを私の携帯に転送してから削除しました。

 妻の不貞行為を許すことはできません。
私は、このことを利用して立場の逆転を狙うことにしました。
すると、その機会がすぐにやってきました。
2012/03/14(水) 13:03 | URL | 婿養子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/459-6c2e01b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック