FC2ブログ

性奴隷と化しネットに投稿される妻

ここでは、「性奴隷と化しネットに投稿される妻」 に関する記事を紹介しています。
私は42歳になる男です。
妻は38歳、子供は2人です。

皆さん投稿サイトはご覧になりますか?。
私は結構好きで見て回ることが多いです。
昨年末私の目はあるサイトの投稿サイトの写真に釘付けになりました。目線は入りましたが、妻に思えてなりませんでした。結婚して14年妻のことは私が一番知っています。
ただ他人の空似ということもありますので、簡単な応援メールを入れておきました。それから数日後新たな写真が投稿されていました。似てる、似すぎてると思いました。
目線はしっかり入れられてましたが、私はその写真を保存しておきました。そして妻が寝入った頃密かにその写真を見ながら自慰行為にふけりました。妻であろうはずがない、でも似ている、その投稿文には性処理人妻というタイトルが書かれており、何でも言うことを聞く女に調教していきますと書かれていました。その文を読みながら自慰をし、次の投稿を待つ喜びにさえなりました。妻であるはすがない、妻かも。
そんな思い出いたある日、新しい写真が掲載されたました。
似てる、そして私はその女の下着に目を奪われました。見たことがあるような下着です。私はさっそく家に帰り妻が入浴中に、衣装ダンスの下着が並べられている引き出しを開けました。奥に写真と同じような下着です。私は密かにその下着を隠し、夜中写真と見比べました。同じものです。
私はその投稿写真の男にコメントを書きメールアドを添えました。私の住んでいる地域とは異なる地域を書いてコメントを書きました。数日後メルアドに無修正の画像が張られ戻ってきました。もちろん目線ありですが、股を広げ、男の性器を咥えた画像が張られてました。そして私の住んでいる地域の女だと書かれていました。私はお礼の返信と妻だと確信できる写真や文を求めるようになりました。そして男とのやりとりと投稿写真の下着(前回と違う)をまた自宅にて確認しました。間違いありません。妻です。
私は男の素性と妻と出会いを知りたくなりました。男の顔や体はあまり写っていませんでしたが、メールの内容で少しずつわかってきました。
他人の空似ということも考えました。
都合のいいように自分を納得させるように考えました。世の中似てる人が多い、たとえ同県でも似ている人がいるはず、下着も似てるものが、同じものが、ましてウチの妻が浮気なんてと考えるばかりでした。でも現実には9割がた妻だと確信しながらも残り1割の確立を期待しました。

私はコメントにてあおりながら、素性を確かめることにしました。もし間違いなく妻だとわかったらどうするつまりなのか、離婚か、子供はどうする、またそんな投稿写真をみながらオナニーをする私。なんとも複雑な心境です。
私は相手に「妻を晒される旦那って哀れだね」「こんどそちらに言った時は3Pでもと」冗談で書きました。
相手からの返事は機会があれば、どうぞということでした。今では私の命じるままの女になってきましたからという返事でした。帰ってきたメールに妻の知らない友人(申し訳ないでしたが)写真と新たに購入した携帯のナンバーを書きました。帰ってきたメールにははっきりと妻の顔が写ってました。男のモノを咥えて股を広げる妻の姿です。もしかして他の多くの人間にも見せたのかと思い、背筋が寒くなりました。「一応目線は入れたほうがいいですよ、変な人もいますし、その奥さんも可愛そうですから」と書くのが精一杯でした。その晩、私は妻を抱きました。妻の性器を舐めながら、「ここに男の性器が入ったんだ、ここに精子を出されたんだと考えると異常な思いとなりました。いつもどうり隣の部屋の子供を気にして唇を噛んでこらえる妻、その男にはどんな姿で抱かれているのだろうかと想像すると、いつもより早めに妻に出しました。妻は避妊をしていますので、いつも中で出しますし、生のほうが暖かい感じがするので好きだそうです。あと男についてですがどう見ても(ボヤカシタ顔・体つき)から想像すると腹の出た中年男です。私よりも年齢は上のようにも見えました。私はメールで数度やり取りをしながら徐々に男の素性を狭めていきました。「どこで素敵な奥さんと知り合ったのか?合う時間はどうやって作ってますか?ばれないですか?」とかいう内容でした。そして帰ってきた内容は私が驚愕するようなものでした。

私には大変気がかりで心配なことが三点ありました。男は誰なのか、妻と今後どうすべきか、そして妻の目線なしの写真を他の人間にも見せているのかいう点です。妻との今後ついては離婚はそれほど考えませんでした。子供、世間体、そして妻だとわかりながら夜の生活をしたという事実もあるくらいですから。男の投稿は暫くありませんでしたが、メールでのやり取りは続いてました。男に言わせると何枚も撮ったがやはりうまく撮れないものが多く、投稿するのはごく一部だそうです。そして妻との出会いのことも書かれてました。ただそれが真実なのか私を楽しませるだけに書かれたのかはこの時点ではわかりませんでした。
男からのメールの要点「女はもともと知り合い。旦那も知っている。最初は無理やり。一番興奮したのは女の自宅でのプレイ。・・」などが書かれていました。私はメールを開くたびに何ともいえない興奮と焦燥感に包まれるだけでした。メールに添えられている写真には妻が後ろを向いて自らアナルまで広げている写真、男の性器を喉の奥まで咥えている写真、性器から流れる男の精子の写真などが貼り付けられていました。男は誰なのか、男が私を知っているということは私も男も知っているのか?気だけが焦るばかりでした。そして気になるもうひとつの点です。妻の目線なしが他にも見せられているのかということです。以前のメールにていろんな人間がいるから目線はつけたほうがいいと書いておきましたが、心配になり、他のアドを使って掲示板に添えられていたメルアドに、他人(私ではない)を装いあるコメントを送りました。「○県K市のM美さんに似てますね~、もっと投稿してください。」このようなコメントをメールにて送りました。○やアルファベットは事実を書いてです。そのアドには男からは何も帰ってきませんでしたが、私のメールには「危ない、危ない、見てる人がたくさんいるんだね、女の知り合いも見てたみたい、女の住んでいるところと名前が送られてきたよ」と書かれてました。そして「慎重にしないといけない、まだまだ女を離すのはもったいないからと」かかれてました。そして目線なしは、貴方にしか送ってないとも書かれてました。私はほんの少しですが胸を撫で降ろしました。私は安心するのと同時に、自分が妻が男に抱かれる姿や嫌らしい格好で写る写真を見ると凄く興奮していくのがわかりました。そして男とのメールでのやり取りが続きました。男も私とのやり取りが自慢であるかのようなメールを送ってきました。「女は地元ではいいところの奥さん、旦那も一応社長、合う時間は中々取れないが平日の昼、そして俺(男)が入れた後(その日)に旦那が入れることを女にさせている、旦那次第だが」などなどです。私は「その日に旦那が奥さん抱いてもばれないものかな?」と送ると「晩は誰でも風呂はいるからばれないでしょ」という冷静に考えれば当たり前のような返事でした。私は男に女との自宅プレイの写真をお願いしました。男はさすがに投稿サイトには送れないが、貴方ならいいよと送ってきました。私の自宅の玄関(家の中のほう)で全裸でたたずむ妻、居間のテーブルの上で寝て足を広げる妻、寝室で男に入れられる妻、男によると一度だけ女の家で楽しんだときのものらしいでした。男の体は性器と腹と足くらいしか写っていないので誰か確認できないでいました。しかし送られた写真の一部にカメラを構えた男の姿がガラスに映ってました。ぼんやりとしかも遠目です。太り気味で頭が薄い感じの男です。私には誰なのかわかりません。私は「女の家でのプレイは興奮するでしょうね、もっと見てみたいですね。目線ありでお願いします」送りましたが、男は写真取るのも精一杯でプレイもままならない状態でしたと返ってきました。そして投稿サイトを移る(女の知り合いが見てるから)そして投稿のHNももちろん変えますという内容のものも届きました。私は新しいサイトに妻が投稿されるのを待つ、それを期待する哀れな男になってきました。男からのメールで今日実行(妻とプレイ)し晩にでも投稿するというメールが届きました。私が朝から隣県へと出張の日です。妻が男に伝えていたのでしょう。私は仕事を休み妻を尾行でもしようかとも思いましたが、どうしても仕事が外せず、隣県と向かいました。
夜会社に戻りサイトを開けましたが、まだ投稿されてませんでした。その日妻を抱いたことは言うまでもありません。妻の性器を前にしてここに男の性器が入れられた、ここに男の精子が注がれた、そしてその中に私が入っている。子供を気にして声を殺す妻、私は妻の耳元で「今日はどんな感じで抱かれた、咥えたのか、声を出したのか、写真は?」と聞きたい思いで一杯でした。そんな考えの中で妻の中にあえなく射精しました。男の後にです。今日すでに使われた中古の性器にです。





この話の続編を読者の方が創作した話があります。↓
http://ntrnews.blog55.fc2.com/blog-entry-474.html
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻, 調教された妻, サイトに投稿される妻, 自宅で他人男とのプレイ, 子供,

コメント
この記事へのコメント
この後の事が知りたい。
2009/10/18(日) 19:21 | URL | m #-[ 編集]
創作された続編が見られません
2010/07/06(火) 18:17 | URL | #-[ 編集]
 9年前の夏のことだった。半年前に妻と離婚して一人暮らしする僕の家にみどりさんが訪ねてきた。自治会の役回りで殺虫剤を配って回っているとのことだった。彼女は小柄で、可愛らしい顔立ちをした明るい女性だった。
 当時彼女は44歳の、ご近所に住む専業主婦で、大学2年生と高校生3年生の息子の母親。夫は電気工事を請け負う会社の社長だった。

 それから2~3日してまた彼女と僕の家の前で顔を合わせた。
 前回は挨拶程度に終わったけれど今度は世間話やら彼女の家族の話、彼女の生まれ故郷のこと(奄美大島出身だと言っていた)などいろいろ話が弾んだ。
 「よかったら上がってコーヒーでも飲みませんか?」
 もっと僕のことを聞いてもらいたくて思い切って誘ってみた。
 「えっ、いいんですか?」と彼女。
 「男の1人暮らしで散らかってますけど、よかったらどうぞ」
 こうしてみどりさんは僕の家に入り、初めて2人っきりになった。
 ソファに並んで座り、話題はもっぱら僕の離婚に至る経緯だった。
 「大変でしたね。お辛かったでしょ。ご主人がお留守の間に引越屋さんが来て、奥様が家の中の物を何もかも全部持って行ってしまわれたのを窓から見ていました。」と彼女。

 それからというもの、みどりさんは3日に1度くらいは訪ねて来るようになり、肌着や身の回りの物、夕飯のおかずまで届けてくれるようになった。
 「ありがとうございます。いつもすみません。」
 その時は、彼女とどうこうなろう、なんていう感情などはなく、「どうしてこの人はこんなに親切にしてくれるんだろう?」というくらいにしか思っていなかった。

 みどりさんが訪ねて来るようになって1ヶ月ほど経った夏祭りの夜、インターホンが鳴り玄関に出てみると浴衣姿のみどりさんだった。浴衣がよく似合っていて、とっても色っぽく、香水の香りが心地良かった。
 「夏祭りの帰りに寄ってみたんです。どうされておられるのかなって思って」と彼女
 「ありがとうございます。お祭りにも行く気になれなくて・・・」
 しきりに家の中を覗き込む様子のみどりさん。
 「上がりますか?」と僕
 「いいんですか?」
 「僕は構いませんが、こんな時間だからご主人もお子さんも帰ってこられるんじゃないんですか?」と心配する僕。
 「ううん、旦那様はお酒を飲んでとっくに寝てしまっています。息子たちももう大きいですので」

 初めは一緒にテレビを観ていたけれど、彼女のうなじやきれいな肌、胸の膨らみに興奮してきた僕は彼女の肩をそっと抱き寄せて唇を奪ってしまった。別に抵抗する気配もない彼女。立たせて浴衣の帯を解くそれがひらりと足元に落ち、みどりさんの、その悩ましい下着姿にさらに興奮の度を増した僕は彼女を思わず抱きしめた。
 アッ、アァ・・・という彼女の声が微かに聞こえた。灯りを消し、ブラジャーを外し、パンティーを下ろしてゆく僕。
 あられもない人妻の全裸体を見て僕の興奮は最高潮に達していた。
 ソファの背もたれを倒し彼女を仰向けに寝かせて、僕も生まれたままの姿になり彼女と重なった。人妻と肌を重ね合っている、というスリル感と罪の意識が頭の中で交錯していたが、欲望に負けて彼女の体を執拗に求めていた。
 乳房から太もも、ふくらはぎにかけて僕の舌がその悩ましい肢体の上を這い、その度に甲高い喜びの声を上げるみどりさん。
 股間の茂みをかき分け陰部に触れるともうじっとりと濡れている。さらにクリトリスにも舌を這わせて愛撫すると
 アッ、アァ~~ン という喘ぎ声を発しながら腰を痙攣させて絶頂に達してしまった彼女。
 おもむろに彼女の片脚を僕の肩に乗せ、固くなり膨張しきった僕の肉棒を彼女の膣の中に一気に挿入すると
 いや~ あ~~ん だめ~ と絶叫するみどりさん。そして2回目の絶頂を迎える彼女。

 しばらく腰を動かして突いていると僕も快感の絶頂を迎え、
 うっ、うぅ・・・アァ~~ 僕も搾り出すようなうめき声を発しながらイってしまった。肉棒は人妻の膣の中で大きく脈打ち、大量の精液をその中に流し込んでしまった。
 肉棒を抜くと、男の生暖かい粘液の糸を引いている。さらに肉棒に残っていた精液が彼女のお腹の上に垂れてそのきれいな肌を汚した。
 彼女が下着をつけるために前のめりになった時にお尻から太ももにかけて白い粘液がダラーっと間断なく大量に流れ出てくるのが見えた。

 1ヶ月後みどりさんから衝撃的な事実を告げられた。
 「わたし・・・できちゃったみたい」間違いなく僕の子を身ごもったという。
 「で、ど・・・どうする?」と言う言葉しか出なかった僕。
 「わたし、産むわ! いいでしょ? お願い! 隼人さんの子どもを産ませて!」

 こうして十月十日、彼女は無事男児を出産した。夫との間の子として。夫は知らない、僕たちの秘密を。そして他人の男の遺伝子を受け継いだ子どもの出生の秘密を。
 みどりさんとのことは2人だけの秘密として封印し続けてきた。
2011/06/08(水) 19:51 | URL | 隼人osaka #xHcFYwLo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/48-c84a92ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック