FC2ブログ

立場が一転④

ここでは、「立場が一転④」 に関する記事を紹介しています。
 3人の話から土曜日の出来事をまとめました。私の想像も入っていますが。
3人で寿司屋にいると、横の席にいた秘書から。
「男たちだけで飲んでも面白くないので、ご一緒させてください」図々しく妻たちの席にきて飲み始めました。話の内容が楽しくて、盛り上がると他の3人もきて、妻たちのことを。
「綺麗。品格がある。やっぱりセレブは違うね!しかも、身体はパーフェクト!」褒められ、持ち上げられ、お酒が入っていたこともあり大盛り上がり。
「次の予定は?もし良ければ俺のカラオケ屋で楽しもう」誘われて、どうしようか3人で相談していると支払いまでしてくれて、断れなくなって行くことになりました。

 妻はカラオケで1時間くらい歌い、お酒を飲んでいると身体が火照ってきて、特にアソコが熱くて変だなぁと感じて。トイレで一緒になった△△ママに聞くと同じだということが分かり。
「飲み物に薬を入れられたかしら?」そんな話をしながら部屋に二人で戻ると。
「薬が効いてきたかな!俺たちも薬が効いてホラッこんなになった!」男たちが勃起した性器を出したので、イケナイと思って帰ろうとすると。出口を秘書にふさがれてしまい部屋を出ることができなくて戸惑っていました。

 まず、○○ママが立ったまま、下半身裸で大きな腹のオーナーにキスをされて、紫色のミニのワンピースをお腹の所まで捲られました。全て白のガーター、ストッキング、Tバックが見えて「イイねー」、そのまま抱きつかれ一人掛けのソファーへ押し倒され、服の上から胸を揉まれると抵抗が止まりました。他の5人が見ている中。ソファーに浅く掛けされられて、ガーターの下のTバックをずらされて指で膣口を撫ぜられてから中に指を入れられました。指を動かされると急に立ち上がりオーナーの頭を押さえながら喘ぎ声を出し、その声を確認したオーナーは秘書が用意したコンドームを着け、服を着たままの格好の○○ママに上から覆いかぶさり挿入。そして射精。

 △△ママは、その光景を妻とどうして良いかわからずソファーに座っていました。長身で細身の銀行が近づいてきて紺セーターとブルーのブラジャーを一緒に上げられてGカップの胸が出されると「でっかいチチだなー!」そう言うと両胸をわしづかみにしてソファーに横にされました。それを見ていた設計が妻に近づいて行きました。銀行に乳首を吸われると喘ぎ声を出し、白のミニを上げられてパンストを脱がされると両サイド紐で縛ったブルーのパンティ。片方の紐を解かれてクリトリスと膣口を舌で舐められると喘ぎ声が大きくなりました。銀行はコンドームを着け横になり片足にパンティを着けさせたままの△△ママを上に乗せて挿入。数分ほど腰を動かし射精。

 △△ママが挿入されるのを見た小柄で小太りの設計は、妻のミニをいきなり捲くり黒の模様入りパンストの股間の部分を裂くと、「イヤ~!ヤメテください!」手で隠したのを払いのけて、指を入れピンクで小さくお尻が透けたパンティの隙間から膣口を触りました。そのうちにテーブルにあったステーキナイフでパンティの横の細い部分を切ると、「何をするのですか!」怒った顔で妻が言うと。お尻を一発引っ叩いて四つん這いにさせ膣口をベットリと唾を付けるように舐めてから、バイブを膣に入れました。妻は手を口に当てて声を殺しましたが、ブラウスのボタンを外され、ピンクのブラ付のキャミソールの胸の部分を下げられて片方のオッパイを出され乳首を吸われると我慢できずに喘ぎ声を出しました。銀行が射精するのを見届けるとコンドームを着け、後ろから挿入。激しい腰使いをして射精。

 妻が言うには《三人とも最初は嫌がったのよ。でも薬のせいだと思うけど。男性の性器の挿入を簡単に許してしまったの。済むと帰れると思ったのに》
「これからだよ!時間かけて何度もイカしてやるからな」もう男たちの言うとおりにするしかなくて。○○ママが。
「主人にメールさせて!・・遅くなるのを連絡しないと疑われるからお願い!」頼むとメールだけは許してくれました。

 その後、オーナーが着ていた物を全て脱いでカラオケを歌い始めました。
△△ママはオーナーに顔に性器を近づけられてフェラチオを。秘書がGカップを両手で揉み、乳首を吸いながら、片方の紐を解かれたパンティから出された膣に指を入れ掻き回すと喘ぎ声を出して感じました。オーナーは歌い終わると。
「やっぱり、この方がイイな!」こう言ってパンティを取りミニを着けさせたまま、両脚を拡げてコンドームを着けずに挿入しました。両手でGカップを揉みあげながら腰を動かすと、△△ママも腰の動きに合わせて大きな喘ぎ声を出し、秘書が性器を口にもっていくと咥え、上下運動に合わせて舐めて、オーナーの射精が近づくと口から秘書の性器を出し。
「オマンコの中にお願い~!」オーナーの動きが止まり。
「ウゥーッ!」唸り声をあげて、お尻を少し痙攣させ願い通り精液を膣の中に放ちました。

 ○○ママがソファーに座って△△ママたち3人の行為を見ていると、銀行が横に座り、ワンピースを脱がし、キスをしながら白のブラジャーを取りました。露出したオッパイを口と手で弄んでから、立たせてTバックをずらして膣に指を入れ、中を上下に動かすと銀行の頭を両手で押さえて、喘ぎ声を出して感じてしまいました。銀行は座ったままで、○○ママを後ろ向きにして。
「俺もこっちの方が好きだな!」オーナーと同じく生のままの性器を挿入。喘ぎ声がさらに大きくなると△△ママにフェラチオを途中で止められた秘書が、○○ママに性器を咥えさせました。そして限界がきて、口から抜いて顔の正面から精液を浴びせると。
「顔はヤメテ~!」それを聞いた銀行は。「じゃ、どこならいいんだ?」この問いに。
「そのままイって!」それを聞き腰の動きを速めた銀行。
「わ、私、もうダメです!・・お願い・・イって!」膣の中に性器を入れたまま、後ろからしがみついて身体を小刻みに震わせて望まれた精液を子宮に浴びせました。

 膣の中に精液を受けた△△ママはソファーで横になっていました。設計が近づいてきて、身体を起こしてセーター、ブラジャーを脱がすとテーブルに両手を乗せさせて、お尻を突き出させる格好にして、テーブルの上にあったアナル用のバイブにローションを塗り、アナルに突き刺しました。「ダメーっ!許して・・・」痛いのかと思っていたら、違って「イイッ、イイッ~!・・オマンコにおチンチン!・・ください!」設計は。
「もうゴムの必要はないな!」何も着けていない性器をバックから挿入しミニを束ねて手綱のようにして両手で掴みながら腰を動かしました。
「中に出して!・・オマンコに!」その言葉を聞きニヤリと笑いながら、性器を奥深く入れた状態で精液を流し込みました。△△ママはテーブルの上にうつ伏せにさせられて腰を浮かせると大きな滴となって精液がテーブル滴り落ちて小さな塊になりました。

 しばらく妻はボーっとして床に座り目の前の光景を見ていると、○○ママの顔に精液を浴びせたばかりの秘書が近づき、性器を咥えさせました。手招きしてオーナーを呼び、来ると秘書は自分の性器を口から抜き、妻にオーナーの性器を咥えさせ、自分は片方だけ出ていたオッパイを揉み、キャミソールを下げてもう片方を出して口の中に乳首を入れ舌でころがしました。オーナーが勃起すると。
「やっぱり、生が一番だな!」妻を床に仰向けにして寝かせると。秘書が再度、性器を咥えさせ自分で激しくシゴいて精液をそのまま喉の奥に浴びせました。涙を流しながら吐きだす妻。「汚いからヤメテ!」それを聞いたオーナーは。
「何、生意気なこと言っているんだ」妻の脚を拡げて膣にコンドームを着けずに挿入しようとすると。
「ヤメテください!・・イヤァ、避妊してください!」泣きだし暴れ出すと秘書がブラウスとキャミソールを脱がせ両手を頭の上にしてブラウスで縛り、手で口を塞ぎました。そしてオーナーに簡単に挿入を許してしまい、腰を打ちつけられました。腰の動きが早くなり射精が近づいたのを悟った妻は、身動きできず首を横に振り涙を流し膣へ直接の射精を拒みましたが、容赦なく精液が放たれました。
「3発目だから少しの量だ。後、薬があるから心配するな!」勝ち誇ったかのように言われました。

 銀行の精液だけでは足りなかった○○ママは、自分から身に着けていた物を全て脱いで設計のところに這って行き。
「もっと、もっと頂戴!・・熱いザーメン!」そう言いながら、フェラチオを始めました。少し時間がかかりましたが勃起させると、ソファーで望み通り何も着けていない性器の挿入を許しました。ローターをクリトリスに当てられた時には、悲鳴に近い喘ぎ声を出し感じました。設計は性器を挿入している○○ママの膣の中にローターを滑り込ませました。予想以上の快感から身体を痙攣させて失神状態になりましたが、それでも腰の動きを止めない設計。そして、性器を深く入れたまま精液を流し込みました。終わると、○○ママをソファーに寄りかからせて、脚をM字にして膝を抱えさせる格好にさせると、膣から精液が流れお尻の方まで達しました。

 膣の中に精液を放たれた妻は床にうつ伏せになり泣いていました。
銀行がカラオケの画面の前に立って。
「こっちへ来て尻を出せ!」妻は歩いて近づき、四つん這いになりお尻を向けました。裂かれた黒パンストと片方ナイフで切られたパンティを脱がされて、アフターピルに安心したのか、簡単に生の性器の挿入を許しました。銀行の上に乗せられて激しく腰を動かされると。
「もうダメ堪忍して!・もうイヤァ~!」言葉とは逆に自分の腰の動きを激しくしました。
銀行もその動きに耐えられずに子宮に精液を浴びせました。性器を抜かれると、カラオケの画面の前で横たわり、髪の毛が乱れ、目から涙を出し、口元から精液混じりの唾液が溢れ出して、太股の内側には膣から出た精液が伝っていました。

 テーブルの上でうつ伏せの△△ママに秘書がまだ精液が全部出ていない膣に後ろから挿入。繰り返すうちに泡立った精液が膣口から出てきました。意識を失いかけている△△ママ。気にせずに腰を激しく動かし続ける秘書。意識が朦朧としている△△ママを仰向けにして。
「俺はこっちの方が好きなんだ!」そう言うと膣から性器を抜き、激しくシゴいてGカップに精液を浴びせました。△△ママはその精液を指ですくい舐めるように口の中に入れました。

 最初から最後まで男たちは代わる代わるデジカメで「こんな恥ずかしい格好、撮らないで!」願いを聞き入れずに撮りました。男たちの欲望が満たされた後、妻たちはすぐには動くことができなくて、その間に秘書が妻たちの携帯を操作していました。そして、何とか化粧を直し身支度してタクシーに乗って帰ってきました。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/546-7c034fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック