FC2ブログ

ネットの出会い~神戸・36歳人妻K子さんのこと

ここでは、「ネットの出会い~神戸・36歳人妻K子さんのこと」 に関する記事を紹介しています。
僕は現在54歳の会社員。
恵子さんのことをふと思い出す。
あれは7年前の12月、小雪の舞う寒い日だった。神戸の三宮駅前で、たった今着信したメールを確認する。
「今どこですか?」と恵子さんからだ。
メールでの返信が面倒なので、彼女に電話する。
「道路を挟んでそごうの向かい側にいます。あっちょっと左手を挙げてもらえませんか」
「えっ、こうですか?」
「あっわかりました。今確認しました。そっちへ行きます。」

恵子さんは神戸に住む36歳の主婦で二児の母親。僕の登録する出会い系サイトでメールをくれた人だった。
自己紹介から始まって、お互いの生活や趣味、過去の出来事など、何度かメールのやり取りが続いた後
「今度三宮辺りでお茶でも飲みながらお話してくださいませんか」と逢う誘いを向けてみた。
「私、ホームページのプロフィールに書いておられるような、隼人さんの好みのタイプじゃありませんから・・」
「好きになった人が好みのタイプですよ」

「はじめまして、隼人です」
「あっ、どうも・・・恵子です」
初対面の挨拶は少しお互いが緊張気味だった。
恵子さんは少し小柄で細身の身体に薄く茶に染めたショートヘアーのよく似合う女性で、知性的できりっとした顔立ちは僕好みだった。
(彼女、ずいぶん謙遜しているな・・・大ヒットじゃん!)
皮のジャンパーにスカートとブーツという服装の彼女。
「寒いですね」と彼女の顔を覗き込みながら話しかけてみる。
「私、平気ですわ」と彼女
「早い時間に三宮へは到着していたんですが、時間があったもんだからうろうろしていたら待ち合わせ時間を過ぎてしまって慌てて戻ってきました。お待たせしてすみませんでした。」と言い訳すると、
「私のほうこそ遠いところまで来ていただいてすみません。」
「トアロード、北野、異人館と行けたらちょうどいい時間になると思うんですが、今日はお時間大丈夫ですか?」
「ええ、私はかまいませんわ」

生田神社を抜けて二人が歩く道沿いに洋風館のしゃれたレストランがあった。
「そろそろお昼時ですね。ここでランチでもどうですか?」
「すてきなお店・・」
メニューを眺めながらK子さんが
「私、シーフードランチを」
「僕もそれでいいです」

「神戸って坂が多いですね」と話を神戸の話題に向けてみた。
「海からすぐ北が六甲山ですから」

「隼人さんって、文章がとってもお上手ですね。ついつい引き込まれてしまいますわ。」と彼女
「お恥ずかしいです、まだまだ拙い文章で。それより恵子さんの文章の方がずっと詩的で華麗なので感心しています。詩とか随想とか書き慣れてるって感じで」
「大学生の頃同人誌を作って詩や俳句とか短編小説なんかを発表してたんです」
「へえ~!詩人・・いや作家なんですね!恵子さんって」
「ううん、そんな大したものじゃなかったんですけど・・あっそうそう、恵子さんの日記、最初のページからずっと読んでみましたのよ」と彼女。
「あれ・・全部見たんですか・・ちょっと恥ずかしいな・・」
「なんか、すっごく・・」
と両手を口に当てて彼女がくすっと笑う。そのしぐさがとてもかわいいとその時思った。
「エッチなお話しのところですか?」
「あはは・・」と今度は本当に可笑しそうに大きな声で笑う恵子さんだった。
「隼人さんが今お付き合いされている金沢の19歳の予備校生の方との恋のお話、ドキドキしながら読ませていただいてますの」
「その話、聞きたいんですか?」
「だめですか?なんだか興味があるんだけどな」

三宮へ向かう帰り道のトアロード。学生がぞろぞろ歩いている中を二人寄り添って歩き、すぐ脇の女子大学を過ぎた辺りで
「今日は寒くて、それに長い距離を歩かせてすみませんでした。」
「いいえ、とっても楽しかったですわ。それにお昼ご飯、ご馳走になって・・」
彼女のうなじから首筋の辺りを覗きこんでみる。とっても色っぽい女の魅力を漂わせている恵子さんはその髪型が彼女に似合っていて、とってもすてきだった。
そっと彼女の手を握ってみた。
「恥ずかしいわ。若い学生さんも沢山歩いているし」
「こうして神戸のトアロードを恵子さんのようなすてきな女性と手をつないで歩いてみたかったんです」
「まあ!おじょうずね うふっ」
「あの・・・恵子さん、まだ少し時間ありますか?」
「え、ええ・・なにか・・」
「僕に2時間ほど空白の時間をくれますか?」
「空白の・・時間・・・?!」
「その時間のことは何もなかったことに・・でももっと恵子さんのことを知りたいし、親密になっていきたいんです」
「・・・で、でも・・どこへ・・」
「ついてきてください。」
再び彼女の手を握りその先のラブホテルが立ち並ぶ一角の中の一軒に・・
「あの・・私・・今日会ったばかりで・・そんなつもりしてなかったから・・」
今度は恵子さんの肩を抱き寄せて入り口を越えていった。
その中の一室のドアを開け、彼女を導き、再びドアを閉める。
「ごめんなさい、いきなりこんなところへ連れて入ったこと、失礼と承知で・・」と僕。
恵子さんはうつむいて黙っている。
彼女のあごに手を当て、僕の顔を近づけた。もう片方の腕を彼女の背中に回して抱き寄せてから彼女と唇を重ねる。
「あ・ああ・・・」微かに彼女の口から喘ぐ声が漏れる
ベッドへと肩を抱き寄せて導き、二人寄り添って腰をかけた後、彼女のブーツを取り、両足を持ち上げて仰向けに寝かせ、その上に重なり強く抱きしめた。驚いた表情で目を大きく開いて僕を見つめる彼女。
しかししだいに彼女の喘ぐ声が大きくなっていく。
「あ・・あっ、あぁ~ん・・」

彼女のジャンパーのファスナーに手をかけると、僕のその手を彼女の手が押さえた。
「だめですわ・・私たち、こんなことしたら・・」
「恵子さんのすべてを見ておきたいんです。僕の思い出の中に恵子さんの肌を刻み込んでおきたいんです。僕の体の中の奥まで」
今度は彼女は抵抗しなかった。
ジャンパーを脱がせ、彼女の身体を少し横向きにしてスカートのフックを外し、それもするすると脱がせて、セーター・ブラウス・ストッキング・ブラジャーとゆっくり脱がせていき、恵子さんをパンティーだけにして毛布をかけてあげて、僕もベッドの端に座ってブリーフだけになり、再び彼女と肌を重ね合い、唇を求め、舌を絡ませた。

きれいな肌だ・・・10歳年下の若い女の肌の艶・・それと細身に加えて引き締まった身体の線・・脚の線もとってもきれいだ。
うなじから首筋、肩から乳房にかけて僕の舌を這わせ、乳首を噛むようにして吸う。
「あ、ああ~ん・・」のけぞるようにして彼女は僕の刺激に反応する。
僕の右手は乳房からお腹、太ももを経てその付け根の女性の秘部へ・・・パンティーの中で茂みを分け入りながら花弁、クリトリスへと指先をすべり込ませてゆく。彼女は既にびっしょりと愛液をしたたらせた股間を浮き上がらせて女性の悦びを表現するのだった。

「気持ちいい?」わざと意地悪く彼女の顔を覗き込んできいてみた。
「わたし・・どうしていいのか・・こんなつもりじゃなかったから・・」目に薄っすら涙を浮かべながら答える。
「ごめんね・・辛い思いをさせる気はなかったんだ。泣かないで・・」
「・・・・」
無言のままベッドのシーツに顔を伏せている彼女。

「恵子さんを・・犯したい」
そっと彼女の耳元で囁くと、大きく目を開いて僕の目を見つめて彼女は無言でうなずいた。
彼女のパンティーをゆっくり脱がせ、僕もブリーフを脱いで再び彼女の上に重なった。僕の男根に指をそえて自ら膣の入り口に導く彼女。僕がゆっくりと人妻の体の中へ入ってゆく。
「あ・・あぁ~ん!」ひときわ甲高い恵子さんの声が部屋に響きわたった。
僕の汗が額から滴り彼女の胸に落ちてゆき、枕で額の汗をぬぐいながら再び腰を動かした。膨張した僕のペニスが彼女の膣を押し広げながらその中へ食い込んでゆき、そのたびに恵子さんは悦びの声をあげるのだった。

「中で・・出さないで」微かな声で彼女は訴える
「う、うん・・・ハァハァ・・う、うぅ・・あぁ~~」
僕は快感の絶頂で思わずうめき声を上げてしまう。
僕のペニスが彼女の太ももの上で脈打ち、男の生温かい粘液が彼女の肌を伝って流れるのを感じた。その日も人妻を抱きしめながらイッた僕。

「ごめんなさい。わたし、できやすいから」と恵子さん。
「ううん、人妻を妊娠させちゃったら、それこそ大変だから」
「・・・・・」
妙に神妙な表情でK子さんは宙を見つめている。
(気にさわったかな・・)

僕はまだ熱さの残る彼女の下腹部へ顔を回し、さっき僕が射精したばかりの太ももへ舌を這わせ、そのきれいな脚を開かせようとすると
「いや!」と彼女は股間を閉じ、その秘部を隠そうとする。
彼女の陰部は愛液をたっぷり含み、彼女の両足に顔を挟まれたまま僕の舌が花弁からクリトリスにかけてびっしょりとしたたる果汁を口に含みながら愛撫してゆく。
「あ~~ん・・いや!」彼女は身体をねじるように激しく反応する。
「美味しいよ、恵子さんの愛液」
「んもぉ~う、そんなこと言わないで!」
今度は僕の指先が再び彼女の両足の付け根へ・・アヌスに指を入れようとすると
「だめ!わたし、そこ苦手なの!」
しばらく彼女の陰部のぬるぬるした軟体の上を僕の指先が滑りながら徘徊する。

「も・もう・・アタシ・・イキそう・・」
今度は恵子さんが下半身を小刻みに上下させながら大きく目を開き、宙を見つめて微かな声で言う。
彼女は恍惚に入り、なにやらつぶやくように唇を動かせているが聞き取れない。
「わたし・・・アァ・・・そこが・・・」
しばらくするとK子さんの下半身の運動が止まり、目を閉じてうっとりとしている。
「イッちゃった?」そっと耳元できいてみると、こっくりとうなずく彼女。
女性にもいろいろ「あの時」のタイプがあるんだな・・激しく頂上に登りつめる人・・恵子さんのように静かに達する人・・
ベッドの上で彼女は自分の両肩を両手で抱きすくめるようにしてうつむいて正座していた。
「わたし・・こんなことしてしまって・・ごめんなさい・・」
その目から一筋の涙が頬を伝っている。
だれに対する「ごめんなさい」なのか・・その涙の意味は?

努めて僕は彼女を陽気にしてあげようと試み、仰向けに寝て、その上にK子さんを被せるように抱き寄せてみた。僕と彼女の顔は間近に密着する。
「指だけで女性をイカせたのは初めてだよ」と僕が言うと
「うっそつけぇ~」と少し笑顔を取り戻して言う彼女。
彼女の片方の手の平を僕の股間に連れてゆき
「ねえ、僕のモノを触ってくれる?」とお願いすると
「えっ?!触ってもいいんですか? 私の夫は・・あはっ、最近してないんですけどね! 果ててしまうと、もう触らせてくれないんです。」と恵子さん。
「う~ん・・僕はこうして余韻を楽しませてくれると幸せなんですが」
「そう、男の人にもいろいろタイプがあるんですね・・」

「ねえ、隼人さんの日記に書いていらした受験生の彼女、美沙ちゃんのこと、好きなんでしょ?」
その唇に僕の人差し指をそっと重ねて
「それは言わないの」
「いいのよ。私も好きな人がいるから・・」
しかしさびしそうな表情で宙を見つめる恵子さんだった。

三ノ宮駅で手をふる恵子さんを最後に見てから・・
「このところ夫とのこと、うまくいかなくて・・」というメールを最後に連絡は途絶えてしまった。どうしているだろう・・
短い時間だったけれど、僕が愛した数少ない女性の一人・・恵子さん・・また逢いたい・・
そして今日再び彼女との思い出のトアロードを一人で歩いてみた。あの日と同じ、学生たちが楽しそうに笑いながら行きかう道を。
夜はルミナリエのエルミネーションで彩られる街・・
夕暮れの神戸の街を後にして阪神高速神戸線の京橋ICから帰路をバイクで走り抜けるのだった。
これも一度限りのアバンチュールに終わってしまった。でも不思議と青春時代に戻ったみたいで楽しかったよ。 (おわり)


                                   隼人osaka
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

関連タグ : 寝取り,

コメント
この記事へのコメント
ブログ拝見させて頂きました。
内容がとても分かりやすく、参考にさせていただきました。
私も人妻に関する、体験談などをブログに書いているので
よかったら読んで頂けると嬉しいです。
2013/07/28(日) 16:25 | URL | 人妻大好き人間 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/512-ec0840c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック