FC2ブログ

堕ちる夫婦

ここでは、「堕ちる夫婦」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前に投稿した妻のデートの続きです。

妻と高田氏の関係は続き、月に二回程は自宅(二階立ての借家です)に高田氏や高橋氏を招き、他人男性とヤリ狂う妻を見て、私の寝取られ趣味も満たされていました。

一度高田氏に県外の複数プレイのサークルに連れて行かれた妻は一晩で8人の中年男性達に輪姦される経験もしました。
後日妻から聞いた所、プレイ専用のマンションに連れていかれ、待機していた四人の男性にいきなり犯され、後から一人一人と人数が増えて縛られてマワされたり、アナルも犯され二本挿しでグチャグチャにされたとの事、一番凄いのは前後ではなくオマ〇コに二本を挿入され中出しされた事でした。

妻はますますエッチ好きになり、私とのSEXでは到底満足させられない淫妻になりました。
私とのSEXはSモードになるらしく
『他の人にヤラれて出された後がいいんでしょ!まだ精子が残ってるわ、舐めて!』
『あなたの妻なのに輪姦されたのよ、パパ(父親)より年上のおじさん達にオモチャにされたの、気持ち良かったわぁ~興奮する?』
等と言いながら私を責めてくれます。

そして満たされた変態性生活を送る私達夫婦がとんでもないところへ堕ちる時が来ました。

高田氏を自宅へ招き、妻は二階の寝室で高田氏に犯されて歓喜していました。
私は飲み物を用意しにリビングへ降りました、妻の淫らな喘ぎ声は下まで聞こえてまさに真っ最中です。
その時玄関のチャイムがなり妻の父親が来たのです!

妻は父子家庭に育った一人娘で、母親は妻が小学生の頃に亡くなっています。
いつでも来て下さいと借家の鍵を預けておいたのが失敗でした。

半裸の私がズボンを穿いた時にはすでにリビングの入り口でした。
「今晩は…」
妻の淫声は聞こえています「…北村君(私)…久美の声のようだが…」
「は、はい…」
「いったいどう言う事かね」オナニーをしているとか考えましたが、責め好きな高田氏の声も交じっていますこんな異常な現場に言い逃れはできません。
妻の淫声はますます響き、パンパンと尻をスパンキングされる音や高田氏の妻をなぶる声も聞こえています

私は覚悟を決め、全てお話ししますからと身支度を整え義父を近くのファミレスに連れ出しました。

そして離婚も覚悟しながら小一時間かけて私の性癖や現在の状態を話したのです黙ったまま私の話を聞いていた義父が話しはじめました。
「そうか…私の家内(久美の母親)も好きな女だったがしかし北村君も変態だね」私は意外な話し初めに驚きました。
「申し訳ありません…」

そして義父はなにかを決断したかのように話しはじめました。
「どうかね、北村君、久美を女としてワシに貸してくれんかね?」
「は?!」
「久美は亡くなった家内に瓜二つだ、ワシもアッチの方はまだまだなんだよ、安心して楽しめるのにこれ以上の女はいない」
なんと言う事だろう!!
自分の娘を性の対象として見るとは!
義父はまだ53才で高田氏より若い、性欲はあって当たり前なのだが…
私は困惑を隠せなかった。「し、しかし、久美がなんと言うか…」
「久美には何も話さずワシに任せてくれればいい、どうかね?」
「は、はいお義父さんにお任せ致します…で、この先は?」
「今まで通り仲良く夫婦関係を続けてくれ、久美を宜しく頼むよ。明日の夜、久美をうちによこしてくれ」

とんでもない展開に妻と父親の近親相姦を想像しながら家に帰ると、高田氏が帰り仕度をしている所でした「あなた?何処へ行ってたの?」
私は会社の用事と苦しい言い訳をして高田氏を見送りました。
「久美、お父さんから電話があってね、明日実家に来てほしいそうだよ」
「え?パパから?なんだろ?」
その後、妻を抱いたのですが義父の事が頭から離れる事はありませんでした。

翌日、夕方から妻は実家に向かいました。
私は複雑極まりない心境で待つしかありません。
23時を過ぎた頃、義父から電話がありました。
「今日は久美をこっちへ泊めるから」
「…はい、分かりました…で、どうなんでしょう…」 「抱いたよ娘を、地獄に堕ちるかなハハハ、今風呂に入ってる」
すでに妻と義父との交わりは終わった様子でした。
「久美はびっくりしませんでしたか?大丈夫ですか?」
「あぁ、大丈夫だよ、マッサージさせながらSEXにもっていった。
驚いていたが嫌がらなかったよ、嬉しい事だ。
イキまくったしわが娘ながら淫乱だ、フェラも上手い、なんだか北村君にワシが恥ずかしいよ。
ピルを飲んでいるんだね、中出したよ」
私の股関は近親相姦の場面を想像してイキリ立ちました。
「久美は北村君には言わないで、と言っているから内密にな、今夜は親子水いらずで楽しむよ、すまんな」

その後妻は定期的に実家に泊まりに行くようになりました。
父親と近親相姦している事は確実です。

他人男性どころか義父にまで妻を寝取らせた私達夫婦の変態性生活は今も続いています。


禁断の覗き


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/557-c53be864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。