FC2ブログ

変態エッチ vol. 1

ここでは、「変態エッチ vol. 1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私達夫婦は中学時代同級生で52歳です。
私はバツ1で妻はバツ2です。
45歳のときに結婚し現在結婚生活7年です。
お互い過去にいろいろ合ったので今は何でも話しあえる中の良い夫婦です。
私は会社役員で妻は北新地でスナックを経営しており2人とも歳の割には若く見られます。
それでも見た目とは裏腹に最近ではエッチの最中に中折れしてしまう等ちょっとマンネリかな?とも思える様になってきていました。
それでも妻はエッチの最中にいつも「貴方のエッチが最高!」「貴方のおチンチンが一番いい!」と言ってくれてます。
妻の今までの男関係も聞いていた私はこの前のエッチの時に恐々ですがちょっと悪戯心が出て「俺以外の男とのエッチはどうやったん?」「どんなおチンチンとしてきたん?」と聞いてみました。
すると妻は「貴方の様にカリの張った太くて長い人はいなかった!」「皆どちらかと言うと早漏気味で挿れたらすぐ終わってた!」私は「俺以外で一番良かった男は誰?」と聞いてみました。
妻は
「今は海外に赴任して来なくなったお客さんなんやけど1年程付き会ってた5歳年下の人とのエッチが良かった!」
「店が終わってから泊まりにいくんやけど彼が先にチェックインしててそれもいつも高級シティホテルばっかりで誘い方もスマートやねん!」
「途中何度も休息を入れて朝までしたエッチが良かったわ!」
そんな事を言われて私は嫉妬からかギンギンに勃起していました。
妻も「どうしたん?やきもち妬いてるの?何で勃ってるの?ビンビンやん?」
私も「何故か判らんけど想像したらビンビンやねん!」ちょっとした私の悪戯心から口に出して聞いた事なのに今度は妻に悪戯心が出たのか「部屋に入ったらねぇ。いきなり抱きついてきて舌を絡めてキスしながら服を脱がしていくんよ。お互い裸になったところでお風呂にいって洗いっこするねん。そのまま彼が我慢出来なくなって立ちバックで挿れられてん。」
「私が他の男としてるの聞いてビンビンやん?はち切れそうなくらい勃ってるやん?面白いからもっと言ったろ!」と続きを話し出すしまつ。(聞きたくない!でも聞きたい?)その時の素直な気持ちでした。
「そんないきなりむさぼりあってゴムは?」と私「そんなんナマに決まってるやん!」「中出し?」「そんなわけないやん!イク時に抜いてお尻や背中にいっぱいかかったわ!若いから濃いのがいっぱい出るのよぅ!」あくまでこれから始まる自分達のエッチ前のピロートークやったつもりが自分の一言から妻の悪戯心に火をつけてしまってえらい展開になってきたぞ!ビンビンになった自分のモノを握りしめながら続きを聞くはめになってしまいました。
「その後ベッドに移ってねぇ。身体中いっぱい舐めてくれるんよぅ。私も気持ち良くなってお返しに同じ様に彼の身体中舐めてあげるの。それから私が上になってシックスナインが始まるの。彼のビンビンになったおチンチンをねぇ。
音をさせてシャブッたげるの。彼も私のを舐めながら気持ち良くなって声を上げるのが可愛くってねぇ。
それから私が上に跨って彼のおチンチンを握って挿れてあげるの。
その後バックや正常位したよぅ!」私は握りしめてる自分のモノから先走り液が滲んできているのが判りました。
妻もそれを見逃さずいきなりシャブリ始め
「凄いよぅ!カチカチやん!いっぱい液でてるよぉ!気持ちいい?私が他の男としてるの聞いてこんなにして変態ちゃうん?じゃあ変態を苛めたろぅ!もっといっぱいやらしい事言ったろぅ!」
私も妙に興奮して「朝までヤリまくったん?」
妻も「そうよぉ!ヤリまくったよ!彼若いから何度でもできるんよぉ!気持ち良かったよぉ!」私も「どこが気持ち良かったん?朝まで何をヤリまくったん?」
妻は私のを口に含みながら二ヤッと微笑み「おめこ気持ち良かったよぉ!朝までおめこヤリまくったよぉ!」
妻の口から関西特有の淫語が発せられて異常に興奮してきてそのまま妻に挿入しました。
腰を振りながら「その男とはいつもナマでしてんの?どんな形でしたん?」「そうよぉ!あー!いつもナマよぉ!あー!ナマでして最後は身体中にいっぱい精液かけてもらうのよぉ!あー!あー!ソファに座って対面でハメたのが気持ち良かったよぉ!あー!」
「その体位の何が良かったん?いつもしてるやん?」
「挿入ってるのが見えるやん!あー!それが興奮するの!あー!あー!」
「その男観せるの?」
「そうよぉ!あー!挿入ってるの観てみぃ?って言って観るようにいうのぉ!あー!あー!」
「それで観るのか?」
「うん!あー!」
「何が観えるの?」
「あー!私のおめこにチンポが挿入ってるのがまる見えなのぉ!あーあーあー!」
「いつも観させられるんか?」
「そう!あー!感じる!気持ちいい!あー!あー!」
妻もいつもより興奮しているみたいで
「あー!硬いわぁ!いつもより大きい!凄く感じる!あー!」
二人ともいつもより異常に興奮してベッドの上でその体位をしてみました。
「これか?この形か?どうや!感じるか?」
「そうよぉ!これ!ねぇ!観えるでしょう?観せられて感じたのぉ!」
私が「今誰とシテるの?俺と?その男と?」
「イヤ!貴方としてるの?」
「違うやろ!今その男としてるのを思ってるんやろ!いいよ!そう思っても!」
「うん!思ってる!あー!思い出してた!あー!気持ちいい!あー!貴方に観られながらその男としてるのぉ!あー!あー!あー!感じるぅ!イヤ!観ないでぇー!」
妻は想像と現実の挿入でイキまくってます。
私の言葉でその男との空間に入ってるようで
「イヤー!観たらアカン!あー!観ないで!ごめんなさい!あー!」
「俺が観てたらアカンの?いいよ!許したげるよ!いっぱい気持ち良くなり!」
「いいの?私が他の男とおめこしてもいいの?気持ち良くなっていいの?あー!あー!」
「ほら観てごらん?今その男のチンポがお前のおめこに挿入ってるよ!」
妻は私のモノが挿入ってる部分を観ながら「イヤー!00さん!シタらアカン!あー!挿入たらアカン!あー!主人が観てる!あー!感じるー!」
妻がその男の名前を口走るのを観て私は急に射精そうになり妻に「アカン!射精そうや!」
「私もイキそう!あー!あー!射精してー!いっぱい射精してー!」「どこに?」「私の身体に射精して!かけて!精液かけて!」妻がその男といつもそうしてたように妻のおっぱいめがけて射精しました。
妻も一緒にイッたようで妻はほとんど気絶状態でピクリピクリと動いています。
私はと言うと今射精したばかりなのに歳がいもなくまだビンビンでした。妻はゆっくり我に戻り「変な事させないで!私は貴方とのエッチが一番良いんだからね!」
でも妻も満更でもない様子で「私もいつもより異常に感じたわ!貴方も凄かったやん!まだビンビンやん?どうしたん?変態エッチやでぇ!こんなエッチは!」「いやー!どうしたんやろ?お前が他の男としてるのは絶対アカンしそんな事させたくないんやけど・・・?」これが寝取られ願望なんでしょうか?
その後妻とのエッチはたまに妻の昔の男が登場するようになって今では私の昔の女も登場して妻が私を責めまくっています。
「このでっかいチンポを他の女の中に挿入したの?いろんな女とおめこしてきたんやろう?いっぱい咥えられたんやろう?私のフェラとどっちがいい?私のおめこが一番良いやろう!」とこんなエッチが続いております。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/491-4ceccc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。