FC2ブログ

セミナー講師の妻《第6話》

ここでは、「セミナー講師の妻《第6話》 」 に関する記事を紹介しています。
《第6話》
いつもより深く眠ってしまったようだ、iPhoneのアラームを消した覚えはあるのだが・・・
急いで娘を起こして朝食の準備をする。
娘は、「起こすのが遅すぎる」と理不尽な文句を言いながら、アップの目玉焼きを2個食べて学校へ行った。
新聞を読み終わって二人分の朝食を作る。
サニーサイドアップの目玉焼きとトマトとレタスのサラダ、カップに冷たい鹿島牧場の牛乳を8分目注いで
熱いコーヒーを少し落とした、コーヒーは「しゃん」で挽いてもらったブラジルだ。
しゃんの豆はブラジルがいつも新鮮なので買っている。しゃんブレンドがブラジルを使っているから新鮮な
のかな?

熱いコーヒーカップを持って寝室に入る。

「もう起きませんか?」

黒で統一された寝具に包まれた妻はとてもセクシーだ。
黒のタオルケットをめくると綺麗な背中が露わになる、左の肩胛骨の所と尻に鞭の痕が残る。
鞭の痕を舐めてやるが全然起きる気配が無い。

「もう少し眠る?」

耳元で囁くと、下からキスをしてきた。

「11時に打合があるの、もう起きないと・・・」

「朝飯は?」

「いただくわ。」

「トーストは?」

「いらない、野菜と目玉焼きだけでいい。」

「その通り用意しているよ。」

「さすがね。」

「シャワーは?」

「使わない。」

「髪、凄い事になってるよ。」

「え~、じゃあ浴びようか。」

「卵が冷めるから先に食事でいい?」

「はい。」

エルメスのスカーフだけを身体に巻き付けて裸足で歩く妻の姿は映画の1シーンのようだ。

「ニコールキッドマンみたいだね。」

「ありがとう、でも彼女は頭ボサボサで歩かないわ。」

「でも、ニコールよりいけてる。」

「フフッ、うれしいわ。そう言えばこの頃、彼女の映画を観ないわね。」

「オーストラリアが最後だ。」

「映画観るの減ったよね。」

「由紀が二人だけじゃ行かせてくれないからね。」

「でも、猿の惑星は二人で行って来ていいと言ってたわよ。」

「君が時間が取れないだろ? 月に3回と言ってた件だって4回になりそうだし・・・」

「責めてる?」

「いや、そうじゃない、ただ少し焦っていると言うか胸が痛い。」

「ごめ~ん、何か浮気してる気分よ。」

「世間では充分浮気だよ。」

「アハハッ、そうね、でも今までは嫉妬してくれなかった。」

「そ~かな?」

「そうよ、私の方が嫉妬してたわ、あの若い設計士とか?」

「嫉妬してたの?」

「しってたくせに。」

「でも、転勤しちゃったよ。」

「2時間で逢いに来られるわ。」

「ふ~っ、でも、身体の関係は無かった。」

「だから嫉妬したのよ。」

「じゃあ、今の俺は何に嫉妬してる?」

「上手く話をそらすのね。」

「・・・・・・・・。」

「もうギブアップ?」

「はい。」

私の首に手を回して、ぶら下がるようにキスをする。
エルメスの結び目を解いてテーブルクロスにする。

「裸で食べなさい。」

「はい。」

目玉焼きに醤油を落として食べる仕草に見入ってしまう。 いい女だ。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/530-03dea891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック