FC2ブログ

家で同僚と寝た妻

ここでは、「家で同僚と寝た妻」 に関する記事を紹介しています。
自分の妻が他人とSEXしているところを見てみたいと思ったことはありませんか。
私の妻は処女で結婚して、私しか知りませんでした。
しかし、私が広い付き合いを進めたため、多くの男の友人ができるようになりました。
私自身も、妻を多くの男性に自慢したい気持ちもありました。
ですから、夜帰りが遅くなったり、男と食事に行っても、とがめることもなくすごしていました。
あるとき、妻が夜遅く帰ってきて、強く私を求めたことがあります。
なぜだかわからず積極的な妻に答えていましたが、「今日何かあったのか?」と聞くと、「私って魅力ある?」と聞き返しました。
どうも、会社の同僚に口説かれているようです。
その日もその男と食事をし、遅くなったのです。
私にすれば、どこまで進んでいるのかが気になるところです。
まだ、キスをするまでの付き合いで、深い関係にはなっていないといいますが、怪しいものです。
燃え方からすると、何かあったような気がしてなりません。
私はいつも強がって、浮気してもいいよといっています。
彼女さえその気になればいつでもOKの状態ということです。
彼女は、その男と深い関係になりそうだったので、強く私を求めてきたのだと思います。
私がいいといえばいつでも、男に抱かれるつもりなのです。

 そんなことがあり、妻とその男が深い関係になるのは時間の問題と思えました。
私が出張予定の日、予定が変わり自宅へ早く帰ったとき、その経験をしました。
一人で寝ていると、妻が帰ってきました。私が出張でいないと思っているため、男と一緒に帰ってきたのです。
私は、一人静かにしていました。すると二人は玄関で長い長いキスをしていました。その後小声で会話があり、男と妻は中へ入り、男は妻の服を掻き揚げるように脱がしていきました。
妻は拒むこともせず、裸にさせられました。
そして、「シャワーを浴びてから」といい二人でお風呂へ入っていきました。
しばらくすると、中から妻の押し殺したようなあえぎ声が聞こえてきました。
私は嫉妬と興奮でめまいがしそうな状態です。
どうもお風呂でSEXした様子です。
その後、私のさっきまで寝ていた布団の上まで行き、裸のまま抱き合い、キスをしています。
男は妻の体を首から、わきの下、乳首わき腹と丁寧に舐めまわし、ついには大事な部分にまで舌を這わせ始めました。
妻もぬれているらしくピチャピチャと音が出ています。
その後69の形になり、妻は男の勃起したものを口に含んでいます。
妻は「来て!」と言ったと思います。男のものを手でつかみ自ら挿入しました。
そこにいるのが妻とは信じられなくなっていました。
正常位から、バック、そして、ついに妻が上になり、腰を振り出しました。
声もいつもより大きなあえぎ声です。
長い時間妻は声を上げ続け、何回も何回も達したようです。
その後ぐったりした妻を置き、男はシャワーを浴びにいきました。
入れ替わり妻がシャワーを浴びに入り、男は服を着、妻を置いて帰っていきました。
私は、妻がシャワーから出る前に、今帰ってきたと言うそぶりをするため、何気なくパジャマに着替える振りをしていました。
風呂から出てきて妻は本当に驚いていました。顔が青くなるくらいでした。
その後、二人でビールを飲み、ベッドへ入りました。妻は最初拒んでいましたが、私は大きく固くなったものを収まることができないため、半ば無理やりおさえつけ、SEXをしました。
妻は、私に抱かれながら、涙を流していました。
泣き声とも、あえぎ声ともつかない声を出し、果てました。

それ以来、その男との関係は続いているようです。
私が見ていたことは誰も知りませんが、妻は遅く帰った夜は、余計に燃えるようになりました。
大きな声を出したり、「私ってきれい?」とよく聞くようになりました。
大胆な振る舞いや、セクシーな下着もつけるようになり、人が変わったようです。

「あの同僚とはどうなった?」と聞いたことがあります。
「ふっちゃった。」と簡単に答えました。「今はいないの?」と聞くと、「今はね、若い男の子と付き合っているの。」と答えます。
「もうやったの?」と聞くと返事がありませんでした。
また、出張に行くといって部屋で隠れていようかと思っています。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

関連タグ : 他人とやる妻を目撃, 自分の知らない妻, 職場の男,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/57-c7e47f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック