FC2ブログ

私の秘密 1

ここでは、「私の秘密 1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はルミ 51歳の専業主婦です。
身長158Cm B85(D)W57 H86 普通体型だと思っております。

顔は元タカラジェンヌの一路真輝に似ていると言われております。

同い年の主人と、29歳の時に見合い結婚して22年間の結婚生活で、大学2回生の1人息子と北大阪で3人暮らしをしております。

主人は私の事を貞淑な妻で、息子の良き母だと思っております。

でも・・・それはぜんぜん違ってるんです。

私はスケベで淫乱な変態女なんです。

私の初体験は17歳 高校生のとき、3歳年上の大学生でした。
2人目の男性は18歳のとき、まだ初体験の彼氏とお付き合いしているときに、
憧れていた男性と経験してしまったのです。
つまり・・・浮気です。
彼氏との関係も1年が経ち、マンネリしてきてたというのもあったんですが、彼氏の身勝手なSEXにも疑問を持ち出してたのも事実です。

前から知っていて、私が密かに憧れを抱いていた7歳年上(当時25歳)のTさんでした。
Tさんに、本当のSEXを教えられてしまったんです。
そして、Tさんに調教され、現在まで33年間SEXだけのお付き合いをしてるんです。
主人との結婚生活より長いんです。

主人は仕事人間で、お酒は付き合い程度、休日にたまにパチンコに行くくらいで
風俗など行く事はありません。

主人のペニスは仮性包茎で、早漏で、大きさも小さい方です。
SEXもキスをして、オッパイを触って、吸って、アソコを触って挿入。
そして2~3分で終了という味気ないものです。
SEXは新婚当時から、週1~2回で年を取るにつれ、週1回になっていきました。

1度だけ、主人は、私の過去の男性経験を聞いてきた事があり「お付き合いした
男性は貴方で3人目」だと答えたので、主人はそう信じています。

実は現在までの体験数は316人なんです。

Tさんに複数プレイや貸し出しプレイなど、見ず知らずの男性とのSEXを教え込まれたのです。
その結果が、これだけの体験数になってしまったのです。
そして、これも現在進行形なのです。

専業主婦だと言いましたが、たまに、パートに出たりはしてるんです。
お金を稼ぐのが目的ではなく、男性探しが目的なんです。
最初はTさんの命令で男漁りのためにパートに行ってたんですが、今では私の方から積極的になってしまって、体験数がこんなに増えてしまったんです。

私がTさんに魅せられたのは、SEXテクニックだけではなく、そのペニスにも夢中になってしまったのでした。
Tさんのペニスは長さ22Cm 太さも5~6Cmはあり、エラが張ったカリ太で、色も赤紫というか、黒いというか、体験数が1人の女子高生でも、そのペニスの長さ、太さ、色はすごいと解りました。

Tさんのペニス欲しさに、言われるままに、カップル喫茶やハプニングバーなどに出かけたり、野外プレイや露出プレイで、見られる事に快感を覚えてしまったり、ハメ撮り・顔射・アナル・放尿・フィスト・・・etc、いろいろしてきました。

あとは言葉のプレイでも興奮します。
淫語を言ったり、言わされたりするのが感じるとは思ってもいませんでした。
特に大阪弁での言葉プレイは異常に興奮しました。
関西出身なので、関東の4文字 オマンコより、関西の3文字 オメコが特にいやらしく聞こえ、感じてしまいました。
男性と違って、女性は特に淫語を発する機会がないのも、余計に興奮を引き立てました。

それはTさんとの最初のSEXでのことでした。
時間をかけ、たっぷりフェラチオをさせられて、いざ挿入という時でした。
それをワレメに擦りつけられ、焦らされて挿入してくれなかった時でした。

T「欲しいの?」

私「うん!」

T「なにが欲しいの?」

私「オチンチン・・・」

T「オチンチン???俺のはそんな可愛いモノか~?」

私「ええ~っ!オチンチンと違うのぉ?」

T「俺のはオチンチンと違う!・・・チンポやっ!」

私はその言葉を聞いて熱くなりました。

私「チ・ン・ポ!」

T「そうやっ!・・・チンポやっ!・・・俺のはどんなチンポやっ?」

私「お・・大きい・・・チンポ!」

T「大きいチンポ???・・・太さは?」

私「太いチンポ!」

T「太いだけか?」

私「長い!」

T「太くて・・・長くて・・・硬い・・・でっかいチンポやろう?」

私「ああぁぁん!・・・そう・・・」

T「じゃあ・・・言うてっ!」

私「太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポ!」

T「それをどうして欲しいの?」

私「入れて欲しいっ!」

T「最初からちゃんと言うてっ?」

私「太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポを入れてください!」

T「どこに?」

私「えっ?・・・アソコ!」

T「アソコってどこやっ?」

私「ええ~っ!アソコやん!」

T「アソコじゃ・・・判らんっ!」

私「ええ~~っ!・・・オ・・オマンコ!・・・オマンコ!」

T「オマンコ???・・・そんな言い方やったら・・・興奮せん!・・・大阪弁
  で言うてっ!」

私「ええ~~っ!・・・恥ずかしいやん!・・・」

T「恥ずかしくても言うてぇ~!・・・言うたら興奮するからぁ!・・・知って
  るやろう???」

私「イヤ~~ん!・・・知ってるけどぉ・・・」

T「じゃあ・・言うてぇ~?」

私「オ・・オ・メ・コ???」

T「ちゃんと続けて言うてぇ~?」

私「オメコ!」

顔から火が出るほど恥ずかしかったんです。
それでも・・・その3文字を口にして・・・異常に昂ぶりを覚えたのでした。

T「そうやっ!・・・言えるやんかぁ~!」

私「ああん!・・・でもぉ・・恥ずかしい!」

T「最初からぁ・・・ちゃんと言うてぇ?・・・どこになにが欲しいのかぁ?」

私「はぁぁ~~ん!・・・太くてぇ・・長くてぇ・・硬い・・でっかいチンポを
  オメコに入れてください!」

私がそう言ったとたん、グゥ~ンと押し入ってきました。

ギャア~!・・・グオ~ゥ!・・・

私は獣のような声を発してしまいました。

エラが膣壁を擦って入ってきます。
子宮の奥まで進入しています。
奥の感じるところに当たるんです。
内臓が口から出ちゃうような感じです。
腰を引くとカリが膣壁を擦ります。

{すご~い!・・・こんなの初めてっ!・・・}
{これが大人のSEXなんやっ!}
{彼氏のなんかぁ・・・問題にならへんわぁ~!}

そんなことを思って悶えてたんです。
Tさんはゆっくり腰を振っています。

T「気持ちいいかぁ?」

私「ああん!ああん!あん!あん!あん!・・・いい~~!気持ちいい~~!」

T「どこが気持ちいいの???」

私「ああぁぁん!・・・オメコが・・・オメコが気持ちいいのぉ~!」

T「オメコに何が入ってるのぉ???」

私「はぁぁん!・・・オメコにチンポが入ってるのぉ!」

T「そうやぁ!・・・それでいい!・・・もっとスケベになれっ!」

私「ああぁぁ~~!・・・オメコが気持ちいいのぉ~!・・・でっかいチンポが
  入って気持ちいい~~!・・・あああぁぁぁ~~~!」

T「今・・・なにシテるのぉ???」

私「うう~~ん!・・・あああ~~~!・・・セ・・セックス!」

T「違うっ!・・・それも大阪弁で言うんやっ???」

私「ええ~~っ!・・・解らへん!・・・」

T「大阪弁ではセックスしてることを・・・オメコするっ!って言うねん??」

私「ああぁぁ~~!・・・オメコしてるのぉ~!」

T「そうやっ!・・・オメコしてるんやなぁ???」

私「そう!そう!・・・オメコしてるのぉ~!」

{うわぁ~・・・いやらし~い!・・・はしたない言葉言うてるわぁ!}
{でもぉ・・・感じるわぁ~!}
{子宮の奥から・・どんどん溢れてきてるわぁ!}

Tさんは嵌めながら体位を変えて腰を振っています。
正上位・横・騎上位・バック・・・そしてまた正上位。
私は何度も逝ってしまいました。

T「気持ちいいかぁ~???」

私「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~ん!・・・気持ちいい~~~~!」

T「俺も逝くぞっ!」

Tさんの腰の動きがいっそう早くなりました。

T「ああ~~!逝くぅ~!・・・出るぅ~!」

そう言った瞬間!

引き抜いて・・・私の顔の前に持ってきました。

T「口開けてぇ~!」

ビュッ!ビュッ!・・・ドピュ!ドピュ!

私の口や顔に精液がかかっています。
放出が終わって・・・そのまま、咥えさせられました。
口の中に発射された精液を飲み込みながらのフェラで、初めて男性の精液もごっくんしてしまいました。

{ああ~~!飲んじゃったぁ~!・・・}
{でもぉ・・・美味しいっ!}

この顔面シャワーと口内射精も大好きになってしまいました。

私は仰向けに寝転んで、息を整えてるTさんに抱きつきにいってしまいました。

T「どうやっ???・・・よかったかぁ???」

私「うん!・・・メッチャ良かったぁ~!・・・気持ち良かったわぁ~!」

T「ルミちゃんも良かったでぇ~!・・・メッチャいやらしかったしぃ~!
  スケベやったわぁ~!・・・」

私「イヤん!スケベって言わんとってぇ~!でもぉ・・Tさん凄かったわぁ!」

T「そうかぁ???」

私は我慢出来なくなり言ってしまいました。

私「またぁ・・来てもいい???」

T「いいけどぉ・・また襲うでぇ~!」

私「うん!いいよぉ~!・・・付き合って欲しいっ!」

T「ええ~~っ!・・・なに言ってるのぉ???彼氏いるんやろう???俺も
  婚約者がいるしなぁ~!・・・」

私「判ってるよぉ~!・・・だからぁ・・スルだけでいいからぁ!」

T「ええ~~っ!ホンマにそんなんでええのぉ???」

Tさんは私の提案にびっくりしたみたいでした。

T「俺は大歓迎やけどぉ・・・」

私「じゃあ・・・決まりっ!」

こうしてセックス・フレンドになってしまいました。
まさか、この関係が33年間も続くとは思ってもいませんでした。


私の秘密2へ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

関連タグ : 近所の男, 妻のHな願望,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ntrnews.blog55.fc2.com/tb.php/619-d90521cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。